中澤星児 (Seiji Nakazawa)

ライター

アニメが好きなギタリスト。メジャーデビューはしたことないけどイギリスツアーはしたことあり。作詞家としても活動。「ロケニューの煉獄さん」「イングヴェイしてみた」などヒット記事もやっぱりアニメと音楽が強し。

「中澤星児」担当の記事

【卵とじないカツ丼を探せ】第9回:これはかつ丼なのか? 虎ノ門『つかんと』のかつ丼がとじてないけど……!

とじないカツ丼の店ってこんなに多かったんだな。正直、「とじないカツ丼」とか「焼きカツ丼」と検索しても、どの記事も同じ店をまとめてるもんだから4~5店舗くらいで終わると思っていた。

しかし、実際足を踏み入れてみるとあるわあるわ。そこで自分のためにもアーカイブしようと思ったのが本連載「卵とじないカツ丼を探せ」である。ブームである焼きスタイルから半分とじかつ丼まで多種多様な進化が見られる卵とじない系。今回はその中でもかなり個性的な一品だ。っていうか、これはかつ丼なのか……?

続きを全部読む

【焼きカツ丼】パッと見カフェなのに実は「とじないカツ丼」が激ウマ! 平井『とんかつぱんぱん』が全然軽食じゃない件

卵かつ丼なのにサクサクしてる! かつ丼のジレンマを解決した存在「とじないカツ丼」に感動し、勢い余って『卵とじないカツ丼を探せ』という連載まで開始してしまった私(中澤)。そんな私の元に、なんとタレコミがあった。「ここにもとじないカツ丼ありますよ」と

正直、「とじないカツ丼」とか「焼きカツ丼」でググったら、大体の記事は『日本橋とんかつ一(はじめ)』『瑞兆』『丸七』『かつ丼は人を幸せにする』の四天王で終わりなのでこういった民間の目撃情報は大切にしなければならない。そこで行ってみた。

続きを全部読む

【壁】とじないカツ丼屋「#カツ丼は人を幸せにする」神田店の海老丼がそびえ立ちすぎて心臓を捧げるレベル! 海老丼界のウォールマリアや

ついに2023年『進撃の巨人』のファイナルシーズン完結編が放送される。アニメ公式サイトによると、前後編で前編の放送は3月3日とのことなので見逃すな!

なぜ私(中澤)がいきなり『進撃の巨人』の話を始めたかと言うと、そのワンシーンを思い出すような海老丼に出会ったからである。バカな! 海老丼と進撃の間に共通点などあろうはずがない!! そんなふうに考えている時期が俺にもありました。『#カツ丼は人を幸せにする』神田店の海老丼を注文するまでは。

続きを全部読む

【発明】三角座りを超えた最強の座り方「四角座り」がマジ最高! これぞ令和の体育座り

令和になって三角座り(体育座り)を廃止する学校が増えているという。見直しの理由に「体への負担が大きい」ということが挙げられているのだとか。しかし、三角座りが廃止になった場合、体育の授業とかで地面に座る時、どんな座り方をすればいいのか

以前の記事でアメリカ人の経験を参考にしてみたが、ぶっちゃけあの姿勢をキープし続けるのはかなりキツイ。そこで三角座りに代わる新しい体育座りを考えてみた

続きを全部読む

アメリカに体育座りみたいな座り方はあるのか / アメリカ人に聞いてみた結果 → もう全部それでいいんじゃね?

突然だが、あなたは体育座りをご存知だろうか。昭和、平成育ちの日本人なら誰しもが知っているこの座り方。令和の世になり廃止する学校が増えていることが話題になっている。でも、体育座りを廃止するとしたら、地面に直接座る時どうすればいいのか

話題の元になっているラジトピの記事には、見直しの理由に「体への負担が大きい」ということが挙げられているが、それを言うなら胡坐(あぐら)だって座骨に体重かかってるし、正座だって足首痛すぎるし。そこで参考までにアメリカ人にこういった決められた座り方があるかを聞いてみた。

続きを全部読む

口コミが謎すぎる高田馬場のとんかつ専門店『揚げ太郎』に突撃してみた結果…… 【卵とじないカツ丼を探せ】第6回

卵かつ丼なのにサクサクしてる! かつ丼のジレンマを解決した存在「とじないカツ丼」に出会ったことにより、空前のかつ丼ブームが到来している私(中澤)。寝る前にネットでかつ丼サーフィンをするのがここ最近の日課である。どんなかつ丼を食べるか考えるだけで明日が楽しみになるのだ。

だがしかし、そんな至福のかつ丼サーフィン中に、謎すぎる口コミの店を発見してしまった。なんだこの店……? 一体どっちが本当なんだ?

