「グルメ」カテゴリーの記事

日高屋の「ちょい飲み」を女性が1人で利用した結果 → 店員さんの発言に混乱! 1000円でお釣りが来るとは聞いていたが…

関東を中心に店舗を構える「熱烈中華食堂 日高屋」が、飲みに力を入れているのはご存じだろうか? 同チェーンでは飲みでの利用を『ちょい飲み日高』と名付け、低価格路線で大々的に売り出している。なんでも、1000円払ったら「ラーメン + 餃子 + ビール」でお釣りが来るのだとか。

男性利用者の多いイメージがある日高屋だが、“ ちょい飲みで低価格 ”とは女性でも気になるところ──。 実際に私が女性1人で利用してみたので、「日高屋のお得なサービス」と一緒にお伝えしていこうと思う。

続きを全部読む

トランプ大統領の『特注ハンバーガー』を食べてみた → 肉盛り盛りすぎてゴルフ前に食べたらドラコン余裕なレベル / 麹町『THE BURGER SHOP』

2019年5月25日から28日までの予定で来日しているトランプ大統領。令和初の国賓として歓迎ムードが続いている。そんなトランプ大統領はハンバーガーが好物で、26日昼にはゴルフ場で特注のハンバーガーを完食したという

産経ニュースによると、このハンバーガーは東京都内に2店舗を展開する『THE BURGER SHOP』で作られたものなのだとか。というわけで、『THE BURGER SHOP』に行ってみた。トランプ大統領と同じハンバーガーくださーい

続きを全部読む

【意外な伏兵】コーヒー1杯200円のカフェ「ベローチェ」がまさかの “ちょい飲み” 参入へ! 新せんべろサービス『Vバル』爆誕!!

「おいしい珈琲をいれております」の看板でおなじみのカフェ・ベローチェ。1杯200円からという安さに加え、しっかりした分煙システムでも支持を集める人気チェーンだ。そんなベローチェが、なんと “ちょい飲み” に参入することが明らかになったぞ。

2019年6月3日より東京都内の一部店舗にてスタートする「Vバル」は、気軽に夜飲みが楽しめるベローチェの新サービスだ。まさかあのベローチェがバル化するとは意外だったが、世の酒飲みたちにとっては新たな せんべろスポットの誕生と言えるだろう。

続きを全部読む

丸亀製麺のプロは『親子丼』を「うどん」として楽しむ / 公式が絶賛した “つう好み” の変態テク

変態と聞くと、誰もが「動物が姿を変えるアレ」を頭に思い浮かべるだろう。サナギが蝶になったりする的なヤツだ。「完全変態」とか「不完全変態」といった言葉を覚えている人も、中にはいるかもしれない。

今回紹介するのは、そんな「変態」の一種。ただし、動物ではない。丸亀製麺の親子丼が「親子うどん」になるのだ。どういうことかは作り方を見てもらえれば一発で分かるが、それが何というか、実にコロンブスの卵的な発想で……。

続きを全部読む

【全国に1店舗のみ】「銀だこ」研修センター店に行ってみた結果! ドリンク全品200円だが「串カツ田中」に勝てるのか?

大阪人は認めていないらしい「築地銀だこ」のたこ焼き。でもバリバリ東の人間である私(あひるねこ)からすると、いやいや、銀だこ最強っしょ! と思うのだがどうだろう? 最近暑くなってきたことだし、銀だこをつまみに ぐいっと一杯やりたいところでありんす。

そんな酒飲みかつ、銀だこ大好きピーポーにぜひお教えしたい穴場が「大衆酒場市ヶ谷研修センター店」だ。「串カツ田中」の研修センターについて前回お伝えしたばかりだが、実は銀だこにも同様の店舗が存在するのである。こちらもドリンクが安いらしいですぜ、さっそく行きましょう旦那ァァァ!

続きを全部読む

新宿のバーでヤバすぎるものが出てきて爆笑した話 / ゲーム好きならマストなバー「16SHOTS」

皆さんご存知だとは……あるいは、知らなくともなんとなくそんな印象を持っていると思うが、新宿にはバーが多い。普通のバーも多いが、場所柄かやたらとトガった特徴のあるバーも、それこそ星の数ほどある。

色々ありすぎて、多少ぶっ飛んでいてもそこまで記憶には残らず話題にもしないというのが正直なところ。しかし、筆者が先日なんとなく足を運んだバーで出てきたものは、あまりに衝撃的すぎた。理解が追いつかずフリーズしたレベル。完成度高いっていうか、そういう問題じゃねぇぞオイ!

続きを全部読む

【穴場】パンダエクスプレスがひっそり都内初上陸 → 名物「オレンジチキン」も比較的スムーズに買えるヨ☆

アメリカ発祥のチャイニーズレストラン『パンダエクスプレス』が神奈川県川崎市に日本再上陸を果たしたのは、今からおよそ1年半前の2016年11月のこと。名物「オレンジチキン」を筆頭に1度は食べてみたい料理がズラリと並ぶが、みなさんは1度くらい同店に足を運ばれただろうか?

