小千谷サチ (Sachi Ojiya)

ライター

好きな国はラオスとコスタリカ。とりあえず本と漫画とチョコレートがあれば、世界中どこにだって行けます、行きます。猫カフェ(会員制)を海外でひっそり開くことが夢。サッカーに興味はないが、エジル選手は好き。

「小千谷サチ」担当の記事

子供がドラム式洗濯乾燥機に閉じ込められました……ある母親の「注意喚起」投稿が胸に刺さる

洗濯乾燥機。縦型よりも、節水力・乾燥力に優れたドラム式を選ぶ人もいるだろう。だが、子供やペットが閉じ込められてしまう事故には十分に気を付けなければならない。

ある女性も、子供が洗濯乾燥機の中に閉じ込められてしまったそうだ。女性は「思い出すのも恐ろしい」と述べながらも、注意喚起のために自身の体験談を Facebook に投稿した。

続きを全部読む

行っちゃダメにゃ! 飼い主を「通せんぼ」しまくるネコが可愛すぎる動画

嗚呼、嗚呼! 今のロケットニュース24には圧倒的にネコが足りていない!! だって最後にネコ様の動画をご紹介したのは約1カ月前……って、ダメダメ、ブランクが空きすぎ。これはニャンとかしニャければ!!

ということで今回ご紹介したいのは、部屋から出て行こうとする飼い主を阻止しまくるネコさんだ。も〜う、その仕草の可愛いのニャンのって!!

続きを全部読む

あるメタルバンドが『求むボーカル』という直球すぎる曲でメンバー募集 → 演奏がうますぎてネット上では「ボーカルいらんやん」の声

最近、原宿に出現した「バンドメンバー募集ポスター」が炎上していたが、海外でも同様の案件が注目を集めている。こちらに寄せられているのは非難ではなく、驚き、そして喝采だ。

あるメタルバンドがボーカルを募集しているのだが、手法がとっても斬新。なんと彼らは、その気持ちをストレートに曲にしてしまったのだ。曲名は……『求むボーカル(We Need A Singer)』! ど直球だぜ!!

続きを全部読む

死を前にした男性の願いを叶えるために救急隊員がマクドナルドへ →「最後の晩餐」を食べる男性の姿にネット民も涙

好きな食べ物を選べるとしたら、何が食べたい? 死に瀕したときにそう聞かれたら、あなたはなんと答えるだろうか? ある男性も、救急隊員からこの質問を投げかけられた。

男性がマクドナルドの製品の名をあげると、救急隊員はすぐさま店へ直行した……。

続きを全部読む

「ヤクルトのフタ、あなたはどうやって開ける?」という質問に海外ネット民はこう答えた

今、海外でヤクルトが爆売れ中だと海外メディアが報じている。なんでも Netflix映画『好きだった君へのラブレター(原題: To All the Boys I’ve Loved Before)』に登場したことで、視聴者の好奇心を刺激。「一体どんな飲み物なんだ!?」と売れに売れている状況だというのだ。

だが、以前からヤクルトは海外でも売られており、海外掲示板『Reddit』で「ヤクルトのフタ、あなたはどう開ける?」という質問が話題になったりしていた。

続きを全部読む

再生直後からヤバイ! でも見てるだけで幸せになっちゃうフィンランド発『YMCA』がこちらです

しょし! この時点でピンときてしまった人は、どうぞ本記事は読み飛ばしてほしい。だって、あなたは、すでにこの動画のことを知っているのだから。でも、え? 「しょし」って一体なに? と思った人は、いらっしゃ〜い! 一緒にフィンランドの奥深さに触れてみようじゃありませんか。

「おそロシア」、「やばインド」なんて言葉があるが、フィンランドだって奥深い……今回、筆者はある動画を見てそう思ってしまった。それが1979年に放送された『YMCA』のカバー曲。ヒデキも歌ったあの世界の名曲をこんな風にしちゃうなんて……フィンランド。恐ろしい子!

