K.ナガハシ (K.Nagahashi)

ライター

北海道在住。音楽大好き、カメラ大好き、映画大好き、グルメ大好き、健康大好き。その他、とにかく何でも良いものが好きな、いわゆる「形から入るタイプ」の典型。座右の銘は「繊細かつ大胆」

「K.ナガハシ」担当の記事

『長崎ちゃんぽん』を食べたことがない道産子が生まれて初めてリンガーハットに行ってみた結果…

突然だが、みなさんは『長崎ちゃんぽん』を食べたことはあるだろうか? きっと多くの人がYESと答えるだろうが、道産子の筆者はつい先日まで食べたことがなかった。北海道で生まれ育ったためか、それともたまたま機会がなかったのか、理由はともあれ『長崎ちゃんぽん』を食べずに生きてきたのである。

しかし、ここ数年で北海道内にもリンガーハットが続々と進出し、ショッピングモールのフードコートなどで気軽に味わえるようになった。ネットで評判を調べてみたところ、長崎県民が太鼓判を推すほどの味だというので、今さらながら行ってみることにした。

続きを全部読む

ロケニュー「外部ライター」の記事制作から公開までをザックリ教えちゃいます / ロケットニュース24ではライターを募集しています

ロケットニュース24で自分の好きなことを活かしながら働きませんか? ──以前から繰り返しお伝えしていますが、ロケットニュース24ではライターを募集しています

興味はあるけど、ロケットニュース24のライターってどんな風に仕事をするの? と疑問に思われる方もいるでしょう。そこで北海道在住の外部ライターである私(K.ナガハシ)が、記事制作から公開までの流れをザックリと教えちゃいます。

続きを全部読む

【思わず三度見】香港ケンタッキーの広告がもはや芸術!『ホット&スパイシーチキン』を使ったその発想はなかった!

世界中で数え切れないほどのチェーン店を展開しているKFC(ケンタッキーフライドチキン)。つい先日、日本の店舗ではアジア7つの国と地域で売上NO.1の商品『ホット&スパイシーチキン』が初上陸となった。

7つの国とは、インドネシア、マレーシア、シンガポール、香港、韓国、台湾、ミャンマーとのことだが、そのうち香港の仕掛けた広告が芸術すぎると話題になっている。いったいどんなデザインに仕上がっているのか? デザインを担当したオグルヴィ・アンド・メイザー社のFacebookページで画像を見たところ……

続きを全部読む

【魔改造】イタリアのピアッジオ製オート三輪がホンダ『ホーネット』の600ccエンジンを積んだら最強のドリフトマシンになったもよう

軽自動車くらいの車体にタイヤが3つ……それが俗に言う「オート三輪」だ。日本でも戦後の復興期にはバリバリ走っていたし、今でもタイでは似たような三輪タクシー「トゥクトゥク」が現役バリバリ。インドでも「オート・リクシャー」が活躍中。

だが、実はヨーロッパのイタリアでもオート三輪が活躍中で、なんと驚くべきことに、バイクの世界では超有名な「Piaggio(ピアッジオ)」が昔からオート三輪を作っていたりもするのだ。ということで今回は、同社の歴史古きオート三輪「Ape(エイプ)」を魔改造し最強のドリフトマシンに進化させた “混ぜすぎ危険” な1台をご紹介したい。

続きを全部読む

【謎の中毒性】アコーディオンで「Windows 95の起動音」を演奏する男性がシュールすぎてヤバい

全世界で圧倒的なシェアを誇るOS「Windows」。これまで数多くのバージョンがMircosoft社からリリースされてきたが、中でも爆発的ヒットを飛ばしたのが、1995年に発売された『Windows 95』だ。

その『Windows 95』の起動音をアコーディオンで再現する男性が現れた。動画で演奏シーンを確認すると……怪しい男性が登場して起動音を披露。繰り返し再生してしまう謎の中毒性を秘めていた。

続きを全部読む

アラフォー女優・佐藤仁美さんが激ヤセしてめちゃ綺麗に! ズボラ・お酒大好きでもマイナス12.2kgの劇的変身!!

数多くの有名人のダイエットをサポートしてきたプライベートジム『ライザップ』。目を疑うようなビフォーアフターにはいつも驚かされるばかりだが、またひとり有名人が劇的変身を果たした。

今回、見事な美ボディを手に入れたのは、人気沸騰中の女優・佐藤仁美さん(38歳)。どれだけ変わったのかビフォーアフターを確認すると……ほげええええぇぇぇ!! めちゃめちゃキレイになってるぅぅぅうううううーーーーー!!!

