「LINE」にまつわる記事

【今すぐ試せ】LINEのトーク画面で「花火」と打つと、背景に花火が打ち上がるぞォォォォオオオ!

あなたはこの記事、何で見てますか? iPhone? なら話が早い。記事を読み終わったら、ちょっと LINEを開いてみよう。んで、誰でもいいから「花火」と打って送ってみてくれ。すると、すっごいことが起きるのだ!

続きを全部読む

【何だコイツ】『名探偵コナン』の安室透さんとLINEをしてみたら想像以上にヤバイ男で心が折れた

私(あひるねこ)は毎週水曜日、『名探偵コナン』の公式スピンオフ『ゼロの日常』をただ読むだけという奇妙な記事を連載している。ところが、今週発売の少年サンデー32号では、『ゼロの日常』が休載になっているのだ。まずい、このままでは書くことがない。

そんな時、気になる情報を耳にした。なんでも、安室透さんと LINE で会話する方法があるんだとか。マジかよ! 安室さんと LINE !? そんなんやってみるしかねェェェェェェエエ!! というわけで実際に試してみたところ、思っていたのとだいぶ違う展開になったでござる。

続きを全部読む

【超便利】iPhoneユーザーに告ぐ! 今すぐ「LINEのアイコン」を長押ししてみろ!! これ知らないとマジで損だぞ!

最近の若い女の子はすでに使っていないらしい……なんて話題も記憶に新しいが、連絡手段として LINE を利用している人は多いと思う。しかし、恥ずかしながら私(あひるねこ)は、いまだにこの LINE を使いこなせていないのである。

特に困るのが LINE 交換の場だ。普段「LINE 教えて!」という場面にあまり出くわすことがないため、いざそうなった時にどうすればいいのか、どこを押したらいのか分からなくなってしまう。しかし、そんな悩みも LINE のアイコンを長押しすることで、すべて解決してしまうぞ!

続きを全部読む

『よつばと!』LINEスタンプ第2弾が販売開始! 作者あずまきよひこさんがクリエイターズスタンプで

マンガはもはや文学だと思う。表現される内容は多岐に渡り、思わず読んだ後に考えさせられるものも少なくない。人生観を変えるほど心に響くひと言や、ウマくいかない時に心にストンと落ちるようなものの見方……大事なことはマンガが教えてくれた

中でも、私(中澤)が読む度に心が洗われた気分になる作品が『よつばと!』である。そんな本作のラインスタンプ第2段を、作者あずまきよひこさん自身がクリエイターズスタンプで販売開始! マンガの表紙みたいな「よつば」がいる!! これは “買い” だ!

続きを全部読む

【実録】私が迷惑メールの記事を書けなくなった理由

世界唯一の「迷惑メール評論家」を名乗っている私だが、最近めっきり迷惑メール系のネタを書いていない。人からもよく「羽鳥さん、もう戦っていないんですか?」と聞かれるが、実は水面下で戦っている。人知れず、地味〜に戦っている。

だが、どうにもこうにも戦いが「スイング」しないのだ。だから書いていない。人様にお見せできるエンターテイメントになっていないのだ。

スイングしない原因は、もちろん私にもあるかもしれないが、まちがいなく相手(迷惑メール業者)にもある。たとえば1年以上も前に泥仕合を繰り広げた「ミエコ」もそう。簡潔に説明したい。

続きを全部読む

【わかりみ】フリー素材サイト「いらすとや」のLINEスタンプが無料で登場! 実際に使ってみたら汎用性が高すぎて笑った!!

おーい、ネット民諸君! 素晴らしいニュースだ。イラストレーターの みふねたかしさんが運営する大人気フリー素材サイト「いらすとや」が、ついにLINEスタンプになって登場したぞ。その名も『いらすとや フルチャンスタンプ』!

本日2018年3月6日から配信スタートしたこのスタンプは、「LINEバイト公式アカウント」を友だち登録すると、なんと無料でゲットできてしまうのだ。そのあまりにも高い汎用性により、すぐさま誰かに送りつけたくなることは必至。ただし、めちゃくちゃ頭が悪い感じになるので注意が必要である!

