「知識」カテゴリーの記事

「逆あおり運転」に遭遇したらどうすべきなのか警視庁に聞いてみた / 言われてみれば納得の答え

それなりの頻度で報道され、世間を騒がせ続ける あおり運転。昨今では対策への意識も高まり、車やバイクにドライブレコーダーを搭載したという方も多いのでは。そしてあおり運転への対処方法が広まると共にちらほら見かけるようになったのが、新手の「逆あおり運転」なるもの。

異常な低速で前方に立ちふさがり続けるスタイルの迷惑運転である。高速で後ろから追い立てるのが駄目なら、超低速で道路をふさいでやろうという考えだろうか? 救いようのないレベルで頭がどうかしてるだろう。とりあえず遭遇してしまったらどうすべきなのか専門の機関に聞いてみたぞ!

続きを全部読む

【ポケモンGO】バトルリーグ実装でやる気を失い引退を考えていた私…どうやら「この3体だけでOK」らしいから深く考えるのや〜めた!

ついに「GOバトルリーグ」が実装されてしまったことを受け、私の脳内にはある忌まわしい記憶が蘇ってきた。

私がかつて死ぬほどやりこんだオンラインゲーム……草木から薬を作り、クエスト消化で武器をもらい、皆でデッカイ怪物を倒すのが楽しかったあのゲーム。そこから私が引退にまで追い込まれた理由は、何を隠そう「対人バトルがメインのゲームに変化してしまったから」だ。

対人バトルなんてものは、血の気の多い人たちだけで勝手にやっていればよい。俺たちのポケモンGOはお年寄りから子供まで楽しめるゲームだったはず。それが「バトルに勝たないと入手できないポケモンがいる」とは何ごとか? こっちだって黙ってないかんね!!!

続きを全部読む

これがチョコってマジ? 工具にしか見えないチョコレートを買ったら細部まで完璧でビビった

バレンタインのチョコレートを1種のコミュニケーションツールと考えるならば、これから紹介するものは最強のバレンタインチョコと言っていいだろう。なにせ、もらった相手は驚くこと請け合い。その流れで、会話が盛り上がる可能性は極めて高いだろうから。

もしこのチョコを見て、何も突っ込まずにポリポリ食べる人がいたら……その人は以前にこのチョコを食べたことがあるか、あるいは日頃から工具をかじっているサイコパスのどちらかに違いない。それほどに工具。どこからどう見ても工具である。

続きを全部読む

【初体験】100均の老眼鏡をかけてみたら、ビックリするくらい近くのモノが見えて感動してしまいました!

歳を重ねると見えてくるものがある。それは表向きにはあらわれない物事の価値や、言葉ではあらわされることのない人の考え方など。経験が教えてくれることが増える。それとは逆に、見えなくなるものがある。「近く」だ。

見えない、驚くほど間近のものが見えなくなる。本を読むにしても、スマホ画面を見るにしても全然見えねええ! そこで意を決して、100均で老眼鏡(リーディンググラス)を購入して着用したところ……見えるぞ! めっちゃ見えるぞ~!! みんな~、老眼鏡ってスゴイんだぞ~ッ!!

続きを全部読む

【歴史探訪】悲運の智将、ここに散る。明智光秀が命を落とした竹藪に行ってみた / 京都・小栗栖

明智光秀を主人公とした大河ドラマ『麒麟がくる』が現在NHKで放送されている。大河ドラマは視聴率が良くても悪くても話題になるし、何だかんだいっても日本人は歴史が好きなんだなと思う。

そんな歴史好きな人にとって、偉人ゆかりの場所を巡るのも楽しみのひとつ。今回は明智光秀が落武者狩りに遭ったとされる竹藪に行ってきたので、その模様を紹介しよう。ちょっぴりディープな歴史スポットでした!

続きを全部読む

凍傷で四肢を失ったネコ、3Dプリンターで作成したチタン製義肢で復活

3Dプリンターって凄いですよね。それまでは複数のパーツに分けるなどしなければならなかったものや、従来の鋳造技術では不可能だった複雑な構造のものを作れてしまったり。

そんな画期的な技術ですが、恩恵を受けているのは人間だけではないもよう。ロシアにて3Dプリント製の義肢を作ってもらい、絶望的な状態から復活したネコがいるそうです。

続きを全部読む

崎陽軒、クセの強い恵方巻で「節分への適応力」を見せつける / 乗っかり方が完全にプロ

シウマイをビヨ〜〜〜〜〜〜〜ンと伸ばしたら恵方巻になるのか? ──そんな疑問を蹴散らすように、崎陽軒が節分限定で『シウマイ恵方まん』なる商品を東京・神奈川を中心とした店舗で数量限定発売した。価格は税込350円。

実際に買ってみたところ、サイズ的には一般的な恵方巻の半分くらいだろうか。手のひらに乗せたら、細長いスマホのようだ。では、お味の方はどうなっているのか? 頬張ってみると……

続きを全部読む

【スタバ カスタム】定番ドリンク『ムース フォーム ラテ』のエスプレッソを抜いて紅茶を追加! ふわふわミルクに心が躍る「ティーラテ」が完成するよ!!