続きを全部読む

【裏メニュー】スシロー幻のネタ「まぐろ腹身」を食べてみた! 黄皿なのに圧倒的にウメェェェエエエ!!

お気づきだろうか? 最近スシローのタッチパネルに「本日の海鮮ユッケ」という項目が加えられていることに。以前、レーンでしか流れない「倍盛り海鮮ユッケ」というものがあったが、ひょっとしたら裏から昇格したのかもしれない。盛りが裏メニューの頃ほどではないのが残念だが。

なんでも裏メニューは正式メニューにできるほどの量が確保できないのも理由の1つらしいので、昇格に際し倍盛りではなくなったのも仕方がないのかもしれない。逆に言うと、スシローの裏メニューってやっぱりコスパが良いのだ。今回、そんな裏メニューでまた新しいものに出会ったためお伝えしたい。

続きを全部読む

【卵とじないカツ丼を探せ】四谷のとんかつ屋『鈴新』のかつ丼がとじてない! サクサクだけど「焼きカツ丼」でもないその名は……

かつ丼と言えば卵とじ……そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。ここ最近、卵とじない「焼きカツ丼」にハマった私(中澤)。これは2023年くるで

しかし、毎日、色んな店を食べ歩いていると、卵とじないかつ丼は焼きカツ丼だけではないことに気づいた。っていうか、ほとんどの店が「とじないカツ丼」や「焼きカツ丼」と検索してもヒットしない。これ思っていたより深いぞ……! そんな深海を足でサーチしようというのが本連載『卵とじないカツ丼を探せ』である。

続きを全部読む

【衝撃】スシロー、やけくそになる

ここ最近、めっきりキャンペーンが減ったスシロー。職場近くの新宿三丁目店では、予約なしで昼時でもテーブルまで素通りだ。大丈夫なのか? スシローの精神状態を心配せずにはいられない

そんな私を含むファンにとっては2023年1月18日から開催された「大切りてんこ盛り祭」は朗報と言えるだろう。なにせ、久しぶりのスシローらしいキャンペーンだ。そこで食べに行ってみたぞ。

続きを全部読む

【卵とじない】ガッツリ系チェーン「とんかつは飲み物。」のかつ丼が実はとじてない! しかもジャンクにウマイ男の焼きカツ丼!!

かつ丼と言えば卵とじ……そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。だが、ここ最近、ふつふつと話題になっているのが「とじないカツ丼」や「焼きカツ丼」と呼ばれるとじない系である。

卵とじずにとんかつが別に置かれているこのかつ丼。卵のハーモニーを失うことなく、とんかつのサクサクさを獲得したその発想は、おにぎらず以来の衝撃と言えるのではないだろうか。

しかしながら、ググっても出てこない店があることは以前の記事でお伝えした通り。また、そんな隠れ焼きカツ丼の店を発見したためお伝えしたい。

続きを全部読む

【なぜなのか】イタコの末裔に今までで一番怖かった場所を聞いてみた答え →「実家」

日本伝統の霊能力集団・イタコ。Wikipediaによると、青森県の「津軽のイタコの習俗」と秋田県の「羽後のイタコの習俗」は、国の選択無形民俗文化財となっているそうだ。一度でいいからお目にかかってみたいものである。

と思っていたらイタコの末裔に出会った。その人の名前はマエケンさん。家系のルーツが東北にあり、先祖がイタコのためか子供の頃から普通に霊が見えるらしい。そこで今までで一番怖かった場所を聞いてみた。

続きを全部読む

【卵とじない】カツカレー屋『いっぺこっぺ』新橋店のかつ丼がとじてない! でも「とじないカツ丼」や「焼きカツ丼」の検索で出ない理由

かつ丼と言えば卵とじ……そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。だが、ここ最近、ブームになり始めているのが「卵とじない系かつ丼」である。卵ととんかつが別になっており、かつ丼なのにサクサク感を残しているその味。かつ丼のジレンマへの1つの答えと言える。

これは2023年来るぞ! ひと口食べて完全に虜になってしまった私(中澤)は、毎日とじないかつ丼を探しては食べるようになったのだが、「とじないカツ丼」や「焼きカツ丼」で検索してもヒットしない店があることに気づいた

続きを全部読む

【罠】Twitterのサブスク「Twitter Blue」を購入してみたらホゲエエエ! ほいほい登録してはいけない理由

Twitterが課金制になるらしい。そんな噂だけは聞こえていたが、朝起きてスマホでTwitterを起ち上げたところ、ホームバー(アイコンをタップすると出るリストとかが表示されてるバー)に「Twitter Blue」という文字が登場していた。

タップしてみると、月額1380円(期間限定価格)で色んな機能が使えるようになるらしい。簡単に言うと、課金したらパワーアップするって話である。しかし、1380円払うほどの価値はあるのか? 詳細が分からないので、購入して確かめてみることにした

