和才雄一郎 (Yuuichiro Wasai)

編集者

京都府出身。2014年1月よりロケットニュース24に本格参戦。深夜ネタ結構多め、海外ネタちょい多め、脱ぐことかなり多め。

「和才雄一郎」担当の記事

【目の錯覚】この中に「隠しメッセージ」があるってよ / 英マクドナルドの広告が難解すぎ! 読めるかボケ!! と思ったら…

パッと見て読める人なんているんだろうか……。思わずそう呟いてしまうほど、こいつは難解だ。線の間を読めだって? ちょっと近づいて見た方がいいだって?

その通りにやってるんだけど、全然読めない。何が書いてあるのか、さっぱり分からない。なんだよこれ、デマなんじゃねえの? ——そんな斜に構えた態度でイスに腰かけたそのとき……! あっ! いま何か見えた!!  あああっっ! 読めたぞーーー!!

続きを全部読む

『絶対にタバコをやめる』ための超過酷な6日間!「シュールストレミングの匂いを吸いこむ」などハード過ぎる6つのトライアルで禁煙に挑戦した結果

禁煙なんて、本気を出したらいつでも出来る。——そう思いながらタバコを吸い続けること約15年、これまで30回以上も失敗を続けている私に、ついに本気を出すときがやってきた。

つまり、マジで、ガチで、禁煙することにしたのだ。そのために、ハードな6つのトライアルをこなしたので、以下で詳しく紹介しよう。これは、単なる禁煙レポートではない。死ぬ気で駆け抜けた、「地獄の6日間」の記録である。

続きを全部読む

『ぶりっ子』の一体何が悪いのか? さっぱり分からないので回りに聞いたら「この話で8時間飲めるわ」って回答が返ってきた

ちょ、まてぃよ! みんなさぁ、ぶりっ子キャラの女子を嫌うけど、ぶりっ子の一体何が悪いんっすか? だって、「好きな異性に気に入られたい」って気持ちくらい、ぶっちゎけ みんな持ってるっしょ? その気持ちをどう表現しようが、本人の自由じゃん! なのに、ぶりっ子と思われた女子が嫌われるって……こんなの ぶっちゃけ絶対におかしいって!

と、子どもの頃から感じていた筆者。その不条理を、今ここで明らかにしてやろう! 俺が “ぶりっ子認定” された女子を守ってやる! ——なんて気持ちで、「ぶりっ子についてどう思う?」と周囲に問いかけたところ……自分でも気持ちいい〜と感じるほどのカウンターが返ってきたので報告したい。

続きを全部読む

【知ってた?】Wikipedia(ウィキペディア)に寄付するとこうなる / 自動返信メールがアツい!

Wikipedia(ウィキペディア)といえば、ハンパない情報量が掲載されていることで有名だが、一方でハンパない “寄付してアピール” をしてくることでも知られている。今、インターネットを使ってこの記事を読んでくれている読者の中には、「あ〜あのバカでかいバナーのアレね」となる人も多いことだろう。

では、その “寄付してアピール” に応えて、実際に寄付したらどうなるかご存知だろうか? 私がやってみたので、レポートしたい。感想をひとことで言えば……こっちが戸惑うほどにアツい!

続きを全部読む

ハプニングバーで味わった「想定外の連続ハプニング」を体験者が告発 / 掲示板の書き込みが “改ざん” されるハプニングまで

誤解がないよう、最初にはっきりさせておきたい。これから紹介するのは、「風俗の話」ではない。ネット掲示板の書き込みが勝手に書き換えられたという由々しき事態の一部始終であり、当事者による怒りの告発である。つまるところ、むっさ真面目な話ということだ。

語ってくれたのは、「今から4〜5年前にハプニングバーに行った」と言う仮名・先端 常濡(さきばし じょうろう)氏。まさにそのとき、そのハプニングバーで、同氏の掲示板への書き込みが改ざんされたという。何があったのかというと……

続きを全部読む

NHKの集金スタッフに個人情報が漏れてる? 引っ越し直後に “取り立て” が来たので問い合わせてみた

意味がわからない。なぜ、あなたがそこにいるのか? なぜ、私が引っ越したことを知っているのか? 個人的な知り合いを除けば、引越し業者くらいしか知らないはずなのに……。NHKの集金スタッフさんよ! なぜ、あなたは引っ越したばかりの私の家の前に立っているんだ!?

だから聞いてみた。そのスタッフが来た翌日、大元のNHKに聞いてみた。「なぜ、私が引っ越したことを知るはずもないNHKの集金スタッフの方が、引っ越し直後に我が家に来ることが出来るでしょうか?」と。

続きを全部読む

『バンチョウ』 ← これを見て「高級なイメージ」が浮かぶ人もいるんだって! 何かわかる? 真の東京人なら楽勝かも!?

