「インド」にまつわる記事

たった1分で眠くなるという「4-7-8呼吸法」が話題!! リラックス効果が高い呼吸法は古代インドが起源

ゴールデンウィークが終わり、いつもの睡眠パターンが崩れてしまって、ナカナカ寝付けないという人がいるかもしれない。「明日仕事だから早く寝ないと……」と思えば思うほど眠れなくなってしまうものだが、たった1分で眠くなるという “4-7-8呼吸法” が話題となっているので紹介したい。これで羊を数えたり、ホットミルクを作る必要がなくなるかもしれないぞ!

続きを全部読む

中指を立てた “くたばれ” サインを見せつけられた猿が見事すぎるドロップキックで反撃!! 猿をナメたらヤバイってことがよく分かる動画が話題

人間と一番近い動物は、チンパンジーや猿といった霊長類である。日本テレビ局の『天才!志村どうぶつ園』で人気を博した天才チンパンジーのパンくんをはじめ、人間と同じような行動をとれる霊長類の例は数多く報告されている。

そんなわけで彼らのなかには、人間の気に食わないポーズも察してしまう輩もいるらしい。というのも、ある人が猿に中指を立てて “くたばれ” サインを見せたら、ドロップキックを食らってしまったというのだ。猿をナメたらヤバイってことがよく分かる動画のタイトルは「Monkey dropkicks young man after the guy flashes the finger」である。

続きを全部読む

【網走土産】オホーツク海をイメージした「流氷カリー」が猛烈に毒々しい / でもちゃんと食えるから安心しろ

以前の記事で、北海道・網走の土産物についてお伝えした。網走といえば、刑務所というイメージが強く、土産物の多くは刑務所絡みのものばかり。実はそれ以外にも土産物で激推ししているものがあった。それは流氷である。

流氷は毎年、2月中旬から3月上旬。つまり、もうすぐ見ごろのシーズンが終わるのである。そんな流氷にまつわる商品も多く、なかでももっともインパクトがあるのは、カレーではないだろうか。察しの良い読者の皆さんなら、過去のアレを思い出すはず。そう、アレをオホーツク海に見立てたのが流氷カリーである。色合いはかなり毒々しい。

続きを全部読む

世界最高齢の70歳で双子を出産したインド人の母親が「高齢で子育てする苦労と喜び」を語る!

人工授精のおかげで、実際に妊娠可能と言われる年齢を過ぎても出産できる時代になり、高齢になってから親になる人もいる。世界では60歳を越えてから出産する女性もいるのだが、子供を残して親が早期に亡くなる可能性もあり、倫理・道徳観を問われている問題であもる。

そんな、世界最高齢の70歳で双子を出産したインド人の母親が「高齢で子供を育てる苦労と喜び」を語っているので紹介したい。

続きを全部読む

映画だけじゃなかった! インドで「踊る警察官」が激撮される

インド名物と言えば、カレーにヨガにガンジス川、そして忘れちゃいけない「インド映画」! 世界でも独自の地位を築いているインド映画に欠かせないのが突然始まるダンスである。ラブストーリーだろうと、青春だろうと、アクションだろうと踊る、踊る、踊る!!

そんなインド映画を想起させる現象が実世界でも起こったそうだ。それは「踊る警察官」! 何だかすでに映画のサブタイトルみたいじゃないかよ!? どんな風に踊るのかさっそく動画「Moonwalking cop: Indian officer directs traffic with style」で見てみよう。

続きを全部読む

【ウホカレ☆2015】エキゾチックなインドの麗しメンズが大集合! 無料ダウンロードできるカレンダー『MEN OF INDIA(メン・オブ・インディア)』

“誰もが思わずウホっと振り返るイイ男たちが一肌脱いだカレンダー” こと「ウホカレ」。だが、デジタル化が進んだ昨今、「イマドキ、紙のカレンダーなんて邪魔になるんだよなぁ」と思っている人もいたかもしれない。

そんなデジタル派のあなたに朗報だ! 2015年1月、今までに類を見ない “データ版ウホカレ”がリリースされていたのでお知らせしたい。その名は『MEN OF INDIA(メン・オブ・インディア)』。インドのエキゾチックな男性にフィーチャーしたウホカレなのである。

続きを全部読む

【注意喚起コラム】Bluetoothスピーカーはマメにペアリングの「接続解除」をしないと惨劇が起こる

今の時代はワイヤレス。ゴチャゴチャ配線にGOOD-BYE。なにせ「線」を繋がなくてもネットができる。「Bluetoothスピーカー」なんてハイカラなモノを使えば、配線ナシで音楽をスピーカーから鳴らすことだって余裕のヨッチャンたのきんトリオだ。