続きを全部読む

【立ち食いそば放浪記】第301回:珍メニュー「あゆ煮付そば」が高コスパ! 鮎1匹まるごと入って500円!! だがしかし…… / 有楽町『はないち』

ウマイそば屋を求めて色んな町を放浪する『立ち食いそば放浪記』。2022年暮れに記念すべき300回を達成し、新年も迎え心機一転。次は400回を目指して頑張っていきたい。

と、そう考えていたところ、さっそく立ち寄らずにはいられない立ち食いそば屋に出会った。その店は、有楽町の高架下にある『はないち』という店なのだが、券売機にこう書かれていたのである。「まるごと煮ました!! あゆ煮付そば / うどん」と

続きを全部読む

【注意】松屋の「ごろチキ濃厚カルボ」と「ビーフカレー」を混ぜたらコクがヤバイことになる! ただし……

また食べちまったよ。松屋の『ごろごろチキンの濃厚カルボナーラ(780円)』を。ニンニクの香りと共にあふれ出すコクが癖になるのである。ウメェェェエエエ!

そんな時、ふと思った。「これを松屋のカレーと混ぜたらコクがヤバイカレーが爆誕するのではないだろうか?」と。閃いてしまったのでやってみた

続きを全部読む

【検証】松屋の「ごろチキ濃厚カルボナーラ」は本当に想像以上にカルボナーラなのか? カルボナーラ好きが食べてみた結果……

カルボナーラは深い。子供の頃そのパンチ力ある味に魅せられて以来、イタリアンレストランに行ったらまずカルボナーラを注文するようになった私(中澤)。レトルトでは満足できず、理想の味を求めて色んなチーズで作ってみたりしたこともある

そんな中、松屋が『ごろごろチキンの濃厚カルボナーラ(780円)』というメニューを新発売していた。店頭のポスターには太い字でこう書かれている。「想像以上にカルボナーラ」と。ふ~ん、煽って来るじゃん松屋。それならどれくらいカルボナーラなのかみてやろうじゃないの。

続きを全部読む

【悲報】世界最大級の温泉「大湯沼」、観光案内を見て行く人0人説

登別の絶景と言えば地獄谷。登別温泉の観光スポット案内にも大きく載っているし、なんなら初めて来た私(中澤)でも地獄谷だけは知っている。あちこちから湯気が立ち上る岩肌地帯はドラゴンボールの戦場みたいだ。悟空とベジータが闘った後かよ

しかし、地元のタクシー運転手さんいわく、実は地獄谷より凄いスポットがあるらしい。土地のことは地元民が一番よく知っている。というわけで、そのスポットに連れて行ってもらうことにした。

続きを全部読む

2023年冬アニメ、1話のABEMA視聴数で選ぶ注目の新作9選 & 全部見ている私がオススメしたい選外の2作品

2023年も始まって約2週間が経つ。70作品以上ある冬アニメもほとんど1話が公開された。文字にすると凄い量で驚く。しかし、もっと驚くべきは、自分が現在公開されている新作を全部見ていること。どんな作品が登場するのかと楽しんでたら普通に全チェックしてました。

クール中はAmazonプライムが主戦場だが、それだと配信が遅いものなどがあるため、1話はABEMAでの放送を見ることが多い私。ABEMAは地上波放送に近い早さがあるし、ラインナップもかなり補完されているからである。そこでふと思った。ひょっとして、ABEMAの1話の視聴数から作品の注目度が分かるのではないだろうか

続きを全部読む

【小声】2023年くると囁かれている「焼きカツ丼」を安く食べられる店がこちらです

かつ丼と言えば卵とじ……そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。だけど、よくよく考えると、サクッとした食感はとんかつの良いところ。味は染みていてほしいけど、サクッとした食感もほしい。これはかつ丼のジレンマと言える。

そんなかつ丼のジレンマに対する1つの答えとして、今注目されているのが「焼きカツ丼」であることは以前の記事でお伝えした通り。絨毯のように敷かれた卵の上にとんかつを置く焼きカツ丼。2023年は焼きカツ丼の年になると囁かれている……

続きを全部読む

【ゾッとする話】テレビ局関係者に聞いた絶対外には出せない写真

膨大な情報から作り上げられているテレビ。必然的に、投入されているマンパワーも圧倒的であり、テレビ局関係者は結構そこらへんにいたりする。先日、赤羽の飲み屋で出会ったMさんもその1人だった。

会った時にはすでにベロンベロンだったMさんだが、話を聞くと、テレビ局の仕事を30年しており、麻原彰晃が逮捕された時には第6サティアンの前にいたらしい。そんなMさんいわく、「絶対に外に出せない写真」があるという。呂律の怪しい口で話し出したのはある事件の裏側だった

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 156