和才雄一郎 (Yuuichiro Wasai)

編集者

京都府出身。2014年1月よりロケットニュース24に本格参戦。深夜ネタ結構多め、海外ネタちょい多め、脱ぐことかなり多め。

「和才雄一郎」担当の記事

【禁煙トライアル】タバコをやめて3週間の間に「襲ってきたヤバイ悪魔」トップ5

タバコをやめる! ──喫煙者がそう決意した瞬間から、襲いかかってくる悪魔がいることをご存知だろうか? その悪魔は、「禁煙の国」へ脱出しようとする元喫煙者達を、あの手この手で「喫煙の国」へ押し戻そうとする。

そんな悪魔と今も戦っている私(和才)は、タバコをやめてから本日12月14日で3週間になる。禁煙歴こそまだ浅いものの、その間に悪魔どもが私に仕掛けてきた攻撃はえげつないのひと言だ。中でも最もヤバいヤツを挙げると……以下の5匹。タバコをやめたい人! こいつらに気をつけて!!

続きを全部読む

「深夜に晩ゴハン食べる生活」を5年間続けた結果がエグい! 標準体型の人でもこうしてデブになる

なぜ、深夜にご飯を食べると太るのだろうか? 不思議だ。「質量保存の法則」的な考え方をするならば、深夜に食べようが早朝に食べようが、トータルの摂取カロリーがオーバーしていなければ太らない……気がしなくもない。というか、実際にはそれほど問題ないのかも?

──と思いながら、ここ5年間ほど深夜に食べまくってきた私(和才)。そんな生活をしてきた立場から、読者のみなさんに1つだけ伝えたいことがある。それは……「夜中にメシを食うな」ということだ。

続きを全部読む

優良ドライバーが「免許の更新に失敗」した理由 / 運転に自信があってもハマる可能性がある “落とし穴”

運転免許の更新に失敗した。……何を言っているか分からないかもしれないが、私も何が起こったのかわからない。何の障害物もない平坦な道だと思って歩いていたら、急に視界が真っ暗になってしまった感じだ。

わかっているのは、全く予測していなかった場所に「落とし穴」があり、そこにハマってしまったということ。……とにかく、あの日起こったことをありのままに話そう。

続きを全部読む

【やっぱり】ダイエットと禁煙を同時にやったらこうなった / 無修正のビフォーアフターが見るに耐えない

イケメンになりたい。スタイル良くなりたい。お腹周りの贅肉を何とかしたい。適度に筋肉をつけたい。薄毛を気にせずに生きたい。髪の毛をファッッッサァ〜〜〜とさせたい。──あなたはどうだろうか?

少なくとも私は、自分の全身を鏡で見たときに「もっとこうであれば」と思うことが腐るほどある。中には自分の努力ではどうにもならないこともあるが、逆に努力で何とかなることも。例えば、体型&体重。こいつを何とかしたい……いや、しなければ! というわけで、ダイエットに挑戦してみた。

続きを全部読む

こんなエレベーター、見たことある? 乗り方を知らずに海外で赤面した話 / 手押しのトラップに気をつけろ!

よく言われることだが、世の中は知らないことだらけである。そしてそれを身に沁みて感じるのが、海外に行ったときではないだろうか。環境や言語が変われば、今まで当たり前にしていたことが出来なくなって戸惑うことは珍しくない。だけど……!

さすがに、エレベーターの乗り方が分からずにテンパるとは思いもしなかった。というか、あんな手押しタイプがあったなんて……。エレベーターひとつとっても、色々あるんですなぁ。

続きを全部読む

【中二病じゃない】「騎士団長の館」を見るためにギリシャのロードス島まで行ってきた / ドラクエ感全開の世界

ギリシャとトルコに挟まれたエーゲ海には、2500以上もの島があるとされている。その中で、中二病を患う男子なら無条件で惹かれる島がロードス島だ。なんといっても、島の名前が有名ファンタジー作品のタイトルにも使われている上に、島ではかつて騎士団が死闘を繰り広げた歴史がある。

完璧なまでに、中二病男子の好みにマッチしている場所と言っていいだろう。そんな島に、「死ぬまでに一度は行ってみたい」と思っていた私(35歳)。つい先日、念願かなって現地まで足を運ぶことができたので、写真とともにレポートしたい。

続きを全部読む

【素朴な疑問】パンツにウンコがついたとき、クリエイター達はどうするのか? 実際に聞いてみた

なんとも不思議だ。なぜ、ウンコはパンツにこっそりとキスをしたがるのだろうか? それはまるで、隠れてイチャつくカップルのよう。こっちが気づいたときには、パンツに茶色いキスマークだけが残っている。一体なぜ? ……理由はわからないけど、本当に困る。

