「SNS」にまつわる記事

米ワシントン州で ‟鬼ごっこ” が一時禁止に!!  子供の安全のためという名目だが「バカげている!」と保護者が反対運動を展開!

昔に比べて、近頃の子供達は外で遊ばなくなってきているようだ。筆者が子供だった頃は、グループでダルマさんが転んだや鬼ごっこ、追いかけっこなどをして走り回っていたものだが、最近はそんな子供達の姿をあまり見かけなくなってきた。

日本だけでなく、他の先進国でも似たような現象が見られるようだが、それなのに米ワシントン州のある地域で、鬼ごっこが一時的に禁止に!! 子供の安全のためとの名目だが、大半の保護者が「バカげている!」と猛反対し、SNS で抗議運動が繰り広げられたというのだ。

続きを全部読む

銀行強盗が「盗んだ札束を手にハシャぎまくる超おバカ写真」をSNSに連投!! 当然のごとく逮捕された犯人のマヌケ具合がハンパない件

かつてSNSが存在しなかった時代、自分が犯した罪を声を大にして語る人はそういなかった。しかし、FacebookやTwitterなどで、簡単に他人から注目を浴びられる現代は、少し事情が変わってきたようだ。

というのも銀行強盗が、盗んだ札束を手にしてハシャぎまくっている超おバカな写真をSNSに連投し、あえなく逮捕されたからだ。「俺ってワルなんだぜ!」と、黙っていられずにSNSに投稿してしまうマヌケぶりが、写真からイタいほど伝わって来るのである!

続きを全部読む

新たな “友情破壊ツール” !? Facebookで招待された「イベントページ」を見ていないと相手に分かる機能が搭載される予定

読者のなかでもFacebookの利用者は多いと思うが、告知もなしに突然新しい機能が追加されていたり、フィードに上がって来る投稿のパターンが変わっていることに気付く人がいるだろう。

そんな、常に進化し続けるFacebookが、新たな機能を追加することを検討しているというのだ。イベントページを作成して友達を招待したら、告知を見ていない人が作成者と招待者全員に分かってしまう機能なのだが、ユーザーから「新たな友情破壊ツールか!?」との声が挙がっているのである。

続きを全部読む

Instagramで超話題の史上最強プレイボーイの生活がヤバい! 豪勢ライフを見せびらかしすぎて強盗が侵入する事態に

SNSでは、他人やセレブの生活を垣間見れるので、お気に入りの人物をフォローしている人は大勢いるだろう。なかでも、画像共有サイトInstagramは写真に特化しているだけに、一種のウェブ写真集のような趣で楽しめるSNSだ。

そんなInstagramで、超話題になっている史上最強プレイボーイのライフスタイルが、かなりヤバいので紹介したいと思う。大富豪であるその男性は、いつも大勢の美女に囲まれ、まさにハーレム状態! だが、そんな豪華な生活をSNSで見せびらかしすぎたのか、邸宅に強盗が侵入したというのだ!!

続きを全部読む

元恋人とのメールのやり取りを集めた Instagram が大人気!! 返信内容が超悲しすぎて大ウケな件

元カレや元カノの存在は、ひと言で片づけられない複雑なものがある。失って初めて気付く気持ちもあれば、時として後悔の念が押し寄せることもあるからだ。

そんな、「やるせない気持ちを思い切ってメールでぶつけてみたら、こうなった!」という、元恋人とのメッセージのやり取りを投稿する Instagram のアカウントが、大人気となっているので紹介したい。その返信内容があまりにも悲しすぎて、大ウケしてしまうこと間違いナシだ!!

続きを全部読む

【衝撃検証動画】パパママ必見! 現代の少女たちは恐ろしいくらいSNSに警戒心がない

子供に何歳から携帯を持たせるべきか。おそらく幼い子供を持つ親は、そのような悩みを抱えていることだろう。高校、いや中学を卒業するまで持たせないという考えは古い今の時代とはいえ、慎重に考えたいところである。

やはり危惧するのは携帯の悪用だが、海外でSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を使って少女に出会いを試みる実験が行われ、驚愕の検証結果が出たのでお伝えしたい。結論から先に言おう。パパママからしたら目も当てられない結果が出た。

続きを全部読む

【ヤバすぎ】飛行機での迷惑行為が完全にカオス!「トイレを我慢できずに袋に出したり」やりたい放題

ファーストクラスにでも乗れない限り、長時間のフライトが大好きという人はあまりいないだろう。いわば密室状態の部屋で、大勢の他人と何時間も過ごしているのと一緒なので、常識外れな事をする人と隣り合わせになることもある。

そんな乗客の迷惑行為や悪行をバッチリ撮られた写真が集められて、スゴいことになっているぞ! トイレを我慢できずに袋に出してしまう人や、通路に横になってしまう人など、やりたい放題な行為が満載なのだ!!

