「グルメ」カテゴリーの記事

【最強の袋麺】君は「オホーツクの塩ラーメン」を知っているか? ご当地インスタントラーメンランキング1位にして…

あなたにとっての「マイベスト袋麺」は何か? ──誰かにそう聞かれたとき、私はかれこれ20年以上『サッポロ一番 塩らーめん』と答え続けてきた。ちなみに2位が『チキンラーメン』で、3位が『辛ラーメン』である。

だが先日……。私の中で君臨してきたTOP3を蹴散らし、一気に1位の座に躍り出た袋麺があった。その名も『オホーツクの塩ラーメン』。これが無敵とも言える美味さなのだが、みなさんご存知だっただろうか?

続きを全部読む

デニーズとゴディバのコラボが、新作メニューと共に再び → 最短で味わいつくす方法について考えてみた

高級チョコレートでお馴染み「GODIVA(ゴディバ)」とデニーズのコラボが帰ってきた。昨年11月に開催されて、話題となったのを覚えている方も多いのでは。嬉しいことに、2021年4月1日から、新作メニューをひっさげて期間限定で復活したぞ!

今回は前回同様のサンデーとミニパルフェに加え、新作3種を合わせた計5種ものコラボメニューが登場。チョコレート好きにとっては黙っていられない。しかし、全てを一度に食べつくすのはハードルが高そう。そこで、最短で味わいつくす方法について考えてみることに。

続きを全部読む

【ヤバイ】通常の9倍のニンニク量を誇る『背脂にんにく “大爆発” すた丼』を食べたら爆発しかけたでござる / 伝説のすた丼屋新メニュー

すでにお伝えした通り、「伝説のすた丼屋」がヤバそうな新商品『背脂にんにくクラッシュすた丼(税込880円)』を2021年4月1日より販売している。本来ならば発売当日に現地を訪れ、その日のうちに記事をお届けするところだが……今回は1日遅れる形となってしまった。なぜか?

理由は新メニューに使われているニンニクの量にある。「伝説のすた丼屋」によると、なんとこの『背脂にんにくクラッシュすた丼』には通常の9倍ものニンニクが投入されているらしいのだ。いや9倍て! そんな危険な代物、週末じゃないと食べられないではないか……!!

続きを全部読む

【徹底比較】モリモリ野菜が食べられる「チキンラーメンモヤサラダ」は「無限もやし」と何がどう違うのか食べ比べてみた

以前ご紹介したマルちゃん「パリパリ無限キャベツのもと」は、野菜嫌いでもパリパリ麺と粉末スープを混ぜることで野菜をモリモリ美味しく食べられるシリーズの1つだ。キャベツ以外にも様々な野菜で商品展開されているのでご存じの方も多いだろう。

こういった混ぜ系は人気なのか、日清にも「パリパリの麺を使って野菜を美味しく食べる」という似たコンセプトの商品が存在する。しかも、あのおなじみのチキンラーメンを使用するというから俄然興味がわく。そこで今回、どう違いがあるのか「パリパリ無限もやしのもと」と「チキンラーメン モヤサラダ」を食べ比べて比較してみた。

続きを全部読む

【クソデカ】富士そば五反田店のコロッケそばがヤバイ!「大きいコロッケそば」がマジでコロッケ大きくしただけだった / 立ち食いそば放浪記:第263回

とんでもないものが生まれてしまった……。それはまるで神への冒涜。己がどこまでできるのかを試すかのような飽くなきチャレンジ。富士そば五反田店限定のそのメニューの名は「大きいコロッケそば(税込み490円)」である。

文字通り、コロッケそばのコロッケが大きくなったもの。しかし、どうだこの迫力は。大盛用の丼に蓋みたいにかぶさるコロッケには風格すら漂っているではないか。シンプルがゆえに直感で伝わってくる。クッッッソデケェェェエエエ

続きを全部読む

【ガチ検証】有名店のカップラーメン、本物の直後に食べる「リンガーハット 長崎ちゃんぽん」編

もしかしたら有名店のカップラーメンを販売するメーカーは、常に「店の味を忠実に再現するべきか? それともカップラーメンとしての美味しさを追求すべきか?」という悩みを抱えているのかもしれない。

第9回の『有名店のカップラーメン、本物の直後に食べる』では、そんな思いを強く感じずにはいられなかった。登場するのは、ご存じ「リンガーハット」の長崎ちゃんぽん。この段階で申し上げてしまうが、リンガーハットのカップ麺は店の味とかなーーーり別物であった。

続きを全部読む

【衝撃】かつやの唐揚げ専門店「からやま」、エイプリルフールのネタを真実にする! チキン南蛮定食のキャベツをガチでナポリタンに変更へ!!