そんなウンコのキスマーク問題……もっと言うならば、パンツに残るウン筋問題、これをクリエイター達は一体どのようにして解決しているのだろうか? 気になったので、実際に聞いてみた。

続きを全部読む

これはマジで便利!「オフラインで使うGoogleマップ」が海外旅行で役に立ちまくった / しかし注意点も…

数ある地図アプリの中で、定番中の定番であるGoogleマップ。スマホにダウンロードして利用している人は多いだろうが、「その機能を十分に使いこなしている」と言いきれる人はどれくらいいるのだろうか。「正直なところ、色々ありすぎてよく分からない」という人も多いかと思う。

かくいう私自身、まさに “よく分からない派” なのだが、先日「こいつを知ったおかげでマジ助かった!!」と身をもって感じた機能があるので紹介したい。それは……Googleマップをオフラインで使用する方法。これ、特に海外旅行が好きな人にとってはメチャクチャ役立つこと請け合いだぞ。

続きを全部読む

「デブ」がパラグライダーに挑戦して気づいた “飛行前に必ずチェックすべき” 大切なこと

本記事は、デブに対する注意喚起を目的としている。特に、パラグライダーなどに挑戦しようと思っている無謀なデブはしっかりと聞いてほしい。とても大事なことだから。これを怠ると……あとあと「しまった〜!」となりかねない。

——と言うと、「パラグライダーの体重制限をしっかりチェックしろってこと!?」と思うかもしれない。だが、そんなのは当たり前だ。自分の体重を正直に申告して大丈夫かどうか確認するのは当然として、他にも気をつけるべきことがある。それは……

続きを全部読む

思春期の学生が「初めてメガネをかけて学校に行くとき」あるある30連発

思春期。それは本当に面倒な時期である。どうかと思うほど自意識過剰で、なんでもないことで傷ついたり、傷つけたり……。個人差があるとはいえ、「自分もあったわ〜」と思い出す人も多いのではないだろうか。

そんな思春期の時期は、「初めて学校にメガネをかけて行く」っていうだけでも、内心バタバタしがち。例えば、こんな風に……

続きを全部読む

【目の錯覚】この中に「隠しメッセージ」があるってよ / 英マクドナルドの広告が難解すぎ! 読めるかボケ!! と思ったら…

パッと見て読める人なんているんだろうか……。思わずそう呟いてしまうほど、こいつは難解だ。線の間を読めだって? ちょっと近づいて見た方がいいだって?

その通りにやってるんだけど、全然読めない。何が書いてあるのか、さっぱり分からない。なんだよこれ、デマなんじゃねえの? ——そんな斜に構えた態度でイスに腰かけたそのとき……! あっ! いま何か見えた!!  あああっっ! 読めたぞーーー!!

続きを全部読む

『絶対にタバコをやめる』ための超過酷な6日間!「シュールストレミングの匂いを吸いこむ」などハード過ぎる6つのトライアルで禁煙に挑戦した結果

禁煙なんて、本気を出したらいつでも出来る。——そう思いながらタバコを吸い続けること約15年、これまで30回以上も失敗を続けている私に、ついに本気を出すときがやってきた。

つまり、マジで、ガチで、禁煙することにしたのだ。そのために、ハードな6つのトライアルをこなしたので、以下で詳しく紹介しよう。これは、単なる禁煙レポートではない。死ぬ気で駆け抜けた、「地獄の6日間」の記録である。

続きを全部読む

『ぶりっ子』の一体何が悪いのか? さっぱり分からないので回りに聞いたら「この話で8時間飲めるわ」って回答が返ってきた

ちょ、まてぃよ! みんなさぁ、ぶりっ子キャラの女子を嫌うけど、ぶりっ子の一体何が悪いんっすか? だって、「好きな異性に気に入られたい」って気持ちくらい、ぶっちゎけ みんな持ってるっしょ? その気持ちをどう表現しようが、本人の自由じゃん! なのに、ぶりっ子と思われた女子が嫌われるって……こんなの ぶっちゃけ絶対におかしいって!

と、子どもの頃から感じていた筆者。その不条理を、今ここで明らかにしてやろう! 俺が “ぶりっ子認定” された女子を守ってやる! ——なんて気持ちで、「ぶりっ子についてどう思う?」と周囲に問いかけたところ……自分でも気持ちいい〜と感じるほどのカウンターが返ってきたので報告したい。

続きを全部読む

【知ってた?】Wikipedia(ウィキペディア)に寄付するとこうなる / 自動返信メールがアツい!

