「スマホ」にまつわる記事

【超ライフハック】「パケ死」でも安心! スマホの通信速度制限中に「サイトがサクッと表示される」のを体感したいならコレだ

遅い遅い遅い! おっそーーーーーーい!! 今月、スマホで動画を見すぎちゃって速度制限がかかっちゃった……なんてこと、よくあるよね

最近では「パケ死」とも呼ばれていたりするけれど、本記事ではそんな時でもサイトがサクッと表示される方法をご紹介するよ! 速度制限を逆手にとって楽しめるのがこちら!!

続きを全部読む

【動画あり】とんでもないスマホが出るぞ! HUAWEIが29万円の折り畳みスマホ「Mate X」を発表 / 4000万画素のライカカメラも搭載

2017年9月にiPhone Xが発表され、ホームボタンの無いスマホもすっかり珍しく無くなった昨今。次から次にニューフェイスが登場するスマホ市場に、またとんでもないヤツが現れた。

中国・深センに本社を構える「Huawei(ファーウェイ)」が発表した、ディスプレイを折り畳めるスマホ『HUAWEI Mate X』がそうである。

続きを全部読む

2月19〜20日は2019年最大の満月! スマホで上手く撮る方法はこちら!

お月見といえば秋……というのは我々の都合。月と地球の今年の予定的には、2月19日夜から20日未明にかけてが2019年開始早々にして最大のチャンス! いわゆるスーパームーンである。

「先月もあったじゃん」と思ったあなた! いやいや、20日の満月は先月のよりも大きい……スーパームーンの中でも最大の、真・スーパームーン的なスーパームーンなのだ

続きを全部読む

「アイコス3」「アイコス3マルチ」をスマホとBluetooth接続する方法 / 実際につないでみて気になったこと……

加熱式たばこ「アイコス」を販売するフィリップモリスジャパンは、2019年1月28日の製品戦略説明会でヒートスティックの廉価版「ヒーツ」の全国発売について発表を行った。新しいデバイス「アイコス3」と「アイコス3マルチ」のコンビニ・たばこ販売店での取り扱いなども含め、詳しいことは以前の記事でお伝えした通りだ。

それと同時にBluetooth接続についても触れたのだが、なんと「アイコス3」と「アイコス3マルチ」はスマホと接続できるというじゃないか! LINEを経由して接続するそうなので、実際にやってみた!

続きを全部読む

福袋で入手した格安スマホはどの程度「使える」のか…『ASUS Zenfone Max Plus(M1)』の実力に迫る

年末年始の恒例となったロケットニュースの福袋企画。速度と量が重要なので、中身についてのレビューはシンプルなものになりがち。筆者が担当したビックカメラのSIMフリースマホについても、簡単に中身を紹介するにとどめている。

しかし、筆者としては少し気になったのだ。約2万円とクッソ安いこのスマホ、どれくらい使い物になるんだろう……。これで十分なら、10万近くするスマホは不要なのでは? ということで、筆者目線で福袋の格安スマホがどれくらい「使える」のか試してみたぞ!

続きを全部読む

【保存版】スマホのパノラマ撮影モードで「分身写真」を撮る方法

年末年始は何かと記念撮影をする機会が多いはず。友達や家族と写真を撮る時に、ぜひ試して欲しい撮影方法がある。それは、パノラマモードで分身写真を撮る方法だ。やり方はとても簡単だが、コツがいるのでそのコツについてお伝えしよう。

続きを全部読む

【Android 9.0】いじっておきたい隠しメニュー「開発者向けオプション」を開放しよう

11月末あたりから、各キャリアが各種アンドロイド搭載スマホを対象に Android 9 へのアップデートを開始している。また、Sonyの「Xperia XZ3」やGoogleの「Pixel 3」、「Pixel 3XL」のようにプリインストールされた機種を入手した方も増えてきているようだ。

筆者も「Xperia XZ3」に乗り換え、そろそろ新しいOSの扱いに慣れてきた感がある。ところで、既に Android 9 を導入済みの方は隠されている「開発者向けオプション」を開放しただろうか? まだという方や、そんなモノ知らないという方はこの記事を参考に解放してみてほしい!