スタバの定番メニューに『ムース フォーム ラテ』というドリンクがあることをご存じだろうか。成分としては通常のラテとほぼ同じだが、より一層ふわふわしたミルクが乗っているところが魅力的なドリンクだ。

近ごろ記者のまわりで、このムースフォームラテのカスタムドリンクが流行っている。なんとエスプレッソショットを丸々抜いて、紅茶を加えるという飲み方。肝心のコーヒーはどこへやらだが、これが美味しいのなんの……! オーダー方法を以下に記してみたので、参考にしてくれよな。

続きを全部読む

ネットで賛否両論の新しい「タッチしやすい自動改札機」は本当にタッチしやすいのか試してきた

2020年2月1日から都内にて実証試験が始まった、JR東日本の「タッチしやすい自動改札機」。事前に報じられた際にネットで話題となっていたため、ご覧になった方も多いだろう。ICカードのタッチ部分が地面に対して水平だった従来と違い、かなり斜めになっているのが大きな特徴だ。

その外見から、ネット民の間ではどちらかというと「使いにくそう」という声が多かったように思う。とはいえ、やはり試してみないことにはわからないことも多いはず。実際に使ってみたぞ!

続きを全部読む

【素朴な疑問】なぜ海外ではドラクエよりもFFが人気なの? 理由をアメリカ人に聞いてみた

人気のRPG(ロールプレイングゲーム)といえば、ドラクエとファイナルファンタジー(以下FF)の名前がまず挙がる。それもそのはず、ともに1980年代の後半にリリースされた歴史ある名作。これらシリーズと成長した大人はごまんといるからである。

しかしながら、所変われば品変わる。日本では絶対的存在のドラクエとFFだが、海外では不思議と人気に差が出ている。例えば新作情報が出たときなんてそう。ドラクエはそこまで話題にならないのにFFだと大騒ぎ……ドラクエが水をあけられているのだ。

続きを全部読む

【キキ気分】『魔女の宅急便』のモデルと噂の絶景すぎる街ポルトを歩いてみたら発覚した「私が仮に魔女だったとしても飛べないであろう理由」

ポルトガル第2の都市『ポルト』に “ハリー・ポッターゆかりの地” がある、という件は以前の記事でお伝えした。おまけにこの街は、なんと映画『魔女の宅急便』のモデルになったとも噂されているのである。どちらも魔法使いモノとは偶然か、あるいは必然なのだろうか。

実は『魔女の宅急便』のモデルと噂される場所は、世界各地にいくつか存在している。 “赤い屋根が続く小高い街を河川が横切る” という印象的な風景に、似ている場所が複数あるらしい。しかしその中でもポルトは、他の候補地を一歩リードする強みを持っているのだ。

なんと宮崎駿監督は、映画製作前しばらくポルトに滞在していたらしいのである! ……まぁ、だからといって「どこが正解」と公表されているわけではない。けど『魔女の宅急便』に影響を与えた可能性が高い街、というだけで十分スゴイ。……で、どれくらい似てるのかな?

続きを全部読む

てんやの “中の人” が「冷たいそばの通な食べ方」を3つ教えてくれた

その1:冷たいおそばに直接 七味唐辛子ドーン → つゆダイブ → ズルズル
その2:冷たいおそばに直接わさびドーン → つゆダイブ → ズルズル
その3:冷たいおそばに直接わさびドーン → 塩パラパラ → ズルズル(つゆダイブ無し)

……いきなり答えを言ってしまったのは、結構有名な方法だからだ。上を見て「それ知ってるよ〜!」となった人だって多いのではないか。だが当然ながら、知らなかった人だっているに違いない。

なにより、てんやの “中の人” がその方法をプッシュしてくることに意外さを感じる人だっていることだろう。証拠というわけではないが、まず最初に “中の人” が送ってくれたメールを紹介したい。

続きを全部読む

【検証】オッサン1人でホストクラブに行っても楽しいのか? たしかめた結果、猛烈に楽しいと判明!!

私(佐藤)にもっとも縁のないお店は、ひょっとすると「ホストクラブ」ではないかと思う。近年はほとんど酒を飲まなくなって、飲みに出歩くこともない。そうでなくても、オッサンの私がホストクラブに行くきっかけは、日常にない。皆無だ。

当編集部は新宿にあり、毎日のようにホストの聖地とも呼べる歌舞伎町を通過している訳だが、ふと興味が湧いた。オッサン1人でホストクラブに行っても楽しいのか? 実際に行ってみたところ……様子を見て帰るつもりが楽しすぎてラストオーダーまで居てしまった! めちゃくちゃ楽しいじゃないかッ!!

