和才雄一郎 (Yuuichiro Wasai)

副編集長

京都府出身。2014年1月よりロケットニュース24に本格参戦。好きな言葉は「経費で買っていいぞ」で、嫌いな言葉は「根性出せ」です。

「和才雄一郎」担当の記事

缶の「一風堂とんこつラーメンスープ」を飲んだら思ってたのと全然違った / ひと口目でファッ!

なぜ、わざわざ駅ナカ自販機でそれを売るのか? と思っていた。もっと言うなら、なぜわざわざ缶に詰めるのか? と思っていた。

何の話かというと、一風堂が監修したとんこつラーメンの缶スープ。その名も『コクと旨味の一風堂とんこつラーメンスープ(150円 / 190ml)』である。いかにもジュース的な雰囲気で自販機に並んでいるようだが……おかしいだろ!

続きを全部読む

【真の贅沢】デパートで「どら焼きの皮」だけ売られる時代になりました / あんこ無しなのに価格は…!

どら焼きの皮。早い話が「ノーあんこどら焼き」ですから、それはもはやパン粉だけのトンカツと同じ。あるいは、エンジンを外したスクラップ車みたいなものだと思うかもしれません。

かく言う私自身がそう思っていたので、伊勢丹新宿店にて「どら焼きの皮」だけが売られていたのを見たときは正直なところ驚きました。そして、価格を見て2度驚きました。一体いくらだったかというと……

続きを全部読む

【は?】大阪王将の店舗限定「スーパーノリ弁当」が世の中ナメすぎな件 / 何も知らずに買うと混乱必至

大阪王将が “のり弁当” を販売していることは、コアな大阪王将ファンでも知らないかもしれない。なぜなら、大阪王将の “のり弁当”、その名も『スーパーノリ弁当』は店舗限定にしてテイクアウト限定メニュー。公式サイトにも載っていないから、いつも行く店舗が非対応ならば存在を知りようがないだろう。

よって、販売店舗を押さえることは重要なのだが、それより何より大事なのは弁当の中身。というのも、スーパーノリ弁は結構クセの強い代物で、よくある海苔弁当とは全く違う。何も知らずに買うと、開封直後にブチギレても不思議ではないからだ。

続きを全部読む

【超レア】フレッシュネスの狂気が詰まった「ホームランバーガー」はデカいだけじゃなかった / メニュー写真と見比べたら…

フレッシュネスバーガーといえば、日本のハンバーガーチェーンの中では大人向きと言っていいだろう。ポップというか、洗練されているというか、落ち着いているというか。マクドナルドが渋谷だとしたら、恵比寿のような立ち位置と言っていいかもしれない。

そんな大人なフレッシュネスが、一部店舗でアホになっている。え? と思ったかもしれないので、もう一度言おう。フレッシュネスが、一部店舗でアホになっている!

続きを全部読む

【事故】Amazonで注文した商品が届かないので調べたら…とんでもないことになっていた

「申し訳ありません。お客様のお荷物の配送が遅延しております」

私のAmazonアカウントで、上のような文言がずっと表示されていた。まさに、「ずっと」だ。いくら待っても変わらない。配達予定日を3日過ぎても、5日過ぎても、「遅延しております」のまま。

一体何があったのか? あまりにも配送される気配がないので気になって調べてみたところ……! ひとことで言うと、こうだった。

続きを全部読む

【どうした?】コロナ禍に閉店した近所の「ドトール」が再オープン → 以前の面影がなくてビビった

もうね、完全に別店舗。看板にはドトールって書いてあるけど、ドトールじゃない。店内に入ったら、10人中10人は心の中で叫ぶと思うよ。ここどこ? って。お前だれ? って。

それくらい違うのよ。以前の面影がなさすぎるのよ。別人すぎるのよ。具体的にどういうことかって言うと……

続きを全部読む

【クセ強】大阪王将の新商品名が長すぎて覚えられない / 声に出したら百人一首みたいになって笑った

まただ。大阪王将がまたやった。またまたまたまたクセ強目なネーミングの新商品を発売しやがった。以前に本サイトで取り上げた『弾む焼豚いつかの初恋オムライス』や『大阪の元気いただきます! 道頓堀焼きそば』もネーミング的に問題作だったが、今回は別ベクトルで衝撃作