続きを全部読む

「画面が割れたスマホ」を使い続けるその理由

この世は不思議なことばかりである。簡単には説明できないことも多い。そのひとつが、 “スマホのひび割れ” だ。ひびが割れる原因はわかる。落としたりぶつけたりすれば、当然ひびが入る。問題はなぜ、そのひびを放っておくのかということ。

もちろん、修理するという人もいるだろう。しかし、そのままにしている人は身近に少なくないのではないか。記者もそのひとりで、ひび割れスマホを愛用している。そこで今回は「なぜひび割れスマホを修理しないのか」その謎を解明したい。

続きを全部読む

古いiPhoneをアキバに持って行ったら、Appleの査定額より高い値段で買い取ってもらえたよ / 現金で貰えるのが最高!

みんな知ってるあたりまえ知識。でも、100人いたら1人くらいは知らない人がいるかもしれません。今回は「使わなくなったiPhoneを下取りに出す場合、Appleや通信キャリアを利用するのがベストとは限らない」という知識です。

みなさん、使わなくなったiPhoneをどうしていますか? おそらく、「どこかに売る」という人は多いかと思います……が! そのとき、無意識のうちに「古いiPhoneはAppleか通信キャリアに下取りしてもらうもの」と思っていないでしょうか?

続きを全部読む

スマホ版『龍が如く ONLINE』がついに登場! 早速ちょっとだけプレイしてみた!!

2018年11月21日、シリーズ初となるスマホ版が登場した『龍が如く ONLINE』。同日午前の段階で、サービス開始時刻は不明だったのだが、15時頃にゲームプレイが可能となった。早速ちょっとだけやってみたところ、やや挙動が不安定ながらも、プレイすることは可能だ。

続きを全部読む

提供:東宝

【ガチ検証】スマホを落としただけなのに…もしも悪いヤツに拾われたら? どこまで個人情報がバレるのか実験してみた結果

落としたくないものベスト3といえば、おそらく「サイフ」「カギ」、そして「スマホ(携帯)」であろう。家を出る時や、どこかから立ち去る時など、絶対に私はその3点セットを確認する。なんなら指差し確認するくらいのレベルで。

サイフやカギを落としたら困るのは当然として、特に恐ろしいのはスマホである。なにせ個人情報が宇宙のごとく入っている。ということで今回は、もしもスマホを落としたとして、そこそこスキルのある悪いヤツに拾われたら、どのくらいの個人情報がわかってしまうのかを実験してみることにした。

続きを全部読む

提供:キャンディハウス

【ダマされるな】スマホが鍵になる「スマートロック」を購入してはいけない5つの理由

スマホさえあれば何でもできる時代──。大げさではなく、まさにそんな時代が到来している。スマホで買い物はもちろんのこと、電車に乗ることも、音楽を聴くことも、カメラ顔負けの写真を撮ることだって可能だ。なんならスマホがあれば「家の鍵を開ける」ことだってできてしまう。

スマホで家の鍵を開けるガジェットは「スマートロック」と呼ばれ、いくつかのメーカーが盛大に売り出しているが、中でも『セサミ』のスマートロックだけは絶対に買わない方がイイ。それには大きく5つの理由があるからだ。

続きを全部読む

【逆転の発想】「マジで使えない(笑)」と感じたスマホ用クリップ式望遠レンズを何とか楽しむ方法 / 逆境をはねかえす超ライフハック

失敗した。買い物に失敗した。まさに安物買いの銭失い。私の買ったスマホ用クリップ式望遠レンズがここまで使えないとは……! 購入する前は、「一眼レフ用の望遠レンズみたいなクソ重い物は今後不要! スマホ用のクリップ式望遠レンズがあるんだから!!」とか思っていたけど、やっぱ一眼レフ用の望遠レンズいるわ。

……このような経験をした人、私のほかにも何人かいるのではないだろうか? 一眼レフやミラーレスにつける望遠レンズに比べると、圧倒的に安価で持ち運びも楽な「スマホにつけるタイプ」を買ってはみたものの、「マジでダメじゃん。ピント合わねぇじゃん!!」となった人が。

そこで今回は、私のような失敗をしても「スマホ用クリップ式望遠レンズを楽しむ方法」をお伝えしよう。

続きを全部読む

「アメコミヒーローと一緒に暮らしているかのような写真」を撮るインスタユーザーが大人気! カメラの遠近感&アクションフィギュアの利用法が秀逸

大ヒットとなった『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』をはじめ、『ブラックパンサー』やDCコミックス&マーベルなどのアメコミヒーロー作品は、日本でも多くのファンを抱える。

