ロケットニュース24編集部

ロケットニュース24は、あまり新しくないことを、早く伝えたいという気持ちだけは負けていないネットメディアです。お金や知名度、人脈はないけれども、くだらなくて、おもしろい出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

「ロケット編集部」担当の記事

提供:シンクリンク

【衝撃】罪悪感なく食べられる高タンパク「麻婆豆腐」や低カロリー「ガパオ」がリピート確定の美味しさ!「テイクアウト専門店 / ギルトフリーデイズ」

今年こそは運動と食事を見直して “健康的なダイエット” を行いたい。つまり体重を急激に減らすのではなく、ゆっくりと脂肪を減らして体重を落とした状態をキープしたい……のだが、そんなに簡単にできることではないだろう。

私の場合はトレーニングを継続的に行っているものの、好きなものを食べまくっているせいで体重が全然減らない。正直に言うと「味のしないダイエット食」を食べてまで痩せたくないのだ。どこかに美味しい食事を食べながら痩せられる神メニューはないだろうか。

というわけで今回は、そんな悩みを解決してくれそうな東京都世田谷区エリアのゴーストレストラン・テイクアウト専門店「ギルトフリーデイズ」を試してみることに。名前のとおり “罪悪感のない日々” を送ることができる激ウマメニューが揃っているらしい。おし、頼んだぞ!

続きを全部読む

ロケットニュース24記者オススメ「2022年に買ってよかったグッズ」11選

激動の2022年が終わった。1年という年月のなかで、きっとさまざまなことを体験し、さまざまなものを買ったことだろう。

我々ロケットニュース24の記者も、たくさんの商品と出会った。そのなかでも「これぞ2022年No.1グッズ」と思える商品を各記者が選んだので、ぜひ紹介したいと思う。あなたの毎日をよりよくしてくれるものが、このなかにあるかもしれない。

続きを全部読む

【福袋2023総まとめ】19人の記者たちが「これはマジで買って良かった!」と思った福袋はコレだ!!

毎年恒例、正月返上……どころか年末もクリスマスも返上して更新してきたロケットニュース24の「2023年福袋特集」。今年の合計は、現時点で217本! 過去最高をマークした2022年が250本だったので、今年は昨年よりちょっと控え目……でもない!

実は福袋記事はまだ増える予定だから、昨年より多くなるかも。どうなるかは引き続き当サイトでご確認いただきたいのだが、配送の関係でいくつかの福袋は公開までもう少し時間がかかりそう……。

ということで、このあたりで今年の福袋特集の総まとめを発表したい。プロの福袋記者たちが自信を持って「これは買い!」とイチオシする福袋とは何なのか? 担当した本数順でどうぞ!!

続きを全部読む

提供:セブン&アイ・ホールディングス

【注意喚起】今すぐ「セブン-イレブンアプリ」をチェックしないと損をする? 貯まってるマイルが失効するかもしれないぞ!

なるべく損をせずに日々生きていきたい──。そう思っているのはおそらく私(あひるねこ)だけではないと思うが、残念ながらガチ損する可能性が出てきてしまったため、よ~く聞いていただきたい。

いいか、今すぐスマホに入っている「セブン-イレブンアプリ」の右下をタップするんだ。後でじゃない。今すぐにだ。ナウ! ナウ!! “あれ” が失効しても知らんぞォォォォォオオオオ!!

続きを全部読む

提供:日本コカ・コーラ

【マジかよ】コカ・コーラで「おみくじ」が引けるらしい / 職場で試そうとしたらブチギレられたでござる

現在、全国で発売されている「コカ・コーラ うさぎボトル」には “ある仕掛け” が隠されている。そんな隠すようなことではないので言ってしまうと、ラベル裏に記載されている二次元コードを読み込むと、スマホのカメラ上にうさぎが登場して……

うさぎにニンジンをあげたら「おみくじ」の結果を教えてくれるそうだ。ってことで、2023年の干支である「卯(うさぎ)ボトル」はおすすめだ。うむ、年明けはこのくらいベタなキャンペーンにのんびりと参加したい。と思っていたのだが……

