世界で初めて「鍵をかけない銀行」がインドに出現し、人々を驚かせている。鍵をかけないということは、当然、金品も取り放題なのだろうか? 何とも物騒な話なのだが、銀行のある村は、ここ数年の犯罪件数ゼロという世界有数の平和な村なのである。この大胆な施策を打ち出したのは、インド・マハーラーシュトラ州ムンバイの小さな村にできたユナイテッド・コマーシャル銀行の支社だ。

続きを全部読む

先日、ロケットニュース24で、中国一の「非モテ男」、繁華街で花嫁募集パフォーマンスをお伝えしたが、そんな非モテ男たちに朗報が飛び込んできた。美人女性が期間限定彼氏を募集しているというのだ。しかも、この女性の彼氏を務めてくれる人には、5日間で10000元(約12万5000円)、つまり日当2万5000円が支払われるのである。美人と付き合えて、お金までゲット! これは願ったり叶ったりのチャンス到来だ。

続きを全部読む

大空を自由に……人類の太古からの夢が今、手に届きそうなところまで来ている。

プロペラを使ったフライングマシンや、ロケットエンジン搭載のロケットベルトなど、個人が自由に空を飛ぶことができる「パーソナル・フライングマシン」種類は意外と多い。

今回ご紹介するのは、水の力で飛ぶことができるフライングマシン、その名も「ジェットリブ・フライヤー(JETLEV-FLYER)」である。

続きを全部読む

マーク・フローエンフェルダーなる男性が、娘のジェーンちゃんを連れて参加したある講習会が話題となっている。内容はなんと、子供たちに車への侵入法・トランクからの脱出法・キーなしでエンジンをかける方法を伝授するというショッキングなもの。

この講習会は非営利団体マシーン・プロジェクト主催の「善人による悪行」カリキュラムの一環で、トム・ジェニング氏とジェイソン・トーチンスキー氏が指導した。

続きを全部読む

みなさん、今世界の注目を一身に浴びているスーパースター犬「ハーベイ」くんをご存知だろうか? えっ? 知らない!? それでは、ぜひ今回ハーベイくんを知ってもらって、世界の流行の波に乗ってもらいたい。

彼が有名になったきっかけは、あるCMに出演したことから始まる。そのCMがYoutubeにアップされると、途端に世界中で話題を呼び、現在その再生回数は100万回を超えている。

そこから彼の人気に火がつき、彼がFacebookでアカウントを作ると、あっという間に1万人の友達ができた。さらに、彼のアカウントに世界中の人から「君はスーパースターだ!」や「私もあなたの友達に加えて!」といった熱烈なラブコールが殺到。その人気ぶりを一躍世界に知らしめたのだ。

続きを全部読む

ちょっと前、お札で作る折り紙「ターバン野口」が一世を風靡した。五千円札の「花嫁一葉」、一万円札の「アパッチ諭吉」など様々なバリエーションがメディアで紹介されたが、ついに海を渡ったアメリカでも、オトナの折り紙5ドル紙幣の「B-BOYリンカーン」が誕生した。

続きを全部読む

運動不足と同じように、長時間イスに座っているのは健康に良くないことがわかってきている。

長時間イスに座らないことも大切だが、イスやソファに座っているときは何度か適度に休憩をとることがとても大切らしい。たとえ1回に1分でもいいから、ちょっとした気分転換のための休憩をとることは、心臓やウェストのためには良く、しかも休憩の回数は多ければ多いほど良いそうだ。

続きを全部読む

子どもの肥満対策として、先日、台湾立法院(日本の国会に相当)で、ファストフード店の「玩具つきお子さまセット」販売を禁止する法案が通過した。法律成立前に先立ち、ファストフード各社への「玩具つきお子さまセット」販売自粛を呼びかけている。ケンタッキーフライドチキンは既に販売中止、バーガーキングは正式に施行され次第中止、マクドナルドは反対の姿勢を見せている。

同様の法律は2010年に、アメリカのサンフランシスコ政府でも決議されているが、サンフランシスコでは玩具つきのセットを販売する場合、総カロリーを600キロカロリー以下、必ず野菜か果物を取り入れ、ドリンクも脂質と糖質を控えなければならない、としている。それに対し台湾版は完全に禁止する動きだ。

続きを全部読む

マレーシア・クアラルンプール滞在2日目。安ホテルのルーターが故障して、ネットができなくなってしまった!

「明日には直るよ!」と言われたが、なんの裏付けもない空約束を信じ、座して待つよりは……と、近場のネットカフェを探すことにした。

ホテルのあるチョーキット地区は、クアラルンプールの中でもとりわけ庶民的な下町。ぶっちゃけ、薄汚い煤けた街並みのひろがるエリアは、カンボジアに住んでいた私が引くくらい、路上生活者やねじの外れた怪しい人々が大勢うろついている。

続きを全部読む

1月6日、『とんねるずのみなさんのおかげでしたSP』が放送された。この日のために用意された特別企画は「全落ハワイアンオープン」。別企画の海外ロケだと聞かされてハワイまで連れて来られた芸能人たちが、とんねるずにだまされて次々に落とし穴に落ちていく、というもの。その落ちっぷりをゴルフに見立てて、石橋貴明演じる「世界のAO木」が解説を加えていた。

バナナマン日村、おぎやはぎといった芸人から、IKKO、錦野旦、Every Little Thingのいっくん(伊藤一朗)といったタレントやミュージシャンまで、多彩な顔ぶれがとんねるずの毒牙にかかって容赦なく落とし穴に沈められていった。

そして、このロケの前に、石橋とおぎやはぎ矢作が連れ立って、初めてハワイに降り立ったばかりのバナナマン日村に高級時計を買わせる、というミニ企画も行われていた。これが、本編の「全落ハワイアンオープン」にも劣らないほど見ごたえがあった。

続きを全部読む

高速道路と一般道が並行している道でナビが勝手に高速を走っていると解釈し間違った指示を平然と出し続けるナビにイラついた経験は誰にでもあるのではないだろうか?

