「グルメ」カテゴリーの記事

富山の回転寿司『氷見きときと寿し』は富山湾であがった新鮮な魚が大量! 口の中が幸せでいっぱいだ~!!

海ある所に美味しいお寿司あり。

今回筆者が紹介したいのは、富山県に本社を構える氷見きときと寿し。地元の人々からも愛されるご当地回転寿司店だ。

「きときと」とは北陸地方の方言で「ピチピチ」を意味する言葉。店名通り、マジできときとなお寿司がお腹いっぱい食べられるぞ。しかも意外とリーズナブルなんだよな……!

続きを全部読む

スタバもKFCも違和感すごい!「中華圏No.1出前アプリ」を東京で開いたら…日本とは思えない光景が広がっていた

日本でフードデリバリーアプリといえば「Uber Eats(ウーバーイーツ)」や「出前館」あたりがメジャーだろうが、国が変われば人気アプリもまた変わる。

たとえば、中華圏では「EASI」というデリバリーアプリがNo.1らしい。なんでも現地在住の中国系の人がよく利用しているそうだ。どんなものか気になって、AppStoreを見たら……

続きを全部読む

【チョコレートパフェ探訪】第13回:いくらなんでもデカすぎる! 大阪・鶴橋「カナリヤ本店(KANARIYA)」チョコレートパフェ(税込880円)

「大阪にスゴいパフェがある」との情報を耳にした私は、大阪観光もそっちのけで、焼肉屋さんだらけの道にいた。鶴橋エリアの小道は、焼肉、焼肉、また焼肉……と思ったら「KANARIYA」と書かれたカフェが出現。

到着したのは11時すぎ。すでに行列ができている。名店の予感。並んでいる最中、可愛らしい店員さんが店から出てきてメニューを渡してくれた。しかし私の答えはひとつ。モチのロンで「チョコレートパフェ」だ。

平日なのに40分。しかし、事前にオーダーを聞いてくれていたので、席に着くなり、そこまで待たずにチョコパフェは出てきた。それこそが……

続きを全部読む

【今だけ!】マックの新作『桔梗信玄餅パイ』の登場でパイがまさかの三つ巴状態に!? この熱い期間を見逃すな!

2022年4月27日、マックではご当地名物とコラボした新作スイーツの販売が始まった。その中でも特に気になったのは『桔梗信玄餅パイ』。山梨の銘菓「桔梗信玄餅」をパイで再現しているという、ちょい旅気分を味わえるスイーツだ。

秋限定「月見パイ」のファンとしては、餅入りのパイが出たとなれば見逃せない。「どのくらい信玄餅が再現されているんだろう?」なんて思いながら店舗に向かったのだが、マックではとんでもない事態が起こっていた……!

続きを全部読む

4大回転寿司ガチ食べ比べ「たまご」編! スシロー・はま寿司・くら寿司・かっぱ寿司で1番ウマいネタを探す:第13回

ピンポイントで1つのネタにフォーカスし、1番ウマい回転寿司を探す『4大回転寿司ガチ食べ比べ』のコーナー。回数を重ねてわかったが、意外にも「〇〇が一等賞!」とスパッと決まるケースは稀である。そういう意味で『たまご編』もかなり難しかった。

生魚とは違って人の手が加わる『たまご』は、各社ともにそれなりの個性はあった……のだが、おそらく たまごに関しては「〇〇が最高!」とジャッジできる人は、この世に1人も存在しないハズだ。

続きを全部読む

バーガーキングの新作、バンズをめくって見える光景が至高だった

2022年5月6日、バーガーキングは数量限定にして期間限定のハンバーガー2種を販売開始した。『ベーコンブースター ビッグマウスバーガー』と『チーズ&チーズ ビッグマウスバーガー』だ。

価格はどちらも単品1280円で、セット価格は1580円。いずれも “ビッグマウス” と付くことから分かる通り、とにかくデカいハンバーガーである。

続きを全部読む

「カキオコ」こと牡蠣入りお好み焼きの缶詰を開けたら、一瞬「え!?」ってなった

「カキオコ」と聞いて、何かわかる人は「お好み焼き」を食べる習慣のある人ではないだろうか。カキオコとは牡蠣(かき)の入ったお好み焼きのことをいう。厳密には岡山県・日生(ひなせ)の郷土料理とされている。

そのカキオコを詰め込んだ缶詰を発見した。お好み焼きの缶詰だと? どんな風に缶に詰め込んだのだろうか? 購入してフタを開けたら、一瞬「え!?」ってなってしまった……。

