「RPG」にまつわる記事

RPGみたいなタスク管理サービス「habitica(ハビティカ)」で友人たちとパーティーを組んでみたら、皆生きてくれと心から思った話

RPGみたいにタスクを管理できるサービスがある。ある日SNSを見ていたところ、そんな情報が目に飛び込んできた。

最初はRPGとタスク管理がうまく結びつかず、どういうこと? と思ったのだが……なんでもタスクを達成できないとダメージをくらってしまうんだとか。なにそれ面白そう。

友人同士でパーティーを組むこともでき、誰かがタスクを達成できないと皆にもちょっとずつダメージが入っていくらしい。1人だと目標を立ててもついだらけてしまうけど、これならモチベーションをキープできそうだ!

さっそく友人3人を誘い、2週間ほどパーティーを結成してみたら……皆強く生きてくれ、と心から思った。

続きを全部読む

アクションRPG「原神」は、アクションゲームが苦手でも楽しく遊べるのか? プレイしてみた結果…

※本記事には、序盤のストーリーのネタバレが含まれています。まだ原神をプレイしていない方はご注意ください!

Twitterを眺めていると結構な頻度で見かけるゲーム、「原神」

なんでもめちゃくちゃ広いオープンワールドの世界を自由気ままに冒険できるアクションRPGなんだとか。周りの人たちが次々にはまっていくのを見て、以前から気にはなっていた。

ただ、筆者はアクションゲームがどちらかというと苦手なタイプ。スマブラでは操作方法が分からず自爆するのが常の超超アクション初心者である。

そんな筆者でも「原神」を楽しくプレイすることはできるのだろうか? この度、覚悟を決めてインストールしてみた!

続きを全部読む

千葉県佐倉市のRPG「天倫の桜」が時間泥棒すぎてやばい / ストーリーもキャラも魅力的すぎて時間がゴリゴリ溶けていく…!!

先日、読者の方から「千葉県佐倉市をモデルにしたRPGゲームがある」との情報をいただいた。あぁ~、ゲームとか音楽の力で地域を盛り上げようっていう企画、よくありますよね! 

でもこういう地域をPRするためのゲームって実際にその土地を訪れないと楽しめなかったり、ゲームシステムが淡々としすぎたりしててすぐやめちゃうんだよなぁ……まして私、佐倉市のこと何も知らないし。

まぁ、せっかく教えていただいたんだしちょっとだけプレイしてみようかな。……あれ?

なんか超本格的なRPG始まっちゃったんですけど???

続きを全部読む

【隠れた名作】7人兄弟のオッサンと恋愛も…個性派スローライフRPG『きみのまち ポルティア』がスマホに降臨!

スローライフゲーム、ものづくり、採掘、家具集め、住民との恋愛……これらのキーワードにビビッときたあなた、『きみのまち ポルティア(My Time at Portia)』はプレイ済みだろうか。

開発は中国のスタジオ、販売もインディーズパブリッシャーと、決して「誰もが知る超大作」ではないのだが、購入者の93%がポジティブな評価(Steam / 2021年6月現在)をつけ、「非常に好評」に分類されている良作だ。

これまでのPC版・コンソール版に加え、ついにモバイル版がリリース! スマホで気軽にできるようになるから、この機会に初プレイはいかがだろうか?

続きを全部読む

【間接的下克上】仲間…だよな? 部下との絆にヒビが入る瞬間! 四コマサボタージュR第109回「大抵のRPGのラスボスが抱いてそうな疑念」

続きを全部読む

【素朴な疑問】なぜ海外ではドラクエよりもFFが人気なの? 理由をアメリカ人に聞いてみた

人気のRPG(ロールプレイングゲーム)といえば、ドラクエとファイナルファンタジー(以下FF)の名前がまず挙がる。それもそのはず、ともに1980年代の後半にリリースされた歴史ある名作。これらシリーズと成長した大人はごまんといるからである。

しかしながら、所変われば品変わる。日本では絶対的存在のドラクエとFFだが、海外では不思議と人気に差が出ている。例えば新作情報が出たときなんてそう。ドラクエはそこまで話題にならないのにFFだと大騒ぎ……ドラクエが水をあけられているのだ。

続きを全部読む

地元の謎のつけ麺屋「ラスト・ボス」に潜入した結果、想像の何倍も深い “店名の由来” が判明した

つい最近、地元にラスボスがいるのを発見した。いきなりよくわからないことを言い出したので「RPGのやりすぎでは?」と思われたかもしれないが、確かに筆者はRPGをやりすぎている。しかし妄想などではない。正真正銘のラスボスである。

