【検証】クリームパスタにプリンを入れて醤油かけたら「うにクリームパスタ」になるのではないか?

プリンに醤油をかけるとウニの味。これは古くから伝わる都市伝説……と思っていたが、どうやら本当らしい。数年前、プリン専用醤油が販売されたことを覚えている人もいるのではないだろうか。

なんとも信じがたいが、私(中澤)はふと思った。じゃあ、クリームパスタにプリンを入れて醤油をかけたら『うにクリームパスタ』になるのではないか? さっそく試してみよう

続きを全部読む

【幻の商品】ニチレイの冷凍食品がお菓子になっていたので食べてみた!!

今の時代、企業の垣根を超えたコラボは珍しいことじゃない。ビックカメラとユニクロの「ビックロ」に代表されるように、たとえ異色であっても柔軟にコラボが実現している。最近だとSNS上で仲良い企業も多く、コミュ力も高いとなればいろんなことに挑戦できるというものだ。

そんななか、気になるコラボ商品が新たに爆誕していたので報告しておかねばなるまい。この度、コラボしたのはニチレイとジャパンフリトレー。冷凍食品の味を再現したお菓子が世に出されていた!!

続きを全部読む

いちご農園の「オンラインいちごジャム作り教室」を体験してみたら…これは楽しくて美味しい!! パジャマでも参加できるオンライン料理教室のメリット

飲み会、就活、英会話、フィットネス……これまで会場に足を運んで行うのが当たり前だった活動が、「あれ、オンラインでも十分できるじゃん!」ということがどんどん発見されつつある。外出を避ける意味ではもちろん、いろんな事情で自宅から出ることが難しかった人にも、新しい挑戦ができる可能性が広がった。

そんな中、新型コロナウィルスの影響で毎年恒例のいちご狩りを開催できないある観光農園が「オンラインいちごジャム作り教室」を企画。筆者はジャム作り、インスタライブ、料理教室、すべて初めてだったのだが、参加してみたのでその模様をレポートしたい。オンラインで料理を習うメリット、デメリットも分析するぞ。

続きを全部読む

【どゆこと?】不二家のホームパイ「ペヤングソースやきそば味」が新発売 → 食べてみた結果…

笑えるものから時にはギョッとするものまで、常にサプライズを与えまくってくれるカップ焼きそばと言えば、ご存じ「ペヤング」である。最近では「豚脂MAX」が発売されたが「まあ、ペヤングならやりかねん」と感じた方も多かったのではなかろうか? 実際のところ、黒帯ペヤンガーの私、P.K.サンジュンは率直にそう感じた。だがしかし……。

2020年6月2日から発売開始となった『ホームパイミニ ペヤングソースやきそば味』を目にした瞬間は空いた口がふさがらず、やがてフツフツと怒りの感情が湧き出てきた。ペヤングよ、多少のことは多めに見るがこれは強めに言わざるを得まい……「正気か、貴様ら!」と──。

続きを全部読む

【2コマ】きょうの過ち 第57回「遭遇」

続きを全部読む

ロケットニュース24記者がオススメする調理・キッチングッズ8選

もっと簡単にごはんを作りたい! 作ったことのない料理に挑戦してみたい! そんな願いの実現を手助けしてくれるのが便利な調理・キッチングッズ。

あなたの食生活がより快適に、より豊かになるようロケットニュース24記者7人がおすすめの調理・キッチングッズを選んでみた。自分の理想の調理スタイルを想像しながら、ぜひ参考にしてみてほしい。

続きを全部読む

【100均検証】ダイソー「クールタオル」の “水で濡らすだけで冷たくなる” は本当か? たしかめてみた!

ホントかよって。「水で濡らすだけで冷たくなる」って。100円で。そんな魔法みたいなタオル、100円で買えるわけないだろって。ダイソーの『クールタオル』のことなんだけども。

でもまあ、商品が陳列されているすぐ上に「売れてます!」って書いてあるということは……本当に “水で濡らすだけで冷たくなる” のかしら? それともみんな騙されているのか? 私が責任をもってジャッジしたい。いざ!

