「グルメ」カテゴリーの記事

テレビにも雑誌、インターネットにも載っていない、日本や海外のちょっと変わったグルメやレシピを、ロケットニュース24テイストでたくさん紹介しています。

二八ならぬ八二(はちに)を食べての正直な感想【家そば放浪記】第87束:スーパー玉出で買った、五木食品『藪そば』税込138円(1人前69円)

ひとつ前の『十割そば本舗 国産の二八蕎麦』を食べ、私は確信した。どうも私は「二八(にはち)」が好きであることに。

二八については前回の記事を参照してもらうとして、今回は……なんとまさかの二八の逆! 掟破りの逆二八(おきてやぶりのぎゃくにはち)といっても過言ではない、八二(はちに)のお蕎麦を食べてみることにした。

続きを全部読む

【ヤケクソか】やよい軒に「牛豚鶏 焼肉ざんまい定食」が登場! 偏差値は低いけど約束されたウマさ!!

正直なところ、その新商品を知ったとき、記者は「偏差値が低いな」と思わざるを得なかった。そう、2022年12月6日から発売開始となった やよい軒の『牛豚鶏 焼肉ざんまい定食』のことである。

このメニューは「牛・豚・鶏の3種類の肉を楽しめます!」という “ヤケクソ感” すら漂う新商品。ね、偏差値低いでしょ? だがやよい軒より遥かに偏差値が低い記者は、まんまと『焼肉ざんまい定食』に引き寄せられてしまったのだ──。

続きを全部読む

モスのチーズバーガー専門店が広尾に誕生! ポテトは焼き、トレーは箱、ささやかな工夫の光る良い店だった!

1972年、東京・成増で誕生したモスバーガーは、今年創業50周年を迎えている。コロナ禍で外食チェーンが苦戦を強いられるなか、モスはテイクアウト・デリバリ―を強化し、好調な売上だという。そんなモスが、2022年11月末に新業態のチーズバーガー専門店をオープンした。

その店「mosh Grab’n Go」(モッシュグラブアンドゴー)には、モスの定番モスバーガーがない! ライスバーガーもない! 菜摘バーガーもない!! あるのはチーズバーガーだ! 実際に利用してみたので、その率直な感想をお伝えしよう。

続きを全部読む

【注意喚起】スシローのレシートを捨てたら損をする? 捨てる前によく読んでみた結果 → マジだった

私(あひるねこ)は基本的に “レシートもらったら即捨てる派” である。レジ横にレシート用のゴミ箱があったらすぐさまダンクするし、何なら会計後は「レシート結構です」と言ってその場から立ち去る。こういう人はそれなりに多いんじゃなかろうか。

しかしだ。最近こんな話を小耳にはさんだ。スシローのレシートに限っては、捨てずに取っておいた方がいいと──。いやいや、スシローのレシートこそいらないでしょ! 無駄に長いし!! こんなの持ってたところで何の意味もな……ホンマや。

続きを全部読む

【黒魔術かよ】大阪王将がテスト販売している卍炒飯、ビジュアルが怖くて味に集中できない

大変申し訳ないのだが、本記事で取り上げる炒飯の味について私は詳しくお伝えすることが出来ない。なぜなら、食べているとき味に集中できなかったからだ。

私の意識は炒飯のビジュアルに奪われており、もっとも記憶に残ったのはその見た目であった。究極の強面(こわもて)と言おうか。とにかくイカついのだ。どんな感じかというと……。

続きを全部読む

「二八(にはち)」最強説【家そば放浪記】第86束:ヨークフーズで買った、山本かじの(山本食品)『十割そば本舗 国産の二八蕎麦』税込516円(1人前258円)

いまだ現王者『乱切り二八(奈良屋)』の衝撃が忘れられない。これまで数々の干し蕎麦を食べてきた結果、なんとなくだが私の好みが「乱切り」かつ「二八(にはち)」である様な気がしてきた。二八、最強なのでは……?

※ちなみに「二八」とは、そば粉80%(八割)、つなぎ20%(二割)で作られた蕎麦のこと。また、「つなぎ」は、ほとんどが小麦粉である。

そんな私なので、ついつい「二八」と名のついた商品には自然と手が伸びてしまう。今回の『十割そば本舗 国産の二八蕎麦』もまた……って、ん? まてよ? 『十割そば本舗』って前にもやったことあるぞ?

続きを全部読む

【検証】意識高すぎ!「コオロギカヌレ」をダマで食べさせてみたらこうなった

無印良品を筆頭に「コオロギ」を使用した食材が珍しくなくなってきた。最近では「給食に使用された」なんてニュースも見かけたから、徐々にではあるが「コオロギグルメ」は広まりつつあるのだろう。

つい先日のこと。街をフラフラ歩いていると『コオロギカヌレ』なる商品を発見! コオロギ……カヌレだと? ちょちょちょ、意識が高いにもほどがあるだろ? コオロギカヌレ──。その実力や如何に?