続きを全部読む

2020年3月末に製造終了となる「タングロン」を飲んでみた / 北海道民が喪失を嘆く唯一無二の味

2020年1月22日付けの北海道新聞にて製造終了のニュースが報じられると、多数の北海道民からの嘆きの声が。ネットにてニュースがバズり、たちまち日本全国にその名が広まった「タングロン」。

ネット民の反応を見るに、北海道ではかなりの知名度のようす。しかしほとんどの他県の人にとっては完全に謎の存在。これはとても気になる……ということで、通販にて購入。実際に飲んでみたぞ!

続きを全部読む

【注意喚起】今日から『春のパンまつり』! 誰より早く特製皿をゲットしようと思ってたのに…ヤマザキショップを夜までハシゴする非常事態に発展

日本3大祭りの1つとも言われる『ヤマザキ春のパンまつり』。春の訪れをいち早く知らせてくれるこのイベント、今年がなんと40周年の節目なのである。

知らない人はいないと思うが一応祭りの概要を説明しておこう。山崎製パンの特定商品に貼られたポイントシールを25点分集めると、割れにくいことでも知られる特製皿と交換してもらえるというもの。

毎年デザインの変わる特製皿、今年の “皿名” は『白いフラワーボウル』だ! クゥ〜! オッシャレェ〜! 欲しいぃ〜〜〜ッ! ……いやいや待て。ただ手に入れるだけじゃあ気が済まないぞ。どうせなら日本で一番、誰よりも早く手に入れたい!

続きを全部読む

閉店する秋葉原のマクドナルド昭和通り店をバーガーキングが煽りまくる / マックがかわいそうなのでビッグマックを掲げて別れを告げてきた

さすがバーガーキング、キレッキレやで! 2020年1月31日の18時をもって閉店した秋葉原のマクドナルド昭和通り店。至る所で話題になっているのでご存じの方も多いと思うが、すぐそばのバーガーキングが、店先のコメントでマクドナルドを煽りまくっているのだ。

バーガーキングがマクドナルドを煽るのは、本国アメリカでは日常茶飯事。日本では珍しい気もするが、会社的には平常運転なのかもしれない。とはいえちょっとマックが可哀そう。ドナルドも泣いちゃうかもしれない。ということで、最後にマックでビッグマックをゲット。最高の思いやりをもって別れの挨拶をしてきたぞ!

続きを全部読む

【スタバ新作】『チョコレート with ミルクティー フラペチーノ』はチョコとミルクティーが出会うべくして出会ったと感じる逸品! 販売期間は意外と長いぞ

バレンタインというものが、迫ってきているらしい。記者の暮らす奈良県ではクリスマス同様、バレンタインも静かなものである。まあ、悲しいことに記者の周りが静かなだけという可能性もあるが。

それはさておき、スターバックスではバレンタインに合わせた新作がいくつか登場している。2020年1月31日からは『チョコレート with ミルクティー フラペチーノ』の販売を開始。さっそく飲んでみたところ、チョコと紅茶の類まれなる相性の良さに改めて気付かされた次第である。

続きを全部読む

【復活レシピ】「いきなり! ステーキ」に足りなかったのはオリーブオイルだったんだ……

肉食いてえ! 衝動はいつもいきなりやって来る。そんな時は「いきなり! ステーキ」だ。ドカンとした厚みのある肉は、いきなり肉を食らうのに最適である。

だがしかし、私(中澤)は思うことがあるのだ。「なんか足りない気がする」と。確かに、いきなり肉を食べたい時には良いのだが、正直1回食べればしばらくはいらない。そんな問題を解決するため、いきなりだがペペロンチーノにしてみた

続きを全部読む

【注意喚起】10代女子が選ぶ「もう使いたくない若者言葉・略語」が発表されてしまう! いいかお前ら、絶対に使うなよ!!

10代女子は無敵である。無敵であるが故にあらゆる文化を更新し、そして一瞬のうちに過去のものとする。それは10代女子にのみ許された煌めきだ。よって、彼女らが「もう無理」と判断した言葉は、世代にかかわらず今後は使わないのが賢明だと思われる。

いやいや、そんなん言われても知らんがなという人は、バイドゥ株式会社のキーボードアプリ『Simeji』が発表した10代女子版「もう使いたくない若者言葉・略語ランキング」を見てみるといい。さすれば今、どういった言葉がアウトとされているのかが一目で分かるぞ。無理って言われる前に読んどけ!

続きを全部読む

幸楽苑の「チョコレートらーめん」と「ホワイトチョコレートらーめん」を正直レビュー / 事前の予想を覆すまさかの結果

そろそろバレンタインデーが近づいてきた。主にチョコレートを扱う企業にとってはビッグな商機。しかし、世の中には普段チョコレートと全く無縁にもかかわらず、バレンタインに全力で乗っかるところもある。

その一つが、ラーメンチェーン店でおなじみ「幸楽苑」。去年「チョコレートらーめん」を出したと聞いてトチ狂ったのかと思ったが、今年は「ホワイトチョコレートらーめん」なる新作もあるとか。まさか好評だったということだろうか? これは両方食ってみるしかねぇ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 573