「誰も知らない伝統レシピ」にまつわる記事

【簡単すぎる】母がよく作っていた「イカくん」を再現してみた → めっちゃ酒のアテなんだよね… / ほかにも誰か知ってるかもしれない伝統レシピ

時たま「あなたにとっての母の味って何?」と聞かれるが、特に思い当たらない。母の名誉のために言っておくと、彼女は料理上手だった。レパートリーの幅も広かったように記憶している。記者は子どもの頃、そんな母の横で手伝いをしていたためか、いざ独り暮らしを始めてみても料理を作ることで困ったことはない。

まあ何を食べても美味しかったので、特にコレがというものが思い浮かばないのかもしれない。さて……これくらい持ち上げとけば良いかな。良いよね。そんな母が、時どき箸休め的に作るモノがあった。我が家では “イカくん” と呼ばれていたが、久しぶりに食べたくなったので作ってみるとしよう。

続きを全部読む

【誰も知らない伝統レシピ】中国奥地から来た青年の家庭料理がウマすぎて泣きそう / だがワキのニオイがする肉料理『ジャーニュウロウ』

ひとくちに家庭料理といっても、その家だけに代々伝わる “なんだかよくわからないオリジナル料理” というものが、たまにある。誰でも食べてると思っていたのに、大人になってからハッと気づくのだ。「え、ウチだけ?」……と。

そんな “ウチだけだったんだ” 的な家庭料理を紹介するのが、1年ぶり4回目の「誰も知らない伝統レシピ」のコーナーだ。今回、私・沢井メグがお伝えするのは、ある中国青年のお宅に伝わる家庭料理だ。メニュー名は『ジャーニュウロウ』。衝撃的にウマかったので、ご紹介したいと思う。

続きを全部読む

【誰も知らない伝統レシピ】大正生まれのジイさん考案 『コンビーフのサンドイッチボックス』が異常にウマい / テキトーに作っても激ウマにしかならない

ひとくちに家庭料理といっても、その家だけに代々伝わる “なんだかよくわからないオリジナル料理” というものが、たまにある。誰でも食べてると思っていたのに、大人になってからハッと気づくのだ。「え、ウチらだけ?」……と。

そんな “ウチだけだったんだ” 的な家庭料理を紹介するのが、「誰も知らない伝統レシピ」のコーナーだ。2回続いたものは3回目もある! ということでGO羽鳥につづき、今回は私・沢井メグがお伝えしたい。メニュー名は『コンビーフのサンドイッチボックス』。大正2年、すなわち1913年生まれの祖父が作りまくっていたレシピだ。

続きを全部読む

【誰も知らない伝統レシピ】砂糖を一切使わない「すき焼き」が激ウマ! これに慣れてしまうと普通の甘ったるいすき焼きが食べられなくなる

ひとくちに家庭料理といっても、その家だけに代々伝わる独自の料理というものがある。子供のころは一般的な料理だと思っていたのに、大人になってからハッと気づく。ウチだけだったんだ……と。名前こそ同じなのに、違う料理だったのか……などと!!

そんな “ウチだけだったんだ” 的な家庭料理を紹介するのが、先月から始まった「誰も知らない伝統レシピ」のコーナーだ。記念すべき第2回は、私(GO羽鳥)の家に代々伝わる人気メニュー『砂糖を使わないすき焼き』をご紹介したいと思う。

続きを全部読む

【誰も知らない伝統レシピ】羽鳥家に代々伝わる栄養満点の家庭料理『荏原病院』

ひとくちに家庭料理といっても、その家だけに代々伝わる “なんだかよくわからないオリジナル料理” というものが、たまにある。子供のころは一般的な料理だと思っていたのに、大人になってからハッと気づくのだ。ウチだけだったんだ……と。

そんな知られざる家庭料理を紹介するのが、今回から始まった「誰も知らない伝統レシピ」のコーナーだ。2回目に続くのかどうかは分からないが、とりあえず記念すべき第1回目は、私(GO羽鳥)の家に代々伝わる料理『荏原病院』をご紹介したいと思う。

続きを全部読む