GO羽鳥 (Go Hatori)

編集長

東京都出身。漫画もイラスト記事もコラムも書けるオールマイティー型。見た目は完全にアジア人だが、多少のマー語(マサイ語)を操る日本人。趣味は料理で、調理師免許も所持。迷惑メール評論家でありつつ、100均評論家でもありつつ、アイドル「レイちゃん」でもありつつ、世を忍ぶ仮の名前はマミヤ狂四郎

「GO羽鳥」担当の記事

通称「女優ライト」ことLEDリングライトの効果はどうなのか? 使ってみたら一目瞭然! もうこれナシじゃ自撮りできぬ〜!!

もっと光を! もっと光を〜っ!! 女装した私(羽鳥 / レイちゃん)は、光がないと生きてはゆけぬ。全力で顔面に光を当てて、シワをはじめとした “見られたくないところ” をブッ飛ばしまくる。近頃は自撮りアプリの力を借りたりもするが、基本は「光」の力で乗り越えている。

そんな私が、“no光(のーひかり)” の状態で自撮り生配信をしていたところ、視聴者から「女優ライトを使ってみては?」との提案が。なによそれっ!? もしかして、輪っかのアレ? ソレを使えば、もっともっと……てな感じで、光の速さでポチ!! そして商品が届いて……

続きを全部読む

【お菓子コラム】『Tim Tam (ティムタム)』が美味すぎて自主規制

ハイ、ちょっと規制かかりました。自主的な規制です。オーストラリア産のお菓子『Tim Tam (ティムタム)』美味すぎにつき、食べ過ぎ注意報発令です。危険です、危険です。ダイエットを台無しにする可能性を大きく秘めている危険な食べ物……それこそがティムタム!

けっこう前から、なんとなく視界の隅には入っていた。ただし、向こうから近づいてくることはなかった。私とティムタムの間には、隣のクラスの気になるアノ子くらいのソーシャルディスタンスが保たれていた。

──ところが!

続きを全部読む

【2021年福袋特集】毎年期待のMOUSSY(マウジー)福袋、今年は “神” になれたのか!?

私がアパレル系の福袋に期待しているのは、ずばり “意外性” である。「え〜、なんなのコレ!?」と思いたいし、「どうやって着れば良いのかわからん……」と困りたい。そんな驚きと経験を1万円程度で買いたいのだ。

その点、アパレルブランド「MOUSSY(マウジー)」の福袋は神だった。なお、当サイトではMOUSSYのことを親しみを込めて「モウシー」と呼ぶことにしているが、その理由は伝説の2019年版福袋記事を参照のこと。

商品セレクト、思い切りの良さ、すべてにおいて2019年は神だった。翌2020年も、ある意味では神だったと言えよう。気になる今年は……!?

続きを全部読む

【100均検証】今年もオシャレ100均「ナチュラルキッチン」の2021福袋には、ほぼ例年入っている “おなじみのアレ” が入っていた!

当サイトでは、“オシャレ100均” こと「ナチュラルキッチン」の福袋を、2016年から追い続けている。今年で6回目の定期観測となるわけだが、過去のナチュキチ福袋を見返してみると、ほぼ必ず “とある商品” が入っていることに気がついたのだ。具体的には2017年から皆勤賞。

その商品とは……「カゴ」である。カゴはカゴでも、具体的には「編み込まれたカゴ」であり、素材もプラスチック等ではなく、籐(とう / ラタン)的な自然素材。まさしくナチュラルキッチンの “ナチュラル” を体現した商品と言えよう。ナチュラルキッチン=カゴといっても過言ではない。

ということで、今回も「カゴ」が入っているのかどうかが最大の焦点となるわけだが、いざ開封してみたところ……

続きを全部読む

時代を反映した商品を福袋に入れてくる「mystic(ミスティック)」ってスゴいなぁ…って素直に思った / 2021年福袋特集

ミスティックってブランドが好き。いつも福袋でワクワクさせてくれるから好き。2019年も買ったし、2020年も買った。もちろん今年も買いました。ミスティックしか勝たん、なんて思いながら。

もうね、袋の時点で「さすが」としか言いようのないミスティック感。見た目からしてワクワクする。だって、極端に小さいんだもん。でかいキンチャク袋かってくらい。

とにかく、ワクワクしながら開けてみた。そしたら……

続きを全部読む

【2021福袋】Lily Brown(リリーブラウン)福袋の中身はスタイルが良く見える服ばかり! ただし男性は要注意

まさに「優等生」といった福袋だ。何って、Lily Brown(リリーブラウン)の福袋である。

価格は税込1万1000円。中には5つの商品が入っていたのだが、これが非常にマトモかつ実用的。スタイルがよく見える服装ばかりだし、非の打ち所がない完璧なセレクトだったのである。ただし、男性(女装家)は要注意。その理由は……