ところがどっこい。無線、すなわち “見えない線” こそ、ベリーベリーにデンジャラスなのだ。知らぬ間に接続されていた、もしくは、接続されていることを忘れていた……なんてウッカリミスが、人生を狂わす惨劇を引き起こす可能性だってゼロではない。

続きを全部読む

【奇跡の瞬間】ニシキヘビに絡み付かれて絶体絶命の犬が死の淵から舞い戻るまでの救出劇

ニシキヘビは獲物を狙うと、胴体を巻き付け、強い力で締め上げて窒息死させる。日本ではそう見かけない光景だが、世界各地で被害情報は数多い。そしてこの度、被害があったのはインドのカルナタカ州だ。

ニシキヘビに締め上げられていた犬が助けられるまでの奇跡の救出劇が、カメラでとらえられていたのでご紹介しよう。その一部始終は動画「Dog Escapes from Deadly Python」で確認可能である!

続きを全部読む

【衝撃格闘動画】映画史上「あまりにも予想外の展開になる格闘シーン」ベスト10

アクション映画に欠かせないのが「格闘シーン」だ。ブルース・リーやジャッキー・チェンの映画ならば特に重要。もしも格闘シーンがヘボかったら駄作決定。ファンの予想を軽く裏切るくらいの展開でないと、歴史に残る伝説のアクション映画にはならない。

ということで今回ご紹介したいのは、 “あまりにも予想外の展開になる格闘シーン ベスト10” 的な動画である。YouTubeにアップされていた動画のタイトルは「10 worst and funniest movie fighting scenes – Movie scenes fail compilation」だ!

続きを全部読む

【なんで?】ナンがない奥深き本格南インド料理を食べてみた / 東京・東銀座「ダルマサーガラ」

インド料理と言えばカレー、そして “ナン” である。焼き立てのナンは、もっちりアツアツ香ばしくて最高! インド料理屋に行ったら注文率100%の今や誰もが知るインド料理の大定番メニューだ。

ところがどっこい、「ナンのないインド料理屋がある」というではないか。しかも「ちょっと高級店で味も他とは違う」らしい。ナンがない高級インド料理店だと……? しかも他とは味も違うだって……? 確かめるしかないぜ! というわけで、東京は東銀座の『ダルマサーガラ』に行ってみたのでご紹介したい!

続きを全部読む

【閲覧注意】人間の耳に潜んでいた「約8センチものコオロギを引っぱり出す動画」がかなりキョーレツ!!

“怖いもの見たさ” という心理は誰でも持っているものだが、実際に見たあと後悔してしまうことも度々ある。今から紹介する動画も、もしかしたらその部類に入るかもしれない……。

とにかく、人間の耳に潜んでいた約8センチものコオロギを引っ張り出す動画「You Won’t Believe What Doctors Found Lurking in This Man’s Ear」が、か~なり生々しくてキョーレツなのである! 閲覧する前に、見るべきかどうか良く考えることをお勧めしたい。

続きを全部読む

【左手でオシリを洗う】インドやバングラデシュの「紙なしトイレ」は慣れてくるとクセになる

海外旅行に行った時、そして安い宿に泊まった時、思わず「ウッ」と唸ってしまうのが『紙のないトイレ』である。トイレットペーパーを切らしているわけではなく、そもそも “紙を流すという文化がないトイレ” のことだ。

よく中国でも「紙を流してはいけないトイレ」には遭遇する。排便後にフキフキした便所紙はゴミ箱へ捨てるのが基本ルール。だが、インドやバングラデシュでよく出会う「紙なしトイレ」にゴミ箱は置かれていない。そのかわりに置いてあるのがバケツと手桶(ておけ)なのである。

続きを全部読む

「ナンありません」と堂々と宣言しているインド料理店に行ってきた / ベンガル料理専門店『Puja』で味わえるウマ辛カレーはやみつき注意!

