「グルメ」カテゴリーの記事

圧巻のボリューム! ほっともっとの「1本うな重」は予約した人しか買えないと気づいて絶望していたら…店員さんのひと言で光が!!

はじめに頭を下げさせてほしい。当サイトの読者に、喜んでいただけると思ったのだ。なんてったって、うなぎの蒲焼がドドンと乗ったうな重である。ガッツリボリューミーで、みなさんきっと、心惹かれるに違いない。

そう思い、事前予約して受取ったところで気付く。ほっともっと『1本うな重』は、予約していなければ2021年7月27日時点では手に入れる手段がないことに……。

なんという大失態。言い知れぬ虚無感に襲われていたところ、ひとつの光が差した。店員さんの助言により『1本うな重』ではないものの、その雰囲気を味わえる商品があることが発覚したのだ。

続きを全部読む

【激ウマ】ゴディバの「マリトッツォ」がついに発売開始! この美味しさは金メダル級だーッ!!

いつ出る、いつ出るんだ? 私(佐藤)は待っていたんだ。ゴディバのマリトッツォが出るその日を! そしてついに出たんだ!! 「真打」とも呼べるゴディバのマリトッツォがッ!! 2021年7月27日、東京・銀座にゴディバの都内3店舗目となるカフェが誕生した。それに合わせて、ついについにゴディバがマリトッツォの販売を開始したのである!

実際に食べてみたら、想像通りうめぇえええ! この味は1番です、優勝です、金メダルです!!

続きを全部読む

丸亀製麺の新商品「シビ辛麻辣坦々うどん」の最大瞬間風速がヤバい! あれが絶対に必要だ!!

2021年7月27日、丸亀製麺の新商品『シビ辛麻辣坦々うどん』が発売開始となった。この段階でズバリ申し上げてしまおう。本商品は丸亀史に残る濃いィィィィイイイイうどんである。

基本的にハズレがなく、何を食べても安定感抜群の丸亀製麺であるが『シビ辛麻辣坦々うどん』に関しも「悔しいけどウマい」と言わざるを得ない。さあ、丸亀大好きっ子の諸君たち、そして濃い味大好きっ子の諸君たち、今すぐ丸亀製麵へGOだ!

続きを全部読む

【狂気】総重量1.5キロ! 大阪大将の「無差別超級頂点君臨丼」がもはやエクストリームスポーツ / 終わりが見えないカロリーの山への挑戦

2021年7月23日から9月5日までの期間限定で、餃子専門店「大阪王将」がとんでもないものを世に解き放っている。テイクアウト限定商品の「無差別超級頂点君臨丼(税込み1880円)」だ。

総重量は1.5キロ。大阪王将史上最重量だという。無差別級の意味するところはよくわからないが、ネーミングとビジュアルから狂気とIQの低さが滲み出ているのは確か。最高じゃん。食ってみるしかねぇぇええええ!!

続きを全部読む

【激震】ケンタッキーを味変できる「ディップパック」を注文してみたら衝撃の事実が判明…! 消される覚悟で詳細を記す

ケンタッキーフライドチキンは2021年7月21日、新商品『ディップパック』『ディップバーレル』を期間&数量限定で発売した。3種のディップソースによって、「オリジナルチキンやサイドメニューを “味変” して楽しめる」のが売り……らしいのだが。

遅ればせながら注文してみたところ、予想をブチ破る衝撃の事実が明らかになってしまったためお伝えしたい。ハッキリ言おう。これは企画の根幹を揺るがしかねない大事件である。本件について私(あひるねこ)も覚悟を持って記す。だから皆さんも覚悟を持って読んでくれ。

続きを全部読む

【激レア体験】日本一スタバの店舗数が少ない鳥取県の「ご当地フラペ」を真夏の鳥取砂丘で飲んでみたら最高だった

都道府県別でスターバックスの店舗が最も少ないのは鳥取と島根。その数たったの各4店舗である。日本国内に1637店舗(2021年3月時点)ものスタバがあることを考えれば、この2県がいかにレアか分かるだろう。東京のスタバとはありがたみが全然違うのだ。

現在スタバでは地域限定の『47 JIMOTO フラペチーノ』を販売中(6月30日から8月3日までの期間限定)なのだが、つまり「鳥取と島根のご当地フラペが日本中で一番レア」ということになる。何を隠そう私は鳥取出身だ。これは2度とないチャンス。

ってことで地元・鳥取へ飛んできた!

