GO羽鳥 (Go Hatori)

編集長

東京都出身。漫画もイラストも描けるうえに記事もコラムも書けるオールマイティー型。調理師免許所持。海外旅行が大好き。スポーツ全般、格闘技全般、バイク事情にオカルト事情……とカバー範囲は広い。オデコも広い。オカマ疑惑もある。迷惑メール評論家でもありつつ、世を忍ぶ仮の名前はマミヤ狂四郎

「GO羽鳥」担当の記事

ワカメちゃんレベルの超ミニスカをはいてわかった7つのこと

なんでも今日10月18日は「ミニスカートの日」らしい。今からちょうど50年前の1967年、世界的にミニスカブームを巻き起こした “元祖ミニスカの女王” こと英国出身のモデル「ツイッギー」ちゃんが初来日した日にちなんでのことなんだとさ。

ひとくちに「ミニスカ」と言えど、男女が抱いている印象は全然ちがう。おそらく男性は「ウホッ!」となるけども、女性は違うことを思い描いてるはず。その考え方の違いから、いらぬ誤解や争いが生まれたりもしているのだ。ということで今回は、男の私(羽鳥)が女装した時に感じた「ミニスカ感」を7つほどまとめておこうと思う。

続きを全部読む

【なぜ!?】この駄菓子の存在を知らない人が多いことに衝撃を受けた

あなたの好きな駄菓子は何ですか? にんじん? マンボ? ポテトフライのチキン味? よっちゃんイカは基本として、キャベツ太郎も定番だけど、ラーメン屋さん太郎を推す人もいるだろう。いいや、もしかして、まさかまさかのモロッコヨーグル?

と、ここで、今年38歳になった私(羽鳥)が一番好きな駄菓子を紹介したい。岡田商店の『ビンラムネ』である。もう好き。昔から大好き! ところがどっこい、なにげにこのビンラムネという存在を知らない人が多いようでビックラこいたのであった。地域差なのか、それともジェネレーションギャップなのか……ともあれ紹介しよう。

続きを全部読む

【100均検証】ダイソーの「インスタントコンロ(300円)」でサンマを焼いたら大変なことになった

季節は秋。食欲の秋! そして今が旬の食べ物といえば、脂がのったサンマであろう。さらに、様々な調理法があるけれど、網でワイルドに焼きを入れていく「サンマの塩焼」が王道であろう。しかもそこに、白飯があれば最高であろう。あろうッ!

さて、そんなサンマの塩焼きであるが、あいにく我が家には「魚焼き網」も「魚焼きグリル」もなく、フライパンで焼くしか道はない。それもそれで良いのだが、今回は100円ショップで購入した『インスタントコンロ』で焼いてみた結果をご報告したい。

続きを全部読む

高速バス乗車時の「シートベルト着用」がどれだけ重要なのか1発でわかる動画

高速バスに乗った時、ほとんどの人がシートベルトを着用していることだと思う。出発前に「シートベルトをしてください」とアナウンスされるし、そもそも高速バスでのシートベルト着用は、道交法的にも義務だからだ。絶対に、絶対に、着用しよう!

もしもまわりに「でも、シートベルト、苦しいしィ〜」や「ダサいしぃ〜」なんてナメたことを言っている人がいたとしたら、今回紹介する動画を見せるべき。高速バス乗車時の「シートベルト着用」がどれだけ重要なのかが、1発でわかることだろう。

続きを全部読む

【きのこの日】昔は合法だった幻覚キノコ「マジックマッシュルーム」とは何なのかをドラッグ事情通に聞いてみた

突然だが、きょう10月15日は『きのこの日』だ。「きのこに対する正しい知識の普及」などを目的として、日本特用林産振興会が1995年に制定したという。たしかに世の中には、その実態があまり知られていないキノコが星の数ほど存在する。

料理に使う美味しいキノコは当然のこと、食べたら危険な「毒キノコ」や、緑色した「1upキノコ」なんてのも存在するが、日本においては十数年前に麻薬指定された「幻覚キノコ」に対する正しい知識も普及しておいたほうが良いだろうと思い、正義のドラッグ事情通・ボブ麻亜礼(まあれい)氏に話を聞いてみることにした。ボブさ〜ん!!