アメリカナイズされた中華料理なんてめっちゃイイ……とは思いつつも、記者は1度もパンダエクスプレスで食事する機会に恵まれなかった。理由はただ1つ「ラゾーナ川崎に行く機会がなかった」から。食べてみたい、食べてみたいけども、わざわざ川崎まで足を運ぶ気までにはならなかったのだ。

続きを全部読む

【山形県民激推し】はじめて『冷やしラーメン』を食べてみた! トッピングもりもりな「麺ダイニング ととこ」のオリジナルラーメンがマジうま!!

自分にとっての常識が、一歩外に出てみると非常識だった……なんてことはよくある話だ。記者にとってラーメンと言えば温かいものだが、山形県や福島県では『冷やしラーメン』なんてモノもあるらしいな。山形県出身の友人から「山形と言えば冷やしだ」とすすめられ、気になっていながらも口にする機会がないまま早幾年。

そんなある日のこと、東京でも冷やしラーメンを食べられる “麺ダイニング ととこ” なる店があるという情報をキャッチした。しかも神保町にあるらしい。これ幸いと古本屋めぐりの途中で立ち寄り、生まれて初めて冷やしラーメンを食べてみた次第である。山形愛がビシバシ伝わって来る “麺ダイニング ととこ” をとくとご覧あれ! 

続きを全部読む

30グラムで5000円! 超高級ふりかけ『思わず舌鼓 口どけ』はどんな味がするのか? 食べてみた結果…

かけるだけでご飯を美味しくする「ふりかけ」。星の数ほど商品があるが、今回はその中でもテレビやネットで話題の超高級ふりかけ『思わず舌鼓 口どけ』を購入してみたので、感想をお届けしたい。

公式通販サイトだと、満足できなかった場合は返金も受け付けているこの商品。気になるお値段は1缶30グラム入りで……5000円ナリ! メチャ高価だが、そのお味はいかに。

続きを全部読む

【無印良品】ベーカリーのパンを “大人買い” して気付いた「ダントツで美味いヤツ」

ロールパンだ、ロールパン。一見どこにでもありそうなロールパンが、めちゃくちゃ美味かったのだ。少なくとも、私が無印良品で買ったパンの中ではダントツの1位。100円払ってお釣りが来る価格であるにもかかわらず、もっともインパクトがあったのは間違いなくロールパンであった。

──もはや言いたいことは大体言ってしまった感があるのだが、「無印でパン?」と思っている人もいるだろうから、以下で補足的に説明しよう。

続きを全部読む

新幹線内で『スジャータアイス』の静岡県産「いちご味」が期間限定発売中ぅぅぅ~! 東海道線ユーザーは必見だぞ!!

「スジャ~タ♪ スジャ~タ♪ ルルルル~ン♪」うろ覚えだが、コーヒーフレッシュなどでお馴染み “スジャータ” のCMってこんな感じだったよな。突然何を言い出すんだと思われたかもしれないが、思わず脳内でこの音楽が再生されてしまう出来事があったのだ。

それは東海道線新幹線内でのこと。スジャータアイスを購入したのだが、なんと今の時期(2019年5月現在)限定で「静岡県産いちご味」があったのだ! 食べた瞬間に美味しさと嬉しさにより、脳内でスジャータソングが流れた次第である。

続きを全部読む

焼肉屋なのにウニやイクラを推しまくり! HPトップから海鮮エンジン全開の『焼肉はたがや』に行ってみた

皆さん焼肉はお好きですか? 私は大好きです!! まだ行ったことがない焼肉屋さんを求め、よく焼肉について検索しては、お店のHPやレビューをチェックしてます。NO 焼肉、NO LIFE。

そんなある日、気になる焼肉屋を発見。なんと、焼肉屋さんなのにウニとイクラを推しまくっているのだ。これはもう、行くしかない!!

続きを全部読む

これは、とん汁だ。けれども、とん汁なのか? 浅草にある「おみそ汁専門店」で半信半疑になるほど日本のソウルフードを味わった

日本のソウルフード、みそ汁。子どもの頃から慣れ親しみ、私たちは魂にみそを刻みつけるほど何杯も食してきた。白米とは無二の親友で、米を口に運び、あとからみそ汁を注ぐと、口内で “日本” の風味を豊かに醸しだしてくれる。みそ汁は日本のソウルフードだ。間違いない。

そんなソウルフードを極めたお店が浅草にある。その名も、浅草のおみそ汁専門店「MISOJYU」(ミソジュウ)だ。筆者はこの店にとん汁を頂きに行った。なんとそこで日本の原体験を味わったので、ぜひ読者にもご紹介したい。

続きを全部読む

回転寿司マニア「スシローのえびチーズをそのまま食うのは素人!」→ プロの食べ方が激ウマだった

バラエティに富んだメニューが魅力の回転寿司と言えば『スシロー』だ。マグロ、サーモンなどの定番ネタはもちろん、生ハム、若鳥グリルステーキなど攻めた寿司ネタにも定評がある。中でも、他の追随を許さないのはエビのアレンジ

