「YouTube」にまつわる記事

【追及】YouTube広告のサムネイルに勝手に画像を使われていたので、「こっちの写真使え!」と送りつけた結果が予想外だった!!

「これ佐藤さんですよね? 画像、使われてますよ」。またか、また使われているのか。断っておくが私(佐藤)はフリー素材ではない。だが、無断で顔写真を使われるケースがよくある。最近でも2021年3月頃に「使われてますよ報告」が相次いだために、行動を起こさざるを得なくなった。

相手を特定して「どないなっとんねん!」とばかりに威勢よくメールで問い合わせたところ、 “業界の闇” を垣間見ることになったのだ。まさかそんな事情が……。

とにかく私のあずかり知らんところで顔写真を使われたのは不快だった。そこで、撮り直した写真を送りつけたところ、意外過ぎる結末を迎えることになったー!

続きを全部読む

【RIZIN】扇久保博正選手に密着! YouTube撮影の舞台裏で垣間見えたトップファイターの意外な素顔とは…

お気に入りのYouTubeチャンネルをロケットニュース記者たちが順に紹介していく『YouTube探訪』。今回は私(砂子間)が激推ししている『おぎちゃんねる。』を取り上げたい。メジャー格闘技団体・RIZINで活躍する扇久保博正選手の素顔が垣間見られるチャンネルだ。

2021年6月13日に開催される東京ドーム大会にも出場が決定。人気・実力ともに国内トップレベルのプロ格闘家なのだが、アップされる動画がことごとくスベっているため勝手に親近感を抱いてしまい……最終的には私も道連れとなり、地獄を味わってきたので報告したい。

続きを全部読む

【独占取材】RIZIN扇久保博正選手が筋斗雲を呼ぶ / 東京ドームで18年ぶりに総合格闘技イベント開催!

負ければ地獄。勝てば次の地獄。今年開催される『RIZIN JAPAN GRAND-PRIX 2021 バンタム級トーナメント』では、全16名のファイターがトーナメント形式でバンタム級王者を争う。1回戦は5月30日に大阪、6月13日に東京で行われる予定だ。

ちなみに、東京ドームで総合格闘技イベントが開催されるのは18年ぶり。開幕を待ちきれないファンは多いだろう。そこで今回は、優勝候補の一角と目される扇久保博正選手の素顔に迫るべく、毎週末に行われているというYouTube撮影に同行した。そこで見た驚くべき光景とは!

続きを全部読む

常識をくつがえす「スーパーの肉を絶品ステーキにするコツ」に目からウロコ! 自分の焼き方と比較してみた

ちらし寿司、ローストチキン、鯛のおかしら……ハレの日のメニューは数あれど、やはりごちそうの代表格といえばステーキだろう。

レシピ動画サイト「クラシル」で、「人気ステーキ店のシェフが教えるスーパーのステーキ肉をお店の味に仕立てる方法」が好評だという。

見てみたら、筆者の常識を180度くつがえすようなアドバイスばかりである。普通に焼くのとどう違うか検証してみた。

続きを全部読む

【代打4コマ】第144回「今から動画を撮ろうとしているYouTuberに対し絶対にやってはいけないこと」GOGOハトリくん

続きを全部読む

【YouTube探訪】100種類の魚を処理する『さばけるチャンネル』が便利すぎる! サンマからスッポンまでなんでもさばく!!

突然ですが、魚、さばけますか? YouTubeで気になったチャンネルを紹介していくこのコーナー。今夜からすぐ使える実用性がありながら、プロの技を眺めるだけでもおもしろく、延々と見続けてしまう料理チャンネルがある。

その名も『さばけるチャンネル』。100種類以上もの魚のさばき方を解説しているチャンネルだ。しかも監修は服部栄養専門学校、「これ無料でいいの!?」というプロの手業が惜しみなく公開されている。

今すぐ使える「サンマ」「アジ」「サバ」のようなおなじみの味覚から、「スッポン」「セミエビ」「ナマコ」のような「たぶん一生さばかない」魚介まで。もうシャコのむき方がわからなくて人前で恥をかくこともないぞ!!

続きを全部読む

【他人のオススメYouTubeチャンネル3選】マサイ族の戦士・ルカ編 / マサイ通信:第449回

スパ! ルカだ。マサイ族の戦士・ルカだ。ライオンに1勝したことのある正真正銘の戦士だけど、iPhoneとAndroidを巧みに使い分けるIT戦士でもある。そんなオレのiPhoneのホーム画面を見たゴー(羽鳥)が……

お前……YouTubeめっちゃ見てない?