続きを全部読む

【知ってた?】フランスのマクドナルドには『スイーツバーガー』がある! ただし想像の100倍 “スイーツ” なので注意

フランスのマクドナルドには多くのご当地バーガーがある、という件について先日の記事で詳しくお伝えした。中でも主力選手『プティ・フォンデュ』の完成度たるや「さすが芸術の都」と唸らずにいられぬ美しさ。そんな中、さらに独創的な限定バーガーが存在していることをご存知だろうか。

その名は『Mc ChocoNuts(マックショコナッツ)』……なんとも甘そうな響きだが、実際に食べてみると死ぬほど甘い。マックショコナッツの正体は日本で馴染みのない “スイーツバーガー” なのだ。気になる全貌をお伝えしよう。

続きを全部読む

【肉に溺れる】週3日夜3時間しか営業しないキッチンカーの背徳感たっぷりな肉肉しい弁当を食べてみた / 千葉県船橋市「肉波」

身近な背徳……その1つとして夜9時を回った後のカロリー、炭水化物、脂質たっぷりの食事が挙げられるのではないだろうか。メタボへの入口とわかっていても、その感情を止めることは困難。毎日そんな食生活は良くないが、週1回くらいなら健全なストレス解消法と言えよう。

そして、どうせ食べるなら美味いものに越したことはない。そんな願いを低価格で叶える素敵なお店が、私(耕平)の地元・千葉県船橋市に存在する。その名も『キッチンカー肉波』。週3日で1日3時間しか営業しないこのお店。そこで購入した弁当を食べて、まさか本当に肉の波に溺れることになるとは……。

続きを全部読む

【まさか】グラム128円の衝撃! ロピアの怪しすぎる「牛スティックカルビ」が優秀すぎた

あなたは “100グラム128円の牛肉” と聞いて、どうお感じになるだろうか? 率直に「怪しい」と思わないだろうか? 部位にもよるが牛肉で100グラム128円は「ワケあり」と考えるのがむしろ自然なハズだ。

つい先日、ロピアに出かけたときのこと。あまりにも怪しい焼肉『牛スティックカルビ』を発見! グラム128円のお値段は当然として “スティックカルビ” というネーミングも怪しすぎる。これは逆に買うしかない──。

続きを全部読む

無人餃子販売所『50年餃子』は安くて多くて旨い! 中部地方で買える “餃子界の優等生” やぁ~~~!!!!

愛知県内を車で走っていたところ、幹線道路沿いに『50年餃子』という名前の無人餃子販売店を発見した。

50年!? ……無人販売所にしては歴史が長すぎる。餃子の無人販売所が一般的になったのは、ここ数年のはずだが……。

気になったので実際に購入し、50年の謎を調べるとともに味を確かめさせてもらうことにした。

続きを全部読む

【ヤバい】コストコの「台湾大ジーパイ」が本気でデカすぎた! ファミチキと並べてみた結果…

あなたな台湾グルメ「ジーパイ」をご存じだろうか? ジーパイとは鶏肉1枚を丸ごと豪快に揚げた、台湾の屋台料理のことである。ここ数年、都内ではチラホラと専門店を見かけるようになったが、最大の特徴は “顔サイズ” とも言われるその大きさだ。

2022年春、そのジーパイがコストコの新商品として登場した。思えば「巨大台湾まぜそば」を筆頭に “巨大グルメ” ならお手の物のコストコとジーパイの相性はいいのかもしれない。さっそく試してみることにしたゾ。

続きを全部読む

「めんべい」の種類ってこんなにあったのか! 珍しい味にトライしたら意外なものが美味

いまや福岡の定番お土産となった「めんべい」は、販売元の山口油屋福太郎が世に送り出してから2021年で20周年を迎えた。プレーン味をはじめ、ねぎ、マヨネーズあたりが人気どころだが、次から次へと種類を増やし続けていることをご存知だろうか。

こういうのも、県内の直営店に行ったら「これでもか」と見たことない めんべい が置いてあったのだ。こ、こんなに存在していたんか……!!

続きを全部読む

京都のソウルフード・志津屋の『カルネ』を自宅で再現できる「マーガリン」を発見しちゃいました

関西住みで、京都は志津屋のパンを知らない人はいないだろう。特に “カルネ” が良いのだ。シンプルだからこそ際立つ美味しさ、そして何度食べても飽きが来ない。

本来であれば毎日買いに行きたい勢いであるが、いかんせん京都に住んでいないと難しい。そんなカルネ難民に朗報だ。なんと『SIZUYA特製カルネマーガリン』が売っているではないか!! ひゃっほう!!!! 