職場にボトルを持って行ったのが間違いだった。

続きを全部読む

2022年のロケットニュースで100万PVを超えた記事11本

100万PV(ピーブイ)のPVとは、Page View(ページビュー)の略で、平たく言えばアクセス数。つまり100万PVとは、100万アクセスあった(100万回読まれた)ことを意味している。野球で言うならホームランだ。

しかし、今と昔では100万PVの捉え方も変わってくる。昨今は、様々な配信先(3年連続で読者投票賞に選ばれたSmartNewsなど)があるため、そちらで閲覧されることも多いからだ。アクセス数の分散とでも言おうか。

そんな状況下であっても、単純にロケットニュース内のカウントだけで100万PVを超えた記事が11本あったので、リンク集としてご紹介しておきたい。

続きを全部読む

提供:貝印

【2023福袋】貝印の『包丁が必ず入った福袋』は包丁以外にも、すげぇイイもんが入ってるので『包丁などが入った福袋』に改名するべき!

2年前の正月に購入した貝印の『包丁が必ず入った福袋』。アレに入っていた包丁ならびに調理グッズたちは、ウチの台所で今日もバリバリ活躍してくれている。壊れる気配は全然ないし、「マジ買ってよかった福袋」の代表格と断言していいだろう。

その反面……ふと「包丁が長持ちすればするほど、福袋の売れゆきが減るのでは?」と心配になる瞬間もある。いいものを作ったがために儲けが減るのでは、やや貝印が気の毒だ。

調べたところ2023年も『包丁が必ず入った福袋』は発売されるらしい。果たしてリピーターにとっても「買い」なのか? 厳しくジャッジしてみることにしよう。

続きを全部読む

提供:エヌ・シー・ジャパン

【どうなん?】毎日必ず麻雀アプリを2時間プレイし続けている私が『雀龍門 M』を初体験した率直な感想

いきなり余談になるが、かつて私はプロ雀士を目指していたことがある。今も諦めたというワケではなく、単に麻雀と向き合う時間が足りなくなってしまった。将来的に雀荘へ通う余裕ができたなら、またプロを目指したいと思っている所存なのである!

……ただし麻雀というゲームはプレイし続けないと、それはもうグングンと腕前が落ちていくもの。ここで頼りになるのが “オンライン麻雀ゲーム” の存在だ。

今回私は「上級者を目指す初心者にオススメ」だという麻雀アプリを初体験してみることになった。自慢じゃないが私は20年間、毎日2時間欠かさずオンライン麻雀をプレイし続ける者……ここは厳しめにならざるをえない!

続きを全部読む

提供:東洋水産

【ガチ】「赤いきつね緑のたぬきを家族にとられたくない」という一途な想いから … ついに『隠す専用の帽子』が公式に爆誕してしまったァァァアア!!!

誰だって「無性に『赤いきつね緑のたぬき』が食べたい」という衝動に駆られることがあるだろう。この状態になると我慢が難しいため、我々はあらかじめ『赤いきつね緑のたぬき』を自宅にストックしようとする。しかし問題は “家族がいつの間にか食べちゃった場合” だ。

そこで当サイトの羽鳥・原田・そして私(亀沢)は「最適な隠し方は何か」を真剣に話し合った……というのが前回までのお話。最終的に “帽子の中に隠す” というアイデアがまとまったところで会議は終了した。

これが後日、とんでもない事態に発展したので聞いてくれ。

続きを全部読む

提供:東洋水産

【切実な悩み】みんなは『赤いきつね緑のたぬき』を家族に食べられないようどこに隠してる? 協議の結果…

マルちゃん『赤いきつね緑のたぬき』は、なぜだか無性に食べたくなるタイミングが定期的に訪れるカップ麺だ。食べたが最後、しばらくやみつきになるという人も多いだろう。この状態になってしまうと、もう誰にも止められないから厄介なのである。

ここまで人を虜にする理由について詳しいことは不明だが、お店の本格的なそばやうどんではなく『赤いきつね緑のたぬき』だからこそ「絶対に食べてやる」って気持ちになるのかもしれない。

さて、ここで我々を悩ませるのが “急に食べたくなった時のためのストックを、家族など誰かに食べられないようにどこに隠しておくべきか” という問題だ。私などストックしておいたものを家族に食べられ、大喧嘩に発展した記憶もあるほどなのだが……何かいいテはないのだろうか?