本日4月1日はエイプリルフール……なワケだが、記者としての私(あひるねこ)は毎年この日に腹が立っている。様々な企業が仕掛ける “ネタ” 商品やサービスに、仕事柄、軽く釣られてしまうからだ。あのなぁ、微妙にありそうな嘘つくんじゃないよ! 木星に出店しますくらいのド嘘つけや!!

「かつや」のから揚げ専門店「からやま」も、例にならって “四月バカ” ネタをSNSに投下している。ホンマこのガキャ……! さすがにブチギレたため、紛らわしいことしてんじゃねーぞと乗り込んだところ……驚くことに、なんとそこではエイプリルフールが真実になっていたのだ。

続きを全部読む

【すき家で】牛丼と言えるギリのラインまで好きなものだけトッピングした『超自己流丼』が喜びに満ちている

なんだかムシャクシャすることが多い今日このごろ。手っ取り早いストレス解消法は “好きなものを好きなだけ食べること” だろう。でも自分で作るのは面倒。お金もカロリーも高すぎはちょっと……かといって最近は外食もままならない状況。Yeah。

などと無意識のうちに韻を踏んでしまうほどムシャクシャしている人には “牛丼屋で鬼ほどトッピングする” という方法をオススメしたい。たった数百円で「かなり贅沢した気分」を味わうことができるから。とりあえず私が極限までムシャクシャした時に注文するヤツを見てくれ。

続きを全部読む

豚肉好きに知って欲しい! ポークステーキ専門店『マロリーポークステーキ』は豚肉ヘブンだ!! 東京・自由が丘

肉といえば「牛肉」、ステーキといえばやっぱり「牛肉」だと私(佐藤)は思っている。あえて肉の格付けをするなら1位牛肉、2位豚肉、3位鶏肉の順番になってしまうのは私だけだろうか? いや、多くの人がこの格付けに賛同するだろう。

だが、その順位を覆すような豚肉料理を提供するお店が存在した! 東京・自由が丘の「マロリーポークステーキ」はその名の通りポークステーキ専門店だ。ここに行けば、牛肉に退けをとらない立派なステーキに出会うことができる。「豚は牛の格下」という概念が変わること請け合いだ!

続きを全部読む

【独占取材】スシローの裏側がヤバイ! 厨房で目撃した恐るべき実態 / あるいは「寿司のシビュラシステム」

寿司がウマイことで知られるスシロー。だが、あの規模の回転寿司でどうやってウマさをキープし続けているのか? 特に、寿司なんて「職人」と呼ばれるほどの特殊技能なのに。

これは厨房に何か秘密があるに違いない。そこでスシローの厨房に入ってみたところ、記者(私)は衝撃の実態を目の当たりにした。スシローの裏側がヤバすぎる……。

続きを全部読む

パセラリゾーツの「推し色アフタヌーンティー」が4500円でホールケーキまでついてお得すぎた → 美味しく推し色づくしに出来るよ!

カラオケなどで有名な『パセラリゾーツ』のパーティー会場「グレースバリ上野公園前店」にて、アフタヌーンティーが楽しめるようになっていた。2021年4月末までは3500円(税込)で通常のアフタヌーンティーを、+1000円(1名の場合)すると追加でホールケーキまで楽しむことが出来るようだ。

おまけに「推し色」を選んで楽しめる、推し色づくしのアフタヌーンティープランもあるという。筆者の「推し色」である紫もあったので、さっそく行ってみた。

続きを全部読む

【新生姜グッズ】岩下食品から「万年筆のインク」が出たらしいので、これを機に万年筆デビューしてみた

皆さんは「岩下の新生姜」で有名な岩下食品について、どんなイメージを抱いているだろうか。筆者の中では、岩下食品は「生姜界のAmazon」とも呼べる存在である。

「独特な視点の持ち主だな」と思われるかもしれないが、ライターの端くれとして同社を観測している身からすれば、むしろ自然な分析である。ペンライト芳香剤巾着袋焼きそばなど、同社の「岩下の新生姜」グッズのラインナップはあまりに多岐に渡る。

そしてこのたび誕生した新「新生姜」グッズは、万年筆のインクである。これを取り上げねばライターの端くれが廃るであろう。

続きを全部読む

【愕然】閉店する「いきなりステーキ」の1号店に行ったら…あるメッセージに気づいて閉店の衝撃がぶっ飛んだ

本日2021年3月31日のお昼に、『いきなり! ステーキ(以下:いきステ)』の開業1号店である銀座四丁目店に行ってきた。私にとっては、これまで何度も利用したことがある馴染みのある店舗。そのお店が、本日をもって閉店するのだ。

だから最後にステーキを味わっておこう。そんな気持ちで店舗に向かったところ……あるメッセージを発見したことで「マジかよ」となった。閉店のニュースよりビビったと言っていい。もっと言うならば、愕然とした。以下で、最終日の様子と併せて報告しよう。

