「カフェ」にまつわる記事

爬虫類に触れあいまくれる喫茶『アゲイン』に行ってみた! 見たことも聞いたこともない生き物たちにヤミツキ確実!! 

全国の爬虫類(はちゅうるい)好きよ集まれえぇぇぇぇ!! 今回は思う存分、これでもかと言うほど爬虫類に触れあえるスポットを紹介するぞ! その名も “爬虫類きっちゃアゲイン”

常に100種類以上の爬虫類を堪能できる喫茶で、爬虫類マニアにとってはまさに楽園……!! もちろん、「ちょっと苦手かも」という人でも楽しめる。正直、ここを知ってしまうと「動物園なんて言ってる場合じゃないぜ」という気持ちになること請け合いなのだ!

続きを全部読む

カフェ文化の本場フランスにある『マンガ喫茶』に行ってみた / 感想「恋が始まる予感がした」

フランス・パリと言えば、カフェ文化の本場だ。街中のいたるところにカフェがあり、中にはピカソやサルトルが通っていた店まである。そんなカフェが今も現役で営業しているのだから、それだけでもパリのカフェ文化の歴史が窺い知れるというものだろう。

そのパリに、なんと “マンガ喫茶” があるらしい。そう、日本のあのマンガ喫茶だ。……一体どうなっているのか? 日本にあるマンガ喫茶とどう違うのだろう? 実際に行ってみたので、報告したい。

続きを全部読む

【マジかよ】恵比寿にある “ほぼカフェの吉野家” がお洒落すぎて震えた / 牛丼を「お牛丼」と呼びたいレベル!

牛丼チェーン店の王様といえば『吉野家』である。「早くて・安くて・ウマい」をモットーに、今日も日本のサラリーマンの胃袋と財布を支えてくれているありがたい存在だ。

そんな吉野家が一風変わった新業態を、2016年3月に東京は恵比寿にオープンした。なんとこの吉野家、通常のようなカウンター席ではなく半セルフ式となっており、店自体が “ほぼカフェレベルのお洒落さ” だというのだ。お洒落な……吉野家だと?

続きを全部読む

【至福】10分限定! どら焼きの名店が手掛ける激レア「うさパンケーキ」がウマすぎてツラい / 東京・御徒町『うさぎやCafe』

ドラえもん……だけではなく、みんなが大好きなどら焼き。東京にも名店と呼ばれる和菓子店は多いが、中でも御徒町の『うさぎや』は、都内屈指の超人気店といえるだろう。個人的には、世界No.1どら焼き店だと割りとマジで確信している。

そんな『うさぎや』が、近所にカフェをオープンさせたのは2015年のこと。美味しそうなスイーツがズラリと並ぶが、中でも目玉は「開店から10分間のみ提供されるパンケーキ」だという。んんんモウッ! それ絶対に美味しいヤツじゃない!!

続きを全部読む

【旅館かよ】 ルノアール大塚店でなぜか「釜めし」が食べられる件 / 独自メニューを展開するフランチャイズ店が面白い

スタバ、ドトール、タリーズ……などなど、数多くあるカフェチェーン店。どの駅前にも1軒はあるはずだ。その中でも、「ルノアール」というとどんなイメージがあるだろうか? ちょっと年齢層高めで、落ち着いた雰囲気。席がゆったりしていて、その分値段も高め。といった感じではないか。

そんな老舗喫茶店のルノアールだが、東京・大塚にある店舗は何やら様子がおかしい。なんと、店内で釜めしが食べられるという。サンドイッチはある。ケーキもある。そして、なぜか釜めしも食べられるという。意味がわからない。わからないので、実際に食べに行ってきた。

続きを全部読む

【検証動画】クリスティアーノ・ロナウドがいきなりカフェに現れたらどれだけの人が写真をおねだりするのか

もし街中で有名人を見かけると、皆さんはどうするだろうか。遠くから観察する、まったく気にしないなど、対応は人それぞれと思われるが、今はスマホにカメラが常備されている時代だ。おそらく多くの人が記念撮影をおねだりするに違いない。

では実際にどれくらいの人がおねだりするものなのか。そんな疑問を検証した動画「CRISTIANO RONALDO was just going out for tea and this happened…」があるのでご覧いただきたい。検証人はクリスティアーノ・ロナウド。なんとサッカー界のスーパースターが登場だ!

続きを全部読む

『コメダ珈琲店』に激似! 練馬のローカル喫茶『ミヤマ珈琲』が天国のような店だった

都内の練馬春日町駅(大江戸線)から徒歩数分の場所に、いつの間にか見慣れないカフェができていた。オレンジ色の看板に茶色い文字。「おお! ついにこの辺にも『コメダ』ができた──!?」と、心躍らせたのもつかの間。看板のカタカナ部分をよく読むと、コメダではなくミヤマ。『ミヤマ珈琲』と書いてある。

どうもルノアール系列のお店のようだが……なんだろう、このメガネがズリ落ちるような感覚は。『コメダ珈琲店』を連想せずにはいられない佇(たたず)まいに、私の胸は少々ザワついた。そんな気持ち故か、気になりつつも素通りし続け早1年──。ついに先日、私(DEBUNEKO)はミヤマ珈琲の扉を開けた

続きを全部読む

【2016年福袋特集】『サンマルクカフェ』の福袋(1080円)の中身を公開 / シンプルながら超実用的なお得っぷりやで!