続きを全部読む

【検証】これほどピンとこない商品も珍しい『私のたれ 女だってにんにく』を女だけで食べてみたところ …

名前のインパクトからつい購入してしまった焼肉のタレ『私のたれ 女だってにんにく』、考えれば考えるほど文法が妙である。「女だってニンニクが食べたい」という意味なのは想像がつくが、だからと言って “女子向けのニンニク” が存在しているなどとは聞いたこともない。

女子がニンニクを嫌がる主な理由は、いつまでも残る強烈なニオイであろう。ってことは “ニンニクを少なくした焼肉のタレ” なんだろうか? 否、それではニンニク推しの商品コンセプトと矛盾することになる。

全く分からないので、もう黙って食べてみることにした……もちろん女同士でな!!

続きを全部読む

【ためになった】モロッコのショッピングモールで「丼に入ったヌードル」を注文したら予想外のアレが登場ォォオオオ! でも納得した話

つい先日まで北アフリカのモロッコに滞在していた私は、最終日にムハンマド5世国際空港のあるカサブランカ市内のホテルを予約した。予約サイトのクチコミによると、値段の割に快適かつショッピングセンターが隣接していて、お土産を買うのに便利な人気ホテルらしい。

それは助かる。ショッピングセンターが隣だったら、お土産選びだけでなく食事にも困らないだろう。食を求めて得体の知れないお店に入るのも旅の醍醐味かもしれないが、帰国前日くらいは楽をしたい。なんならフードコートでもOKってことで……

結局ホテルにチェックイン後、フードコート内の日本食レストランで、うどんなのかラーメンなのか……とにかく看板を指差して「丼に入ったヌードル」を注文してみた。

続きを全部読む

香川の讃岐うどん屋と長野の蕎麦屋が手を組んだ!【家そば放浪記】第85束:スーパー玉出で買った石丸製麺(桝田屋食品)『大窪寺そば』税込289円(1人前97円)

前回、「関西は “そば” より “うどん” 文化なのかな?」みたいなことを書いたが、まるでそれを裏付けるように、今回チョイスしたお蕎麦『大窪寺そば』の販売者&製造者事情が、実に興味深いのである。

まず製造しているのは、関西とはあまり関係のない、そばの本場・長野県の「桝田屋食品株式会社。こちらの会社は「乾麺、半生そばの製造販売」を主とする、まさしく「お蕎麦屋さん」なのだが、一方の販売者は……

続きを全部読む

オーストラリア発祥のパイ専門店「パイフェイス(Pie face)」って知ってる? 実はあの企業が運営してる店だった

2015年に「Shake Shack(シェイク シャック)」が上陸したことをきっかけに、当時ちょっとした “日本上陸ブーム” が起きた。「クロニックタコス」や「UMAMIバーガー」がそれに当たるが、あなたは『パイフェイス(Pie face)』をご存じだろうか?

店頭のポスターによれば「オーストラリア発祥のパイ専門店」だというが、いつから日本に来てたんだ……? 調べてみたところ、日本では有名な “あの企業” が運営する店舗だったのである。

続きを全部読む

【もはや食品福袋】カルディの「ウィンターバッグ」が本気出しすぎて売り切れ必至! 人気シリーズ「ぬって焼いたらスイートポテト」も入ってるよ!

毎年大人気のカルディ「食品福袋」。現在も公式アプリで抽選受付中(2022年12月5日まで)だが、申し込みはお済みだろうか?

昨年、編集部総出で抽選に参加したところ、当選確率は約50%。欲しい人全員が手に入れられるという訳では無いということが明らかになった。

でも大丈夫。カルディで現在販売している「ウィンターバッグ」、コレほぼ福袋だから。食品福袋より簡単に買えて、福袋並のお得さも味わえる、まさに夢のようなバッグ。こりゃあすぐ売り切れる予感がするぞ……!

続きを全部読む

【え?】深海魚、ソーセージになる / 駿河湾の深海魚を気軽に味わえる「あおやまさおりのしんかいソーセージ」を食べてみた!

深海魚のソーセージとは……? その商品を見つけた時、2つの単語がうまく結びつかずに数秒考えこんでしまったのは言うまでもない。

確かに世の中には魚肉ソーセージというものがある。そう考えると、同じ魚類である深海魚がソーセージになったって何らおかしいことはないのかも。

深海魚入りのソーセージって、普通の魚肉ソーセージと何が違うんだろう? やっぱり味や食感が違ったりするのかな……? 

疑問を解消するべく、さっそく食べてみることにした!

