「グルメ」カテゴリーの記事

松屋の自動販売機で牛めしバーガーを買ってみた! 松のや監修の「とんかつバーガー」もあるぞォォォオオオ!!

松屋と言えば牛めしとカレー。そんな松屋の牛めしやカレーが自動販売機で買える時代がやって来た。2021年11月18日、松屋南砂町店に初の冷凍自動販売機が設置されたのである。これは牛丼業界でも初の試みというから見逃せない。そこでさっそく南砂町店へ行ってみよう!

続きを全部読む

はま寿司「金目鯛・のどぐろ100円祭り」を堪能してみた / 約束された金目鯛とデカくなった蒸しほたて

2021年11月18日から、はま寿司にて新しいフェアが始まった。その名も「金目鯛・のどぐろ100円祭り」。開催中は「金目鯛」と「炙りのどぐろ」がともに1皿1貫で税込み110円となる。

12月8日までの期間限定で、各ネタは売り切れ次第終了だ。金目鯛もノドグロも、どちらもそこそこ高級魚。どうやったって美味くなる魚だ。普通に食べても高コスパが期待できそうだが、フェア対象商品には他にも気になるものが。さっそく食べてきたぞ!

続きを全部読む

ヤオコーから誕生した大型激安スーパー「フーコット」がヤバ過ぎる! コスパにこだわった最強スーパーがこちらです

最近、神奈川県発祥のスーパー「ロピア」がアツいらしいが……埼玉県発祥の「フーコット」も死ぬほどアツい。フーコットとは埼玉県が誇るスーパー「ヤオコー」から誕生したばかりのディスカウント型スーパーマーケット。こいつがマジでヤバいと評判なのだ。

ちなみにコンセプトは「商品の圧倒的な安さと鮮度、品揃えで満足できるスーパーマーケット」らしく “フード コストパフォーマンス マーケット” を略して「フーコット」だという。めちゃめちゃ頼もしい店名である……気になったので行ってきたぞ!

続きを全部読む

【ガストを殺す】ジョナサンの食べ放題がやっぱり最高だった / すかいらーくお客様相談室も知らない2店舗目に行ってみた結果

すかいらーくグループでもガストより影が薄めのジョナサン。私(中澤)はそんなジョナサンが好きなのだが、以前の記事で全国で新小岩駅前店しかやっていない食べ放題のモーニングビュッフェを取り上げたところ予想以上の反響があった。その中に次のような声が。「ジョナサンの横浜公園店の前にビュッフェの看板出てました」──。

全国で1店舗というのは、すかいらーくのお客様相談室の案内だ。タレコミがガチであれば、お客様相談室すら把握していない新情報ということになる。

続きを全部読む

中国のレッドブルはマイルドが過ぎる! これで翼は授かれるのかレッドブル中国法人を問い詰めたくなるレベル

レッドブルは世界中で愛されているエナジードリンクだ。今回はなんと、中国にて製造されているレッドブルを発見したので試飲をしてみたぞ!

ぶっちゃけ商品名が同じなんだから味もほとんど一緒だろうと高をくくっていたところ……こんなに違うの!?!? なんてビックリしちゃうぐらいに日本のレッドブルとの違いがあったぞ! 

っていうか、これでシャキッとやる気は出るのか!? 中国の方、教えて欲しい~!!

続きを全部読む

【困惑】74歳の父、突然『無印良品』に目覚める → ゴリ推ししてきた「牛すじとこんにゃくのぼっかけ」を食べてみた結果…

「人間、物事を始めるのに遅すぎることなんかない」とはやや意味が違うかもしれないが、人はある程度の年齢になっても突然何かにハマったりするらしい。なぜなら私、P.K.サンジュンの父「ヨシオさん(74歳)」が、いきなり『無印良品』に目覚めたからである。

なぜ父が無印にハマったのかは後述するとして、今回はその父が猛烈プッシュしてきた「ごはんにかける 牛すじとこんにゃくのぼっかけ」についてお知らせしたい。頑固者の父が魅了された「牛すじとこんにゃくのぼっかけ」とはいったい──。

続きを全部読む

【異世界】エジプトの寿司屋『スモウ寿司』で「スモウ」と「ニンジャ」と「モリワセ」を食べてきた!

大相撲11月場所が開催されるなか、私は日本から約1万キロ離れたエジプトに滞在中である。並大抵のことでは寂しさを感じない海外暮らしも、相撲を観られないことだけは悲しい。果たして今場所の松鳳山の調子はどうなのか? 気になってエジプトメシも喉を通らないのだ。

しかし、そんなある晴れた午後、ついに私は発見してしまった。エジプトのにぎやかな歓楽街にあって、ひときわ異彩を放つ1軒の店……その名も『SUMO SUSHI(スモウ寿司)』!!!!!

