亀沢郁奈 (Kamezawa Ikuna)

ライター

鳥取県出身。独身。大相撲が好き。LUNA SEAが好き。好きな漫画は「ぼくの地球を守って」。好きなFFは「6」。あだ名は「夜の安美錦」。ハマればとことんなんでもやっちゃう無鉄砲で傍若無人な行動派。すぐ旅に出るので1年のうち半分は家にいない。ってか家がない。

「亀沢郁奈」担当の記事

【世界のNISSIN】ヨーロッパ版の『出前一丁』は種類が多すぎて素直に「なんで?」ってなる

1968年発売の『出前一丁』(日清食品)は『チキンラーメン』や『カップヌードル』と並ぶインスタントラーメン界の金字塔。中国や台湾でも非常に人気が高いことで知られるが、実はヨーロッパ圏でも売られていることをご存知だろうか。

「どのスーパーにもある」ってほどではないが、例えばアジア食材店へ行けばほぼ確実に売られているぞ。しかもやたらと種類が多く、価格はタッタの0.5ユーロ(約67円)だ。いくら円安だからって、さすがに67円なら余裕で買える。ってことで全部買ってみた!

続きを全部読む

【世界の機内食】タイ航空の機内食が「忖度ゼロ」で良き  /  成田空港 〜 バンコク・スワンナプーム国際空港

5月1日よりタイへの入国条件が大幅に緩和され、この夏は世界各国から観光客がドッと押し寄せる見込みらしい。「ドッと押し寄せる前に……」ということで去る5月10日、私は成田発バンコク行きのタイ航空便に乗り込んだ。

近年はエアアジアやベトジェットといったLCC(格安航空会社)が台頭してきた東京〜タイ間であるが、やっぱり花形はタイ航空。7時間弱のフライトの楽しみは、もちろん機内食だ。むしろ機内食がなければ間が持たないと言っても過言ではないぞ!

続きを全部読む

【知ってる?】『徳島ラーメン』って “ご当地ラーメン界のエース” になりえる逸材だと思う

『徳島ラーメン』と聞いて、皆さんはどんなラーメンを思い浮かべるだろう? 当編集部内でアンケートを取ったところ、正確な情報を答えられた者は7名中わずか1名。東京には徳島ラーメンを扱う店がほとんど無く、この結果もやむなしと言ったところではある。

私は徳島と縁もゆかりもない人間だが、なぜか「徳島ラーメンの素晴らしさを伝えたい」という想いは人一倍強い。ってことで今日は皆さんに徳島ラーメンの魅力をご紹介させていただこう!

続きを全部読む

【なぜそこに】新宿2丁目に登場した『女性専用カプセルホテル』がすご〜くイイ! ただし “あるショックな事実” に直面するかもしれません

「いい物件があったから」という単純すぎる理由によって、新宿2丁目に所在している当サイトの事務所。ただ寝るだけのために深夜帰宅する日々が続くと「いっそ事務所に泊まりたい」と考えることもしばしばだ。でも風呂がないんだよなァ〜……

そんな悩みを抱える新宿2丁目民に朗報であるッ!

なんと去る4月29日、2丁目のド真ん中にピカピカのカプセルホテルがオープンした。しかも男性の往来が比較的多いことで知られる2丁目にあって、どういうワケか “女性専用” ……これは行ってみるしかないッ!!

続きを全部読む

提供:UCC上島珈琲

【マジか】あの「池田エライザ」とCMで共演できるかもしれない条件がコレとは…

TikTokで最近 “あるダンス” の動画が多く投稿されているようだ。TikTok初心者の私ですら気になるのだから、かなりのオーラを放っていると言っていいだろう。メチャ面白いとかではないが、妙にクセになるんだよね〜。元ネタは何なのか、悔しいけど調べてみるか。

ほう……なるほど。これは『香るどダンス』と呼ばれるもので、SNSで大人気のパフォーマー『XTRAP』が監修したダンスだったのか〜!!!

……全く話が飲み込めないが、しかし公式サイトに書かれた「池田エライザと共演できる!?」というワードはメチャ気になる。よく分からんけどエライザと共演……したいッ!

