「企画」カテゴリーの記事

くだらないことを真剣に企画した記事が揃っています。

コストコのクロワッサンドーナツ「ミニクロドット」の有能さと、コストコの緩やかで優しい戦略変更について

定期的にコストコに通うコストコ会員のみなさんはお気付きだろうか? ここ1年ほど、特にベーカリーコーナーで緩やかな戦略変更(?)が行われていることを。まあ、裏は取れていないんだが、月1でコストコに足を運ぶ私、P.K.サンジュンは間違いないと確信している。

その戦略変更が体現されているのが、新商品の『ミニクロドット』だ。要するにコストコのクロワッサンドーナツであるが、これまでの流儀とは明らかに異なる商品となっている。いったい何が違うのか? 聞けば納得する……と思う、その理由をご説明したい。

続きを全部読む

【嘘やろ】初心者が「デアゴスティーニ」のコンプリートを目指したら2号目でいきなり詰みかけた話

完成までにかかる時間や苦労、費用の膨大さから、初心者だとなかなか手を出しづらい「デアゴスティーニ」シリーズ。創刊号を買ってはみたものの、そこで終わってしまったという人も多いのではないか。かく言う私(あひるねこ)もその一人だった。そう、つい先日までは。

実は今月より、デアゴスティーニ『週刊つくってあつめるスヌーピー&フレンズ』を約2年掛かりで完成させるというガチ中のガチ企画がスタートしている。第2号を完成させたところまでは すでにお伝えした通りだ。ところが……実はその裏で、ある大事件が起きかけていた。マジで詰んだかと思ったぜ……。

続きを全部読む

【コストコ】地味な「鶏の西京みそ漬け」が地味にウマい! 本当に地味だけど買って後悔なし!!

大型会員制スーパー「コストコ」の店内で、もっとも華があるエリアはやはり「生鮮食品コーナー」であろう。肉・魚・野菜などに加え、ズラリと並んだ各種総菜は実に派手である。「アヒージョ」「チョッピーノスープ」「カクテルシュリンプ」──。うむ、やはり派手だ。

そんな中、気を付けないと見逃してしまうほど地味ィィイイな総菜を発見してしまった。それが『鶏の西京みそ漬け』である。ところがどっこい実際に食べてみたところ、かなり優秀な総菜だったのでご紹介しよう。

続きを全部読む

【悪夢再び】ペヤング「獄激辛カレーやきそば」襲来! 5人で挑戦してみた結果…

少々言葉は汚いかもしれないが、その一報を聞いたとき、私、P.K.サンジュンは「いい加減にしろ」と思わずにいられなかった。その一報とはペヤングの新商品『獄激辛カレーやきそば』の販売開始についてである。

お察しの通り本製品は、2020年2月に販売されて波紋を呼んだ「獄激辛やきそば」の第2弾。大きな話題になったことは否定しないが、ここで一言申し上げておきたい。おい、ペヤング……勘違いするなよ? あれは好評だったんじゃない……辛すぎて食えないから話題になったんだよォォオオオオオオ!

続きを全部読む

コストコの「生ソーセージ」が劇的に買いやすくなった! 新商品『腸詰めポーク』が本当にウマい

1度でも大型会員制スーパー「コストコ」に足を運んだことがある方ならば、きっと共感してもらえるハズ。コストコの商品は確かに安いが「そんなにいらないんだよな」と思うことがメチャメチャ多いと──。

そう、コストコの商品はとにかくボリューミーなので「安いかも」「使えるかも」「美味しいかも」と思っても、結局は諦めることが少なくない。そういう意味で、これまでコストコの「生ソーセージ」はかなりハードルの高い商品であった。

続きを全部読む

【ガチ連載】初心者が作るデアゴスティーニ「週刊スヌーピー&フレンズ」第2号:いきなり難易度爆上がりだよ編

ピーナッツ! デアゴスティーニの新シリーズ『週刊つくってあつめるスヌーピー&フレンズ』を初心者が約2年掛かりで完成させるという魂のガチ企画がスタートしてから1週間。早くもその第2号が発売されたぞ。さあ、今週も元気に作ったるで~!

税込499円という特別価格だった創刊号に対し、今号からは定価が税込1599円と大幅にアップ。お客様期間は終了し、いよいよこれからが本番というワケだな。上等だよ! しかし……張り切って組み立てを始めた私(あひるねこ)は、前回と比べて爆上がりした作業の難易度に震えざるを得なかった。まさかもう〇〇が来るとは……!!

続きを全部読む

【コストコ】新商品「プロフィットロールデザート」を食べて感じたこと → フランス人のスイーツ熱ヤバい!