続きを全部読む

【保存版】加熱式たばこ「glo(グロー)」のフレーバー全8種類を徹底レビュー

さる2017年10月2日(月)から、ついに加熱式たばこ『glo(グロー)』の全国販売がスタートした。それと同時に新味も追加され、選べるフレーバーは4銘柄……かと思いきや、さらに宮城限定で4銘柄、ぜんぶあわせて8銘柄がリリースされているのだ。

宮城の人しか味わえない4銘柄とは、はたしてどんな味なのか? 全国で発売中の4銘柄とあわせて、8種類すべてのフレーバーを徹底レビューしてみようと思う。

続きを全部読む

【喝】欧州帰りの女子大生(21)がホットドッグに大麻を挟んで密輸しようとして逮捕された件についてドラッグ事情通に話を聞いてみた

ここ最近、密輸に関するニュースが世界を賑わせている。肛門に金の鎖(×4)を隠したり、肛門に黄金(600グラム)を隠したりと、古典的な手法「肛門系」が多発中。世界中の税関職員たちの意識は肛門に集中しているといっても過言ではないだろう。

そんななか、欧州帰りの日本の女子大生(21)が大麻の密輸容疑で逮捕された。おそらく誰もが「女子大生も肛門に……いや、もしくは……!!」と妄想したと思われるが、彼女が大麻を隠していたのは肛門ではなく、残念ながらホットドッグだったという。

しかし、このニュースを知った某ドラッグ事情通は、悲しむどころか怒っていた。

続きを全部読む

【検証】1カ月以上、毎日「シートマスク+100均のシリコン製マスク」を推奨時間以上パックし続けた結果 / 総費用は900円だけ!!

ぷるるんぷるるん! ぷるるんるんっ!! 何が言いたいのかというと、「めざせ、しっとりプルプル肌!」ね。そう。男でも女でも、老若男女いつまでも、“お肌プルプル” でいたいもの。まるで赤ちゃんのような、ピッチピチとした若々しさが欲しいわけ。

となると「エステ?」となるけれど、そんなお金もないわけで、高級な美容グッズを買うお金もないわけよ。そんな私(羽鳥)が1カ月以上も続けているのが、安いシートマスク+100均のシリコン製マスクを “推奨時間以上” つけて毎日(できたら朝晩)パックするって方法。良いか悪いかはさておいて、私が思った正直な感想を書いておくね。

続きを全部読む

電子タバコで「ガツーン」とくる方法を考えてみた結果こうなった

いわゆる紙巻タバコでも、タール0(ゼロ)の加熱式タバコでも、私が欲しいのは「ガツーンッ!」とした吸いごたえだ。逆に、「ガツーン!」と来ないタバコなんて、吸ってないも同じである。それすなわち、「喝!」ならぬ、喝〜ン……。

と、それはどうでもいいとして、その点、紙巻きタバコは当然ながらガツンと来る。加熱式タバコも、種類や味によってはガツンと来る。でも、電子タバコは……正直、来ない。モクモクと煙は出るが、「ガッツーン!」とは来ないのだ。ところがどっこい……

続きを全部読む

【北朝鮮】金正日の料理人・藤本健二氏が平壌の日本料理店で仕事をする動画がアップされる / 伝言「築地の井上ラーメンが食べたければ平壌に来なさい」

アメリカのトランプ大統領が、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長のことを「チビのロケットマン」と言い放ったかと思えば、北朝鮮は世界各国に対し「核戦争の危険近づく」と警告したりと、北朝鮮情勢の緊迫の度合いは増すばかり。

そんなピリピリしたムードのなか、金正恩の父親、金正日(キム・ジョンイル)の専属料理人をしていた “金正日の料理人” こと藤本健二氏が平壌の日本料理店で寿司を握るシュールな動画が、ひっそりと公開されていたのでご報告しておきたい。

続きを全部読む

意外と知らない「カルディ」の1号店 / 調べてみたら予想外すぎる場所からのスタートで超ビックリ!