続きを全部読む

【予測不能】フランス・パリで見つけた謎のレストラン『OTAKU〜オタク〜』に入店してみた結果 …

パリにはオタク・ストリートと呼ばれるエリアがいくつかあって、中でも11区にあるヴォルテール通り周辺は特にハイレベルなマンガ・アニメ・ゲーム関連のショップが並んでいる。パリ・オタクたちが日本のアニメグッズを真剣に品定めする姿……見ていて「ありがとう」って気持ちになるなぁ。

さて……そんなヴォルテール通りをトコトコと東へ進んだ先で、なんとも珍妙な名前のレストランを発見したぞ。「名前が珍妙である」という以外に気になる点は特にないが、名前が面白いので入店してみた!

続きを全部読む

【ん?】エジプトの『シャネル』『グッチ』『エルメス』へ行ってみたら …

バックパックひとつで貧乏旅行中の身であるが、たまにはリゾートな気分も味わってみたい! ってことでエジプトのリゾート地・フルガダへやって来た私。美しい海が自慢なこの街は高級ホテルが建ち並び、主に欧米の富裕層がバカンスに訪れることで知られる。

さっそくメイン・ロードを訪れると、周囲の客引きが一斉にコチラへ押し寄せてきた。サッと近くの欧米人グループに紛れる私! さすがはエジプト、人も街も全てが混沌としているな……おや? 客引きが指差す先にあるのは……

『シャネル』に『ヴィトン』それから『エルメス』に『ロレックス』だと!!?

続きを全部読む

【知ってた?】フランスのマクドナルドには『スイーツバーガー』がある! ただし想像の100倍 “スイーツ” なので注意

フランスのマクドナルドには多くのご当地バーガーがある、という件について先日の記事で詳しくお伝えした。中でも主力選手『プティ・フォンデュ』の完成度たるや「さすが芸術の都」と唸らずにいられぬ美しさ。そんな中、さらに独創的な限定バーガーが存在していることをご存知だろうか。

その名は『Mc ChocoNuts(マックショコナッツ)』……なんとも甘そうな響きだが、実際に食べてみると死ぬほど甘い。マックショコナッツの正体は日本で馴染みのない “スイーツバーガー” なのだ。気になる全貌をお伝えしよう。

続きを全部読む

【現地で検証】ムスリム女性の象徴『ヒジャブ』をかぶってエジプトの街を歩いたら日本人だとバレないのか?

エジプトへ行ってみたらエジプト人がウザすぎて観光どころじゃなかった……という件については、先日の記事で詳しくお伝えした。「外国の方に対してウザいとは何ごとか」という意見もあるかと思うが、事実なんだから仕方ない。

エジプト人のウザさは “すれ違う人がやたら話しかけてくる” というタイプのもので、コレはもちろん私が “珍しい存在(外国人)だから発生している現象” だ。言い方を変えればエジプト人とは「底抜けに人なつっこい連中」であり、そんな彼らを私は愛してやまない。

……とはいえ連日 “観光どころじゃない状態” が続くと、さすがの私も参ってしまった。なんとかエジプト人の興味を引かずに街を歩けないものだろうか? 現地在住の日本人女性に相談してみるか。

続きを全部読む

【超穴場】SNS映えすると話題の「山の中の廃路線」へ行ってみたら … “危険生物の襲来” でお蔵入り寸前に

今からお話するのは2019年夏のできごとである。私の出身地である鳥取県の山奥に、30年以上前の廃線跡が現存しているらしい。そして近年、その周辺が「SNS映えする」として密かに話題になっているのだそうな。マジか……ちっとも知らなかった。

さっそく地元へ帰省した私は友人のカメラマンを引き連れ、SNS映えする写真を撮りに廃線跡へ。……そこから今回の記事化に至るまで、なぜ3年もの月日が経過してしまったというのか? 順を追ってご説明したいと思う。

続きを全部読む

【ガチすぎて怖い】パリで大行列のできるラーメン屋が “日本より日本っぽくなってしまっている” 件

昨年10月。パリ中心部を歩いていると、突如目の前に大行列が出現した。時刻は13時30分。パリには何度か来ているが、これほどの行列を私は見たことがない。群衆が向かう先を見ると、コレがどうやら『ラーメン屋』らしいのだ。よく分かんないけど記者として並ぶしかねぇ!