と聞いてきた。パケ死するから “めっちゃ” ではないけど、見るっちゃぁ見てるほうかもね。そんな話をゴーにしたら、「オススメのチャンネルを3つ教えてくれ」と聞いてきた。いいよ〜。でも、面白くないかもよ?

続きを全部読む

【アドセンス】鬱陶しすぎる! 動画の前に流される例のアレ! おはようアサコちゃん第63回「胡散臭さ! この上なし!」

続きを全部読む

YouTubeで話題の「正しいお箸の持ち方」動画で、大人でも悪いクセが直るのか検証してみた

少し前のことになるが、福井県の箸専門店が製作したYouTube動画「正しいお箸の持ち方」で、子どもの箸の持ち方が直ったという投稿が話題になった。かかった時間はわずか数分といい、さすが子どもは柔軟! と感心するが、数十年かけて間違った持ち方が身についた大人でも悪癖が直るのだろうか?

筆者は小さい頃から箸、鉛筆ともに持ち方がおかしい。父母は矯正しようとがんばったが、強情な性格ゆえか結局直らず大人になった。

間違っているとはいえ、何十年も続けているのでなんでもつかめる。別に困っちゃいない。けれども一方で、焼き魚を残さず食べるなど、美しい所作は「大人のたしなみ」であるとも思い、内心ちょっと恥ずかしいのも事実だ。よし、今さらだけれど矯正できるか挑戦してみよう。

続きを全部読む

【代打4コマ】第93回「格闘技のYouTubeでありがちなこと」GOGOハトリくん

続きを全部読む

【YouTube】芸能界を席巻した二人の芸人がイチャイチャするだけの番組『太田上田』が面白い! これが本当のおっさんずラブ?

もともとYouTubeを主戦場に活動していたYouTuberはもちろん、テレビからYouTubeへと活動の場を移した芸能人や、何らかの事情で表舞台に出る機会を奪われた芸能人なども大挙して押し寄せ「戦国時代」に突入したYouTube市場。

悪戦苦闘する芸能人が多い中、ひっそりと始まりながら、確実に登録者数を伸ばしているチャンネルをご存じだろうか? そう、『太田上田』である。

続きを全部読む

【ネタバレほぼなし】『ロミオの青い空』がYouTubeにて全話無料公開! リアタイで見ていた記者が改めて第1話を鑑賞した結果…!!

日本人であれば誰もが一度は目にしたことがあるだろう “世界名作劇場” シリーズ。名作と銘打つだけあり、いずれも胸アツな作品ばかりだ。中でも、記者が大大大大好きなのは『ロミオの青い空』。はじめて見た時は「こんな世界があるのか……」と、子ども心にショックを受けたことを覚えている。

オンエア当時、アニメの最終回が待てなかった記者。そこで原作『黒い兄弟』を読んでみたのだが、これまた大変な衝撃だった。そんな懐かしの『ロミオの青い空』が2020年9月1日より、YouTubeにて期間限定全話無料公開をしているというではないか。取り急ぎ、第1話を見返してみた感想を聞いてほしい。

続きを全部読む

【勝手にランキング】東京23区のYouTubeチャンネルで登録者数第1位は意外なあの区! ちなみに2位は台東区

外出が制限されるなか、情報収集や暇つぶしにおいてYouTubeは欠かせない存在だろう。すさまじい数のチャンネルがあるなか、東京23区の各区もYouTubeチャンネルを運営しているのをご存知だろうか?

投稿する動画の内容や頻度などは各区で管理されてるようで、登録者数にも差が見られる。む……もしかしてチャンネル登録者数が区民の支持率とイコールになるのでは? と勝手な仮説を立ててみたところで、23区のチャンネル登録者数ランキングを作ってみたぞ!

続きを全部読む

【自由すぎ】音楽界の平野レミ! YouTuber「広瀬香美」がヤバいほど幸せで最高

1980年代から2000年代初頭の音楽シーンを語る上で、夏といえば「TUBE」は欠かせない。「シーズン・イン・ザ・サン」「あー夏休み」「さよならイエスタデイ」「ガラスのメモリーズ」……などなど、今でも夏になると耳にする不朽の名曲がズラリと揃う。

一方、90年代から「冬の女王」として一世を風靡したのが、ご存じ広瀬香美さんだ。「ロマンスの神様」「ゲレンデがとけるほど恋したい」「promise」などは、現在でもスキー場でかからないことがない大定番ウィンターソングである。その広瀬香美さんが、まるで「平野レミさん」のように弾けまくっていることをあなたはご存じだっただろうか?

