「IT」にまつわる記事

Appleがネット上の「隠しページ」に求人広告を掲載 / 高度なITスキルの持ち主なら発見できた!?

IT業界で働く人にとって、AppleやGoogleで開発エンジニアとして働くことは、エベレストに登頂するのと同じぐらいスゴいことなのかもしれない。だが、業界のトップに君臨するこれらの企業に就職することは、容易に叶う夢ではないだろう。

そんななか、Appleがネット上で「隠しページ」を作成して求人広告を掲載。そのページを見つけることが出来たら、能力を買われて採用への道が開けたかも!?

続きを全部読む

元従業員が『Googleで働くデメリット』を告白! 「快適すぎてオフィスばかりで過ごしてしまう」など

ITの仕事に就く人にとっては、IT企業のメッカである米カリフォルニア州シリコンバレーで、AppleやGoogleなどの大企業で活躍することを夢見ることもあるだろう。

こういった大企業については、社員食堂のランチが超豪華だったり、施設が充実していたりといった長所ばかりが伝えられがちだが、実際に働いてみないと分からないこともあるようだ。そこで、元従業員が「Googleで働くデメリット」を告白しているので、いくつか紹介してみたいと思う。

続きを全部読む

海外で短期の仕事をしてみたい人向けの求人サイトが登場!! IT系中心でトロピカルな南国での仕事もあるぞ!

海外で仕事をして、外国に暮らしてみたいという夢を抱いている人は結構いるのではないだろうか。だが、海外へ行って仕事が見つかるのか、住む所はどうするのか、文化や生活習慣が合わなかったら大変そう……と考え出したら不安材料はテンコ盛り!

そうなるとナカナカ実行に移せないが、短期間の仕事ならお試し感覚でトライできそうある。そんな、海外で短期の仕事をしてみたい人向けの求人サイトが登場し、注目を浴びているので紹介したい。IT系の求人が中心のウェブサイトでは、トロピカルな南国での仕事も多いようだぞ!

続きを全部読む

世界最年少の IT プロが誕生!! たった「5歳でマイクロソフト認定資格プログラムに合格した天才少年」がスゴいぞ!

時代は、アっという間にコンピューターがなくては成り立たないご時勢になってしまった。コンピューターと言えばマイクロソフトだが、同社が提供するコンピューター技術者を対象とした認定資格制度プログラムをご存知だろうか?

世界150カ国以上で実施されているマイクロソフトの IT 試験に、なんと5歳の少年が合格してしまったというのだ!! 簡単には受からない試験に合格したという、驚異の天才少年について紹介したい。

続きを全部読む

【女性に朗報】FacebookとApple社が女性従業員のために「卵子凍結保存サービス」を開始することに!

以前、マイクロソフトCEOが「女性の昇給」について失言したとのニュースをお伝えしたが、その背景には、働く女性にとって壁となりがちな “出産と子育て” が立ちはだかっているのではないだろうか。

出産できるのは女性だけである。しかも妊娠・出産できる時期には限りがあるため、仕事と出産の間で選択を迫られる女性は少なくない。そんな問題解決の糸口になればと、Facebookが女性従業員のために「卵子凍結保存サービス」を無料で開始。後に続けとばかりに、Apple社も同サービスを開始すると発表し大きな話題となっている。

続きを全部読む

マイクロソフトCEOが「女性の昇給」について失言! 非難の集中砲火を浴びて釈明を迫られる事態に

女性の社会進出が目覚しい現代、日本でも育児休暇や昇給などが問題に取り上げられることがある。

そんな、男性と肩を並べるぐらい貴重な労働力となりつつある女性について、「女性は昇給を求めず、自分の仕事に見合った報酬がもたらされることを信じるべきだ」との発言をしたマイクロソフト最高経営責任者(CEO)が、非難の集中砲火を浴びているのだ。彼の発言について読者のみなさんは、どうお思いになるだろうか!?

続きを全部読む

画像だけでなく香りもメールに添付できる時代に! 香りを届けるデバイス「oPhone DUO」が登場間近

3D ならぬ 4D と称して、映画の画面に合わせて匂いが漂ってきたり椅子が揺れる体感型シアターが登場したが、スマホも同じレベルに達したようだ。というのも “oPhone DUO” というデバイスで、画像だけでなく香りもメールで送れるようになるのである!

続きを全部読む

【閲覧注意】殺人ピエロが目の前で巨大ハンマーを使って人を襲うドッキリ動画が怖すぎると話題

もしも仕事が終わったあと、薄暗い帰り道にピエロが1人ポツンと立っていたら、誰だって恐怖で固まってしまうものだ。「なんでこんなところに……勘弁してくれよ」なんて思っているそばからピエロが突然動き出し、目の前でその場にいた人を巨大ハンマーで撲殺してしまったら……あなたはどうするだろうか?

そんなホラー映画さながらのドッキリ動画「Killer Clown Scare Prank!」が、いま、大きな話題になっている。そのシャレになってない閲覧注意レベルの恐怖から、公開からたった数日で再生回数500万回を突破中。いったいどんな内容なのかというと……

続きを全部読む

【最新研究結果】うつ病には「オンライン診療」が対面診療と同じくらい効果的らしい

うつ病の治療といえば、カウンセラーと1対1で診察してもらう「対面診療」が一般的であり、効果的であると考えられている。しかし、そのようなイメージを覆すような驚くべき研究結果が発表された。

スイス・チューリッヒ大学の研究者は、うつ病の治療に対してオンライン診療に従来の対面療法と同じ程度の効果があることを実験で証明した。それだけでなく、オンライン診療の方が治療効果が持続するという結果まで得たのである。

続きを全部読む

スティーブ・ジョブズ時代の本質を捉えた広告10選

元CEOスティーブ・ジョブズの退任で、アップルのひとつの時代が終わった。ジョブズは、明確なビジョンを持ったゲームチェンジャー(物事の流れを変える人物の意)として称賛されてきた。しかし、彼がアップルの広告にも大きく貢献してきたことを忘れてはならない。

ジョブズ時代のアップルの広告は、「ガジェット・フェチシズム」を気取らないもので、多くの感動をコンシューマーに与えてきた。アップル製品が「セクシー」であるのなら、アップルの広告は「親しみやすさを兼ね備えたセクシーさ」があった。CEOスティーブ・ジョブズの元でアップル社は、自社製品を「最高にクールであるが、それでいてアプローチしやすい」プロダクトとして一般ユーザーにもうまくアピールしてきたのだ。

もちろん、キャンペーンの批判などはあったが、ジョブズが率いたアップルの広告は、アップル社の本質をうまく捉えていた。

以下、ジョブズの偉大さがわかるアップル社の広告10種類である。

続きを全部読む

通りすがりの他人が「あなたの個人情報を知っている」時代がくる / Facebookに顔写真は危険?

電車の同じ車両に乗っている知らない人が、あなたの名前や職業だけでなく「きのう何していたか」まで知っていたら……? 急速に開発が進む顔認識技術により、街を歩いているだけで、第三者や政府機関に自分の身元を割り出されてしまうかもしれない。

Facebook写真とウェブカメラの画像を比較するソフトウェアを使えば、顔の一致・不一致をわずか3秒ほどで見分けられる。カーネギーメロン大学の研究者アレッサンドロ・アキスティ氏が、ITセキュリティイベント『ブラックハットUSA 2011』で発表した。

続きを全部読む