「カフェ」にまつわる記事

【東京】スタバばかりに満足していた自分が許せない! 180度海が見渡せる「眺望日本一なカフェ」が完全に南国風でハワイな件

八丈島(東京都)は羽田空港から片道45分。半端なく近くて(東京都心から)、普通に海がキレイで、メシがウマくて、南国気分も味わえて…。まあ、とにかくスバラシイ島だ。八丈島にピンと来ない方は、9月7日付の記事「八丈島が地味に良かった6つのポイント」をご参考頂きたい。うん、この記事を読んだら八丈ファンになっちゃうかも…。

続きを全部読む

【コーヒー好き必見】東京・神楽坂のカフェの「メニュー」が超わかりやすい! すべてのコーヒーショップでおいて欲しいレベル

これまでに「コーヒーの図解」を何度かお伝えしてきた。カフェラテとカプチーノの違いを一目で見ることができ大変便利なのだが、この図解を持ち歩くわけにもいかず、オーダーする際に困ったことはなかっただろうか?

東京・神楽坂にはそんな不安を払拭してくれる最高のカフェがある。このお店のメニューは、ドリンクに何が入っているのか一目でわかるのだ。もうこれで絶対に迷うことはないッ! すべてのコーヒーショップはこのお店を見習って、メニューを作り直してもいいと思うッ! こういうメニューが欲しかった~ッ。

続きを全部読む

目の前が滑走路で真横が格納庫! 飛行機マニア必見のカフェ「プロペラカフェ」に行ってみた

朝の出勤前にはカフェ、お昼休み中にもカフェ、仕事後にもカフェで、週末もカフェ、カフェ、カフェ、カフェ……。そんなカフェ好きのみなさんに、今回は一風変わったカフェをご紹介するぞ!

その名も「プロペラカフェ」。飛行機好きの方ならすでに知っているかもしれない。なぜなら、このカフェは目の前が滑走路、真横が格納庫という飛行機マニアにはたまらない立地にあるからである。

続きを全部読む

「カフェで仕事」は理にかなっていた! 静かすぎずうるさすぎない環境がクリエイティブな発想を生むことが判明

静かな場所よりも、カフェのようなちょっと周りがガヤガヤしている場所で仕事をするほうがはかどったという経験、みなさんにもあるのではないだろうか。なぜかはわからないがなんとなく感じていたこの感覚はどうやら正しかったようだ。というのも、「静かすぎずうるさすぎない環境で仕事をしたほうが、よりクリエイティブな発想ができる」ことが最新の研究により明らかになったのだ。

続きを全部読む

海外のスタバ「こんなの見たことない」裏メニューあれこれ

誰もが気になるお店の裏メニュー。知っていると通な感じでカッコいいですよね。海外の「スターバックスコーヒー」では、実は色々な裏メニューがある……という情報を入手しました。たとえば「ラズベリーチーズケーキ」や「ヌテラ」? なるものなどなど。探せばたくさん出てくるようです。

海外サイト『FOODBEAST』には、海外スタバの裏メニューを知りたいという人向けに様々な裏メニューが紹介されています。「ラズベリーチーズケーキ」の正体とは? 「ネオポリタンフラペチーノ」はどう作られているのでしょう? みなさんもぜひチェックのほどを!

続きを全部読む

現役アイドルがお湯を注いでくれる「Noodle Cafe」に行ってみたぞ!

先日、アイドルがカップ麺にお湯を注いでくれるカフェ「Noodle Cafe」が、秋葉原にオープンするとお伝えした。2012年1月中旬とされたオープン日が、24日であることが判明し、その前日に17時から20時の時間限定で、プレオープンが行われた。いったいどんなサービスをしてくれるお店なのだろうか? さっそく行ってみたぞ!

続きを全部読む

上海オタクビル探索のさなか、気になる看板を目にした。

美萌女仆珈琲店。「仆人」とは中国語で使用人のこと、つまりは美しく萌えるメイドカフェ。見つけたからには素通りも出来ず、期待と不安に胸をときめかせながら薄暗い階段を上り、お店を覗いてみると……アキバにあっても全く違和感のない、まごうことなき小綺麗なメイドカフェだった。

明るい店内には8つ程のテーブルがあり、備え付けのボードゲームも遊べるが、そんなことは正直どうでもよい。私の興味はただひとつ。メイドだ。ところが……。常駐のメイドは一人きり。スタイルはモデル級だが愛想は今ひとつ。

笑顔のない淡々とした接客を受けつつ 写真でも……とカメラを出すと「撮影禁止」の看板が目に入り、壁のポスターを撮るに留めた。欲求不満のモヤモヤを抱えながら翌日、上海から遙か300キロ離れた義烏市に移動。生暖かい町を歩き疲れて何気に飛び込んだ喫茶店がまたもや、メイド喫茶だった!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6