続きを全部読む

41歳の女装おじさんがmerry jenny(メリージェニー)の2021年福袋で全身コーデしたらヤバイことになった

やってしまった……。失敗した……。知らなかったんだ……。merry jenny(メリージェニー)ってブランドのこと、恥ずかしながら1ミリも知らなかったんだ……。メリージェニーに罪はない。ただ、せめてググって調べておくべきだった。

きらきら光る街、ふわふわ揺れるスカート。どきどき高まる音楽に、お気に入りのリップを添えて。”おとな” でもなく、”こども” でもない、どんな時もこれがわたしたち。

……だなんて公式サイトの説明文に書いてあるのを先に知ってたら、きっと福袋もポチっていなかった。”おとな” でもなく、”こども”でもないという服を、“41歳” の “おっさん” が入手してしまったのは偶然か、事故か、それとも宿命か。

それにしてもメリージェニーの福袋ってやつは……

続きを全部読む

意外すぎるモノが3連発で入っていたMERCURYDUO(マーキュリーデュオ)の2021年福袋に困惑するも、結果的にはお釣りがくるほど大満足!!

女性向けアパレルブランドの名前をググって出てくる説明文が好きだ。ほとんどのブランドが “欲張りな提案” をしているのだが、中でも最強レベルなのがMERCURYDUO(マーキュリーデュオ)であろう。引用すると、

今も昔も変わらず好きなモノと新しいSTYLEをMIXする女性らしさを忘れない都会的だけど抜け感のある大人の新しいElegance Styleを提案します。

……そこはかとなくお笑いコンビ「かまいたち」のギャグっぽい、実に気持ち悪い文章だが、私はそんなマーキュリーデュオが大好きだ! 2018年2020年の福袋を嗜むほどのファンであり、もちろん今年もネットで注文。価格はチョイ高の税込1万7600円だったが、いざ開封してみると……

続きを全部読む

【最高か!】Ungrid(アングリッド)の福袋が完璧すぎてグゥの音も出ず! 中には総額5万8300円相当の商品が / 2021福袋特集

着る系の福袋というものは、おかしなモノが入っている方が楽しくなる。「なんだよコレ!」と突っ込みながら着ては笑い、記事にしては読者の皆さんも笑ってくれる。それゆえ、ついつい「異物」の混入を期待している私がいる。

しかし!

今回購入した『Ungrid(アングリッド)』の福袋(税込1万6500円)に関しては、一切の笑いが起きなかった。つまるところ完璧であり、男の私でさえ「これ、いいな……」と思ってしまうほどの商品が入っていたのだ。いいや、入っていたというより……

続きを全部読む

開封した瞬間に「チョイス失敗した!」と思ったMISCH MASCH(ミッシュマッシュ)の福袋で、新たな自分を発見できた / 2021年福袋特集

あえて “何も知らないブランド” の福袋を買ってみるのも一興だ。なぜならかなりの確率で、新たな自分を発見できたりするからである。

今回私がセレクトした『ミッシュマッシュ(MISCH MASCH)』も、実は1ミリも知らないブランドだった。でも、新たな扉を開けるため、勇気を出して通販サイトで買ってみたのだ。価格は税抜き1万円。そして届いた袋を見た時、正直「ムム?」と思ったけれど、いざ開封してみたら……

続きを全部読む

【福袋2021】生まれて初めて『dazzlin(ダズリン)』に手を出したら振れ幅が大きすぎて自分を見失いかけたの巻

ファッション系の福袋とは “旅” である。今まで全く知らなかったブランドの世界に、1万円程度で気軽にトリップできるのが最大の魅力であると思うのだ。そんな気持ちで私が今回初挑戦したブランドは『dazzlin (ダズリン)』。さっそくブランド名をググってみると──

程よいHealthyさとチャーミングな抜け感にdazzlin独自のsweetさとcasualさをプラスした大人可愛いリアルクローズを提案。

──と書いてあるが、正直ぶっちゃけ意味不明。Healthyでsweetでcasualな大人可愛いリアルクローズ……って、どんなのよ? 欲張りすぎんだろ! てな感じで、さっそく1万円(税抜)のdazzlin福袋をopenしてみると……

続きを全部読む

【2021】ロケットニュース24より新年のご挨拶 / 今年もよろしくお願い申し上げます

2021年、新年明けましておめでとうございます。

続きを全部読む

【私的ベスト】記者が厳選する2020年のお気に入り記事5選 ~GO羽鳥編~

今年2020年は本当に激動の1年だった。もちろん原因はコロナである。コロナに関する全てのことが初体験。世の中が混乱。あちこちで混乱。まさしく世界が変わってしまったと言っても過言ではないだろう。もちろん我々ロケットニュース24も右往左往し、ダメージも負いつつ、フンバった。

だが。

書き手(ライター)としての私は、そこまで混乱してはいなかった。もともと外に出るタイプではないので、ほぼ “通常営業” な気持ちで記事の執筆ができたのだ。もちろんコロナ関係のネタが多い年にはなったが、それ以外にもお気に入りの記事はたくさんある。以下に挙げる5本のように。

続きを全部読む

【100均検証】2020年に使った100円グッズで、心の底から買ってよかったと思った商品ベスト3

毎年この時期になると「今年の100円グッズBEST5記事」をまとめることになるが、今年は本当に不作だった。だってしょうがない。新型コロナの影響で、上半期なんてずーっと “マスクネタ” などを追わざるを得なかったのだから。

それゆえ、今年に書いたレビュー記事も、例年を下回ってわずか102記事にとどまった(それでも十分に多いが)。しかも、その多くがコロナ関係。ということで、今年はベスト5ではなくベスト3としてまとめてみたい。

続きを全部読む

【激安】しまむらの「大人め正解コーデ」が良さげだったのでマネキン買いしてみたら価格込みで大正解!

