「コラム」カテゴリーの記事

【実話】5年前「北朝鮮」に行ったときの話

世界中のメディアが大々的に取り上げた金正男氏の殺害事件。事件の真相はいまだ明らかになっていないが「スパイ映画さながらの暗殺劇」は、北朝鮮の指令による政治的暗殺という見方が強いようだ。

なんでも正男氏の暗殺は5年前から計画されていたとも言われているが、今回お伝えしたいのは、ちょうど5年前に、2泊3日の弾丸ツアーで北朝鮮に突撃していた私(筆者)の体験記である。

続きを全部読む

【限界体験】私がインフルエンザになって発狂しかけた話 / あれは「異常行動」だったのか? 薬との関連を製薬会社に聞いてみた

最悪、死に至ることもあるインフルエンザ。しかし、子供の頃から慣れ親しんだ(?)病名であるため、どこか風邪の強化版のようなイメージがあることも事実。少なくとも私(あひるねこ)はそうだった。あの時までは。

去年、私は相当久しぶりにインフルエンザにかかった。そこで多くの人がそうするように、病院へ行き、薬をもらい、それを服用した。しかしその後、私は発狂しかけることになる。あれは、今でもよく問題になっている薬による「異常行動」だったのか?

私の身に起きたことの詳細を記しつつ、そのことと薬の関連を製薬会社に聞いてみたのでお伝えしよう。これは、あなたにとっても他人事ではないはずだ。

続きを全部読む

【目からウロコ】お坊さんに「男の乳首は必要?」と聞いた結果 → 納得しまくりの “深イイ回答” が返ってきた!

男の乳首って、何のために付いてんの? ——恐らく、男性ならば誰もが1度はこんな話を友人たちとしたことがあるはずだ。 そして “男の乳首問題” が話題にのぼるとき、その場は独特の熱気で包まれるものである。

ある者は「絶対にいる!」と声高に叫び、ある者は「不要だ!!」と拳を振り上げる。男たちの “乳首観” がぶつかる議論は朝まで生討論できるほどアツいが、そんな永遠のテーマに、今回はなんと現役のお坊さんが答えてくれたぞ。

続きを全部読む

【コラム】狩野英孝がいなくなっても誰も困っていない現実について

狩野英孝が「未成年との淫行疑惑」でフライデーされたのが、新年が明けて間もない1月中旬。直後に謹慎処分となっているから、騒動からは約1カ月が過ぎたということになる。

……んで、どうだろうか? みなさんは “英孝ちゃん不足” になっているだろうか? テレビで見ない日はないほど人気者の狩野英孝だったが、正直、周囲から「狩野英孝がいなくなってテレビがつまらなくなった」という話を聞いたことがない。うーむ。

続きを全部読む

【喫煙コラム】「iQOS(アイコス)」をわかっていない喫煙者に教えてあげたいメリット / あるいは聞く耳を持った方がいいよって話

私、佐藤は喫煙者である。喫煙歴20年。23歳から吸い始めて、何度か禁煙を試みるも挫折して今に至る、腰抜け野郎だ。自分でいうのも何だが、発言に一貫性がなく、その場しのぎの人生を送っている。喫煙についてもそうだ。

最近も電子タバコ「iQOS(アイコス)」を否定しておきながら、使い始めるとその魅力にすっかりハマってしまって、当編集部のサンジュンをムダに傷つけることになってしまった。誤解なきようにハッキリしておきたい。iQOSは結構いいぞ。知らない喫煙者のために、良いと思う点をお伝えしたい。

続きを全部読む

【コラム】電車で見かけるプロ意識の高い9条さん

少し前から気になっている人がいる。気になるといっても女性ではなく男性、それも若いメンズではなく、どちらかといえばオジサンだ。これまで目撃できたのはたったの2回、どちらも電車の中だった。それも時間は数十秒。なので顔は覚えていない。

しかし彼には、一度でも見たら絶対に忘れられないであろうインパクトある芸風と、真の目的がイマイチよくわからないミステリアスさを兼ね備えていた。そんな彼のことを、私(羽鳥)は心の中で勝手に「9条さん」と呼んでいる。

続きを全部読む

【煙草コラム】なぜ「iQOS(アイコス)」を吸ってるヤツらはあんなに偉そうなのか?

わたくし、P.K.サンジュンは喫煙者である。喫煙歴19年、平均すると1日1箱は吸うから、これまでに約14万本のタバコを吸ってきたことになる。……14万本と聞くと自分でも恐ろしい気持ちになるが、今後もタバコをやめる気はサラサラない。

それはさておき、以前「電子タバコiQOS(アイコス)を吸ってるヤツにロクなヤツがいない」というコラムを執筆した。その気持ちに変わりはなく、何なら確信へと変わっている。というのも、普通のタバコからiQOSに替えたヤツらの振る舞いがあまりにも横暴だからだ。なぜ彼らはあんなにも偉そうなのだろうか?