街中にはいろんなカフェが溢れかえっているが、焼き立てパンがおいしいカフェといえば『サンマルクカフェ』だろう。2016年1月1日、もちろん『サンマルクカフェ』でも福袋が発売されているぞ。

クロワッサン生地でチョコレートを包んだ「チョコクロ」、あれ美味しいよなぁ。さて、一体どんな内容の福袋なのか? 元旦からさっそく買いに走ったのでご報告だ。

続きを全部読む

竹林のトンネルをくぐると築50年以上の古民家カフェがあった / 横浜『HUG.CAFE』が一泊したくなるレベルで癒される

のどかな風景を見ると、心が落ち着いて優しい気持ちになることができる。都会に暮らす多忙なビジネスマンでも、たまには美味しい空気を吸いながら散歩を楽しみ、のんびりした喫茶店でゆっくりとコーヒーを飲みたいものだ。

そんな都会のオアシスを求めて今回たどり着いたのは、『HUG.CAFE(ハグカフェ)』。緑あふれる幻想的な小道を抜けた先には、築50年以上の平屋を改装したカフェがあったのである。「どこでもドア」で、いきなり おばあちゃん家に来た感覚だ。詳しく紹介していこう。

続きを全部読む

【期間限定】博多駅にオープンしたばかりの『エヴァンゲリオン』カフェ&ショップに行ってみた

2015年11月7日より運行を開始した新幹線「500 TYPE EVA」車両。これは山陽新幹線の全線開業40周年と『新世紀エヴァンゲリオン』のテレビ放送開始20周年を記念したもので、博多6時36分発「こだま730号」と新大阪11時32分発「こだま741号」の2便に適用されている。

いよいよ壮大なプロジェクトが始まったのだが、それだけでないのが人気アニメの証。なんと博多駅の新幹線改札内にある喫茶店「カフェ・エスタシオン博多」の一部に、カフェ「500 TYPE EVA Cafe」がオープン。さらに筑紫口側2階ひかり広場内のキオスクは、エヴァ関連商品を扱う「500 TYPE EVA SHOP」にリニューアルしているのだ!

続きを全部読む

世界で最も電車に近いカフェ&バー? 中央線を間近に眺めながらのビールとか最高すぎんだろおおお! 東京・神田「N3331」

中央線の御茶ノ水駅と神田駅の間に、「万世橋駅」という駅があったことをご存知だろうか? 1943年に休止した万世橋駅は、現在「mAAch マーチエキュート 神田万世橋」という商業施設に姿を変えているのだ。

その施設の中には、旧万世橋駅ホーム跡に作られたという、世界で最も電車に近いカフェ&バーがあるとのこと。本来、時間を気にしながら過ごす場所である駅のホームで、電車を眺めながら くつろげるなんて最高じゃないか。さっそく行ってきたぞ!

続きを全部読む

新橋の謎の店「おっさんクレープ」に潜入してみた / 中に入っている「サクサクした何か」ってなんやーーッ!?

9月のある晴れた日。新橋を歩いていると、高架下で謎の貼り紙を発見した。その紙にはこう書かれていた『2015.9.29 OPEN あの「おっさんクレープ」が新橋初上陸』。おっさんクレープとは何だ? “あの”、“新橋初” ということは他の地域では有名な店なのか? “上陸” ということは、本州以外もしくは海外に本店があるのか? 私の頭は疑問符で一杯になった。

そもそも、“おっさん” と “クレープ” は対極のイメージを持っている。くたびれたおっさんと甘くふわふわしたクレープ。この二つが合わされば、どのような物が出来上がるのか……? ナゾだ、ナゾすぎる! 実際に行ってさらに驚愕、クレープの中には「サクサクした何か」が入ってるらしい。何かってなんやーーーッ!?

続きを全部読む

期間限定オープン中の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』公式カフェに行ってきた! 「デロリアン」を食べられるってマジかよ!!

2015年10月21日が何の日か知っているだろうか? そう! マーティとドクが1985年からやって来る日なのだ。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を見たことある人なら、この日ばかりは空を見上げてデロリアンを探してしまうのではないか。

だがすまん、マーティ。こっちではまだホバーボードは広く普及してないし、『ジョーズ19』も公開されていない。その代わり、期間限定で『バック・トゥ・ザ・フューチャー』公式カフェがオープンしているぞ! お店があるヒルバレー……いや、池袋まで行ってきた!!

続きを全部読む

怪獣フィギュアが店内にぎゅうぎゅう詰め!! 東京・中野の『大怪獣サロン』は一瞬で童心に返って長居したくなる場所だった / おもちゃ箱に放り込まれた気分

子どもの頃に大切にしていたおもちゃ。いつの間にかそのおもちゃで遊ばなくなり、気付いたら大人になっていた。あの時のおもちゃ、今どこにあるのかなぁ……。こんな甘くてちょっぴり切ない思いを持っている人も多いのではないだろうか?