続きを全部読む

復活するであろう「断れない飲み会」におけるサバイバル術 / 地獄のような飲み会を、飲まずにやり過ごす最強のテクニック

緊急事態宣言が終了し、テレワークを終了する職場も出てきているようだ。これに伴(ともな)って復活するのは従来通りの勤務スタイルだけではない。社会人なら避けては通れない「断れない飲み会」もまた、遠からず復活するはずだ。

今日明日とは思わないが、時間の問題だろう。酒好きならともかく、酒が嫌いだったり、弱い人にとっては悪夢だと思う。そこで今回は、筆者が実践している避けられない飲み会における最強のサバイバル術を紹介したいと思う。超絶に酒に弱い筆者が10年以上活用し続けてきた、絶対に飲み会で酒を飲みたくない人向けにとっておきの方法だ。

続きを全部読む

【思わず二度見】『かきごおり丼』とは一体何だ? テイクアウトしたら…ググったことが裏目に出て笑った / 全く心が込もってない「そうっすよね」を発するまで

「テイクアウト 『かきごおり丼』やってます」

その貼り紙を発見したとき、私は思わず二度見してしまった。特に、“丼” の部分をしばらく凝視していたように思う。理由はもちろん、“ 丼” だからに他ならない。

かきごおり丼。そんな丼は今まで聞いたことがない。だが私の目の前には、「かきごおり丼やってます」という貼り紙が確かにある。ということは、かきごおり丼が実在しているということだ。

では、一体どんな丼なのだろう? 親子丼や牛丼のように、下にご飯でも入っているのだろうか? いや、パフェのように何種類ものスイーツが使われたものを「丼」と呼んでいるだけかもしれない。と気になって仕方がなかったので、実際にお店でテイクアウトしてみることにした。

続きを全部読む

【劇的変化】Wi-Fiの電波があまりに繋がらないので「Wi-Fi中継機」を導入したら約430倍もスピードアップしたって話

自宅でネットを利用するためにWi-Fiを使用しているという方は多いと思う。そして、同じ自宅内なのにWi-Fiの電波が繋がりやすい場所とそうでない場所があるという悩みを持つ方もきっと多いのではないだろうか。

かくゆう自分もそのひとりだ。一般的な3LDKのマンションに住んでいるのだが、Wi-Fiルーターを設置しているリビングは問題ないものの、離れている自室は大変繋がりにくい。Wi-Fiの電波は距離が離れるほど弱くなるし、壁やドアなどの遮蔽(しゃへい)物にも弱いためだ。とはいえ、自宅内はどこでも快適にネットがしたいと思い、Wi-Fi中継機を導入してどのくらい改善するか試してみた!

続きを全部読む

【二郎かよ!?】セブンイレブン期間限定「ご褒美ティラミス」がデカすぎたので、ご飯茶碗によそって食べてしまいました

「デカ盛り」、その言葉の響きさえ懐かしく感じる。元気がもらえるカロリー飯を食ったのは、先日紹介した「洋食テンカウント」のテイクアウトメニューだ。スイーツでも元気がもらえるエナジーを供給したい! デカ盛りとまでは言わないまでも、なんかこう、心が躍るものに出会えたら……。

そう思っていた矢先、セブンイレブンにスゲエ代物がお目見えしていた! その名も「ご褒美ティラミス」だ。これをスイーツコーナーで見かけた時、「どんぶり風ドリアを間違えてスイーツの方に置いたのかな?」と思ったら、違った! これティラミスだ。デカすぎるティラミスだよ、コレ! どうしよう!?

続きを全部読む

【本気にさせたな】ギアを一つ上げていくぞッ! 本気になったイクメンパパ! 四コマサボタージュ第246回「だんだんノッテきたお父さんがやらかしそうなこと」

続きを全部読む

【落ち着け】やはり『ごろビー』こそ真のカレーであることを証明しよう / 勝手に「松屋カレー戦争の開戦」を宣言した記者への反論

オイオイオイ、待て待て。何をそんなに興奮しているんだ、あひるねこ君よ。

松屋の『ごろごろ創業ビーフカレー』のあまりの美味しさに感動した記者は、つい先日その旨をしたためたのだが……

それに対し、ごろチキ派の彼が激昂し反論記事を公開。その上、勝手に松屋カレー戦争の開戦を宣言しおったのだ。そんな彼にひとこと言いたい、まずは君が落ち着けと。

続きを全部読む

『Rakuten UN-LIMIT』をデータ通信のみで1カ月使ってみた率直な感想! ネット・映画・ゲームで使い倒した結果

楽天モバイルは2020年4月8日から、「Rakuten UN-LIMIT2.0」をスタートした。これは月額2980円が1年間無料になるサービスで、都市部など楽天回線が利用できるエリアなら、データ通信の上限なし。「Rakuten Link」(Androidアプリ)を使えば通話かけ放題。まさに、制限なし(Unlimit)のサービスだ。