一体どんな名前かというと……

続きを全部読む

【知ってた?】店舗限定の「夜モス」が最高に美味い!「夜マック」を越えてる…と思ったので対応店舗を聞いた

東京・秋葉原を歩いているとき、上の看板をモスバーガー前で発見した。「夜、モス、寄る?」とただのダジャレなのだが、多くの人はアレが頭をよぎるはずだ。

そう……夜マック! 看板をよく見ると「夜モス」とは言い切っておらず、疑問形とダジャレで何かをごまかしているような気がしなくもないが、これは紛れもなく夜モスだろう。

モスバーガーよ、こんなものを密かに販売していたのか! と思いながら入店して食べてみたら、「こりゃ記事にせねば!」となるクオリティであった。

続きを全部読む

【沼】PS5が当たる「5000円の高額ガチャ」を1回だけ回すつもりが…

1回とか言いながら結局2回・3回と回しちゃったのでしょう? ──と思われた方がいるかと思う。それに対して私は「お察しの通りです」としか言いようがないのだが、今回お伝えしたいのは予想外のアクシデントである。

アレさえなければ、私は1回ポッキリで手を引いていたに違いない。しかしアレがあったからこそアレやアレが手に入ったわけで、めちゃくちゃラッキーであった。とにかく、起こったことをありのままに話そう。

続きを全部読む

【保存版】20kg以上の減量に成功したから「ダイエットのモチベーションをキープする5つの方法」を真面目にまとめてみた

精神的なこと、これも技術のうち。自分で高めること、自分でやる気になること、これも技術のうち

格闘技界の伝説・タイガーマスク(佐山聡)のお言葉である。名言すぎて引用するのも気が引けるが、本記事のテーマはタイガーマスクの言う “精神的なこと” 。つまり、モチベーションだ。

それも、ダイエットのモチベーションについて考察していきたい。個人的には、体重を減らす上でもっとも大事なことかと思う。なんなら、こう言ってもいいだろう。ダイエットはモチベーションが9割、だと。

続きを全部読む

【狙い目】セレブスーパー『成城石井』のお惣菜コーナーで人気TOP3をぜんぶ買ってみた感想「1番記憶に残ったのはタコ焼き」

本記事は「成城石井のような高級スーパーなんて、宝くじでも当たらない限り自分には一生縁がない」と思っている人向けの内容となっている。よって、コンビニ感覚で成城石井を利用している人にとっては当たり前の内容が含まれているだろうが、その点ご了承いただきたい。

さて、あなたは成城石井の商品はどれも基本的にクソ高いと思っている。だから店舗を見かけたとしてもスルーし、立ち寄ることはないだろう。というか、私自身がそうだったのだが……。

つい先日、ふとしたきっかけでフラリと入店してみたところ、手作りお惣菜コーナーで思わず足が止まった。私が思っていたよりも安いのだ。なんだこれ? 手が出ないほどではない……って気持ちのまま、いくつか購入してみた。その結果、たどり着いた結論を最初に言いたい。

続きを全部読む

【激安】「銀だこ」の一部店舗で販売しているカレーのコスパがエグい! カツカレーが450円で…

『カツカレー』と『から揚げカレー』が税込450円で、豚バラが4枚のった『ポークカレー』は税込580円。普通の『カレーライス』はなんと税込300円!

……安い。相当に安い。ココイチのロースカツカレーが税込809円ってことを考えたら、圧倒的に安い。しかしながら、価格より何より驚きなのは、上のカレーを販売しているお店が「銀だこ」ってことだろう。

続きを全部読む

【賭け】松屋の『海鮮ごろごろシーフードカレー』が美味すぎるからロカボ変更でも大満足だと信じて注文したら…無慈悲さにビビった

食券機で「ロカボチェンジ」の表示を見たとき、私の指は止まりました。なぜなら、そのときは完全にライスの口になっていましたから。カレーとライスという無敵の組み合わせを味わうつもり満々でしたから。

そこに不意打ちのように出てきた「ロカボチェンジ」。味のことしか頭になかったときに、「白米をガッツリ食べてカロリーは大丈夫なんですか?」と聞かれたようなものです。

どうすべきか。私は悩んだ挙げ句に「ロカボチェンジ」をプッシュしたのですが……。事前に知っておくべきでした。松屋の「ロカボ」はガチだということを。

続きを全部読む

【衝撃】Amazonのフリをした詐欺SMS「プライム会員の支払い方法に問題があります」をよく見たら…震えた

その詐欺SMSは何かが違った。文面や手口はありきたりと言えばありきたりなのだが、よくよく見ると1番大事なところがズレている。詐欺グループは、絶対に間違えてはいけないところで致命的なミスを犯しているのだ。