さて問題です。マクドナルドの日本1号店は東京の銀座。ケンタッキーの日本1号店は名古屋の名西。スタバの日本1号店も東京の銀座で、吉野家の1号店は東京の築地。では! カルディこと「カルディコーヒーファーム」の1号店はどこでしょう〜?

ふと、そんな疑問を抱いた筆者は、すぐさま調査を開始した。具体的にはカルディの公式サイトを調べただけなのだが、そこには驚くべき歴史が書かれていたのである。それでは答えを発表しよう。現在、世界400店舗を達成したカルディの1号店は……

続きを全部読む

iPhoneのバイブはカスタマイズ可能って知ってた? とりあえず「水戸黄門」と「ミッキーマウスマーチ」でコールしてみた

ブーン、ブーン……と、なんとも無機質なiPhoneのバイブ音。その着信が何かしらの催促電話だったりすると、振動音の「ブーン……」だけで心臓が止まりそうになる。単に電話に出れば良いだけなのだが、どうにかならないものか、このバイブ音……。

なる! 実は、どうにかなるのである。というのも、iPhoneのバイブはカスタマイズ可能だったりするのだ。無機質な「ブーン、ブーン……」を、「ブンブン、ブッブブ〜!!」などと楽しげなバイブにすることも可! さあ〜、みんなでやってみよう〜♪

続きを全部読む

「北朝鮮版ドラゴンボール」の声優アフレコ光景がヤバイ

いきなり大陸間弾道ミサイルを発射したり、水爆実験をしたりと、いま最もヤバイ国が北朝鮮であることは間違いない。日本のみならず、世界各国との関係も軒並みヤバイことになっており、北朝鮮情勢の緊迫の度合いは増すばかり。その一方で……

北朝鮮旅行専門の旅行会社「JSツアーズ‏」のTwitterは、そんな世界の緊張感とはまるで無縁の、ノーテンキ丸出しな内容を日々ツイートしまくっているのだが、つい先ほど、とても看過できないヤバすぎ情報が投稿されていたので ご報告しておきたい。

続きを全部読む

【100均】ダイソーの『電子レンジ調理器 ご飯一合炊き』を使って分かった良い点と悪い点

ホカホカの「炊きたてごはん」に勝るものなし。炊飯器で保温されたごはんよりも、レンジでチンしたごはんよりも、やはり湯気がボワンッで米粒ピンピン、ふっくらモチモチのアツアツごはんが最強なのだ。できることなら会社でも、お店で買った弁当ではなく、自分で炊いたホカホカの炊きたてご飯が食べたいのじゃーッ!!

とはいえ、わざわざ会社で炊飯器を使うのは大げさだし、土鍋を使うのも面倒くさい。ということで今回使ってみたのは、100円ショップのダイソーで売られている『電子レンジ調理器 ご飯一合炊き』だ。ホカホカの炊きたてご飯、できるかな?

続きを全部読む

よく駅で見かける「危なーいッ!!」の酔っぱらいポスターを各種ドラッグに置き換えるとこうなる

よく駅で見かける「危なーいッ!!」のポスターをご存知だろうか? 写真を見れば一目瞭然だと思うが、寿司詰めを振り回したほろ酔いのサラリーマンが、フラフラとホームから落ちそうになっている、「プラットホーム事故0運動」の啓蒙ポスターだ。