Wikipedia(ウィキペディア)といえば、ハンパない情報量が掲載されていることで有名だが、一方でハンパない “寄付してアピール” をしてくることでも知られている。今、インターネットを使ってこの記事を読んでくれている読者の中には、「あ〜あのバカでかいバナーのアレね」となる人も多いことだろう。

では、その “寄付してアピール” に応えて、実際に寄付したらどうなるかご存知だろうか? 私がやってみたので、レポートしたい。感想をひとことで言えば……こっちが戸惑うほどにアツい!

続きを全部読む

ハプニングバーで味わった「想定外の連続ハプニング」を体験者が告発 / 掲示板の書き込みが “改ざん” されるハプニングまで

誤解がないよう、最初にはっきりさせておきたい。これから紹介するのは、「風俗の話」ではない。ネット掲示板の書き込みが勝手に書き換えられたという由々しき事態の一部始終であり、当事者による怒りの告発である。つまるところ、むっさ真面目な話ということだ。

語ってくれたのは、「今から4〜5年前にハプニングバーに行った」と言う仮名・先端 常濡(さきばし じょうろう)氏。まさにそのとき、そのハプニングバーで、同氏の掲示板への書き込みが改ざんされたという。何があったのかというと……

続きを全部読む

NHKの集金スタッフに個人情報が漏れてる? 引っ越し直後に “取り立て” が来たので問い合わせてみた

意味がわからない。なぜ、あなたがそこにいるのか? なぜ、私が引っ越したことを知っているのか? 個人的な知り合いを除けば、引越し業者くらいしか知らないはずなのに……。NHKの集金スタッフさんよ! なぜ、あなたは引っ越したばかりの私の家の前に立っているんだ!?

だから聞いてみた。そのスタッフが来た翌日、大元のNHKに聞いてみた。「なぜ、私が引っ越したことを知るはずもないNHKの集金スタッフの方が、引っ越し直後に我が家に来ることが出来るでしょうか?」と。

続きを全部読む

『バンチョウ』 ← これを見て「高級なイメージ」が浮かぶ人もいるんだって! 何かわかる? 真の東京人なら楽勝かも!?

「漢字で書いてくれたら意味が分かったのに!」って歯がゆさ、日本人なら誰もが一度は経験したことがあるかと思う。例えば、タヌキコージと書いてあった場合、札幌市民の頭に浮かぶのはアレしかないだろう。しかし、道外出身者の中には「田貫 浩二さん」と思う人だっている……かもしれない。

つまるところ、「平仮名や片仮名で書くと、人によって全く異なるものをイメージしている場合がある」ってこと。それを踏まえた上でお聞きしたいのが、バンチョウだ。そう聞いて、あなたは何を思い浮かべるだろうか? 高級な方のバンチョも、頭によぎっているだろうか?

続きを全部読む

50円以内で出来る「叶姉妹の美容法」! 恭子さん実践『バストトップケア』の効果をガチ検証してみた

スゥウウウウウウウウ〜〜〜〜すんごい。アァァァァ〜〜〜〜すんごい。この美容法はすん〜〜ごいわ。潤いが全然違う。しっとり感がいい具合にマシマシになってる。

そして安い。使ったのは大きなスプーンで2杯くらいのヨーグルトとハチミツ少々、そこに小麦粉を振りかけただけだから、どう考えても50円していない。もしかしたら、10円かかってないかもしれない。マジ安すぎ。

でも何よりすごいのは、このコスパのいい美容法を実践しているのが、叶姉妹のお姉さま・恭子さんということだ。

続きを全部読む

恋多き男性が語る「恋愛あるある30連発」が意味不明! リア充の世界ヤバイ!!

草食男子や絶食男子の増加が叫ばれて久しい昨今だが、もちろん全ての男性が草食化・絶食化している訳ではない。なかには、女性との出会いを積極的に求め、恋愛と呼ばれる非生産的な行為に精を出す男性だっている。

そこで今回は、そんな恋愛経験豊富な男性に「恋のあるある」を聞いてみたので紹介しよう。非リア充ども! 耳をかっぽじって聞け! これがリア充の世界だ!!

続きを全部読む

ガチの草食男子に捧ぐ! 抱きたい「雌しべ」ランキングTOP5 / 昼顔が4位でツツジが2位!! 果たして1位は?

女性国との国交断絶を決意した男性国・草食自治区、もしくは絶食自治区にお住まいの諸君、お待たせした。ついに見つけたぞ! 心を許していい相手を! 新たなる恋愛対象を! 我らが愛を注ぐべき対象物を!!

それは、植物! 特に「雌しべ」は良い。すごく良い。中でも、これから紹介する5つは至高と言っても差し支えない存在だ。あぁ、こんなにも “面倒臭くないパートナー” がいたなんて……。人間の女性だけが恋愛対象だと思っていた頃の自分をぶん殴りたくなるほどの衝撃的発見である。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 51