続きを全部読む

【突撃】手越さん、お願いします! 僕を相方にしてください!! 手越祐也に「自作曲」を送ってみた

こんにちは。売れないバンドマンの中澤です。音楽するために上京してきて早15年。ずーーーーーっとバンドしてるけど、全然売れねェェェエエエ! 本当に、売れるっていうのは大変なことである。もちろん、売れ続けるということはもっと大変なのは言うまでもない

そんな私が大学生の頃から売れ続けていたのが手越祐也さん。本当にいろいろと大変だっただろうな。そんな手越さんが、YouTubeでなんと楽曲を一般募集している。そこで自作曲を送ってみたぞ

続きを全部読む

【コラム】本気でYouTubeやろうとしたけど、今さら恥ずかしさを感じてしまった……

このコロナ禍で、ネット配信に関するサービスは全体的に賑わいを見せている。やはり外出自粛が大きく影響しているのだろう。イベントやコンサート1つとっても、ネット配信にシフトせざるを得なかったケースがいくらでもあるのだから。

さて、そんな状況の中、3月の終わり頃から私(佐藤)もYouTubeの個人アカウントを活用すべく動き出したのだが……そう易々(やすやす)と出来るものではないと、今さら気づいた。毎日動画をアップするYouTuberは本当にすごい! と思い知らされたものの、そのままYouTubeの世界を見なかったことにするほど私は情けない男ではない!! 

1から勉強を始めることにした。しかし……ささいなことで恥ずかしさを感じてしまったのだ。こんなことでは、まだまだだな……。

続きを全部読む

マサイ族の戦士がよく見るYouTubeベスト3 / マサイ通信:第389回

スパ! まったくゴー(羽鳥)は失礼なやつだ。バカにするなと言いたい! 「なあルカ、YouTubeって知っているかい?」と質問してきたんだ。愚問ッ! 知ってるに決まってんだろ!! iPhoneを装備したマサイ戦士であるオレが、YouTubeを知らないわけがないだろう! 喝ッ!!

とはいえ、好きなYouTuberや、好きな特定のチャンネルってのは、特にない。なんとなく好きなジャンルを見ている感じ。ということで発表しよう。オレが好きなYouTubeのジャンルは……

続きを全部読む

【コラム】恥ずかしながら今さら気づいたけど、「YouTuberって本当にすごい!」と思う

新型コロナウイルスの影響により外出自粛をしている間、私(佐藤)はYouTubeチャンネルの運営を細々と行っていた。運営というほどのことではないけど、この2カ月の間で自分なりに動画の投稿やライブ配信をして、今さらながら気づいたことがある。

本当にこんなことを思うのも恥ずかしい話なのだが、YouTuberってすごい! 動画を編集するだけでなく、毎日公開したり、さらにはライブ配信もしてるってちょっと信じられないと思ったのだ。これまでそんな大変なことだとは、想像もしていなかったんだよ。マジで……。

続きを全部読む

【YouTube】今、プロアスリートのチャンネルがスゴい! テレビで見られないような豪華対談もあり!!

有名人のYouTube界への進出が止まらない。近年、続々と芸能人が自身のチャンネルを開設しているが、プロアスリートにもその波が来ている。しかも、ちょっとした波ではなくビッグウェーブが!

というのも、豪華な対談が次々に実現していて猛烈にアツいのだ。ファンが楽しめるのはもちろん、子どもや現役の人たちにとっても嬉しい内容。オススメのチャンネルをいくつか紹介するので、興味のある方は覗いてみてはいかがだろう。

続きを全部読む

多機能ライブ配信サービス『StreamYard』がすごい! 無料でも使えるツールが盛りだくさんだ!!

外出自粛の影響で、多人数が参加するイベントやセミナー、レッスンの類を行うことができない状況が続いている。ライブ配信でこれらを行っている人も増えては来ているが、わりと手間がかかることを実感し始めてきているのではないだろうか。

そんな人にぜひオススメしたいライブ配信サービスがある。それは『StreamYard』だ。使用制限があるものの、無料で使うことができるので、その使い方を紹介しよう。テロップの入力やコメントの紹介、オーバーレイの表示まで手軽にできてしまうぞ。サービスの説明の前に、ライブ配信のおさらいからしておこう。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 20