続きを全部読む

提供:トヨタ自動車

【何だって?】トヨタが“サステナビリティ”した結果「SHIBUYA109前にクリスマッスルツリーが建った」だと!?

トヨタのサステナビリティ実験は今年8月に第1弾が実施され、気づけばもう第3弾だそうな。さすがトヨタ自動車、仕事が早い!

ちなみに第1弾の実験では太陽電池を加飾する技術を使い「渋谷で発電」し、第2弾では生態系を守り続ける取り組みを伝えるために「渋谷でアート」した。そして今回、第3弾の舞台は……SHIBUYA109前である! トヨタは本当に渋谷が好きだなァ!!

続きを全部読む

【2023年福袋特集】これまでに公開された福袋記事へのリンク集(随時更新)

新年早々……どころか、12月の初旬から始まっている『2023年福袋特集』。これからさらに勢いを増して公開していく予定なので、膨大な記事本数になることだろう。少しでも油断したら見逃しかねない……。

そこで、今のうちに文字だけのリンク集を用意してみた! 2022年の年末から公開されたすべての福袋記事をひと目で確認できるから、ブックマークしてご活用ください〜!

続きを全部読む

提供:味の素

【ガチ検証】ジョブチューンで取り上げられた「Cook Do®」のジャッジ結果はぶっちゃけどうなのか? 同じ商品を全部食べて確かめてみた

先日、TBSの人気番組「ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」にて、味の素(株)が販売する中華合わせ調味料「Cook Do®」が取り上げられた。超一流料理人が商品をジャッジする、あの有名なガチ企画である。皆さんはご覧になっただろうか?

結果は10商品中、なんと8商品が合格! 本格的な中華の味わいであることが高く評価された……の・だ・が。このジャッジ結果、ぶっちゃけどうなん? 激しく気になったため、番組で紹介された10商品をすべて食べてみることにした。

続きを全部読む

提供:花王

【嘘やろ】休息のプロが提案する「仕事中の超効率的な休み方」が人としてギリギリすぎた

最高のパフォーマンスを発揮するためには良質な休息が必要不可欠……と、頭では分かっているのだが、これがなかなか難しい。家事や仕事の合間のちょっとしたスキマ時間を有効活用できるような、画期的な休息方法は何かないだろうか?

そこへ現れたのが、休息のプロを自称する男・当編集部の佐藤英典パイセンだった。パイセン曰く、ただ普通に休憩しているようでは素人だという。プロが提案する「仕事中の超効率的な休み方」にご注目いただきたい。

続きを全部読む

提供:花王

【ビックリするほど】花王の人に教わった “『めぐりズム』のスゴイ使い方” を試した結果 → 無言になった

年齢を重ねるにつれて、しみじみと『めぐりズム』シリーズの素晴らしさが感じられるようになってきた。最もメジャーなのは『蒸気でホットアイマスク』だろうか。若いころは「あったかい蒸気がでるだけに何の意味が?」と思っていたのに、まさかこれほど考えが変わるとはね。

デスクワークにウンザリした昼休み、ダラダラしがちな就寝前……そっと目を閉じてホットアイマスクを乗せる瞬間は、何にも代えがたい至福の時間なのだ。もはや『めぐりズム』無しの生活は考えられないと言っていいだろう。ありがとう、めぐりズム! それはそうと……

実はそんな『めぐりズム』シリーズには、我々が知らない “スゴイ使い方” があるらしい。確かなスジから仕入れた情報だが、一体どういうことなのか?