続きを全部読む

マック店内に「アジア人の写真」だけが飾られていないことに気づいた男性 → 勝手に自分の写真を飾ってみた → 2カ月経過しても店から撤去されず

今から約2カ月前。あるフィリピン系アメリカ人男性が、地元マクドナルドを訪れたときのことだ。彼は友人とおしゃべりしながら、ボンヤリと店の中を眺めていた。壁には、幸せそうな人々が収められた写真が何枚も飾られていたのだが、彼はあることに気がついた。

「あれ? 他の人種は写っているのに、アジア人はゼロじゃないか?」

……と。そこで彼は行動に出た。マクドナルドに無断で、自分の写真を店内に飾ってしまったのだ。

続きを全部読む

「ジェダイの道に反するから」……イジメられて怪我を負ったのにやり返さなかった少年の発言が話題に / あのマーク・ハミルも賞賛

今、ある少年の発言が話題を集めている。彼は、イジメグループから暴力にあって怪我を負いながらも、やり返さなかった。その理由が……「ジェダイの道に反するから」

ジェダイとは、映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する正義の味方のことだが、本作に出演した俳優マーク・ハミルさんも、少年の言葉に感銘を受けた模様。少年に対して称賛の言葉を送った。

続きを全部読む

【神対応】シュワちゃんが「うつ病でジムに行けない」ファンのSOSに直々コメント → 温かい言葉に励まされる人続出

ターミネーターに扮してファンにドッキリを仕掛けたり、トランプ大統領に「仕事を交換しないか」と皮肉をぶつけたり。なにかと話題になるシュワちゃんこと、アーノルド・シュワルツェネッガーさんがまたまた注目を集めている。

この度はドッキリでもなく、皮肉でもない。ネットに投稿された「僕はうつ病でジムに行けません」というファンからのSOSに、直々にコメントを返したのだ。その言葉の温かさ、力強さに拍手喝采が集まっている

続きを全部読む

右手が左手を突き抜けた!? ある「両手を使った目の錯覚動画」にネット民困惑

ファッ!? 右手が左手を突き抜けた!? 再生時間たった5秒の動画に、人々がどよめいている。再生すると、カメラの前に左手をかざす女性が登場。そして右手で、左手を後ろからぎゅっと握ったかと思うと……ドーン! あれ? 一瞬で、手が手を突き抜けた!?

続きを全部読む

1年かけて1万8000ピースの巨大パズルを完成させた! → 写真を公開したらネット民に「1ピース足りませんよね」と見抜かれる

ネット民は目がいい。何かをアップしても、「あれ? そこ、おかしくありませんか?」といった指摘が寄せられる。今回もある夫婦が、1万8000ピースの超巨大パズルの写真をネット上で公開したところ、「1ピース足りないよね」なんてコメントが。よ〜く見つけられたなあ!

続きを全部読む

NASAインターンが暴言ツイート → ネット民から「言葉に気をつけなさい」と諭されるも再び暴言 → 実はNASAよりも偉い人からの忠告だった → インターン中止に

以前、どこかで「ネットでくらい本音をぶちまけたい。汚い言葉や人の悪口を言いまくりたい」なんて発言を見かけたことがある。匿名性が保たれやすいネット上で、羽目を外したくなる気持ちは分からなくもない。

が、やはりネット世界と現実世界は地続き。気をつけた方がいいだろう。今回も、ある女性がネット上で汚い言葉を使ったために、決まっていた「NASAでのインターンシップ」が取り消されてしまったというのだ……。

続きを全部読む

【ネットの力】警察が「ひき逃げ事件」を捜査 → よく分からない車のパーツを発見 → ネット上で「これが何か分かる?」と質問→ 寄せられた回答で犯人逮捕

これぞネットの力! この度、そう叫びたくなるような出来事がアメリカで起こった。ひき逃げ事件を捜査していた警察官が、現場で「なんだかよく分からない車の部品」を発見し、ネット上で相談した。

するとネット民から、その部品に対する決定的な情報が寄せられ、犯人逮捕につながったというのである。詳しくお伝えしたい。

続きを全部読む

ネコ同士のケンカを優しく止めるワンコが尊い

今、ネット上で、あるワンコに対して拍手喝采が巻き起こっている。なんでもネコ同士のケンカを阻止する姿が激撮されたというのだ。その様子を収めた動画を見てみると、想像以上に立派な止めっぷりにビックリ! 凄いよ、ワンコ!!