だからこそ、私は震えた。ボケたSMSのせいで、ある光景を連想してしまったから。おそらく、私と同様の想像してしまった人は、似たような気持ちになるはずだ。

続きを全部読む

【最高だと話題】ニトリの「ホテルスタイルまくら」を1ヶ月使い続けたから気づいたこと

ニトリの『ホテルスタイルまくら』が良いらしい。コスパ的に最高らしい──という噂は、1年くらい前から聞いていた。なにせ、当方20年ほど枕に悩み続けている枕難民。自慢ではないが、枕関係の情報は自然とチェックする癖がついている。

しかしだからこそ、私は動かなかった。難民歴が長すぎると、疑い深くもなるものだ。「どうせ金をドブに捨てることになるんだろう」と、ひねくれた気持ちにもなってしまう。

よって、どれだけ『ホテルスタイルまくら』がネットニュースで取り上げられようが、SNSでバズろうが、私は見(けん)の姿勢を貫き通した……が! 1ヶ月ほど前、ついに我慢できずに買ってしまった。サイズは標準で、価格は税込1990円。

そして1ヶ月使い続けた今、私はひしひしと感じている。「コレめっちゃ良いじゃん♡♡♡」とー。

続きを全部読む

【追記あり】松屋に「見慣れぬカレー」のポスターが貼られてたので注文してみた → すごいの来た / 店舗限定の『海鮮ごろごろシーフードクリームキーマカレー』

そのポスターには『海鮮ごろごろシーフードクリームキーマカレー』と書かれていた。価格は税込850円。見慣れないカレーだな……と思ったら、どうやら店舗限定らしい。ポスターの上の方をよく見ると、そう書いてある。

なるほど。どうやら、偶然にもレアなカレーを見つけたらしい。これは気になる──って気持ちのまま入店。注文してみたところ、結果的に「すごいの来たな」となったので報告したい。

続きを全部読む

【絶句】Wikipedia(ウィキペディア)に去年より低い金額を寄付したら…あまりにも酷い仕打ちを受けた

人間関係を一発で破壊しかねないという意味で、「お金」は一種の爆弾だろう。どれだけ強い絆で結ばれている者同士でも、金銭上のトラブルですべてが終了しかねない。それだけに、お金にまつわるやり取りは何かと気を遣うものだが……。

気遣いゼロでお金(寄付)を求めてくる組織が、知の集合体・Wikipedia(ウィキペディア)である。酷い言い方だと思うかもしれないが、紛れもない事実だ。じゃなければ、以下のようなメールを送って来ないだろうから。

続きを全部読む

【え?】コロナ禍のいま「旅行口コミサイト」の人気レストラン東京編を見たらビビった / 東京五輪で来日した関係者は一体なに食いたいのか

コロナ禍のいま、旅行口コミサイトの人気レストランランキングはどうなっているのだろう?

──テレビで東京オリンピックの中継を見ながら、私はふと気になった。なにせ、今の日本には海外から多くの五輪関係者が滞在中。彼ら・彼女らは、人気レストランのランキングを見るたびに悔しがっている気がしたからだ。

「チクショー! せっかく日本に来たというのに……! あの店やこの店に行きたかったぜ!!」という感じで。そこで、どんな店が目に留まりやすいのか、大手旅行口コミサイトの東京人気レストランランキングを見てみたら……え!? なにこれ?

続きを全部読む

【奇跡の20kg減】たまに大食いしながら1年近くダイエットを続けてたら…とんでもないことになった

今から1年ほど前、私は社内で1番のデブだった。医者から忠告されるレベルの体重、体脂肪率、BMI……。絵に描いたようなメタボである。

いや、メタボだったと、過去形にしてもいいはずだ。なにせ、今はバリバリ標準体型。あぁ、標準体型。なんと素晴らしい響きだろうか。そして、太っていない日常というのはなんと便利なのだろう。痩せるって……

最高ぉぉぉぉおおおおおおおおお!!!!!

続きを全部読む

Wikipedia(ウィキペディア)が「寄付しない人」をディスり始めて笑った / 寄付し続けて5年目に来た催促メールがアツい!

Wikipedia(ウィキペディア)といえば、ハンパない情報量が掲載されていることで有名だが、一方でハンパない “寄付してアピール” をしてくることでも知られている。では、その “寄付してアピール” に応えてみたら どうなるのだろうか?

──という記事を公開し、実際に寄付をしたのが2017年9月のこと。あれから2018年2019年2020年と少額ではあるが寄付をし続けている。

そして今年2021年。例のごとく、またWikipediaから「寄付催促メール」が来たと思ったら……一線を越えていたので思わず笑ってしまった

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 74