正確に言えば、筆者が生来住んでいる東京都・練馬区に「ラスト・ボス」という名前のつけ麺屋があるのだ。極めて独特な店名だ。そのようなお店は見たことがない。興味が湧きすぎたので店内に入ってみたところ、想像の何倍も深い由来が判明した

続きを全部読む

35.734537139.656237

【4コマ】第22回「結果RPGの村の少年みたいになった話」ごりまつのわんぱく4コマ劇場

続きを全部読む

MMORPG『黒い砂漠 モバイル』ついにリリース開始! あるいは暇をもてあましたオッサンの遊び

大規模多人数参加型オンライン(MMO)RPGの世界で、高い支持を誇る作品『黒い砂漠』。そのモバイル版が2019年2月26日にリリースされた。リリース前から注目を集めていたタイトルで、キャラメイクだけを行うことができる体験版を入手した人も多いかもしれない。

実際のプレイはどんなものなのだろうか? MMOにうといオッサンの私(佐藤)もプレイしてみたところ……。暇をもてあましてしまう事態となった。ゲームで暇をもてあますってどういうこと?

続きを全部読む

まるでドラクエ! フィンランドの島「コティサーリ」がちいさなメダルを発見できそうな世界観

世界は広い。いたるところに人が住み、インターネットが広がる現代においても、「こんな場所があったのか!」と思わされることの連続だ。そして、その世界の広さを知る度に私(中澤)は冒険したくなる。

今回そんな想いを抱いたのは、フィンランド・ロヴァニエミの写真家ヤニ・ユリナムパさんが撮った風景。ドローン撮影した地元の島の数々はまるでドラゴンクエストの世界観! ちいさなメダル探してェェェエエエ!!

続きを全部読む

【壮大すぎ】「上野クリニック」のCMが謎のカッコ良さ / ただし、何を伝えたいのかはよくわからない

上野クリニック──。そう聞いてすぐに何の病院かわかった男性は、ある種の悩みを抱えていた、もしくは現在進行形で抱えている人なのかもしれない。決して恥じることではない、男にとってはとてもとても切実な問題である。

それはさておき、上野クリニックは雑誌広告を始めテレビCMなどでもその名を見かけるが、このたび猛烈にカッコいい上野クリニックのテレビCM動画を発見したのでご紹介したい。2018年7月末に公開されたその動画の名は「CHANGE THE WORLD篇」だ。

続きを全部読む

【一発芸】楽器ひとつで「めっちゃRPGに出てきそうなキャラ」に変身した男性がどう見てもアレだとネット民の心をつかむ

マッハの速さで情報が飛び交うネットでは、思わぬところから人気に火がつく。どんなにくだらないとしても、一度注目を浴びたら止まらないし止められない。そして現在、そんな状況になって海外ネット民の心をつかんで離さない男性がいる。

なんでも彼は、チューバひとつで「めっちゃRPGに出てきそうなキャラ」に変身してみせたらしい。海外でニュースになるほどの一発芸とは、どんなものだろう。噂の Instagram を覗いてみると……おぉ、まさしくこれは!

続きを全部読む

【あるある】『FGO』に課金するまでにありがちなこと37連発!

スマホゲームは無料で遊べるのがいいよね。そんな風に考えていた時期が俺にもありました。やっちまった! ついに課金しちまった!! 私(中澤)が課金したのは、ゲームアプリ「FGO」こと『Fate / Grand Order』である。

願いの叶う聖杯を英霊たちが奪い合う Fateシリーズの中でも、今勢いのあるこのスマホゲーム。始めた時は課金する気なんてなかった私が、課金してしまうまでを「あるある」という形でご紹介したい。名付けて「『FGO』に課金するまでにありがちなこと37連発」DA!

続きを全部読む

提供:株式会社グッドスマイルカンパニー

【必見】ザ・キング・オブ・ファイターズ ’98を完全再現!? 八神庵や草薙京が『グラサマ』に降臨するぞ

大人気のスマホゲームアプリ『グランドサマナーズ(以下、グラサマ)』が、対戦格闘ゲーム「THE KING OF FIGHTERS ’98(以下、KOF ’98)」とのコラボイベントを実施するらしい。現在、開発の真っ最中だというが、超本格王道RPGの『グラサマ』と格ゲーのコラボってどんなんだ!?