続きを全部読む

ホームレスが他人に履歴書を渡したらこうなった → Twitterで話題となり仕事のオファーが殺到!

SNSは情報発信源として役立つこともあるが、トラブルになることも多いため、使い方に注意が必要だ。それとなくつぶやいたひと言や、おふざけで投稿した写真が炎上したり、非難の集中砲火を浴びかねないこともあるからだ。

だが今回の件は、SNSがプラスに作用した良い例だと言えるだろう。あるホームレスの青年が、他人に履歴書を渡したところTwitterで話題となり、青年に仕事のオファーが殺到したというのだ!!

続きを全部読む

鬱などの精神疾患と闘う人達の間で「;(セミコロン)のタトゥーを入れる人」が急増中! タトゥーに込められたメッセージとは!?

働く日本人の10人に1人が、鬱(うつ)病を患っていると言われる現代。自分は大丈夫と思っていても、いつ病に襲われるかは分からない。そんな、他人事とは言えなくなってしまった鬱や自傷行為といった、精神疾患を患う人たちの間で「;(セミコロン)」のタトゥーを入れる人が急増しているというのだ。

「なぜセミコロンなのか!?」と思う人は多いかと思うが、タトゥーに込められたメッセージやプロジェクトの主旨を知ったら、きっと賛同したくなるのではないだろうか。

続きを全部読む

ジャスティン・ビーバーがお尻丸出しの写真を公開して話題

国際指名手配までされたカナダ出身のお騒がせセレブと言えば、ジャスティン・ビーバーである。本業以外でも何かと話題になることが多い彼だが、今回もまた一風変わった形で世界中から注目を浴びることになった。何をしたのかと言うと、ズバリ自分のお尻(男尻)をInstagram で公開したのである! 

続きを全部読む

【疑問】ツイッターやインスタグラムで「フォロー返し」しようとした場合「相手が非公開」だったらみんなどうしてる?

もはや普段の生活に欠かすことができないSNS。全員が全員とは言わないが、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)などのアカウントを、1つくらい持っている人は多いことだろう。

筆者も上記3つのアカウントを持っているのだが、最近ちょっと困った……というほど大袈裟なことではないものの、「どうしたらいいんだろ?」 と思っていることがある。それは『フォロー返ししようとしたら、相手が非公開の場合』の対応についてだ。

続きを全部読む

Instagramで芸術作品を売買する時代が到来! 「アートギャラリーやコレクターが作品探しや取引」で同アプリを重視する傾向に

世界中で、3億人のアクティブユーザーを誇る画像共有アプリ「Instagram」。以前に、他人の Instagram 写真を自分の作品として販売したアーティストが物議を醸したとのニュースをお伝えした。

そんななか、オシャレに写真を加工できる同アプリを作品の発想元とするだけでなく、アートギャラリーやコレクターが、 Instagram で芸術作品を探して売買する時代が到来しているというのだ。

続きを全部読む

【炎上】他人の Instagram 写真を自分の作品として販売したアーティストに物議! なんと1点あたり1100万円で販売

世界中で指示されている写真共有SNS「Instagram」。単に画像を公開できるだけでなく、写真を手軽にアーティスティック風に加工できる機能が人気、これさえあれば誰でも簡単に写真家気分になれるというものだ!

そんななか、「他人の Instagram 写真を自分の作品として展示したアーティスト」が大きな物議を醸している。しかも、展示しただけでなく “作品” が約1100万円もの高額でバイヤーの手に渡ったというのだ!

続きを全部読む

Facebookの投稿内容からユーザーの人物像を分析!! 「ナルシストは自己の達成を誇示」「誠実な人は投稿が少ない」など

我々の生活に欠かせない存在となったSNS。特に、世界におけるアクティブユーザーが約14億人近くになるFacebookを使用してる人は、読者のなかにも大勢いるだろう。

Facebookの使い方は人それぞれ。筆者は ほとんど投稿しないが、相手の投稿状況や内容を見てプロファイリングする手段として使っている。もちろんFacebookだけで全ては分からないが、よく観察していると相手の人となりが、だいたい見えてくるのだ。

そんななか……とある研究チームが「Facebookの投稿内容からユーザーの人物像を分類した結果」を発表し、海外で話題になっているので紹介したいと思う。これを読めば、気になるアノ人がどういう人なのか、分かるかもしれないぞ!