続きを全部読む

【実録】海外のATMでクレジットカードが飲み込まれる → 翌朝帰国なのに「取り出せない」と言われる → スマホの “ある機能” で乗り切った話

当然ながら、海外旅行に行くならクレジットカードだけでなく現地のお金が必要だ。日本の空港などで両替するか、現地で両替するか、はたまた現地のATMでキャッシングするか。私(あひるねこ)の場合は、いつもクレジットカードを使ってATMで下ろしている。

先日中国に行った際、帰国前日になって手持ちが心もとないと感じた私は、その日もいつも通りATMにカードを差し込んだ。しかし、カードが戻ってくることはなかった。そう、機械に飲み込まれたのである。30年以上生きてきて初めての経験だ。

そんな大ピンチを、よりによって中国で迎えてしまった私は、それはそれは焦った。正直、思考が停止しかけた。結果的に、スマホの “ある機能” を使ってなんとか事態を乗り切ったのだが、今回はその時の話をしようと思う。

続きを全部読む

【そして伝説へ】パクチーさん、ついに「LINEスタンプ」になる

2014年あたりから盛り上がりを見せ始め、2016年には空前のブームを巻き起こしたパクチー。ブームはいったん落ち着き、今や定番食材になった感もあるが、パクチー大好きっ子たち、通称 “パクチニスト” にとっては非常にありがたい世の中になった。

そんなパクチーが今度はなんとLINEスタンプになったという。パクチーの……スタンプだと? パクチーも来るところまで来た感じがするが、スタンプを見てみると予想以上にパクパクしていたのでご紹介したい。

続きを全部読む

提供:LINE株式会社

【年末ジャンボ企画】10万円を全部1円玉にしてお年玉をあげたらこうなった

もう~い~くつ寝~ると~お正月~♪ 今年も残すところわずか。もうすぐ2018年がやって来る。お正月といったらやっぱりお年玉だよな! しかし、もはや我々もお年玉をもらう側から、あげる側へと立場が変わりつつある。やれやれ、年をとったものだ。

さて、そんなある日のこと。私(あひるねこ)の上司である Yoshio が、編集部のメンバーにお年玉をあげたいと相談してきた。マジかよ! くれくれ~。ところが、何を思ったのか Yoshio は、用意した10万円をすべて1円玉にして配りたいと言い出したのだ! おーい、年末ジャンボバカがここにいるぞォォォオオ!!

続きを全部読む

【激怒】LINEの「誤送信取り消し機能」が全く使えないと判明! それじゃ意味ねえだろうがよォォオオオ!!

2017年12月13日、ついに多くのLINEユーザーが待ち望んだ新機能が実装された。そう、少し前に大きな話題となった『誤送信取り消し機能』である。盛大な誤爆を一瞬で取り消してくれるなんてメチャメチャ心強い……! 全LINEユーザーが思ったことだろう。だがしかし……。

実装された『誤送信取り消し』を使用してみたところ、機能の存在自体を否定するような致命的な弱点……いや、欠陥があると判明したのだ。ちょっとLINEさんよ、今すぐ改修せんかい! これじゃ『誤送信取り消し機能』の意味がねえだろうよォォォオオオオオ!!

続きを全部読む

【LINE企画】あなたはいくつ分かる? 7人の記者が出題する「ロケットニュースからの挑戦状」

読者の皆様、いつもロケットニュースをご覧いただき、誠にありがとうございます。皆様がいるからこそ、ロケットニュースは日々楽しくそして全力で、世界の様々なニュースを届けることができています。

この多大なる感謝のしるしとして、皆様にあるプレゼントを贈りたいと思うのですが……そのままプレゼントを贈るのは芸がない。ということで、ロケットニュースからの挑戦を受けて立ってくれーーーッ!!

続きを全部読む

【マジかよ】LINEが「送信取り消し機能」を実装へ! 24時間以内ならメッセージを消去できるゾォォオオオ!!

今や我々の生活に欠かせなくなったスマホ。そしてスマホをお持ちの方ならば超高確率で利用しているであろうアプリが「LINE」である。LINEの台頭によりメールはほぼ使わなくなり、電話もLINEで済ませてしまう人も多いハズだ。

そのLINEが2017年12月以降に『送信取り消し機能』を実装すると発表した。きっとLINEユーザーならば1度や2度は取り返しのつかない誤爆を経験したに違いないが、これはLINEグッジョブ! もう、LINE様に一生ついて行きまっせ!!

続きを全部読む

【ドン引き】出会い系アプリで婚活中の女性(33)が体験した「マジであり得ない」と思った男のエピソード5連発

毎年のように生涯未婚率が増加し、いまや結婚しないこともスタンダードになりつつある。自ら「結婚しない」のか、それとも「結婚したくても出来ない」のかは人それぞれだが、例えばAさん(33歳)のように「本当に普通の男がいない!」と嘆く女性もいるようだ。

Aさんは現在、婚活真っ最中の女性で「出会い系居酒屋」や「合コン」さらには「出会い系アプリ」で生涯のパートナーを探索中だという。今回はAさんがこれまで体験し「マジであり得ない」と思ったドン引きエピソードを、5つ教えてもらったのでご紹介したい。

続きを全部読む

【今すぐやってみろ】LINEのトーク画面で「ハロウィン」と打つと背景がめっちゃハロウィンっぽくなるぞ~ッ!