なんでもホームで起こる人身傷害事故のうち、65.9%が酒に酔った客らしいのだが、ここで皆も冷静に考えてみて欲しい。「酒(アルコール)、ヤバくね?」と。「こんなに危険なドラッグ、他にあるのか?」と。「日本は酒に甘すぎない?」と。

ということで今回は、この酔っ払いを「酒」以外のドラッグに置き換えたポスターを独自に制作。あらためて酒のヤバさを感じ取っていただければ幸いである。

続きを全部読む

信号だらけの道路でも「美女が惚れる運転」になるクルマに乗ってみた結果

うっすら皆さんもお気づきだと思うが、クルマの運転というものは、“その人そのもの” が如実に出る。乱暴な人は乱暴な運転をするし、ガサツな人はガサツな運転、「こいつダメだな……」と思わせる人は「こいつダメだな……」って運転をする。

それに対し、「この人……ステキ!」と思わせる人は、きめ細やかな配慮とともに、思わず「この人……ステキィッ!!」と惚れてしまうほどのナイスな運転をするものだ。そんなことを考えていたある日のこと。ひとりの男が、私(羽鳥)に誘いをかけてきた。

続きを全部読む

ドラッグ事情通「はじめてPSVRを体験した時の行動は幻覚剤にキマった時とよく似てる」

いま、空前のVR(バーチャル・リアリティ)ブームが、ロケットニュース24編集部内で巻き起こっている。私(羽鳥)がPSVRを購入したのを皮切りに、中澤、そしてYoshioまでもが立て続けにPSVRを購入。それ以降、我々PSVR仲間たちは、ナニがスゴかったのかを語り合いつつ、最先端技術の情報交換に余念がない。

そんななか、ひとりの男が「オレにもVRについて、一言モノ申させろ」と興奮気味に名乗り出た。正義のドラッグ事情通・ボブ麻亜礼(まあれい)氏である。なんでも、「VRとドラッグは非常に近いものがある」というのだ。詳しく話を聞いてみよう。

続きを全部読む

一足お先にglo(グロー)の新味「スムース・フレッシュ(なめらかメンソール)」を吸ってみた

世はまさに、電気加熱式タバコ戦国時代。今の時点ではフィリップモリスジャパンの「iQOS(アイコス)」が独走中だが、JTの「PloomTECH(プルームテック)」に乗り換える者が出たと思えば、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンの「glo(グロー)」を熱烈に愛する者もいたりして、カオスな状態になってきた。

そんな中、ついにgloが10月2日から全国展開することを発表。それと同時に5種類もの新フレーバーが投入されることも明らかとなった。そのうちの1つ、「スムース・フレッシュ(なめらかメンソール)」が送られてきたので、一足お先に吸ってみた!

続きを全部読む

【VR】はじめてPSVRを体験して思ったことは「キスがヤバイ」

つい昨晩、生まれて初めて本格的なVRを体験した。ソニーの『PSVR』を、家でじっくりとプレイしたのである。それはそれは……スゴかった。まるで夢を見ているような……。この興奮を忘れないうちに、そのときナニを思ったのか書き残しておきたい。

もちろんゲームもスゴかった。だが今回は割愛。というのも、ゲームと同等、いや、それ以上に、最新アニメやドラマなど様々なジャンルの動画をダウンロード販売している総合エンタメサイト『DMM.com』で購入した映像作品がスゴかったのだ。

続きを全部読む

【実録】ついにホリエモンこと堀江貴文氏をかたる迷惑メールが登場 / ここ最近の「有名人系迷惑メール」の人選に異変が

もはや迷惑メールという存在は、「今さら誰が騙されるのだろう」的な存在になってきた。手法や内容は微妙に変化しているが、怪しい出会い系サイトや架空請求に飛ばすといった「最終的な目的(=金)」は昔のままで、なにひとつ進化していない。

ところがどっこい、ここ最近。どういうわけだか、芸能人や有名人をかたる系の迷惑メールに、地味な異変が生じているのである。その異変とは……ずばり、人選だ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 76