大型会員制スーパー「コストコ」に出かけると、まあまあの確率で日本ではなかなかお目にかかれない商品と遭遇する。中東の豆ペースト「フムス」然り、アメリカのトウモロコシ菓子「ポップコーナーズ」然り。そして今回ご紹介するフランスのスイーツ『プロフィットロールデザート』も然りである。

『プロフィットロールデザート』──。正直に申し上げて私、P.K.サンジュンは、これまで1度も『プロフィットロールデザート』を食べたことがない。フランスのビストロでは定番だという『プロフィットロールデザート』とはどんなスイーツなのか? 実際に食べてみたのでご報告しよう。

続きを全部読む

【待ってた】ついに『一蘭福袋2021』が到着ゥゥゥーーー!! 中身をみた感想「コレ以上なにもいらない」

終わったと見せかけて、油断したころにヤツはやってくる──。我々をあざむく東洋の神秘。または正月からの使者。そう、ヤツの名は FUKUBUKURO(福袋)……。

ロケットニュースでは正月の恒例企画「福袋特集」で実に198もの福袋(一部ゴミ袋)を開封しその全てをレビューし終えた。誰もがその達成感に浸り来年に備え束の間の休息をとっていたのだが……なんと今ごろになって第199使徒『一蘭福袋2021』が送り込まれてきたのだ! 

続きを全部読む

【コストコ】この冬イチオシ「ヤンニョム豚バラ焼肉」がウマい! ……んだけど!!

2021年の冬──。おそらく、コストコの総菜コーナーのイチオシは『ヤンニョム豚バラ焼肉』なのだろう。他の総菜と比較すると3~4倍の量が展開され、私(P.K.サンジュン)が訪れた新三郷店では総菜コーナーのポールポジションに陣取っていた。

たまーにハズレはあるものの、コストコの総菜は基本的に安定感があり、また当然のように安い。果たしてコストコがイチオシしている……っぽい『ヤンニョム豚バラ焼肉』の実力は、どれほどのものなのか? 実際に食べてみたのでご報告しよう。

続きを全部読む

【2021年版】ヴィレヴァンの福袋(全7種類)の中身を「ゴミ」と「非ゴミ」に仕分けしたらこうなった

祭りが終わった──。今年も正月休みを返上して、元旦から「2021年福袋特集」をお届けしてきたロケットニュース24。過去最高となる198本の記事を公開したが、ご覧になっていただいた読者のみなさん、本当にどうもありがとうございました。来年もきっとまた頑張ります!

……と言いたいとことだが、やり残していることが1つだけである。そう、昨年もお届けした「ヴィレヴァン福袋の仕分け」である。昨年はゴミ率およそ75%という驚異の数字を叩き出したヴィレヴァンの福袋だが、今年の結果はというと……。

続きを全部読む

【ガチ企画】デアゴスティーニ「週刊スヌーピー&フレンズ」、約2年間かけて全部作る! 覚悟の創刊号(499円)初開封の巻

創刊号だけ安いでお馴染みデアゴスティーニ。2号目以降は値段が跳ね上がるでお馴染みデアゴスティーニ。これ最後まで継続できる人いるの? でお馴染みデアゴスティーニを、約2年間かけて本気で完成させるという魂のガチ企画を始めることになりました。あひるねこです。よろしくお願いします。

これから私が集めるのは、2021年1月5日に創刊号が発売された『週刊つくってあつめるスヌーピー&フレンズ』。『ピーナッツ』に登場するシーンをミニジオラマで再現するクラフトキットがセットになったマガジンシリーズだ。全100号と敵(?)はあまりに強大であるが、スヌーピーを愛する者の一人として覚悟を決めるしかあるまい……!

続きを全部読む

【世界最大級】重さ6キロで2万2000円! コストコの「超巨大チョコエッグ」の中に入っていたものは…

タマゴの形をしたチョコレート菓子、それが「チョコエッグ」だ。中にはおもちゃなどが入っているのが定番で、現在でもコンビニやスーパーなどで目にするロングセラー商品である。中に何が入っているのか? チョコを割るときのドキドキがたまらないんだよなぁ。

そのチョコエッグが「とんでもない大きさになった」と聞いたら、あなたはどれくらいのサイズを想像するだろうか? 驚くなかれ、私、P.K.サンジュンがコストコで発見したチョコエッグは総重量6キロのチョコエッグ──。市販のチョコエッグの中では “世界最大級” だというモンスターである。

続きを全部読む

【修羅の国2021】大寒波もコロナも黙らせる北九州市のド迫力新成人39連発 / 不要不急のリーゼント戦士たちよ永遠に

全世界が注目する福岡県北九州市の成人式といえば、ギラギラ衣装を身にまとったスーパーリーゼント軍団が1年に1度だけ集結する「七夕」のような式典だ。会場となるのは天の川ではなく、北九州メディアドーム。毎年この時期になると、ただならぬ緊張感に包まれている。

ただ今年は、密を避けるために規模を縮小。居住地ごとに時間を分けて「2部制」で開催し、参加が難しい方にオンライン配信も実施。さらに数日前から近年まれにみる最強寒波が襲来して雪が積もり、当日は朝から厳しすぎる冷え込み……だったのだが、奴らはやってきた