すっげーーーーッ! これ、すっげーーぞォォォォオオオオ!! いいからいいから、今すぐLINEを開いて「ハロウィン」って打ってみろ! 騙されたと思ってやってみなって。めっちゃハロウィンっぽくなるから!

知っての通り、来たる10月31日はハロウィンだ。週末である本日10月27日から、いよいよ本格的に盛り上がって来るのは間違いない。このお祭り騒ぎに、なんとあのLINEも参戦してきたようだぞ! トーク画面で「ハロウィン」と打つと、いきなり画面が暗くなって……?

続きを全部読む

【今さら悩み相談室】ガラケー時代、メールの「Re:Re:Re:」は残すべきだったのか? 消すべきだったのか?

あなたは誰かと連絡をとる時どうしているだろうか? きっと多くの人が「LINE」を使うと答えるだろう。まあ当然だ。LINE、便利だよな。もうLINEがない生活なんて考えられない。しかし、言ってもそれはここ数年の話である。LINEが流行る前まで、我々はメールを使っていたのだ。

そう、アラサーの私(あひるねこ)の場合だと、高校から大学以降もずーっとメールを使っていた。もちろんスマホではない。ガラケーである。さて、もはや遠い昔のことのようだが、今あえて考えたいことがあるのだ。メールの「Re:Re:Re:」という文字は、残すべきなのか? 消すべきなのか?

続きを全部読む

【現代病】既読にしたら負け? 「LINEを機内モードで確認する人」が増えているらしい / 実際にやっている人に話を聞いてみた

今や我々の生活に欠かせないチャットアプリ、LINE。LINEが浸透して以来、スマホでメールをする人は激減し、通話さえもLINEで済ませてしまう人も多いことだろう。その最大の特徴は “既読” が付くことで、「既読スルー」なんて言葉も完全に定着した。

時に「既読になったのに返信がない!」などと揉め事の原因になってしまう既読機能だが、どうやら世の中には「絶対に既読を付けたくない人」もいるようだ。なんと既読にしないため『LINEは機内モードで確認する』という人も増えているようだから驚くしかない。

続きを全部読む

わかるかな? LINEの「女子高生の流行語認知度アンケート」に出てくるJK用語がマジ難解

今やEメールにとって代わり、すっかりコミュニケーション用の定番ツールとなったLINE。総務省の情報によると、LINEは主要SNSの中でも、20代以下から圧倒的な支持を得ているという。

そんな若者に人気のLINEが、現役女子高生が使う “JK用語” をふんだんに盛り込んだ動画を公開。さらには、JK流行語の認知度アンケート結果も発表した。今回は動画とともにJK用語の “今” をご紹介したい。

続きを全部読む

ロケニューLINEアカウントの隠しコマンドを特別公開! 保存必至の「スペシャル画像」も手に入るぞ!!

以前、記事でもお伝えした通り、ロケットニュース24は最近LINEをマジメに運用し始め、1日1回オススメ記事を配信している。おかげさまで、多くの人に記事を読んでもらうことができ、SNSの偉大さを改めて実感している。

だが! これで満足してはならぬ! もっと、もっと盛り上げねば!! ということで、今日はロケットニュース24のLINEアカウントで使える隠しコマンドを特別にお教えしたいと思う。みんな、今すぐメモの用意だ。

続きを全部読む

【お知らせ】ロケットニュース24、LINEをマジメに運用し始めました! みんな友達登録してね!!

光陰矢の如し……というまでもなく、時の流れは早い。特にIT業界は、目まぐるしく変化する環境に対応し続けることが “生き残りの絶対条件” である。インターネットメディア、我々ロケットニュース24もその例外ではない。

今から2年以上前の2015年5月頃、我々は時代の流れに合わせLINEアカウントを取得した。あれから発信された情報は……わずか1件! たったの1件である!! これはいかん……! というわけでロケットニュース24、真面目にLINEを運用し始めました!!

続きを全部読む

【衝撃】松居一代が痛恨のミスを激白! 「ドジっ子の、あたしは あせっていたから…」

現在、SNSを駆使して数々の爆弾発言を投下し続けている松居一代さんが、またしても驚きの内容をブログに投稿した。彼女はここのところ不眠不休でネット環境を整えているらしく、痛恨のミスをしてしまったらしい。一体なんだ!?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7