続きを全部読む

【閲覧注意】ショック! 知らぬ間に調味料に湧いたムシを食べていた / 中身をぜんぶ出してみた結果 → うじゃうじゃ「あいつ」が20匹

みんな! いますぐ家の調味料を確認してみてくれ。フタは空いていないか? 特に注意してほしいのは、塩とかコショーとか「回したら穴が出てくる系」の容器だ。フタがズレて穴が露出していたり……。もしそうなっていたら、今すぐ中身を確認セヨ!

なぜならば……小さな虫が湧いているかも知れないから。それを知らずそのまま料理に使い、知らぬ間に虫を食べちゃったりしているかも知れないから!! ということで、ここから先は閲覧注意。特に虫嫌いな人だったら、知らないほうが良い話かも。

続きを全部読む

【ガチ】お化け探知機「ばけたん」での恐怖体験

その昔……といっても数年前の話だが、お化けを探知できる「ばけたん」というオモチャがあった。チロルチョコ程度の大きさで、かたちは勾玉(まがたま)、ヒモを付けたら可愛らしいストラップにもなる。でも、うたい文句は「お化け探知機」だ。

見た目も価格も、完全にオモチャ。いわゆる “おもしろグッズ” 的な扱いなのだが、私(羽鳥)は今から8年ほど前、このばけたんを用いて、背筋がゾッとするような体験をした。そして「これはオモチャではない……ガチだ!!」と強く確信したのだ。

続きを全部読む

【バレンタイン】学生時代に「義理」でも1個もチョコをもらったことのないヤツは人格的に問題があるのか?

今日2月14日はバレンタインデーだ。私(佐藤)は非モテとして学生時代を過ごし、輝かしい思い出のひとつもなく、この日を過ごしてきた。ハッキリ言って、私のような人間にとってバレンタインデー自体、縁のない日である。

それでも友達の付き合いで、チョコレートをもらったことは何度かある。それが仮に、なぐさめであっても嬉しいものだ。こんな私でも、そんな形でチョコをもらったことがあるというのに、ギリチョコを1個ももらったことがない人がいるという。これは、人として何か問題があるんじゃないだろうか?

続きを全部読む

【コラム】すごい昔「幸福の科学」の東京ドーム集会に潜入した時の話

何を信じるも人の自由であるが、宗教団体『幸福の科学』への出家を理由に、いきなり芸能界の引退を表明した清水富美加さんが大きな話題となっている。

そんな清水さんは1994年の12月2日生まれの22歳であるが、今回お伝えしたいのは、彼女が生まれた16日後に、当時中学生だった私(羽鳥)が体験した話である。1994年12月18日の日曜日、幸福の科学が東京ドームで開催した超大規模な集会に、幸福の科学の信者でもない私が、実はたった1人で潜入していたのだ。

続きを全部読む

ビラビラをナメてる人は要注意! 健康診断でビラビラを広げられて死ぬかと思った話 / 閲覧注意画像あり

数日前まで、私(筆者)はビラビラをナメていた。ナメてナメてナメ倒していた。もっといえば、ビラビラをナメきった35年の人生であった。

だがしかし……! 今の私は違う。看護婦さんなどから「ビラビラの恐ろしさ」を体で教えてもらった結果、「ビラビラはナメまくるもんじゃない。ナメるなら適度にしないと危険」と考えるようになったのだ。そのきっかけは……恐ろしい “あの日の出来事” 。思い出すだけで寒気がするのだが、今振り返りたいと思う。

続きを全部読む

「生乳」 ← これ何て読む? 辞書には “ダイレクトすぎる読み方” も載ってることが判明!!

「ナマチチ100%だからフレッシュだよね〜」なんて会話が隣から聞こえてきたら、あなたは心の中でどう思うだろうか? 恐らく、「いやいや、それは “せいにゅう” でしょ! 」とツッコミたくなる人と、「あ〜わかるわ。あれはええで」と深くうなずく人のどちらかのパターンが多いのではないかと思う。

前者は「生乳」を “せいにゅう” と読み、後者は “なまちち” と読むから(?)そうなるわけだが、果たしてどっちが正しいのだろうか? ……と気になったので調べたところ、辞書のダイレクトさを思い知らされる結果となった。以下で報告したい。イエッサー!!