「漢字で書いてくれたら意味が分かったのに!」って歯がゆさ、日本人なら誰もが一度は経験したことがあるかと思う。例えば、タヌキコージと書いてあった場合、札幌市民の頭に浮かぶのはアレしかないだろう。しかし、道外出身者の中には「田貫 浩二さん」と思う人だっている……かもしれない。

つまるところ、「平仮名や片仮名で書くと、人によって全く異なるものをイメージしている場合がある」ってこと。それを踏まえた上でお聞きしたいのが、バンチョウだ。そう聞いて、あなたは何を思い浮かべるだろうか? 高級な方のバンチョも、頭によぎっているだろうか?

続きを全部読む

50円以内で出来る「叶姉妹の美容法」! 恭子さん実践『バストトップケア』の効果をガチ検証してみた

スゥウウウウウウウウ〜〜〜〜すんごい。アァァァァ〜〜〜〜すんごい。この美容法はすん〜〜ごいわ。潤いが全然違う。しっとり感がいい具合にマシマシになってる。

そして安い。使ったのは大きなスプーンで2杯くらいのヨーグルトとハチミツ少々、そこに小麦粉を振りかけただけだから、どう考えても50円していない。もしかしたら、10円かかってないかもしれない。マジ安すぎ。

でも何よりすごいのは、このコスパのいい美容法を実践しているのが、叶姉妹のお姉さま・恭子さんということだ。

続きを全部読む

恋多き男性が語る「恋愛あるある30連発」が意味不明! リア充の世界ヤバイ!!

草食男子や絶食男子の増加が叫ばれて久しい昨今だが、もちろん全ての男性が草食化・絶食化している訳ではない。なかには、女性との出会いを積極的に求め、恋愛と呼ばれる非生産的な行為に精を出す男性だっている。

そこで今回は、そんな恋愛経験豊富な男性に「恋のあるある」を聞いてみたので紹介しよう。非リア充ども! 耳をかっぽじって聞け! これがリア充の世界だ!!

続きを全部読む

ガチの草食男子に捧ぐ! 抱きたい「雌しべ」ランキングTOP5 / 昼顔が4位でツツジが2位!! 果たして1位は?

女性国との国交断絶を決意した男性国・草食自治区、もしくは絶食自治区にお住まいの諸君、お待たせした。ついに見つけたぞ! 心を許していい相手を! 新たなる恋愛対象を! 我らが愛を注ぐべき対象物を!!

それは、植物! 特に「雌しべ」は良い。すごく良い。中でも、これから紹介する5つは至高と言っても差し支えない存在だ。あぁ、こんなにも “面倒臭くないパートナー” がいたなんて……。人間の女性だけが恋愛対象だと思っていた頃の自分をぶん殴りたくなるほどの衝撃的発見である。

続きを全部読む

【デブの日】「本気を出したらいつでも痩せられる」と思っているデブが言いがちなセリフ5選

本日8月8日は「デブの日」らしい。Webサイト「今日は何の日」によれば、大日本肥満者連盟(大ピ連)が、「8の字のふくよかなイメージと肥満体型こそ水着がよく似合うということ」から1972年に制定したそうだ。

そこで今回は、そんな肥満体型の人間、特に「本気を出したらいつでも痩せられる」と思っている肥満の人が言いがちなセリフを集めたので紹介しよう。もし身に覚えがあったら……あなたは確実に肥満ロードを爆走しているぞ。

続きを全部読む

【あるある】「餃子の王将」で100人前くらい餃子を食べたら気付くこと・やりがちなこと50連発

言うまでもないことだが、「GO」は「イク」という意味である。ほとんどの人は、GOと聞くとそのように解釈するだろう。もしくは、当サイトの熱心な読者であれば、GO羽鳥のことを想像する人だっているかもしれない。

しかし……だ。私は違う。「GO」というと、餃子の王将(Gyouza_no_Ohsho)がどうしても頭に浮かんでくる。そんな私のような「餃子の王将」中毒者に向けた “あるあるネタ” を今回はお届けしたい。題して、「餃子の王将で100人前くらい餃子を食べたら気付くこと・やりがちなこと50連発」だ。

続きを全部読む

「日本人男性の7割はカセイ人説」はマジなのか? 真面目に分析して見えた3つの仮説

「YES」のキャッチコピーでおなじみ高須クリニック。その院長である高須克弥先生といえば、歯に衣着せぬ発言をする美容整形外科医として人気だが、絶対に忘れてはいけない功績を残したことでも有名だ。特に男性にとっては、感謝してもしきれない功績と言えるだろう。