インド料理の定番と言えば、カレーとナン。鉄板とも言える組み合わせである。しかし、生粋のインド料理店でありながら、堂々と「ナンありません」と貼り紙に記載している店がある。

東京は荒川区に店舗を構える「Puja(プージャー)」だ。この店は、インド料理の中でも、ベンガル地方の料理に特化した専門店。実際に行ってきたのだが……なかなか珍しいインド料理を堪能できたぞ! 写真とともにレポートしたい。

続きを全部読む

布だけで645m! 超巨大なターバンを巻いている男性が話題 / そのままバイクで疾走

読者の中には、「インド人男性 = ターバンを巻いている」というイメージを持っている人は少なくないだろう。しかし、全てのインド人男性がターバンを用いているわけではない。インドでターバンを巻いているのは、主にシーク教徒の男性。その比率は、外務省のデータによると、全体の約2%だそうだ。

というわけで、今回はそんなターバンにまつわる話題をお届けしたい。海外サイトで、「世界最大か?」と言われているターバンを巻いている男性がいるのだが……それがメチャクチャでかいのだ! しかもそのターバンを付けたままバイクに乗っているではないか……。実際の姿を見ると、話題になるのも納得である。

続きを全部読む

呪いを解くためにインド人女性が野良犬と結婚! 「結婚に不満だけど仕方がない」と胸中を明かす

世の中には “対物性愛” といって物に恋してしまう人がいて、なかにはベルリンの壁やエッフェル塔と結婚してしまった女性もいる。彼女達は、自らの意思で結婚したわけだから問題ないが、なんとインドで、呪いを解くために野良犬と結婚させられた女性がいるというのだ。耳を疑ってしまうが、ペットではなく夫として、仕方なく犬と結婚せざるを得なかったというのである。

続きを全部読む

【動画あり】大学生がバスの下敷きに! 周囲にいた人々が力を合わせてバスを傾ける → 大学生救出!

以前本サイトでは、ホームに足を挟まれた男性を救うべく、その場に居合わせた人々が一致団結した記事をご紹介した。大勢の人々が電車を押して傾け、男性を無事に救出したという心温まるニュースであった。

今回は、そのニュースを彷彿(ほうふつ)とさせる事案を取り上げたい。内容を簡単に言うと……周囲の人々が力を合わせ、バスの下敷きになった人を救い出したのだ。その時の様子は、YouTube にアップされた映像「Pune’s people power: Group lifts bus to free trapped students」でも確認できる。

続きを全部読む

インド版『忠犬ハチ公』のニュースに世界が感動 / ネットの声「これは泣ける!」「犬が感情を持っている証拠」

「忠犬ハチ公」と言えば、日本人なら誰もが知っている感動ストーリー。飼い主が死去した後、東京・渋谷駅に何年間も通い続けた犬は、同駅のシンボルであり、最近はハリウッドの映画にもなった。

今回はインド版の忠犬ハチ公についてご紹介したい。海外のニュースサイトが報じているその犬は、飼い主が亡くなった後も……。その話と犬の写真は、世界中で感動を呼び起こしているようだ。

続きを全部読む

“インド人街” のインド食材店で発見したインド版「カップヌードル」を食べてみた

カップヌードルと言えば、世界初のインスタントカップ麺。今や世界の多くの国々で販売されている超人気商品である。日本では、しょうゆ味の「オリジナル」や「シーフード」、「カレー」が有名だが、世界中で食べられているカップ麺だけに、各国ごとに様々な種類があるのだ。

今回はそんなバリエーション豊富なカップヌードルの中から、インド版のカップヌードルをご紹介したい。その名も「マスト・マサラ」味と「スパイシー・ベジタルブ」味である。両方とも「カップヌードル」のはずなのに……その味は今まで味わったことがないものだったのだ。

続きを全部読む

「迷子になってオーストラリアへ養子に出されたインド人の少年」がGoogle Earth で実家を見つけ出す → 家族と26年ぶりに再会!

日本では子供が迷子になっても、迷子の放送や迷子センターと交番のおかげで、比較的すぐに親と再会できる確率が高い。しかし世界には迷子になったまま、家族と何十年も離れ離れになってしまったという人もいるのだ。

そこで、インドの駅で迷子になりオーストラリアへ養子に出された少年が、26年後に Google Earth を使って実家を見つけ出したストーリーが大きな感動を呼んでいるので、紹介したいと思う。

続きを全部読む

「アイスバケツチャレンジ」のように世界に広まれ! バケツ1杯のお米を寄付する「ライスバケツチャレンジ」スタート

世界中の有名人著名人が参加している、「アイスバケツチャレンジ」。これは、筋委縮性側策硬化症(ALS)の認知を高める目的で始められたものだが、挑戦に賛否の声が上がっている。というのも、氷水を浴びることだけが取りざたされてしまっているため、チャリティがおろそかになっていると見られているからだ。一時的なお祭り騒ぎになっている感覚は否めない。

そんななか、インドで興味深い挑戦がスタートした。その名も「ライスバケツチャレンジ」である。ライス? 名前間違えちゃったの? と思いきや、間違えている訳ではなく、ライスつまり米を用いる取り組みが始まったのである。まさかバケツ1杯の米を被るってわけじゃないよね!?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10