続きを全部読む

【実体験】銭湯で遭遇した不安をかき立てられるオジサン3選

私(佐藤)は銭湯が好きだ。以前はあちこち出歩いて、銭湯を開拓していたのだが、最近は寒さで湯冷めしてしまうので、近所の銭湯に週2~3回通っている。

そんな私が銭湯で見かけた怪しいおじさんたちをお伝えしよう。正直これらの人が気になって仕方がない。できれば、遭遇したくないとさえ思っている。彼らは一体何者なんだ……。

続きを全部読む

【コラム】同じ島根県出身というだけで「錦織圭」を “ケイ” と呼び捨てする人は何のつもりなのか?

あなたは親しい友人を、なんと呼ぶだろうか? 例えば友人の名前が “太郎” ならば、そのまま「太郎」と呼ぶかもしれない。逆にあなたを呼び捨てするのはどんな人だろうか? きっと、家族・恋人・親しい友人……など「信頼関係が構築できている知人」に限られてくるハズだ。

当編集部に佐藤英典という記者がいる。彼は編集部内にいるメンバーの8割は呼び捨てなのだが、それはイイ。私自身も「サンジュン」と呼ばれているが、むしろ「親しみを持ってもらっている証拠」としてありがたみを感じている次第だ。ただし、プロテニスプレイヤー・錦織圭選手を「ケイ」と呼ぶのは死ぬほど納得がいかない。彼は一体何者なのだろうか?

続きを全部読む

飲みながらアーケードゲームが遊べるアメリカのバー『バーケード』はレトロゲームマニアの桃源郷だった!

私(菊タロー)はゲームが好きである。最新ゲームはもちろん、レトロゲームも大好きだ。物心ついた頃にはゲームウォッチに触れ、小学1年生の時にファミコンが発売されてからは、ずっとゲームの歴史と共に歩んで来たと言っても過言ではない。

そんな私が先月、米シカゴの友人レスラー宅に滞在した時、夜も10時を回ったころである。彼は突然「ヘイ、キク! 飲みに行くぞ!!」と誘ってきた。行き先は不明。

ほとんど酒も飲まない私だが、海外まで来て部屋でゴロゴロしてるのもつまらない。それを見越して友人も誘ってくれたのだろう。コーラでも飲むか……と連れて行ってもらったのだが、結果的に大正解! その店は日本には存在しないパラダイスだったのだ。

続きを全部読む

【マサイ通信】第55回:マサイ族が考える「幸せ」と「幸せになる方法」

スパ! みんな元気か? ルカだ。マサイ族の戦士・ルカだ。いきなりだけど、みんなはハッピーかな? 日本語で言うなら「幸せ」かな? オレはハッピーだ。まだ井戸も直せてないから自由に水は使えないけどハッピーだ。金もないけど幸せだ。

ということで今回は、マサイ族のオレが考える「幸せ」と、「幸せになる方法」を教えたいと思う。めちゃくちゃ壮大な話に思えるけれど、答えは非常にシンプルだ。

続きを全部読む

私が「ヤマザキの大福」依存症だった頃の話

薬物、ネット、買い物、大人のビデオ……世の中には様々な依存症が存在する。自分が抱える依存を自覚している人、全く自覚していない人、なんとなく不安に思いつつ無視している人など色々いるだろう。筆者にも、「あれは依存だったのではないか」とボンヤリ思い出されることがある。

それは「ヤマザキの大福」。筆者はかつて「ヤマザキの大福」に依存していたような気がするのだ。今回は、そのときのことをお伝えしたい。

続きを全部読む

【忠告】これからお店を始める人や、開店イベントを制作する会社の人はぜひとも読んでください

私(佐藤)は、新規で開店するお店に取材に行くことが多い。いち早く新しいお店の情報を、読者の皆さんにお伝えしたいから行くのだ。開店初日はどこでも忙しいもの。それはわかる。だが現場に行くと、避けられる混雑もあることを、見て感じるのだ。

これからお店をオープンする予定のお店の人や、オープニングイベントを制作するイベント会社の方に、ぜひともお伝えしたい。これだけ段取りできていれば、ムダな混雑は避けられる! ぜひとも私の忠告を参考にして欲しい。今回はテイクアウトのお店に限って、混雑対策をお伝えしよう。

続きを全部読む

【就活の闇】面接官はSNSで「名前」を検索されている / ネットに強いと思っているオジサンはマジで要注意!!

SNSの利用は、十分に注意しなければならない。というのも、就活している人にとっては、思わぬ投稿が合否に影響を及ぼす場合があるからだ。面接官は過去の投稿を見ているかもしれない。

最近、そんな話を20代の女性としていたところ、予想外の答えが返ってきた。「それ、面接官も一緒ですよね?」、私(佐藤)は一瞬面食らってしまったが、たしかにそうだ。試す側もまた、試されることになる。ネットに長けているつもりの30~40代は要注意。SNSを甘く見ると、痛い目に遭うぞ~。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 124