続きを全部読む

【北海道ラーメン探訪】真っ黒なスープなのに濃くない! 魚介の旨味がたっぷり詰まった一杯に老舗の技を見た / 札幌市「らーめん爐 (いろり)」

ここ数年、注目を浴びているラーメンのひとつに、富山県の「富山ブラック」が挙げられる。スープの黒さが特徴でかなり濃厚。似たような見た目のラーメンは全国各地にあるが、やはり「濃さ」をウリにしたお店が多いような気がする。

スープが黒い=濃厚。もはや世間に浸透しているようなイメージさえあるが、想像と違った味のラーメンを提供するのが北海道札幌市の老舗「爐(いろり)」だ。真っ黒なスープをひとたび味わえば、口いっぱいに広がる旨味……そこには意外な秘密が隠されていた。

続きを全部読む

ソニーが世界最高スペックのカメラを搭載した『Xperia XZ2 Premium』を発表 / ネットでは賛否両論の声

ソニー独自の技術が詰め込まれたスマートフォンとして知られる「Xperia(エクスペリア)」。高音質なミュージックプレーヤーとして、さらには高画質なデジタルカメラとしても支持されている人気の機種だ。

本日2018年4月16日、「Xperia」シリーズのフラッグシップモデルである『Xperia XZ2 Premium』が発表された。世界最高スペックのカメラを搭載しているとのことだが、全貌はいかに。さっそく動画とともに確認していこう。

続きを全部読む

19万9800円の「オーダーメイドイヤホン(UE18+Pro)」を作ってみた結果 → フィット感・音質ともにマジで半端なかった!

スマホや音楽配信サービスの普及も相まって、愛用者が増えているイヤホン。様々な商品が販売されているが、近頃はユーザーの耳型から作るオーダーメイドイヤホン「カスタムIEM(インイヤーモニター)」が人気なんだとか。

筆者もカスタムIEMの存在は知っていたが「プロミュージシャンがステージで使うもの」と思っていた。しかし、今はどうやら違うようだ。そんななか、なんとカスタムIEMの世界NO.1メーカー「アルティメット・イヤーズ(Ultimate Ears)」がオーダーメイドイヤホンを作ってくれるという! いったいどんな使い心地なのか……ワクワクしてきた!

続きを全部読む

【まさかの新曲】小室哲哉さんがスマホ向けゲームの音楽監督に就任! 近日公開の主題歌を含む全29曲を制作 / ネットの声「これは嬉しい」「ワクワク」など

2018年1月、音楽業界からの引退を発表した小室哲哉さん。会見で「元々ただ音楽が好きだった」と自らの原点を振り返るコメントが印象的だったが……な、なんと! なんと現在、スマホ向けゲームの音楽監督に就任! 主題歌を含む楽曲の制作に取りかかっていることが明らかとなった!!

続きを全部読む

【マジかよ】タニタが『セガサターン体組成計』を4月26日から限定発売 / ネットの声「最高」「絶対売り切れる」「争奪戦になりそう……」

健康機器でおなじみの「タニタ」とゲームメーカー「セガ」からまさかのコラボ商品が登場だ。その名も『セガサターン体組成計』。なんと、あの伝説のゲーム機「セガサターン」のデザインを忠実に再現した体組成計だ。

しかも、本体がセガサターンに激似というだけでなく、外箱まで本物に近いデザインとなっているからもうヤバい。ターゲットは「30~40代のセガサターンファン」とのことだが、すでにホイホイされる気配がプンプンだ。

続きを全部読む

まるで本物のようなCG…かと思ったら本物だった!! 『グランツーリスモ』から誕生した電動レーシングカーが再現度高すぎ

1997年の発売以来、『グランツーリスモ』シリーズは世界中のレーシングゲームファンから圧倒的な支持を得ている。リアルなグラフィックはもちろん、実在する名車に加えて、自動車メーカーがゲームのためにデザインした仮想のマシンが登場する点も大きな特徴だ。

そんな『グランツーリスモ』の数あるマシンの中から、実際にサーキットを走る本物のレーシングカーが誕生した。ゲームの世界から本物のサーキットへ。これが超カッコイイうえに爆速仕様なので、動画とともにご紹介するぞ!

続きを全部読む

【パロディ】『SOYJOY クリスピー バナナ』のCMが “あの懐かしの名作CM” にそっくりすぎて笑った

コンビニやスーパーでお馴染みのまるごと大豆バー「SOYJOY(ソイジョイ)」。ナチュラルなおいしさもさることながら、いつでも手軽に栄養補給できる食品としても重宝されているのはご存じの通りだ。

先日、その「SOYJOY」に新商品『クリスピー バナナ』が登場した。大豆パフのサクサク食感とバナナピューレのまろやかな甘みが楽しめるとのことで、どう考えてもウマそう……ということでCMをチェックしてみたところ、これって……!?