続きを全部読む

ケンタッキー「チキンフィレ&メンチカツサンド」でカロリー摂取が止まらねぇ!! フィレにメンチを重ねる最高のパワープレイ

2021年11月17日から、ケンタッキーがとんでもないサンド系の新メニューをブチかましてきた。その名も「チキンフィレ&メンチカツサンド」。

単品で税込み490円のこちら、チキンフィレにチキンメンチカツを重ねるという恐るべき仕様なのだ。揚げたチキンに揚げたチキンを重ねるとか、意味不明すぎるだろ!! もしや商品開発部は脳まで油で揚がってしまったのだろうか? とりあえず食べて様子をみることに。

続きを全部読む

サブウェイ史上最重量級『THE ワイルドクラブハウス』は思いのほか優しめ… だが中身はワイルド!! ポイントは具・ソース・肉得盛キャンペーン!

サブウェイが2021年11月17日、新商品『THE ワイルドクラブハウス』の販売をスタートさせた。史上最重量級という、なかなかのパワーワードを引っ提げての登場である。

そのボリュームを確かめねばと、さっそく実食。結果、重量についてはさて置き、中身はワイルドさにあふれていた。どれほどワイルドであったか、この場を借りてお伝えできればと思う。

続きを全部読む

無印良品の冬季限定「カカオトリュフ」シリーズがウマすぎィ!! 新作の「マール・ド・シャンパーニュ」もガチ

こんなのあったんか! 無印良品から冬にだけ出ているという「カカオトリュフ」というチョコレートのシリーズだ。1袋税込み290円で、全国の無印良品の店舗および、オンラインストアにて期間限定で販売されている。

実はその存在を先日初めて知った筆者。どうやら凄まじい人気で即売り切れるため、存在を知っていても場合によってはゲットできずに終わることもあるという。そんな激アツ商品が今年も販売を開始しているのだが、新作フレーバーはすでにオンラインストアにて在庫切れ(11月16日現在)。どうにかゲットして食べてみたのだが……すげぇなこれ!

続きを全部読む

【セブン限定】蒙古タンメン中本 白根誠監修「中本丼」がヤバウマ! これは流行るかもしれないと思う理由

もしかしたらこれは爆売れ……というか、セブンの定番商品になるかもしれない。なんの話かと言うと、2021年11月16日から発売されている『蒙古タンメン中本 白根誠監修 中本丼』のことである。ハッキリ言ってしまおう……これはヤバい!

ご覧のようにこの商品は大人気ラーメン店「蒙古タンメン中本」の社長、白根誠氏が監修したものなのだが……。軽い気持ちで中本丼を食べた私、P.K.サンジュンはこう思わずにいられなかった。「白根誠社長、天才やん!」と──。

続きを全部読む

【売れる予感】セブンの都内限定販売「クラシックチーズケーキ」と「クラシックショコラ」を確保した方が良い理由

近頃の冷凍食品はすごいね。温めるだけで美味い! レンチンするだけでご馳走にありつけてしまう。コロナ禍で冷食自販機が普及して、あのリンガーハットでさえも自販機を導入したくらいだから、冷食業界は急速に進化している。

そんななかセブンイレブンが都内限定で冷凍スイーツ「クラシックチーズケーキ」と「クラシックショコラ」(各税別278円)の販売を開始した

食べてみておったまげ~! 美味すぎるだろ、コレ!! 品切れになる可能性があるので、とりあえず確保すべし!

続きを全部読む

【ドミノピザ】トッピング6倍な裏ドミノ新作「まみれシリーズ」をガチ検証してみた

毎回ブッ飛んだ特徴を持つ、ドミノピザの裏ドミノシリーズ。そこに、2021年11月15日から「まみれシリーズ」が新登場。期間限定での販売がスタートした。

ラインアップは8種類で、うち6種はコーン、ベーコン、ガーリック、パンチェッタ、イタリアンソーセージ、そして粗挽きソーセージがそれぞれ盛られたもの。残り2種はそれらから4種を1枚に合わせたクワトロ系だ。

これら「まみれシリーズ」の特徴は、トッピングが通常の6倍だということ。つまり、何かしらの具材に「まみれ」ているというわけだ。それにしても2倍や3倍ではなく、いきなり6倍とは。これは是非とも試してみるしかないだろう。

続きを全部読む

提供:カルビー

【要注意】カルビー「大人のじゃがりこ」を子供に食べさせてはいけないたった一つの理由

初めて「じゃがりこ」を食べた時の衝撃は忘れられない。カリッ! サクッ!! とした唯一無二の食感。発売当時、私(あひるねこ)は小学生だったが、大人になった今も変わらず食べ続けているお菓子なんてほんの僅かだ。が、しかし……。

「じゃがりこ」のおつまみ向けブランド「大人のじゃがりこ」に関しては、細心の注意が必要だろう。特に子供が食べようとした場合は要、要、要、要注意である。なぜか? 以下の記事を読んでいただければ、その理由はおのずと分かるはず。

続きを全部読む

ローソンオリジナル商品に「麻辣味」が4点新しく登場! トルティーヤにビーフジャーキーなど “ビールに合う” ナンバーワンは一体どれ!?