続きを全部読む

ダルビッシュ有が月額1万1000円の会員制SNS開始 / それよりパンチ佐藤の月額10万円SNSの方が気になる件

大リーグ・テキサス レンジャーズのダルビッシュ有投手(28歳)が、自身のツイッター上で有料会員制SNS・athleteclub(アスリートクラブ)内での『Team Darvish』の開設を報告した。話題となっているのはその会費で、なんと月額1万1000円だという。

同投手によると「自分の持ってるノウハウを満遍なく出していく」「しっかりした情報を伝えるため」としているが、ネット上でさらに注目を集めているのは同じアスリートクラブ内にある『パンチ佐藤の本気で☆Dynamite☆』で、月額はダルビッシュ投手の約9倍! な、なんと10万円だ!!

続きを全部読む

養子に出された女性が産みの親を Facebook で探したら「母親と妹が同僚」だった!! 4年も同じ職場で働いていたことが明らかに

Facebook は、友人や知人と日々の出来事や写真をシェアするだけでなく、人探しにも大いに役立ってくれるソーシャルメディアだ。今までにも、生き別れになった家族や生みの親をFacebookで探し、再会を果たした人々が登場している。

そんななか、生みの親を探していた女性が、「母親と妹が同じ職場の同僚だった」ことを発見したというニュースが話題となっている。4年間も同じ会社で働いていながら、血が繋がっていることを知らなかった母娘についてお伝えしたい。

続きを全部読む

子供のハチャメチャ具合がオモシロすぎる!! 子育ての苦労を親が投稿し合うInstagramのアカウントが大人気!

人生において、子供が生まれて親になるぐらいの大きな変化は、他にあり得ないかもしれない。それまでは、自分のことだけ考えていれば良かったのが子供が最優先になり、それに伴う責任の大きさも計り知れないからだ。

だが、それだけに親が感じる喜びも大きいわけだが、同時に子育ての苦労は尽きない……。そんな、子供達のハチャメチャ具合を親が投稿し合う画像共有サイトInstagramのアカウントが、大人気となっているので紹介したい。

続きを全部読む

Twitter の誕生から9周年!! 記念日を祝して9歳の子供達に「9歳とは何を意味するか」語ってもらったビデオが最高にキュート!

やはり人生を振り返る時には20代や30代というように、10年単位で思い起こす人が多いのではないだろうか。10年という節目は人の人生だけでなく、会社にとっても大きな区切りとなる数字である。

ここ10年ほどで、ネット上で人々とつながるソーシャルネットワークが急激に広まったが、140文字以内で短文を投稿できる Twitter が、2015年で9周年を迎える。それを記念して、同社が9歳の子供達に「9歳とは何を意味するか」を語ってもらうビデオを製作。そんな彼らのコメントが、最高にキュートになので紹介したいと思う。

続きを全部読む

男がSNSで美女に出会う → 実際に会ってみたら顔が別人だった! → ガチギレて女性をボコボコに / 女性「ちょっと修正が過ぎただけでしょう!!」

ここ数年で、すっかり定着した「自撮り」。本人が、創意工夫をこらし、自分自身の最もいいところを引き出すので、「自撮り>>>>>実物」ということはよくある話である。

そう、よくある話なのだが! そのギャップが事件の引き金を引いてしまうことになるとは……。ある男性が、SNSで美女と親しくなったという。しかし、実際に会ってみたらあまりにも顔が違う!! 怒りのあまり女性をボコボコにしてしまったというのだ。

続きを全部読む

「ペニスを2つ持つアノ男性」が自叙伝を出版!! 波乱万丈な人生を赤裸々に綴った本はネットで購入できるぞ!

約1年前に、ペニスを2つ持つ男性が「何でも聞いて!」とソーシャルニュースサイトに登場したとのニュースをお伝えした。興味深々のユーザーから質問の嵐を受けた彼は、“ペニスが2つあること” をネットで告白した1周年を記念して、なんと自叙伝を出版!

今まで1000人以上もの性的パートナーがいたという彼が、波乱に富んだ人生を赤裸々に綴った本について語っている。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11