そんなアメコミヒーローたちと一緒に暮らしているかのような写真を撮るユーザーがInstagramで人気になっている。アメコミファンが憧れる共同生活はどうやって撮影されたのか。その方法がとにかく秀逸なので紹介したい。

続きを全部読む

日本のスマホはなぜカメラのシャッター音が鳴るの? 海外ネットユーザーが理由を知ってザワつく

スマホで写真を撮ったら、カシャッという音がするのは日本だと当たり前だ。しかし実を言うとこれ、世界から見たら珍しいことなのである。公式の発表はないようだが、世間では「盗撮防止」のためだと言われている。

日本人は慣れっこになっていることでも、日本でスマホを買う外国人にとっては「余計なお世話」でしかないだろう。そしてそんな体験談が海外掲示板に投稿されたところ、ネットユーザーがザワついているので紹介したいと思う。

続きを全部読む

【は?】行政指導の入った携帯電話『2年縛り』、大手3社の見直しがセコすぎてネット民ブチギレ「なにも変わっちゃいない」「1カ月延ばしただけじゃん」

やはり携帯電話の2年縛りはなくならないのか。以前の記事で、野田総務大臣が携帯大手3社に行政指導を出すことをお伝えした。

「2年縛りがなくなる?」とにわかに期待の声があがった本件。ついに大手3社が違約金の見直し案について発表を行ったのだが、その内容を見てみると……は? ほとんど変わっちゃいねェェェエエエ

続きを全部読む

出産直後の母親がスマホを見ている写真にネット民から非難殺到 → その母親の返答が秀逸だと話題に

母親なんだから、母親なのに、この母親ときたら……世のお母さんたちに対して厳しい意見があがることは多い。スマホを使っていたり、飲み会にいったり、料理ができなかったりすると非難ごうごう。モデルの山田優さんが髪の毛をピンク色に染めたときも、「母親失格」なんて声もあがっていたっけ……。

ある女性も出産直後にスマホを操っていたところ、「子供よりもスマホが大事なのか!?」と非難の的になった。だが彼女は強かった。非難を受け流しつつ「2つのケースを除けば、世の母親の行動に口を出すな」と主張したのだ。

続きを全部読む

【悲報】ワンセグ携帯でも受信料の支払い義務あり! NHKさん、高裁で無敗の4連勝を記録

ピンポーン。ガチャ。「はい」「こんにちわー、NHKの者ですがー」「すいません、うちテレビないんですよ」的なやりとりをしたことがある人も多いと思う。要は、受信料払えや! ということなのだが、テレビも地デジチューナーもないなら払う必要はないし、払いたくもない。当然である。

だが、ワンセグ機能付きの携帯電話を持っている場合はどうなのか? 朝日新聞によると2018年6月21日、NHKと受信契約を結ぶ必要があるかが争われた訴訟の控訴審で、東京高裁は「受信契約を結ぶ必要がある」と判断。NHKが勝訴したということだ。マジかよ……。

続きを全部読む

プロカメラマンが公開した「簡単に幻想的な写真を撮影するトリック」を超ど素人が実践してみた結果…ひと味違った写真が撮れた!

最近はスマホのカメラに押され気味なミラーレスや一眼レフだが、スマホにはない魅力があるのも事実。旅先で目にする絶景や家族との特別なイベントなどは、やはりちゃんとしたカメラで記念すべき瞬間を収めたいものである。

そこで、プロのカメラマンがスマホを小道具に使い、幻想的な写真を簡単に撮影するトリックを披露しているので紹介したいと思う。どんなシーンでも使えそうだぞ!

続きを全部読む

提供:フィリップス・ジャパン

【超高性能】電動歯ブラシ『ソニッケアー』の最上位機種がスゴすぎた! ブラシの種類を自動認識&アプリと連動してブラッシング指導など

芸能人じゃなくても歯は命。誰もが大切にすべきである。歯が痛いと集中力が落ちるし、治療によっては時間やお金がメチャメチャかかる。筆者もこれまでどれほど歯医者に通ったことか、トホホ……。

とはいえ、ちゃんと磨いてたつもりでも虫歯になっちゃうことって、あるよね~。じゃあ、いったい歯のケアには何を使うのが最強なんだろうなぁ、と思っていたら、レビュー用の電動歯ブラシが送られて来た。う~ん、今までず〜っと手磨き派だったけど、電動歯ブラシって実際どうなんだ……!?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 18