しかし最後尾に並んで10分ほどが経過した頃、後ろからチョイチョイと私の肩をつつく者がいる。さてはナンパか? 「ノー!」とばかりに毅然と振り返る私。すると……あぁ、なんということだ!

不覚にも私が最後尾だと思っていたのは列の途中。歩道の向こう側には、さらに延々と行列が続いていたのであった。恥ずかしさのあまり逃げるように去る私。こうなったら出直すしかねぇ!!!

続きを全部読む

【え?】『バナナカステラ』って全国区じゃないの!!!?  各地方民に知名度を調査してみたら謎すぎる結果に!

幼い頃から当たり前に『バナナカステラ』を食べてきた。特に祖父母の家へ行くとほぼ100%の確率でバナナカステラが登場。おばあちゃんに「2本までしかダメよ〜」って注意されていたっけ……な〜んか久々に食べたくなってきちゃったな!

ところが! 東京のスーパーを何軒回れど、ちっともバナナカステラが見つからない。調べてみたところ、な、な、なななんと! バナナカステラは “岡山県発祥のスイーツ” という事実が判明したのである。マジかよ……30年間気づかなかった。

ってことは、ウチの地元(鳥取)は “岡山と近いからバナナカステラを売っていた” ということになるのだろうか? あんなウマいものを知らない県民がいるなんて、にわかには信じられないのだが……?

続きを全部読む

イオンのセルフ会計『レジゴー』が待ち時間ゼロで超便利!! しかし日本じゃ流行らなさそうな理由

ヨーロッパを旅したときのこと。大きめのスーパーへ行くと、客がみなカートにスマホのようなものを装着している。どうやら買い物しながら商品のバーコードを読み取っているらしく、レジに並ばずとも会計が完了するという仕組みだ。スゴイ! 私もやってみたい!

しかし利用登録には「現地の住所が必要」等のハードルがあり、私はあえなく断念。そして帰国後……なんと! イオンでほぼ同じシステムが導入されているのを発見した。さっそく利用してみたところ、これがあまりにも最高すぎる! 一体なぜ日本ではあまり知られていないのだろう?

続きを全部読む

提供:総務省

【マジか】「5000円分のマイナポイントをゲットする方法」が簡単すぎて笑った!

マイナポイント』というワードは、テレビCMなどの影響で急速に多くの国民が知るところとなった。かくいう私も「最近『マイナポイント』ってよく聞くよな」と感じていたが、詳細を調べるまでには至らず。だって……何となくメンドくさそうなんだもんな〜。

しかしそんなある日、ついに『マイナンバーカード』を作る必要に迫られた私は、区役所の交付窓口へ。そこでマイナポイントに関する説明を受けたワケなのだが……ちょっと「いい意味で想像と違いすぎていた」ので、ここに共有させていただきたく思う。

続きを全部読む

提供:LINE

【解せぬ】「お店のLINE」と友だちになるメリットって結局なんなの? LINE本社で社員を問い詰めてみた結果 …

飲食店などでよく目にする「LINEの友だち募集中」というポップ。あれって……結局何なんだろ?  “お店のLINE” に関するテレビCMも2022年3月に放映されていたが、お店のLINEと友だちになって一体どういうメリットがあるのか? いまいちイメージが湧かないし、やや疑ってもいる。

「なら試しに友だちになってみればいいやん」とお思いの方もおられるだろうが、もしも登録後、迷惑な広告宣伝メッセージが大量に送られてきたとしたら……? 大好きだったお店のこと、嫌いになっちゃうよ!! それだけは何としても避けたいところなのである。

しかしメッチャ気になるのは確かなので、こうなっては仕方あるまい。LINE本社へ出向き、担当者に直接話を聞くしかないだろう……!