続きを全部読む

久しぶりに「綿菓子」を食べたら、日常の緊張をほんの少し忘れることができた / 京綿菓子『zarame』

新型コロナウイルスの猛威はいまだ衰えることなく、新規感染者数が減る気配はない。この時期、全国各地ではお祭りが行われるはずなのだが、昨年に続いて延期や中止の判断を余儀なくされているだろう。

せめて夏祭りの気分だけでも味わいたい。そう考える人に、京都・嵐山の京綿菓子専門店「zarame」の綿菓子を紹介したい。ここは袋詰めの綿菓子の通販も行っている。実際にその綿菓子を食べてみたら、緊張した日常をほんの少し忘れることができたよ。

続きを全部読む

カルディの『瀬戸内レモンオリーブオイルつゆ』はそうめん出汁としてもドレッシングとしても大活躍! 冷蔵庫に1本あると大活躍間違いなしよ!!

夏になると、ほぼほぼ素麵(そうめん)を食べている。幸いにも素麺のメッカ奈良に住んでいるので、麺の供給には不自由しない。ただたまに、タレの変化がほしいなと思うくらいだ。

自作するのも良いが、毎回作ってもいられないので既製品があると便利なことこの上ない。そんなことを考えていた際、カルディにてタイミングよく『瀬戸内レモンオリーブオイルつゆ(300ml / 税込398円)』なるものを発見。さっそく使ってみることにしよう。

続きを全部読む

個人的ランキング1位「ココス」の絶品ピスタチオかき氷を食べずに夏を終わらせるべからず!!

夏になるとファミレスやカフェチェーン各社のかき氷を食べ歩く筆者。もちろん老舗和菓子店など、個性豊かなかき氷を出す店はたくさんあるが、昼でも夜でも思い立ったらすぐ食べられて、行列も臨時休業もなく……という利便性ではチェーン店が最強である。

そして筆者は断言する。今年のナンバーワンは「ココスのピスタチオ」である!

続きを全部読む

【あの感動が再び】北九州民のソウルフード「資さんうどん」がAmazonに出店してた / 店の味の驚きの再現度、ぼた餅との邂逅

あの衝撃から少し経った7月冒頭。それまで主に讃岐うどんか、厳密には讃岐うどんではなくとも似たようなうどんばかり関東で食べて生きてきた筆者は、もう一度「資さんうどん」を食べたいなぁなどと思いながらネットの海を漂っていた。

そこで目にとまったのが、「資さんうどん」代表取締役社長の佐藤崇史氏によるTwitterの投稿。それは、資さんうどんがAmazonに進出したことを告げるものだった。Amazonで買える……だと? キタァァアアアアアアアア!!!

続きを全部読む

【検証】カレーが日本に伝わった時、味は今と違ったのか? 明治時代の文献を参考に作られた『神戸ハイカラ牛すじカレー』を食べてみた!

世界に広がるカレー。肉はもちろん、野菜、魚、果物となんでも受け入れる懐の広さは、各国で独自の進化を遂げるに至った。日本で進化したカレーがイギリスで「ジャパニーズカレー」としてムーブメントを起こしていることは以前の記事でお伝えした通りである。

そんなカレーは、日本に入ってきた時どういう味だったのか? 明治当時の文献を参考に作られたという『神戸ハイカラ牛すじカレー』を食べてみた

続きを全部読む

【アイーン】志村けんさんの銅像が最高にカッコイイ! ロケで訪れたうどん店「こせがわ」にも巡礼してきました

「東村山」という地名を全国区へと押し上げた立役者といえば、志村けんさんだ。ローカルな『東村山音頭』をカバーして大ブームに……同市は昭和51年に感謝状を贈呈、その流れで東村山駅東口のロータリーに3本の欅(けやき)の木「志村けんの木」が植えられた。

そんな「志村けんの木」の目の前に設置されたのが……志村けんさんの銅像である。なんでもクラウドファンディングで約6600人のファンから集まったおよそ2700万円の寄付をもとに制作されたそうだ。2021年6月末にお披露目されたということで、実際に見に行ってきたぞ。

続きを全部読む

【超簡単】手軽に牛乳補給! 「ラッシー」の公式レシピ3種を飲み比べてみたよ

最近ラッシーにハマっている。インドカレー屋とかで出てくる、牛乳とヨーグルトから作られる飲み物だ。飲むヨーグルトに近い味なので、牛乳が得意でなくてもラッシーなら飲める、という人そこそこいるんじゃないだろうか。かくいう私もその一人。牛乳は小学生の頃からずっと苦手だが、ラッシーなら不思議と飲めちゃうんだよな。

今まで既製品を買っていたのだが、調べてみるとちょっとした材料で簡単に作れるとのこと。ネットで話題になっているレシピがいくつかあったので、どれがベスト・オブ・ラッシーなのか飲み比べてみようじゃないか。

続きを全部読む

【衝撃】ベトナムのお菓子『魚の皮チップス』がそのまんますぎてヤバイ

”魚の皮食べる派” と ”残す派” の間には永遠に埋まらぬ深〜い溝があるという。 ”食べる派” の中でも過激な者は「身より皮のほうがおいしい」と公言してはばからない。私はどちらも好きだが、その希少性の高さから皮は ”最後のお楽しみ” にとっておきがち。

さて、そんな魚の皮ファンが泣いて喜ぶ『クリスピーフィッシュスキン(CRISPY FISH SKIN)という食べ物をご存知だろうか? 直訳すると「パリパリな魚の皮」。これはポテチ感覚で魚の皮をパリパリ食べちゃおうという、レッキとしたスナック菓子なのである!