少し前、福袋関係なしに『しまむら』の店内をパトロールしていたところ、アラいいじゃない……と思える一式を店内マネキンが着用していた。傍(かたわら)のポップをよく見ると、「近藤千尋が着る 大人め正解コーデ」であるという。しまむらの言う正解コーデ……果たして本当に正解なの?

その真偽を確かめるべく、私はすぐさま店員さんを呼び、マネキンを指差し「これぜんぶください」とオーダーした。もしも実際に着用して不正解だったらタダじゃおかないよ……。そしてレジで会計を済ますと、なんと合計金額……

続きを全部読む

もはや整形レベルの別人! 薄毛に悩んでいた男が「AGA治療」を始めて1年経ったらこうなった

ちょうど昨年2019年の12月24日、なんとなく自分へのクリスマスプレゼントとして「AGA治療」の門をくぐった。AGA治療とは、簡単に言えばハゲ治療(薄毛治療)であるが、詳しいことはググってほしい。

さて、そんなAGA治療を始めてから半年後の経過については過去記事を参照してもらうとして、今回は、ほぼ1年後の経過報告。さまざまな角度からのビフォーアフター写真を掲載するので参考にしてほしい。

続きを全部読む

【100均検証】まさかのコラボ!! ダイソーの『堀江貴文(ホリエモン)日めくり名言カレンダー』に衝撃!

ひさびさにヤバい商品を見つけてしまった気がする。場所はダイソー。その商品を発見した時、思わず本気で二度見した。いいや、三度見、四度見したかも。

一体全体、何を私は見てしまったのか。答えは! 「堀江貴文(ホリエモン)日めくり名言カレンダー」だ!! 最初は「ちょ、ちょっと、違う店の商品がまぎれこんでない?」と思った。それほどの違和感。でも、うまいことまぎれてる。んで、商品を裏返してビックリ仰天。なんとまさかの……

続きを全部読む

【YouTube探訪】ホンダCT125ハンターカブ半端ないって! 渡河性能半端ないって!! ほぼ水没してるのに動いとるもん…ってなる動画がコチラです

気になるYouTube動画をロケットニュース記者たちが持ち回りで紹介していく連載企画、それが今回から始まった『YouTube探訪』! 記念すべき第1回目はバイクネタ。それも、あのバイク雑誌『ヤングマシン(YoungMachine)』が公開しているガチ系の検証動画である!!

動画のタイトルは「ホンダCT125ハンターカブ水没!?渡河実験〈本編〉ヤングマシン’21年1月号注目企画!」で、文字通り主役はホンダのCT125ハンターカブ。タフすぎて有名なスーパーカブのオフ版的な存在なCT125で、池の中に突っ込んだらどうなるか……という内容だ。

続きを全部読む

【100均検証】セリアで買った保存容器「そのまま食卓シリーズ」が弁当箱として最高すぎる!! 大きさ&形が絶妙なうえ、フタしたままレンジもOK!

最高! もしかしたら今年(2020年)イチの商品かも? そのくらいの推し。なんなら宣伝部長になったって良い。何のことって、セリアで買った保存容器、その名も『そのまま食卓ボウル(食卓ポット)』シリーズである。

もしも今、お弁当箱を探しているのなら、騙されたと思ってとりあえずコレを使ってみて欲しい。なにせ1つ100円だ。失敗したってそう痛くないし、タッパー的に使ったってオッケーだし。でもね、ぜひ、ここはひとつ、イレギュラー的な使い方「お弁当箱」としてヨロシクなのです!

続きを全部読む

【100均検証】ダイソーのシールキャンペーンでIH対応フライパンをGETするも、なんかいろいろ負けた気がする

私は、ばかだ。きっとものすごいレベルでの、ばかだ。自分で自分に言ってやりたい「この大ばかやろう」と。なんのことって、ダイソーのシールキャンペーン、その名も『だんぜん! ダイソー de だんぜんワクワク シールキャンペーン 2020年秋冬』である。長いよ。まあいい。

まだ夏まっさかりの9月ごろから、ダイソーは「だんぜん! ダイソー」と書かれたピンクのシールを配っていた。それを何十枚か集めるとフライパンとか鍋とかをGETできるよ!! ……みたいな。そんなキャンペーンである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 112