続きを全部読む

提供:サッポロビール

【前代未聞】サッポロビールから新発売の『ラップを聴かせて発酵させたビール』が完全に常軌を逸している

「クラシックを聴かせると植物がよく育つ」という話はどこかで聞いた気もするが、今回サッポロビール株式会社が発売した商品は、前代未聞の『ラップを聴かせて発酵させたビール』らしい。 “飲み物に音楽を聴かせる” という概念そのものが未知のため、一旦コメントは控える。

調べると、どうやら双子ラッパーの『上鈴木兄弟』が一枚噛んでいるようだ。彼らは「人生の半分以上がビールでできている」と語るほどのビール好き……な〜るほど! そこで2人のラップを酵母に聴かせ、ビールを発酵させたというワケなのかッ!!

……とは絶対にならないので、もう少し詳しく調べてみることにする。

続きを全部読む

提供:ZENB JAPAN

【実食】夜に食べても罪悪感ゼロの「罪なきラーメン」が大当たり! 想像以上に本格的なおいしさで感動した!

夜中に無性にラーメンが食べたくなるのはなぜだろうか。そして、なぜ夜中に食べるラーメンは美味しいのだろうか。もしかしたら罪悪感が最高のスパイスになっているのかも……と思ったが、やはり罪悪感なく、満足感もヘルシーも叶える欲張りなラーメンを食べたいっ!

そんな人類の夢を叶えるラーメンが「ZENB(ゼンブ)」から登場したようだ。その名は、「罪なきラーメン」とのこと。聞くところによると、めっちゃ簡単なのに超本格的な味が楽しめるらしい。それでいて罪悪感はナシ……ってマジかよおい。気になったので実際に食べてみた。

続きを全部読む

提供:丸亀製麺

【実録】埼玉の山奥に住む「豚汁王」に丸亀製麺『俺たちの豚汁うどん』を食べさせたらヤバイことになった

丸亀製麺が2022年11月29日より期間限定で販売開始する俺たちの豚汁うどん』。株式会社TOKIOの松岡昌宏さんと共同開発したという新商品だ。丸亀製麺によると「豚汁だけど、豚汁じゃない」唯一無二の味わいだそうで、これはいやが上にも期待が高まる……と思っていたら!

なんと今回、発売前の商品を特別に食べさせてもらえることになったぞ。マジかよ、行く行く~! さっそく身支度をする私(あひるねこ)。ところがこの後、事態は理解不能なトンデモ展開を見せることになる。

先にお願いしておこう。しっかりついてきてくれ。

続きを全部読む

提供:明治

【尿酸値でお金儲け!?】こち亀の両津勘吉からのメッセージが亀有駅に掲示中らしい

『こちら葛飾区亀有公園前派出所(通称:こち亀)』は連載期間の長さからギネスにも載った超国民的マンガを原作とするアニメ。番組の放送期間も長く、「親子三代でこち亀ファン」といった話も全然珍しくないほど幅広い層に愛され続けている名作だ。

主人公の両さんは “いつも金儲けのことを考えている警察官” という型破りな人物。ムチャクチャなんだけど気は優しくて、絶対的に憎めない男なんだよなぁ……。そんな両さんが今回、また新たな金儲けを思いついたらしいぞ。どういうことかご説明しよう。

続きを全部読む

提供:サントリー

【嘘やろ】炭酸で割って飲むビール『ビアボール』爆誕! いろんな割り方で飲んでみた結果 → 自由度が異様に高くて笑った

あなたはビールを炭酸で割って飲んだことがあるだろうか? 私(あひるねこ)はというと、マジでない。成人してもう16年経つけど、ただの一度もやったことがない。氷すら入れたことがない。ありのままの君(ビール)しか見たことがないのである。

こういう人はかなり多いような気がするのだが、そこへあのサントリーが革命的な新商品をブッ込んできたぞ。その名も『ビアボール』。日本初(※)の炭酸でつくる自由なビールだ。自由すぎるだろと思いつつ、同時にワクワクしてきたため、試しにいろんな割り方で飲んでみた!

※炭酸水で割ることを製品上で訴求する日本初のビール(Mintel GNPDを用いたサントリー調べ 2022年5月)

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 62