続きを全部読む

屋外で授乳していたら通行人から『隠せ』と言われた女性 → その後にとった行動にネット民から賛否両論「いいぞ、もっとやれ!」「やっぱり隠してほしい」など

ボインはお父ちゃんのもんと違う。赤ちゃんが吸うためにあるんや ── なんてことを歌ったのは月亭可朝さん。けれども、公共の場で授乳をしている母親たちが「はしたない」と批判される話を聞くと、やはり「ボインはお父ちゃんのもん」と思っている人も多いのではないか……などと考え込んでしまう。

今回もある女性が屋外で授乳をしていたところ、通りがかりの男性から「隠せ!」と言われたそうだ。そこで彼女は言われた通りにした……のだが、って、え? そっち!?

続きを全部読む

【その発想はなかった】おじさんがバスケの試合で見せた「天才的なフェイク」にネット民が大笑い

Twitterユーザー @Trevor_Luznakさんの公開した「バスケの1on1動画」が、いま話題を集めている。若者がディフェンスで、ちょっとお腹が出たおじさんがオフェンスだ。

おじさんはディフェンスに背を向けてボールを守りながら、ゆっくりとゴール下まで進んで行く。ドリブルする手つきはぎこちなく、試合ペースもゆっくり。特にドラマチックな展開は見られそうにないな……と油断した次の瞬間!

続きを全部読む

ディズニーワールドでミニーにプロポーズしたらミッキーに見られてた……! ミッキーのリアクションが「迫力満点だ」と話題に

いつもニコニコ、仲良しこよし。「取り替え不可能」な完璧カップル、それがミッキー&ミニーである。二人の間には髪の毛1本も入り込む隙間はないはず……なのだが、しかし!!

この度、ある男性が果敢にもミニーにプロポーズを試みた。驚きながらも、申し出を優しく受け止めるミニー。一方、それを見ていたミッキーはというと……ひええええええ! その様子を収めた動画が話題になっている。

続きを全部読む

ピザ配達員がお届けついでに客の家のピアノを弾き始める → すごすぎる腕前に客もビックリ / ネット上でも話題集める

今、あるピザ配達員の動画がネット上で話題を集めている。なんでもピザをお届けしたついでに、客の家に置かれていたピアノを弾き始めたというのだが……な、な、なんだ! この迫力満点のすんごい演奏は!!

米デトロイト在住のヴァーチェッティさんが、ピザチェーン店『Hungry Howie’s』にピザの配達を頼んだ時のことだ。やってきた配達員は、ヴァーチェッティさんにピザを手渡しながら、家の中に置かれているピアノに気がついた。そして「素敵なピアノをお持ちですね。ちょっと見てもいいですか?」と声をかけたそうだ。

続きを全部読む

ある教師が保護者に伝えた「夏休みにやってほしい9つのこと」 が素晴らしいと大評判を呼ぶ / Facebook でシェアは20万越え

夏休みと言えば、宿題だ! プールに虫捕り、花火大会、クーラーの効いた部屋でゲームなんかを楽しみながらも、頭の片隅ではいつも「ああ、まだ夏休みの宿題が終わっていないなあ」と暗く思い続ける……きっと、そんな夏休みを送る小学生もいる、あるいは、いたことだろう。

でも、これからご紹介する「宿題」なら、そんな暗い気持ちにならなくてもいいかもしれない。あるアメリカの小学校教師が、既存の夏休みの宿題を取りやめ、代わりに子供ではなく親に対して「夏休みにやってほしい9つのこと」を発表したのだ。その内容は、ネット上でも大きな反響を呼んでいる。

続きを全部読む

「仕事と子育てをどう両立している?」という質問に対するアメリカ人女性作家の回答が痛快だと注目集める

「忙しい子育ての合間を縫って、どんなときに執筆活動をされているんですか?」「旦那さんの一番好きな料理はなんですか?」──第159回直木賞の会見で、受賞者である島本理生さんに対してそんな質問が投げかけられた。文学賞をとったのに、なぜ作品に関してではなく子育てや家事のことが聞かれるのか? ネット上ではこれらの質問内容に非難が殺到した。

先日、同様の質問がアメリカの女性作家にも投げかけられたそうだ。すると作家から「痛快な回答」が返ってきたと話題を呼ぶことに。さて、彼女はなんと答えたのだろうか?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 76