上限なしとはいえ、データを使いすぎると多少速度に影響が出るそうなのだが、はたして実際はどうなのか? 1カ月間、楽天の回線だけでデータ通信を行ったところ……思った以上に快適だった! これで1年無料は、かなりありがたい。

続きを全部読む

本日6月1日から “レジ袋が1円” になったミニストップに「ありがとう」と思う理由

何を隠そう、私(中澤)は毎日ミニストップに行っている。家の近所にはローソンもあるのだが、ミニストップの手作り感が好きなのである。

今日の昼も弁当を買いに行ったところ、会計の時に店員さんがいつもと違う質問を投げかけてきた。「レジ袋1円ですが必要ですか?」と

続きを全部読む

これが子ども用だと…!? 最近の知育菓子の複雑化に驚愕、大人でも難しい「スイーツパーティー」

ある日の雑貨屋でのこと。クラシエの「スイーツパーティー」というお菓子が目に止まった。クラシエと言えば当サイトでもおなじみ「ねるねるねるね」のメーカーで、子どもが色をつけたりトッピングしたりして遊びながら食べる、いわゆる知育菓子の老舗だ。

本物みたいな完成写真もさることながら、パッケージには「電子レンジ使用」とあって、最近のお菓子は凝ってるなぁと感心。

「ねるねるねるね」は筆者の子ども時代からのロングセラーだが、実はあまり買ってもらった記憶がない。食べられる部分の割合で考えると高価なお菓子だったせいか、あるいは食べ物で遊ぶことに抵抗がある世代だったせいか、親がこの商品を好まなかったようだ。もう大人だから好きなだけ買えるもんねーと、うそぶきながらレジへ向かったが、後に筆者は親がこの手の商品を避け続けていた本当の理由を知ることになる……。

続きを全部読む

【現地レポ】JR東京駅の「緊急事態宣言中の日曜日」と「緊急事態宣言解除後の日曜日」の様子を比較してみた

去る2020年5月25日、全国的にコロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除され、1週間が経過した。連日のコロナ関連報道でも言われているように、少しずつ全国各地で人出が戻ってきているようだ。

その様子は、よくニュースで渋谷のスクランブル交差点のライブカメラや、新橋駅前の様子などで報道されることが多いが、全国的な人の流れを一番測れる場所は、「JR東京駅」だと私(耕平)は考えている。

緊急事態宣言後、初の日曜日を迎えた昨日の東京駅。緊急事態宣言発令真っ只中の頃と比べて、どれくらい人出が増えたのか? ちょうど東京駅に用事があり、実際に足を運んできたので、レポートしていきたいと思う。

続きを全部読む

【悲報】売れないバンドマン、ついにロックフェスの音源審査を通過して涙 → 通過者公開ページを見てみた結果……

そのメールを見た時、指が震えた。そして、読み間違えがないか何度も確認する。声に出しても読んでみる。間違いない。「音源・動画審査を通過いたしました」と書いてある(涙)

フジロック、ライジングサン、ロックインジャパンなど、大規模なロックフェスの舞台はバンドマンの憧れだ。上記のメールはその1つである『SUPERSONIC』から送られて来たもの。

2020年サマーソニックの代わりに開催されるスパソニ。以前の記事で、売れないバンドマンである私(中澤)がオーディション「出れんの!?スパソニ!?」に応募したことをお伝えしたが、まさか通過するとは──。

続きを全部読む

【2コマ】きょうの過ち 第56回「謝罪」

続きを全部読む

【真似厳禁】両腕に最大強度(レベル9)のEMSマシンをつけて記事を書こうとした結果…… / 己の底なしのアホさに気づかされた

人は暇な時間を持て余すと、アホなことをしてしまうんじゃないのか? 少なくとも、私(佐藤)においては、その見方で間違いないことを確認した。家の中で1人きりで仕事をしていると、妙な考えが頭をよぎり、それを確かめないことには仕事にならなくなってしまう。

今回考えついたのは、電気の負荷で筋トレする「EMS」を両腕につけて記事が書けるのか? というもの。しかも最大強度(レベル9)にして試したらどうなるのか? 賢い読者の皆さんならあり得ないことだと思うが、絶対に真似しないように。真似したら、自分の愚かさを思い知るだけだぞ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 2052