続きを全部読む

【立ち食いそば放浪記】第298回:げそ丼発祥の店・旭川「天勇」に行ってみた! ところで、げそ丼って何? 店長に聞いてみた

旭川に行ったなら『5.7小路ふらりーと』はぜひ寄ってみて欲しい。ちょっとした横丁なのだが、ここの昭和日本的な雰囲気は新宿の思い出横丁よりもリアルだ。

と、旭川2度目のド素人である私(中澤)が好きなスポットをオススメしてみたが、ふらりーとを散歩していると、立ち食いそば屋があるのを発見した。しかも、のぼりには「げそ丼発祥の店」の文字が。……なんだってーーーー!!

続きを全部読む

【コスパも最強】お好み焼き食ってる場合じゃねえ! 広島の超B級グルメ「ホルモンの天ぷら」がやっぱり最高だった!! 西区『あきちゃん』

みなさんは “広島グルメ” と聞いて何を思い浮かべるだろうか? 言わずと知れた「お好み焼き」を筆頭に、牡蠣・穴子・もみじまんじゅうなどが有名な広島グルメであるが、個人的には『ホルモンの天ぷら』を猛烈にプッシュしたい。

私、P.K.サンジュンが広島の地で『ホルモンの天ぷら』と出会ったのはおよそ6年前のこと。以来、行けば必ずホルモンの天ぷらを食べているが、このたび初めて訪れた店『あきちゃん』は、マジのマジで最高であった。

続きを全部読む

【正直レビュー】石垣島で本格的なヤギ料理が買える自販機を発見! 食べ慣れない内地の人間が食べて率直に思ったこと

今から約1年前。私(耕平)が石垣島を訪問した際に初めて食べた、沖縄の郷土料理「ヤギ汁」。この時食べたヤギ汁は、若干クセのある臭いのヤギ肉に、あっさりとした出汁が特徴的だった。

ヤギ汁自体、内地では食べられる機会はおろか耳にする機会も少ないが、石垣島ではなんとこのヤギ汁を含めたヤギ料理が自販機で売られている! 24時間本格的なヤギ料理が味わえるということで、さっそく購入。

しかしホテルに戻って食べてみようと思ったら、思わぬ落とし穴が……。そんなわけで実際に食べてみた感想と、覚えておいて損はない購入時の注意点をお伝えしよう。

続きを全部読む

【最悪なレポ】近所の焼き鳥屋で「ちょい飲みセット」を頼んだら…恐れていたことが起きた

ここ何年も日本のサッカーにはマリーシア(ずる賢さ)が足りないと言われ続けているが、逆にマリーシアだらけなのが居酒屋の「ちょい飲みセット」である。

なにせ、 あの手この手で客のユニフォーム(財布の紐)を引っ張ってきては「1杯だけ」という断固たる決意を揺さぶってくるのだから。そのため、「ちょい飲みセット」を頼んでも “ちょい” でフィニッシュできることなんてほぼ無い

すべては居酒屋のマリーシアがエゲつないがゆえに起きること。一例を挙げると……

続きを全部読む

【裏ワザ機内食】エミレーツ航空ではCAさんにお願いすると「カップ麺」が食べられる! 絶妙な味わいで日本食以上に和みました

エミレーツ航空といえば、ドバイを拠点とする中東最大の航空会社だ。機内サービスが充実していて「スカイトラックス・エアライン・アワード2022」では、エコノミークラスの最優秀賞2部門を受賞し、17年連続で最優秀機内エンターテイメント賞にも輝いたという。

そんなエミレーツ航空の機内食は、地域や季節の旬の味を取り入れたメニューや到着地にちなんだデザートが楽しめる……だけでなく、裏ワザ的に「インスタントカップ麺」も食べることができるぞ。世界トップクラスのサービスを誇るエミレーツ航空のカップ麺を紹介したい!

続きを全部読む

【スタバ】対象商品購入で『プレート』がもらえるよ~! なくなり次第終了だぞーー!!

みなさん、スタバへ急げ~~~! なぜかって? 2022年12月2日より、対象商品を購入すると『デザートプレート』がもらえちゃうからだ!! 全3色でなくなり次第終了、早い者勝ちだぞ。

続きを全部読む

【大誤算】スイーツを使ったハンバーガーが東京駅にあると聞いて現地に急行したら…思ってたのと全然違った

「甘いハンバーガーが東京駅で売られているらしいよ」

──と、先日妻から聞いた。いかにもありそうな話だと思いながら「ハンバーガー 甘い 東京駅」でググると、確かにある。おぉ〜! 画像を見る限り美味そうだ。これは実際に食べてみたい。

という気持ちになったので、さっそく翌日買いに行ったら……「思ってたのと全然違う」となった。ただ、結果的にある種の教訓を得たような気がするので、以下で紹介したい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 705