続きを全部読む

【動画あり】カップヌードル「残ったスープ固めるパウダー」をやってみたら想像よりもスゴかった

2021年3月、インターネット上であるアイテムが話題となった。その名は『残ったスープ固めるパウダー』──。日清食品と小林製薬が共同開発した、カップヌードルの残ったスープを固めるパウダーである。

正直に申し上げると「そこまでする必要ある?」という思いもあったが、実際にパウダーを使ってみて考えが変わった。これはイイかもしれない。スープが固まる様子と合わせて、固めるパウダーを利用するメリットについてお知らせしよう。

続きを全部読む

【革命的】ミスドの新サービス『misdo ネットオーダー』が便利すぎた! これは「使わないと損」と断言しよう

ちょっとコレはスゴイかもしれない……! 何の話かというと、ミスドことミスタードーナツの新サービス『misdo ネットオーダー』の話である。現在、菅田将暉さん出演のテレビCMも放映中だから「存在は知っている」という人は多いことだろう。

とはいえ「ネットオーダー」なんぞあたり前の時代。マックではかなり前から「モバイルオーダー」が導入されており『misdo ネットオーダー』も「今さら?」という感じがしなくもない。だがしかし、実際に使ってみてわかった。ミスドこそネットオーダーが必要だったのだと──

続きを全部読む

【有能】明星の新しいカップラーメン『麺とスープだけ』を食べてみた結果 → これでいいんだよ、これで!

ぶっちゃけ、カップ麺の具材(チャーシューとかメンマとか)をうまいと思ったことがない。

なんとなく “ラーメンの雰囲気” を出すためのモノでしかないと思っている。実はみんなもそう思っているでしょう? そりゃあ無いよりは有った方がいいが、まぁ肝心なのは麺とスープだから。

個人的には、商品の開発段階で具材を全カットし、その分のステータスを麺とスープに全振りしてほしいな〜……と つねづね思っていたのだが、なんと明星がまさにそんなカンジのやつを作ってくれたよ‼︎ 明星、グッジョ──ブ‼︎

続きを全部読む

松屋の新商品『オマール海老ソースのクリームカレー』を食べて「カレーってなんだっけ…」となった話

カレーについて、記者は何もわかっていなかった。そもそもカレーってなんだっけ。自分の中における、その定義ですらブレそうだ。松屋が2021年3月30日より販売開始した『オマール海老ソースのクリームカレー』を食べて、そんな気分になっている。

『オマール海老ソースのクリームカレー』は、カレーと言われれば確かにそうでもあるような気もする。しかし、いざ口にしてみると「カレー?」となる代物なのだ。

続きを全部読む

【冷凍食品】男の中の男メシ! 圧倒的な早さで食べられるワイルディッシュの新鋭「牛カルビ焼肉めし」を実食

この袋が皿になる──。最初こそ何を言ってるんだと思ったが、マルハニチロのワイルディッシュは一度体験するとクセになる。レンチンして袋を破ればもう食べられることに加え、食後はそのまま捨てられるとあってメチャ楽なのだ。

これまで米だけでなくも登場、さらにはから揚げも売られるようになったあたり、おそらく人気なのだろう。まさに時代は時短を求めていると言ってもいいが、1つだけ希望したいことがある。もっとこう……男臭い料理が欲しい!

続きを全部読む

【イオン警察】トップバリュの「ローストビーフ」はアリかナシか? 調査の結果…思ってたんと違った!

イオンのプライベートブランド「トップバリュ」シリーズの圧倒的な安さに信頼を寄せる一方で、同時に何かしらの不穏さを感じずにはいられない──。そんな人はいないだろうか? 安心してくれ、そういう時こそイオン警察の出番だ。

前回の冷凍サイコロステーキに続き、私(あひるねこ)のイオンセンサーが反応したのはまたしても肉だった。といっても、今回は冷凍食品ではなく精肉コーナーからのエントリーである。トップバリュ『ローストビーフ シルクカット』。お前はアリなのか? それともナシなのか!? イオン警察出動!

続きを全部読む

【肉の日】「ひとりしゃぶしゃぶ七代目松五郎」おかわり肉が驚異の90パーセントオフ!  熟成黒毛和牛特選極ロースが税別290円に!!

毎月29日は肉の日だ。「肉の日っていうけどさあ、どうせ多少の割引があるだけで、そんなお得でもないでしょ?」と思った そこのあなた! 違うぞ。東京・赤坂の『ひとりしゃぶしゃぶ七代目松五郎』の肉の日イベントは全然違う! 違う! 違う!!

おかわり肉が全品税別290円! しかも何回でもだ! 熟成黒毛和牛特選極ロース、通常税別2580円がたったの290円! しかも何度もおかわりできてしまう。どうだ! これは肉の日イベント史上、最高のサービスじゃないのか? 太っ腹すぎるだろっ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 549