続きを全部読む

【激推し】ドトールの激レア店「ドトールキッチン」に行ったら、激レア商品の「デコレーションシェイク」を飲みたまえ!

街のコーヒー店としてすっかり定着している「ドトールコーヒーショップ」。実は私(佐藤)は週に3回も通っている常連、重度のドトール中毒者である。駅に近くてサッとコーヒーを飲め、さらに喫煙室(店舗による)があるのでと~っても助かってる。

そのドトールに食事メインの郊外型店舗が存在するのをご存じだろうか? その名も「ドトールキッチン」である。どんなものか実際に利用してみた。

続きを全部読む

駅弁嫌いが丸政の「元気甲斐(げんきかい)」を食べて衝撃を受けた / 調べたら驚きの事実が発覚…

何十年も「駅弁」の良さがわからないまま生きてきた。

冷たいご飯が好きではないので「駅弁が」というより弁当全般が苦手だった。冷えた弁当より、あったかいご飯の方が美味しいに決まっている。だからデパートの駅弁特集などで並ぶ人の気持ちもわからなかった。

そんなアンチ駅弁の牙城を崩したのは、あるロングセラーの駅弁だった。

その名も「元気甲斐」。

山梨県・小淵沢の駅でその駅弁を初めて見たとき、正直ふざけたネーミングだなと思った。甲斐の国だからって「げんきかい」って……。しかし、ひとくち食べた瞬間から私は「元気甲斐」の虜になったのである。

続きを全部読む

【生協通信】パルシステム『産直小豆のよもぎ餅(つぶあん)4個200g』を初めて食べた時の衝撃たるや… / とても冷凍食品とは思えない香りとウマさ

それを初めて食べたのは実家だった。母がウマそうに食べていたのを1つわけてもらったのだ。最初はスーパー等で買ったモノかと思っていた。が、一口食べたその瞬間、私は叫んだ。

「こっ、これ、どこで買ったの!?」。母は答えた。「パルシステムだよ」と──。

続きを全部読む

※追記あり【歓喜】松屋の「ごろチキ」が今日からレギュラーメニューに! 感動が止まらないので「ごろチキ」との思い出を振り返る

ここ10年で最大級の衝撃ではないか。松屋が誇る究極かつ至高のメニュー「ごろごろ煮込みチキンカレー」が本日2022年5月2日より、なんと定番メニューとして松屋のラインナップに加わることになった。そう、期間限定枠からレギュラーに昇格したのだ。

この電撃ニュースを私(あひるねこ)は別件の取材先へと向かう電車の中で知ったのだが、感動のあまりすぐさま駆けつけそうになったぞ(どこへかは分からんが)。我らが「ごろチキ神」が、ついに……ついに……!

今後5月2日は国民の祝日に制定され(ごろチキ感謝の日)、ゴールデンウィークを構成する休日の一つとして広く国民に知られることになるだろう。

続きを全部読む

【ガチ対決】「コストコのティラミス(1480円)」vs「サイゼリヤのティラミス(1740円)」→ まさかの圧勝劇に…

まず最初に断っておくと、当初から記者には「どちらかのティラミスを持ち上げよう」とか「どちらかのティラミスをボロクソに言ってやろう」なんて気は1ミリも無い。ただ「同じくらいの価格のティラミスだし、いい勝負になるのでは?」と考えただけである。

だがしかし、結果として片方のティラミスが圧勝してしまった結果、今はとてもいたたまれない気持ち──。こうなってしまった理由については後述するが、ともあれ忖度無しの「ガチティラミス対決」の結果をご報告したい。

続きを全部読む

【ホテルの朝食だけ食べたい】第9回:そのビュッフェ、日本全国3位! 北海道・札幌「センチュリーロイヤルホテル」の『ユーヨーテラス サッポロ』(税込3000円)

その日、北海道は抜けるような青空だった。私が向かったのはJR札幌駅から徒歩2分の場所にある『センチュリーロイヤルホテル』である。

事前に電話で「外来でも朝食だけ食べられますか?」と聞いたところOKの返事。価格は1人3000円(税込)。

前回もそうだったが、北海道は価格が安い! それでいてレベルが高いから恐れ入る。だが、このホテルのレベルは “高い” どころの話ではなかった。というのも……

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 653