寒くなると、ことさら麻辣(マーラー)系の味を欲する。食べた後に汗をかいてヒンヤリしてしまうのだが、それでも一瞬のホットを求めて食べてしまいがちだ。

ローソンでは2021年11月16日より麻辣味のスナック4品を販売開始。えびせんとトルティーヤチップス、ビーフジャーキーとカシューナッツだ。いずれも美味しいことは間違いないので、今回はどれが一番ビールに合うかを考えていきたい。

続きを全部読む

駅そばが焼きそば! 立川駅構内にある焼きそば専門店『長田本庄軒』に隠された秘密 / 立ち食いそば放浪記:第279回

駅そばと言えば日本そばだと思っていたが、それは私(中澤)の勝手な思い込みであった。東京は多摩地域最大級のターミナル駅であるJR立川駅。構内にはいくつもの駅そばがあるわけだが、なんとその1つが焼きそば専門店なのである

その名は『長田本庄軒』。ラーメン屋のような外観で東口改札内のコンコースに佇むこの店には、若い人や親子連れの客も見受けられ、さも当然のように行列ができている。だが、焼きそばだ。駅そばが焼きそばとはこれいかにィィィイイイ!?

続きを全部読む

片手でお好み焼を食べられるだと…!! 飲食界に新風を巻き起こしそうな冷食を食べてみた正直な感想

近年、めざましい発展を遂げている冷凍食品であるが、前に進まなければ人類の進歩は止まるというもの。次から次へとチャレンジ精神溢れる商品が今日もどこかで考えられている。

んで、本記事で取り上げるニチレイの「片手で食べられるお好み焼」なんかもその1つだろう。読んでそのまま片手で食べられるお好み焼とのことだが、片手で粉物というのはなかなかイメージできない。ハンバーガーみたいな感じ?

続きを全部読む

【苦悩】ペヤングの新商品「ボンゴレ風やきそば」がかなりウマい! …が、売れるかどうかはわからない

2021年11月15日 、我らがペヤングの新商品『ペヤング ボンゴレ風やきそば(税別205円)』が発売開始となった。結論から申し上げてしまうと、今回の新商品はかなりウマい! 余裕でオススメできる!! ……のだが。

『ペヤング ボンゴレ風やきそば』が売れるかどうかはまた別の話。もっと言うと、話題になる可能性はあまり高くない……気がする。果たしてペヤングが進むべき道とはいったい──。

続きを全部読む

【超特大】石垣島の人気店『とうふの比嘉』で豆腐1kgの「ゆし豆腐セット超サイズ」にチャレンジしてみた

石垣島フリークなら、『とうふの比嘉』の名を聞いたことがあるだろう。しかし、実際に同店の豆腐を食べたことがある人はそこまで多くないように思う。なぜなら、お店は石垣島の中心地から離れた場所にあるだけでなく、最寄りのバス停も遠く、たどり着くだけでもひと苦労。

さらに、品切れ次第店じまいなので、午前中で閉店してしまうこともよくあるほどの人気ぶり。私(耕平)も過去に2回、原付バイクをレンタルして訪問したが、いずれも閉店していた。

ところが、つい先日。三度目の正直で訪問したところ、無事入店することが出来たぞ! そして、お店の最強ボリュームメニュー『ゆし豆腐セット(超)』にチャレンジしてきたのでレビューしていこう。

続きを全部読む

提供:丸亀製麺

【独占】何度も言うけど丸亀製麺の天ぷらは激ウマ! なぜカラッとサクサクに揚げられるのか取材してみた

丸亀製麺といえば、毎日店内で麺を打ち、うどんが最も美味しい “茹でたての麺” を提供するのが特徴だ。透明感のある麺はつるつるでもちもち、そして香り豊かなだしも激ウマで付け入るスキが見当たらない……さらに! 忘れてはならないのがアイツの存在である。

そう、天ぷらだ。どの店舗で食べてもアツアツでサクサクだから、ついつい手が伸びて食べ過ぎてしまう。もはや、うどんから主役の座を奪うレベルでウマい。ってか、なぜあんなにウマいのか……その秘密を探ってみたぞ。裏ワザと併せて紹介したい!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 609