イギリス、ケンブリッジ大学のピーター・ロビンソン教授もその一人だ。教授は機械がとても好きでいろいろなガジェットを使いこなす。しかし、教授は常日頃から人間の感情を全く理解しないガジェットに不満を抱いていた。

もし、ガジェットが感情を理解してくれたなら、もっと楽しくガジェットを使えるのではないかと考え、ついに感情を理解する人の顔を持ったナビを開発したのだ。

続きを全部読む

去年の暮れ、カナダのバンクーバー島で目を疑いたくなるような光景が広がった。なんと川全体が緑一色に変わっていたのだ! その緑色に変わってしまった川はバンクーバー島南部に位置するゴールドストリーム川で、そのネオンのような明るさから目がチカチカする人もいたほどだ。

これを受けて、バンクーバー島の住民や科学者たちは「重度の環境汚染か?」、「川の魚や野生動物たちは大丈夫なの?」とこの異様な光景に一時騒然となった。

続きを全部読む

2010年11月アメリカ政府の外交機密文書を公開し、世界を震撼させたウィキリークス。ウィキリークスは匿名のもと政府・企業などの内部にいる人間から機密情報を入手し、それを公開するウェブサイトのことで、例のアメリカ機密情報公開事件を機に一躍その名を世界に知らしめた。

しかしその活動に対する各国政府からの反発は大きく、ウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジはアメリカ政府から追われる形で現在イングランド南部に身を潜めているとされている。

そんな世界の注目を浴びているウィキリークスが、今度はなんと世界各国政府が持つUFOに関する機密情報を手に入れたというから驚きだ。

続きを全部読む

先日、天性の美声により一夜にして人生が一変したホームレスの男性を紹介した。テッド・ウィリアムズさんはYoutubeで動画公開されたのをきっかけに、1日にしてアメリカの有名人に変貌。職と家を手に入れ、テレビにも出演し20年ぶりに母親に再会したという。

アメリカではにわかに、才能ある無名の人物が注目を集めているようだ。ニューヨーク市地下鉄で歌い続けるダニー・スモールズさんもその1人。彼は駅のホームで、毎日魂の歌声を駅の利用者らに届けているのだ。

続きを全部読む

羽田空港から片道5000円でマレーシアへ! 激安価格で名を上げた格安航空「エアアジア」。実際は保険料だの空港税だの機内食だの荷物料金だの、オプションをつけるうち、いつの間にか片道1万円をオーバーしてしまうカラクリなのだが、それでも激安であることには変りない。

もちろん、安いぶん歯を食いしばらなきゃならないことも沢山ある。

続きを全部読む

1月3日、『ゴッドタンスペシャル』が放送された。この日の企画は恒例となっている「芸人マジ歌選手権」。歌うことに情熱を持った選りすぐりの芸人たちが、真剣に作った楽曲を全力で披露する、というもの。スタジオに集められたゲストたちは、牛乳を口に含んだ状態でそのパフォーマンスを見守り、笑ってそれを吹き出してしまわないように必死で我慢する、というルールになっている。

この日も、女装してガールズポップを熱唱するバナナマン日村、特殊メイクの域に達した仮装で出オチの美学を貫く劇団ひとりなど、ハイレベルな熱演が続いた。「マジ歌」という何でもありの設定の中で、それぞれの芸人が好き勝手に暴れる様子は実に痛快で面白い。

中でも特筆すべきは、「マジ歌」の代名詞とも言える存在である東京03の角田晃広。この番組で見せた大竹マネージャーとのユニットが評判を呼び、『若者たちへ』という楽曲でCDデビューを果たしている逸材だ。

続きを全部読む

年末年始にかけて山陰を襲った豪雪。Twitter上で、コンビニエンスストア「ポプラ」のドライバーがおにぎりを配布していたと話題となった。実はこのおにぎり配布はドライバーが行ったものではなく、集配センターの社員が周辺道路で身動きできなくなった車両に行っていたことが明らかとなった。

続きを全部読む

2日、AKB48の「ともちん」こと板野友美さんが、妹との写メール2枚をTwitter上で公開しネットで「かわいすぎる」と話題になったことは記憶に新しい。このニュースはヤフージャパンの主要ニュースでも扱われたくさんの人に伝わる結果となった。 続きを全部読む

できないかも知れないと思っても、一年の抱負を立ててみたいのは人間のサガである。成功願望が強いアメリカ人であればなおさらそうだ。

2011年、アメリカで最も人気があった抱負ベスト10が発表されたのでご紹介したい。「今年こそは」と思っている人は今年の目標を立てる上で参考にしてみよう。ベスト10は以下の通り。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 2078
  4. 2079
  5. 2080
  6. 2081
  7. 2082
  8. 2083
  9. 2084
  10. ...
  11. 2122