続きを全部読む

【マクドナルド検証】令和3年に「ギガマック」は古すぎる(笑)→『テラビッグマック』を自作したらこうなった

古い、申し訳ないが古すぎる。令和も3年に突入したというのに今さら「ギガ」は無いだろう。時代はまさにテラ──。流石に「ペタ」は言い過ぎだが、“ギガ” という響きそのものが数年前より古めかしくなっていることは事実であろう。

そういう意味で、当時はセンセーショナルだったマクドナルドの「ギガマック」も、新鮮味が薄れているのではなかろうか? 業界最大手のマクドナルドには時代の最先端を突っ走る責務があるハズ。だとするならば将来的には必ず来る、『テラマック』がね──。

続きを全部読む

『UCC』オンラインショップ限定福袋が届いたぞー! コーヒがワサワサ、マシュマロがモフモフで良いではないか

正月気分も抜けはじめた諸君。もうしばらくだけ福袋ネタにお付き合いいただきたい。「もうええわ~」と思っている人もいるだろうが、まあまあ、そう言わず。

あの『UCC』がオンラインショップ限定で販売している福袋が、なかなかどうして良い感じなのだ。手軽に飲むことができるコーヒーが、ワサワサッと入ってるやーん! 

続きを全部読む

【2021福袋特集総まとめ】16人の記者たちが「これはマジで買って良かった!」と思った福袋はコレだ!!

毎年恒例、正月返上……どころか年末も返上して更新してきたロケットニュース24の「2021年福袋特集」。今年の合計は、現時点で空前絶後の197本 昨年2020年は163本で、2019年は125本で、2018年は112本、2017年は79本、2016年は123本で、2015年は51本なので、今年はまたしても過去最高記録を更新!!

ちなみに、実はまだあと少しだけ増える予定なのだが、福袋の配送状況によっては公開までにもうちょっと時間がかかるかも……。ということで、このあたりで今年の福袋特集の総まとめを発表したい。プロの福袋記者たちが自信を持って「これは買い!」とイチオシする福袋とは何なのか? 担当した本数順でどうぞ!!

続きを全部読む

【2021福袋】ヴィレヴァン “アウトレット” の福袋はポテンシャル無限大! 本家を遥かに凌ぐ圧倒的ゴミの予感…!!

ロケットニュース24が総力を結集してお届けしてきた「2021年福袋特集」もいよいよフィナーレを迎えようとしている。個人的にはハッキリ言って消化不良。なぜなら “ヴィレヴァン” こと「ヴィレッジヴァンガード」の福袋が物足りなさ過ぎたからだ。

どうしちまったんだ、ヴィレヴァン。これじゃ普通の雑貨屋と同じじゃないか……! そんな思いで枕を涙で濡らしていたところ、気になる情報が舞い込んできた。なんとヴィレヴァンにはアウトレットがあり、その福袋が相当ヤバそうなのだ──。

続きを全部読む

【疑問】海苔メーカーの2000円福袋はどれだけ海苔まみれなのか? 買ってみたら…そのアレンジがあったか! 2021年福袋特集:山本海苔店

海苔メーカーの福袋には、当然ながら海苔が入っているのだろう。それは分かる。分かるが……一体どれだけ海苔まみれなのか? いや、安めの味付け海苔が大量に入っているとは限らない。高級海苔がドーンという可能性も考えられる。

あるいは、焼海苔や味付け海苔など何種類もの海苔が入っているパターンもあり得るが、海苔のアレンジ幅はそんなに広くないのでは? せいぜい海苔の佃煮くらい……ってのは素人の考えなのか? ——と気になって仕方がなかったので、山本海苔店の福袋を買ってみた。

続きを全部読む

【2021福袋】駿河屋の『ガンダムグッズ福袋』がなかなかの難易度だった

当サイト内で最もアニメに詳しくない人物として知られる私にも、かつて鬼ほどハマったアニメがある。そう……『ガンダムW(ウイング)』だ。20年以上前も昔のことだが、あの時たしかに私は24時間ガンダムウイングのことしか考えていなかった。

ウイングの終了後スタートした『ガンダムX』や『SEED』にはさほどハマれず、よって私にとってのガンダムとはウイングなのである。駿河屋で買った『ガンダム福袋』(税込2000円)にはウインズグッズがいくつ入ってるかな〜? ワクワク〜!

続きを全部読む

【2021年福袋特集】毎年期待のMOUSSY(マウジー)福袋、今年は “神” になれたのか!?

私がアパレル系の福袋に期待しているのは、ずばり “意外性” である。「え〜、なんなのコレ!?」と思いたいし、「どうやって着れば良いのかわからん……」と困りたい。そんな驚きと経験を1万円程度で買いたいのだ。

その点、アパレルブランド「MOUSSY(マウジー)」の福袋は神だった。なお、当サイトではMOUSSYのことを親しみを込めて「モウシー」と呼ぶことにしているが、その理由は伝説の2019年版福袋記事を参照のこと。

商品セレクト、思い切りの良さ、すべてにおいて2019年は神だった。翌2020年も、ある意味では神だったと言えよう。気になる今年は……!?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 56