東京は中野にある『大怪獣サロン』は、訪れた全ての人を、半強制的に童心に戻してくれる不思議な空間だ。たかがおもちゃ、と回れ右する寸前のそこのあなた! ちょっと待ったーッッ!! マイナスイオンをも凌駕(りょうが)するかもしれない癒し効果を体感できるチャンスを逃すなかれ!!

続きを全部読む

ラグビー日本代表キャプテン「リーチ・マイケル」選手が経営する『Cafe+64』の居心地が最高すぎる件 / ニュージーランド風プレートも絶品

日本代表が奮戦中の、ラグビーワールドカップ・イングランド大会。南アフリカ戦での歴史的な勝利は、日本列島に空前のラグビー旋風を巻き起こしつつある。そんなラグビー日本代表のキャプテンを務めるのが、「リーチ・マイケル」選手だ。

15歳の時に来日し、現在は世界屈指の強豪リーグ「スーパーラグビー」のチーフスに所属するリーチ・マイケル選手だが、実は彼がオーナーを務めるカフェが、都内にあるという……。これはアツい! というわけで、さっそく『Cafe+64』がある府中市まで足を運んでみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【ノマドワーカーに朗報】電源・Wi-Fiが使えてピザもスイーツもツマミもイケる「ピザーラエクスプレス」がいい感じ!

あまり知られていないことなのだが、宅配ピザチェーンの「ピザーラ」は手軽にピザを食べることができる飲食店を運営している。野球場や遊園地などのレジャー施設を中心に、期間限定店も含めて約15店舗を展開しているだ。

最近になって、東京・新宿にカフェタイプの店舗をオープンさせた。そのお店「ピザーラエクスプレス 新宿区役所前店」は、焼き立てのピザを食べられるだけでなく、電源もWi-Fi利用も無料! 出先で仕事をすることの多いノマドワーカーには重宝しそうなお店である。

続きを全部読む

【ド迫力】シルバーウィークにオススメ!「爬虫類カフェ」で亀やトカゲとふれ合ってきたらマナーの大切さを学べてた

9月の大型連休「シルバーウィーク」。2015年は5連休となるが、皆さんはどんな予定を計画しているだろうか? まだプランを決めてない方に今回は、ぜひお勧めしたい珍スポットをご紹介したい。それが『爬虫類カフェ・横浜亜熱帯茶館』だ!

この爬虫類カフェ、その名の通り「爬虫類」を間近で観察できる上、ふれることも可能なカフェである。爬虫類とふれ合ううちに、人と爬虫類が共存するためのルールが学べ、人間社会で必要なマナーについても考えることが出来た。そんな学ぶこと多き『爬虫類カフェ・横浜亜熱帯茶館』をご紹介したい。

続きを全部読む

【意味不明】女ってカフェのボッタクリランチになんで1500円も払うの? と女子に聞いたら「だからモテないんだよ! 死ね」と言われた件

最近は外食もスーパーで売っている弁当も値上がりが多く、庶民のフトコロには厳しい状態が続いている。

絶対700円以内、できれば500円以下! と、ランチは絶対に節約したいと思っている人は多いと思うが、ひとつ疑問がある。

女子たちはなんでカフェで出てくるメチャ少量のボッタクリのようなランチに、1500円ぐらいのお金をポンッと払えるのだろうか?

続きを全部読む

【異空間カフェ&バー】テクノの神・平沢進の兄が店長を務める『Gazio(ガジオ) 』がお “進” めな件

つくばといえば、言わずと知れたサイエンスシティー。「思ったほど田舎じゃない」街である。自然あり、科学あり。一見すると真逆の存在であるものが同じ空間に同居している、実に不思議な場所だ。

そんなつくばの不思議さを凝縮したかのようなカフェがあるので、ご紹介したい。その名も、カフェバー&ミュージック『Gazio』である。このお店は、元P-MODELのアノ人の兄が経営するだけあり、アートあり、ギターあり、さらに有機野菜メニューあり、多肉植物ありの、カオスな幾何学空間なのである!

続きを全部読む

海外ドラマ『フレンズ』にハマりすぎた男性がドラマと同じカフェ “セントラル・パーク” をオープン!! 細部まで真似しまくるオタクぶりに脱帽!

1994~2004年まで10年にわたって放送された大人気海外ドラマ『フレンズ』は、ニューヨークに住む男女6人の恋愛や生活を描いたコメディだ。多彩なキャラクター6人が繰り広げるストーリーは世界中で社会現象にまでなり、日本でも大いに人気を博した作品である。

そんなシリーズに、ハマりにハマってしまったある男性が会社を辞めて、本作に登場するコーヒーショップと同名のカフェ “セントラル・パーク” をオープン!!  細部に至るまでドラマそっくりに真似しまくるオタクぶりと、ドラマの登場人物になりきる彼の心酔ぶりがうかがえる動画「Obsessed: The Chinese Friends」を見たら、そのハマり具合に脱帽してしまうこと間違いナシだ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6