赤えび、生えび、活〆有頭大海老、果ては海老フライアボカドロールまで、メニューの幅は無限大である。私(中澤)は、えびチーズが大好きだ。

ある日、えびチーズを注文し食べたところ、隣で食べていた鮮魚久良々(せんぎょくらら)さんがこう言ってきた。「まだスシローでえびチーズをそのまま食べてるの?」と。

続きを全部読む

【急報】2019年5月25日は有楽町駅前の「東京愛らんどフェア」にGO! 島寿司を食べたら寿司がパラダイムシフトした話 / あるいはクロシビカマスがウマすぎた話

関東在住のみんな、特に珍しい食べ物とか魚が好きなみんなに是非知らせたいイベントがある。それもめちゃくちゃ急で、本日2019年5月24日と(執筆時ですでに24日分は終わってる)、25日の土曜日しかやっていない「東京愛らんどフェア」なるイベントだ。

わかる。名前はなんかショボそうだよな。いかにも役所とかがつけた、スタイリッシュさを欠く感じ。でもイベントの中身はガチだし、マジで珍しいものを食べられるまたとない機会なのだ……!

続きを全部読む

【江戸川橋】ポケモンGOトレーナーが集う居酒屋「P-GO居酒屋 げんきのかけら」に行ってきた

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日もフレンドさんとレイドバトルに出かけてるかな? やっぱり大親友のボール+4は大きいよね!! 安心感が全然違うよ! ……え? なんだと? 一緒にポケモンGOを楽しむフレンドがいないって? 

そんな人は、例えば今回ご紹介する東京は江戸川橋の居酒屋『P-GO居酒屋 げんきのかけら』に出かけてみてはいかがだろうか? ここは、ポケモンGOトレーナーが集結するありがたすぎる居酒屋である。

続きを全部読む

圧倒的糖度を誇る「プレミアムメロンパフェ」は1日10食限定の “今すぐに味わうべき楽園” / 東京・大塚の果実店「フルーツすぎ」

「果物の王様」と言えばドリアンだが、今の日本で国民投票を実施したら、王に選出されるのはメロンではないかと筆者は思っている。上品な甘さと高級感を備えたあの果物に王としての資質があることは、多くの人が同意してくれるはずだ。

今回は、そんなメロンの中でもとびきり甘い品種をふんだんに使ったパフェをご紹介したい。「とびきり」がどれほどかと言えば、普通のメロンの糖度が13~14度と言われているなか、それを優に越えた糖度17度以上をたたき出すほどだ。そんなの美味しいに決まっている。

続きを全部読む

立ち食いそば屋だけど人気は “佐野ラーメン”『駅そば大宮』のメニューが普通じゃない理由 / 立ち食いそば放浪記:第165回

時は金なりな現代社会。乗り換えの隙にツルッと食べられる駅そばは忙しい人にとっての強い味方だ。早い・安い・定番メニュー、駅そばと言えばこれだが、ちょっとおかしなことになっている店を発見した

それは先日のこと。大宮駅にある立ち食いそば屋『駅そば大宮』に立ち寄ったところ、メニューに大きくこう書かれていたのである。「人気商品 佐野ラーメン(税込500円)」と! え? ここ、そば屋だよね?

続きを全部読む

魅惑の食べ物「焼き小籠包」は一度食べたら後戻りできない! 新宿で唯一食べられる店で大満足ランチ / 東京・新宿「上海小籠包 厨房 阿杏 本店」

「小籠包」と聞いて思い浮かべるのは、よく蒸された薄皮のとろとろな飲茶ではないだろうか。しかしこの世には、たっぷりの油を使ってカリッカリに焼き上げられる「焼き小籠包」なるものがあるのだ。

筆者は学生時代、中国・上海出身の先生に「上海の焼いた小籠包こそが本物! 絶対蒸した小籠包より焼き小籠包の方が美味しい!」と力説され、半信半疑で食べてみてから、その魅力に取り憑かれた。

続きを全部読む

中古レコードとたい焼きを売る店「ダ・カーポ」のたい焼きのしっぽに隠された意外すぎるヒミツ / 東京・五反田

私(佐藤)は街歩きが好きだ。大きな商業施設なんかより、少し歴史を感じさせるような古い小さな街並みを好んでいる。昭和を感じさせるようなサビついた商業看板を見つけて懐かしんだり、ウィットに富んだ店名が目に留まると、心のなかで「なんでやねん」と小さくツッコミを入れたりしている。そこに行かなくてはわからないことを見つけるのが好きだ。

最近も意外なお店を発見した。そのお店「ダ・カーポ」は、看板に「(used)CD・LP」とある。つまりレコード屋な訳だが、店前には「たい焼き」の文字もあった。レコード屋のたい焼き!? 気になったので訪ねたところ、あずきのたい焼きのしっぽにヒミツが隠されていた。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. ...
  11. 412