それは……何人ものカセイ人に手術を施し、「男の自信」を取り戻させたということ。いや、シンセイ人やカントン人もいただろうが、とにかく、デリケートな部分の手術ブームを作った張本人だということである。ここでは、そんなデリケートな話をしたい。

続きを全部読む

医者から「肺に白い影が見える」と言われてCT検査を受けた結果

タバコを吸っている人の中で、いつか肺がんで死ぬことを覚悟している人はどれほどいるのだろう? 恐らく、ほとんどの人は「そういうリスクがある」と頭では分かっていても、心の中で重く受け止めてはいないように思う。

だが、喫煙者の現実はご存じの通り。説明するまでもないだろうが、タバコを吸っている限り医者から「肺がんです」と告知される可能性は非喫煙者より高い。もしくは、「レントゲンに白い影が映ってます」というパターンかもしれない。15年ほどタバコを吸い続けてきた私(35歳)と同じように……

続きを全部読む

【知ってた?】台風の名前はこうして付けられる / そのシンプルなルール

夏になると、きっと誰もが1度は耳にするであろう台風の名前。今の時期でいうと、台風5号『ノルー』とか9号『ネサット』とかいうアレである。それらの台風名が、どうやって決まっているかご存知だろうか?

「知っているよ!」という人は当然いるだろうが、「流行語大賞とかベストジーニスト賞みたいなノリで、誰かが何となく決めている」と思っている人もいるに違いない。まさに、私がそうだったのだが……! そうじゃないと今さっき知ったので、まだ知らぬ同士のために報告したい。台風の名前は、こんな感じで決まっていたのだ。

続きを全部読む

【土用の丑の日】うなぎを食べて「精がついた」人はいるのか? グルメライターたちに聞いたらカオスになった

山芋やスッポンと並んで、昔から「精がつく食べ物」として挙げられる うなぎ。本日7月25日は土用の丑の日なので、「今晩はウナギを食らう」という人は多いかと思うのだが……個人的に、昔から気になっていたことがある。「うなぎを食べると精がつく」とかいうアレ、マジなのだろうか?

というのも、私は今まで何度もうなぎを食べているのに「精がついたな〜」と感じたことが1度もないのだ。他の人はあるのだろうか? そこで「うなぎを食べて精がついたことある?」と周囲に聞いてみたところ……想定していなかったコメントが飛び出す事態となった。

続きを全部読む

男性だらけの会社で働く “女性” に聞いた「オッサンと上手く付き合う方法」が深イイ

職場でのオッサンとの付き合い。そう聞いただけで、内心「うわ〜」となる人は少なくないだろう。実際のところ、書いている私(35歳)も、自分がオッサンであることを忘れて「うわ〜」となっている。だって、面倒くさいじゃん。オッサンって。

でも、男性の私でさえ “オッサン = 面倒くさい” と感じているんだから、世の女性たちはもっと思っているはず。「どうやって、あんなのと付き合っていけばいいんだ……」と。そこで、その付き合い方についてオッサン慣れした女性に話を聞いてみたら ちょっと深イイ答えが返ってきたので紹介したい。

続きを全部読む

旭日旗問題で川崎フロンターレの熱狂的サポーターに意見を聞いたら “熱い答え” が返ってきた

旭日旗問題での裁定が物議をかもしている。本日2017年7月20日、アジアサッカー連盟(AFC)は、「サポーターが旭日旗を掲げた問題」に関する川崎フロンターレ側の上訴を棄却。

この決定に対して、川崎フロンターレのサポーターはどう思っているのだろうか? ——と気になったので、その胸の内を聞いてみた。

続きを全部読む

【え!?】ネットで注文した商品が『自動でキャンセル』に!  問い合わせたら「マジかよ」な事実判明

ネットショッピングは面倒くさい。なぜかって、商品をポチり、配達されるのを今か今かと待っていたら、突然「注文はキャンセルされました」なんていう寝耳に水のメールが届くこともあるのだから。

──それは先日、私の知人の身に起きたこと。便利だと思っていたネットでの買い物が、突如として “不条理を突きつけられる行為” と化したそうだ。その一部始終を以下で紹介しよう。

続きを全部読む

松居一代さんの一連の行動が『離婚調停』に与える影響とは? 弁護士に聞いたら「ヤバい感じ」だった

バイアグラ100ml男——あまりにもインパクトの強いその言動で、今や日本中から注目されることになった松居一代さん。対する夫の船越英一郎さんは、松居一代さんに対して離婚調停を申し立てていると週刊文春が報じている

では、松居一代さんの “船越英一郎さんに対する一連のバッシング行動” は離婚調停にどのような影響を与えるのだろうか? 弁護士に聞いてみたところ……どうやら代償は安くないようだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 51