続きを全部読む

【実録】コストコかと思ったら『ドドスコ』だった

コストコに行きたい! ……と思いつつ私はコストコに行ったことがない。なぜなら車を持っていないからだ。私の住む東京都心から最も近い店舗は川崎(神奈川)か三郷(埼玉)。電車で行けないことはないが、 “大容量” がウリのコストコ商品を歩いて持ち帰るってのもなぁ。

レンタカーを借りるにはお金がかかるし、約5000円の年会費もネックだ。1人暮らしの身の上では元を取る自信が…………あっ! そういえば実家へ帰れば親の車があるぞ。 “帰省のついでにコストコへ寄る” ことはできないものだろうか? ちょっと調べてみたろ。

続きを全部読む

【ミシュラン超え】フランス人が「パリで一番うまい」と断言するレストランがマジのマジで最高すぎた

前回までのあらすじ】 “パリのミシュラン星つきレストラン” の目前まで行きながら、まさかの手違いにより入店できなかった筆者。泣きながらパリ郊外の下宿先へ戻るも、ショックでふさぎ込んでしまう。

そこへ心配そうに「どうしたんだい?」と声をかけてきたのは、下宿先の家主マリオさん。私のパリ旅行を何かとサポートしてくれる親切なフランス人である。涙ながらにコトの顛末を話したところ、彼は烈火のごとく怒り始めて……!?

続きを全部読む

【ついに】『X・LUNA SEA・GLAY が登場する音ゲー』本日配信スタート! 中年V系ファンが初プレイしてみた結果 … 「沼」の予感しかない

X、LUNA SEA、GLAY が登場する音ゲーこと『EXTASY VISUAL SHOCK』(EXTAV)が、ついに本日(3月31日)正式にサービス開始となった。公式サイトによると、これは『アーティスト公認ヴィジュアル系音楽アプリ』という位置付けなのだとか。

今から約20年前、この界隈のバンドさんを「ヴィジュアル系」と呼んでいいのかどうかは非常にセンシティブな問題であり、我々ファンは常に細心の注意を払っていたもの。それが今や本人たちが「ヴィジュアル系」を自称するとは……平和な時代になったものだよね。

そんなあったか〜い気持ちで初日プレイを敢行した私だが、予想外すぎる仕上がりに現在は放心状態にある。全国のオールド・ヴィジュアル系ファンのみんな……調子はどうだ?

続きを全部読む

【入手困難】崎陽軒の『関西シウマイ弁当』が新登場! 関東版との食べ比べが「ほぼ無理ゲー」だった理由は …

崎陽軒とまねき食品(兵庫県姫路市)がコラボした『関西シウマイ弁当』は、JR姫路駅で昨年11月から限定販売されていた。それが満を持して3月18日、ついに大阪でも販売開始の運びとなったらしい! 朝10時開店、1日100食限定の早いもの勝ちである!

東京ならどこでも買えるシウマイ弁当だが、実はこれまで関西では売られていなかったのだという。「100食限定」ってことは、一体どの程度激しい争奪戦になるのだろうか? 全く想像がつかないので、大阪出身の中澤記者に意見を求めてみるとしよう。

中澤「え? 大阪人は崎陽軒なんて知らないから……夕方でも買えるんじゃない?」

続きを全部読む

提供:サントリー

【衝撃】サントリーの新商品『CRAFT-196℃』を飲んでみたら今までのチューハイと違いすぎて真顔になった!

『ストロングゼロ』『ほろよい』『こだわり酒場のレモンサワー』などメガヒットを立て続けに飛ばし、チューハイ(サワー)の概念を覆してきたサントリー。長引く自粛生活ですっかり宅飲み習慣がつき、以前よりも飲む機会が増えた人も多いだろう。

そんなサントリーから新発売されるのが『CRAFT-196℃』なるチューハイだ。「これまでのチューハイとは一線を画すような商品を」と、気合いを入れて作ったらしいが……そもそも、これ以上 “一線を画す” 必要があるのだろうか? 自分で作ったハードルを自分で越えにいってる感が否めなくもない。

しかしまぁ、そこまで言うからには、よほど一線を画しているのだろう……いいんだね? 期待しちゃって。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 24