続きを全部読む

酒を飲まない私が『カクヤス』に通うたった1つの理由

酒を飲まない者にとって『カクヤス』は未知の領域だ。付き合いで飲むことはあっても、1人では絶対に酒を飲まない私(中澤)にとってはまさにそれ。ピンクの看板は知っていても、店内に入ったことはほとんどなかった。

しかし、現在、私は『カクヤス』に通っている。週1~2回くらい行っている。とは言え、酒を飲むようになったわけではない。相変わらず1人で飲むことはないし、コロナ禍で付き合いもゼロだ。酒を飲まない私が『カクヤス』に通う理由。そのキッカケは数週間前にさかのぼる

続きを全部読む

【新商品】リンガーハットの「冷やしちゃんぽん麻婆茄子」が安定のウマさ! 週1のレギュラー冷やし麺に認定する!!

リンガーハットの長崎ちゃんぽんはウマい──。1度でもリンガーハットを利用したことがある人なら誰もが知る圧倒的真実である。だがしかし、私、P.K.サンジュンはこう言いたい。リンガーハットの冷やしちゃんぽんは更にウマい、と。

2021年7月26日から全国販売される『冷やしちゃんぽん麻婆茄子』を一足先に食べてきたところ、これが激ウマ! 冷やしちゃんぽんがウマいことは知っていたが、今回も「とりあえず週1のランチはこれで」とレギュラー入りを確定させるハイクオリティなウマさであった。

続きを全部読む

【コンビニ超え】有名店のラーメンを24時間販売する冷凍自販機「RAMEN STOCK 24」が画期的すぎてスゴイ! ラーメン凪、吉祥寺武蔵家など

ジュースの自販機ならそこらじゅうに転がっているが、ラーメンの冷凍自販機はさすがに見たことがなかった。しかも置いてあるのは「ラーメン凪」や「吉祥寺武蔵家」といった超有名店のラーメンだという。マジかよ、レジェンド級ではないか。

2021年6月より東京の板橋・中野・高田馬場にて(7月19日時点)24時間365日稼働している自販機、その名も『RAMEN STOCK 24(ラーメンストックニジュウヨン)」。どことなく当サイトに名前が似ていることもあり、私(あひるねこ)は知人に会うような気分で現場に駆け付けたのだった。

続きを全部読む

【巨大】ロピアの人気ナンバー1商品「モンスターバーガー」がデカすぎてヤバい! これで税別500円ってマジかよッ!!

「ロピア」は日本のコストコと呼ばれている、コストパフォーマンスの高いスーパーマーケットだ。そのロピアで、かねてから狙っていた商品がある。お店の人気ナンバー1「モンスターバーガー」だ。

最近その実物を目にして、私(佐藤)は仰天してしまった! マジでデカい!! デカすぎる! しかも安い! ハンドボールくらいのサイズなのに税別500円って、マジかよ!

続きを全部読む

金沢名物の『鮴』って知ってる? 久しぶりに食べたくなったので「佃煮」を取り寄せてみたら、やっぱり美味しかった件

子どものころ、金沢に出張する父に「 “鮴” 買って来て!」とよく注文していたものだ。刺身やから揚げも美味しいし、土産にするのであれば佃煮がオススメだ。

記者は金沢以外で、その姿を見かけたことがない。あんなに美味しいのに、捕れる場所が限られているからだろう。久しぶりに食べたくなったので、いっちょ取り寄せてみようではないか。

続きを全部読む

【実食】麺にピーナッツバターを混ぜて食べる「バンメン」を食べてみた! 世界最大規模の外食チェーン『沙県小吃』

海外旅行に安心して行ける日はいつ訪れるのやら……。と思っている人は多いだろうが、インド食材専門店ラテンスーパーマーケット中華料理のフードコートに行けば、国内にいながら本場の味を楽しめる。

東京・高田馬場の「沙県小吃(サーシェンシャオチー」も、本場中国の味を楽しめるお店のひとつ。看板メニューの「バンメン」は、麺とピーナッツバターを和えるというものだ。どんな味なのか、テイクアウトで確かめてみた!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 580