続きを全部読む

【衝撃事実】人間は「座った状態からでもバク宙ができる」ようです

「やってやれないことはない」──そんなポジティブな言葉があるが、やっぱりムリなことはムリである。世の中には限度というものがあって、どうしても越えられない壁は存在する。座った状態からバク宙を決めるなんて、無重力空間でもあるまいし、どう考えてもムリだろう。

しかし、人間の力とは不思議なものだ。どうやら驚異的な身体能力をもってすれば、座った状態からでもバク宙を決められるらしい。ということで、動画「World first? SITTING Backflip!」でその証拠をご覧いただこう。

続きを全部読む

金田のバイクとデロリアンなどがチェイスしまくり! スピルバーグ監督『レディ・プレイヤー1』がメチャ面白そう / 3分間の本編映像あり

2018年4月20日に全国ロードショーとなる『レディ・プレイヤー1』。スティーブン・スピルバーグ監督の最新作である本作は、バーチャルリアリティ(VR)の世界で繰り広げられる冒険を描いた作品だ。

先日新たに公開された映像には、誰しもがなりたいものになれる世界・オアシスを舞台に、全人類が争奪戦を繰り広げる壮絶・怒涛の長尺ノンストップ・アクションシーン映像が収録されている。しかもなんと『アキラ』のバイクや『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンなどが登場! メチャ面白そうなのでご紹介したい。

続きを全部読む

40年間の「ゲームコントローラーの歴史」をまとめた動画が興味深い / 革新的なのはやっぱりあの機種だった!

スマホでも簡単にゲームができる時代になったとはいえ、未だに根強い人気を誇るゲーム専用機。タッチパネルも悪くないが、せっかくならゲーム専用機でコントローラーを握った瞬間のワクワク感や直感的な操作を楽しみたいという方も多いだろう。

今回は40年間(1977年〜2017年)のゲームコントローラーの歴史をまとめた動画をご紹介したい。あなたの知っている機種はいくつ登場するだろうか? さあ、再生ボタンをポチッと押して要チェック!

続きを全部読む

VRの可能性ハンパねぇ! ジャミロクワイの『Virtual Insanity』をヴァーチャル・リアリティ上の楽器で演奏してみたっていう動画

1990年代に一世を風靡した英ロンドン出身のバンド「ジャミロクワイ」。同バンドの楽曲のなかでも、圧倒的な人気と知名度を誇るナンバーが『Virtual Insanity(ヴァーチャル・インサニティ)』だ。

そんな有名曲を、なんとヴァーチャル・リアリティ上の楽器で演奏するアーティストが現れた。ちなみにダジャレを言いたいだけではないのであしからず……。それでは、動画「“Virtual Insanity” Performed in Virtual Reality (Jamiroquai Cover)」でどんなサウンドなのかをチェックしてみよう。

続きを全部読む

【Xperia Ear Duo】ソニーが発表した “耳をふさがない” ワイヤレスイヤホンの動画がこちらです / 周囲の音を聞きながら音楽が楽しめてスポーツもOKっぽいぞ!

ソニーから超画期的なオーディオアイテムが登場した。2018年4月21日に発売されるその商品の名前は『Xperia Ear Duo(XEA20)』。周囲の音を聞きながら音楽や会話を楽しめるワイヤレスイヤホンだ。

続きを全部読む

これやりたい! サイバー空間ライトセーバー斬りまくりVRリズムゲーム『Beat Saber』がメチャ楽しそう!!

2018年3月29日よりPlayStation VRが値下げされ、盛り上がりをみせているVRゲーム市場。続々と新作がリリースされているところをみると、ユーザーの数はより一層増えることが予想される。

そんななか、今回は数あるタイトルの中でもひときわ話題となっているVR専用ゲームを紹介したい。その名は『Beat Saber(ビートセイバー)』。サイバーな世界観と爽快なアクションが印象的なリズムゲームだ

続きを全部読む

怖すぎて目が覚めた! 岡山県の「岡山トヨペット」がYouTubeになんとも不気味な動画をアップ

いったい何なんだ、岡山にいるドライバーたちの奇妙な動きは……。つい先日、岡山県にあるトヨタ車ディーラー「岡山トヨペット」がYouTubeになんとも不気味な動画をアップしたのでご紹介したい。

一言で言うならホラー。怖くてもう岡山で運転できない……視聴者からそんな声が聞こえてきそうな動画のタイトルは『恐怖!岡山で世にも珍妙な動きをするドライバーが増加中?|Dancer in the Seat』だ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 60