気になったので調べていくうち、ある資料の独自入手に成功。それを見た途端、あまりの情熱と熱意に記者(私)の胸がぶるぶると震えまくったので、ここでご紹介したい。

続きを全部読む

やれやれ、もしも勇者が村上春樹だったらこうなる / ネットの声「すこぶる面倒くさい」「このパーティー入りたくない」

村上春樹さんには優れた点が2つある。まず、チーズがウマそうなこと、それからワインもウマそうなことだ。だが、6月にデートした女の子とはまるで話が合わなかった。僕が南極について話している時、彼女は村上春樹のことを考えていた。やれやれ……。

ノーベル文学賞候補として毎年名前が挙がっているという村上春樹さんは、日本を代表する小説家と言っても過言ではない。オリジナリティーにあふれた言い回しは、完全に独自の世界観を構築しており、ついつい真似したくなってしまう。そんな村上春樹さんが「もしも勇者だったら……」というマンガがネットで話題だ。

続きを全部読む

提供:株式会社セガゲームス

【驚愕】「進撃の巨人」のコラボCMがヤヴァイ! エレンがSEGAに激おこで巨人化してしまいそうな勢い

これは、マジのマジで待ちに待っていたファンが多いのではないだろうか。4月1日から、いよいよ「進撃の巨人 Season 2」が放送開始となる。一大ブームを巻き起こしたTVアニメだけに、期待が高まりますなぁ~!!!

それに先駆けて、「進撃の巨人」とコラボしたあるCMのオンエアがスタートした。思わず二度見した、なんてよくいうが二度見どころじゃすまない。ギョッとして三度見、四度見してしまうことウケアイだ。

続きを全部読む

【マサイ通信】第42回:いのちだいじに!! マサイ戦士の武器(ウエポン)写真集

スパ(Supa)! ルカだ。ライオンに1勝したこともあるマサイ族の戦士、ルカだ。マサイの世界の男たちは、ライオンに勝ったことあるかどうかで男の価値が決まるといっても過言ではない。言うまでもなく、3勝したサイトゥートゥさんは最強だ。

今ではライオンと戦えないルールができちまっているけど、オレたちがモラン(戦士)であることは変わりない。なぜならば……村に攻めてくる野生の動物たちから、愛する家族や友を助けなければならないからだ。当然、武器も装備している。

続きを全部読む

【FF15発売記念】ファイナルファンタジーの思い出70連発!

本日2016年11月29日、ついに全世界待望のゲーム『ファイナルファンタジー15』が発売される。『ファイナルファンタジー』といえば、『ドラゴンクエスト』と並んで日本が誇る超人気RPGだ。そこで今回は、発売を記念して『ファイナルファンタジー』、通称FFの思い出を語ってみようではないか。

1987年にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された『ファイナルファンタジー』。長い歴史を持つ作品のため、当然ファンの年代も幅広い。私(あひるねこ)はアラサーなので、特にアラサー世代にとっての思い出をあるある形式でお送りしようと思うぞ。FF、それはまさに我々の青春そのものであった!

続きを全部読む

提供:セガゲームス

【検索してはいけない】Twitterで「 #むらいを助けよう 」を検索すると…

実業家でありながら歌手として活動したり、TV番組に出演したりと幅広く活躍している人物といえばAppBank 取締役のマックスむらい氏である。一体、どこへ向かっているのか謎であるが、その精力的な姿勢には学ぶことも多い……ような気もする。

さて、そんなマックスむらい氏が、これまた輪をかけて謎のコラボを展開しているようだ。それは、ハンティングアクションRPG『モンスターギア バースト』(以下『モンギア バースト』)とのコラボである。Twitterで「#むらいを助けよう」を検索してみると……ギャアアアアアア、マックスむらい祭りやん(笑)。

続きを全部読む

提供:クラシエフーズ株式会社

【世界観もスゴイ】 FRISKが公開した “RPG風ゲーム” が本気出しすぎィィィ! 特にキャラ生成が絶妙すぎ(笑)

飲み会の翌朝、リフレッシュしたい昼下がり、油っこいものを食べた後などなど……爽快感が欲しい時にうってつけのものと言えば何だ!? そう、FRISKだ! 一粒食べるだけで、つま先から頭のテッペンまでスッキリするタブレット菓子界の仙豆である。

この度、そんなFRISKがレトロRPG風ゲーム「FRISK伝説 復活のライムミント」を公式HP上で公開した。自分のプロフィールから8bitキャラを生成し魔王と戦うこのゲーム。さっそく自分のキャラを作ってみたら……ヲイヲイ、これ凄くね!?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2