「コラム」カテゴリーの記事

「インスタ映え」を馬鹿にする風潮があるけど何がアカンの?

近年よく耳にする “フォトジェニック” という言葉。「写真うつりが良い」「写真映えする」といった意味で使用され、特に写真共有SNS・インスタグラム(Instagram)の流行に伴い、『インスタ映え』する画像かどうかを気にする人はそれなりに多い。

ところがここ数カ月、「インスタ映え(笑)」中には「インスタ蝿」などとインスタ映えを馬鹿にするような風潮があるが、これは一体どういうことなのだろう? インスタ映えにこだわることの何がいけないというのだろうか?

続きを全部読む

【VR】はじめてPSVRを体験して思ったことは「キスがヤバイ」

つい昨晩、生まれて初めて本格的なVRを体験した。ソニーの『PSVR』を、家でじっくりとプレイしたのである。それはそれは……スゴかった。まるで夢を見ているような……。この興奮を忘れないうちに、そのときナニを思ったのか書き残しておきたい。

もちろんゲームもスゴかった。だが今回は割愛。というのも、ゲームと同等、いや、それ以上に、最新アニメやドラマなど様々なジャンルの動画をダウンロード販売している総合エンタメサイト『DMM.com』で購入した映像作品がスゴかったのだ。

続きを全部読む

【実録】ついにホリエモンこと堀江貴文氏をかたる迷惑メールが登場 / ここ最近の「有名人系迷惑メール」の人選に異変が

もはや迷惑メールという存在は、「今さら誰が騙されるのだろう」的な存在になってきた。手法や内容は微妙に変化しているが、怪しい出会い系サイトや架空請求に飛ばすといった「最終的な目的(=金)」は昔のままで、なにひとつ進化していない。

ところがどっこい、ここ最近。どういうわけだか、芸能人や有名人をかたる系の迷惑メールに、地味な異変が生じているのである。その異変とは……ずばり、人選だ。

続きを全部読む

『ママレードボーイ』、16年前に実写化していた

だ・け・ど、気になるっ♪ 先日、『ママレードボーイ』の実写映画化が発表されたのは当サイトでもお伝えしたとおり。「連載開始から25年……ついに実写化!」と大きな話題となったが、ちょっと待ったァァァァァッ!!

同作の実写化は、今回が初ではない。実は16年前に制作されていたのだ。そのビジュアルを見てみると……茶色い短髪であるはずの遊が黒髪ロン毛!? 光希のポニーテールも消えてショートカットじゃないか! とても言いにくいが、漫画のキャラに1ミリも似ていない。一体何が起こったというのか!? 詳細は以下のとおりだ。

続きを全部読む

下戸のマサイ族が教える『二日酔いの対処法』が呑兵衛すぎてヤバイ / マサイ通信:第95回

スパ! みんな、お酒は好きか? マサイ族も、お酒は飲むぞ。たまにな。オレは下戸(げこ)だから飲めないんだけど、酒豪のマサイ族ってのもいるんだぜ。それはさておきさておいて、つい先日、ゴー(羽鳥)から、こんなことを聞かれたんだ。

マサイ式の『二日酔いの対処法』を教えてくれ

とな。いろんな二日酔いの対処法が載ってる記事に触発されたんだろうけども、OKだ。教えてやろう。もしもマサイ族が二日酔いになっちまったら……答えはこうだ。

続きを全部読む

【マサイ族とチャイナマネー】マサイの村を訪れる外国人観光客の国別ランキング / マサイ通信:第94回

スパ! 突然だけど、「インバウンド」と「アウトバウンド」って言葉、知ってるか? 実はオレも詳しくないんだけど、観光業とは切っても切れぬ重要ワードだ。

さらに、「チャイナマネー」って言葉もまた、今の観光業にとっては超ベリーインポータントなワードだな。てな感じで、これまた突然なんだけど、オレらが住むマサイの村に遊びに来る外国人観光客のベスト5を発表しちゃおっかなー、なんつってな。

続きを全部読む

【コラム】ちょっと男子! 何も考えずにシャッター押してドブスに撮影するのはホントにやめて

いい加減にして。ほんとに。前々から言おうと思ってたんだけど、構図も光源も何も考えずにシャッター押して、ドブスに写すのだけは本当にやめてほしいんですケド。

そういうドヘタな人が持つカメラは、もう完全に武器だから。ある意味、殺しにかかってる。「可愛さ」や「美しさ」を完全に殺しにかかってる。そんな人に銃口ならぬレンズを向けられたら、心の広い観音さまでも「ヤメテーッ!」って言うよきっと。

続きを全部読む

【暗黒】千葉ロッテマリーンズの次期監督は誰がいいのか真剣に考える

千葉ロッテファン歴20数年……こんなにつまらないシーズンは記憶にない。2017年8月21日現在、借金は驚異の38……チーム打率最下位! チーム防御率最下位!! 勝率に至っては4割を切って3割2分1厘! ハッキリ言って暗黒期の幕開けである……。

そんな中、チームを5年間率いて来た伊東勤監督が、今シーズンいっぱいでの辞意を表明した。何かと脆弱な千葉ロッテを5年間で3度もAクラスに導いた名将、伊東監督。本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。ただファンとして気になるのは……後任監督についてである。

続きを全部読む

【実話】はじめて付き合った彼氏から6年ぶりに電話が掛かってきたときの話

あなたは初めてお付き合いした恋人のことを覚えているだろうか? 

改めて思い返すと、くすぐったいような恥ずかしいような、何とも言えない気持ちになるものだが、ひとつ言えるのは “はじめての恋人” は、多くの人にとって “初恋の人” と同じくらい大切な思い出だということである。

今回は、ある女性が経験した「はじめての恋人にまつわるエピソード」をお届けしたい。何でも中学生の頃に初めて付き合った彼氏から6年ぶりに電話がかかってきたというのだが……。果たして6年の時を超え、彼は彼女に何を伝えようとしたのだろうか?

続きを全部読む

努力はしたけどネタとして転がせなかったマサイ族の写真集 / マサイ通信:第93回

スパ! もうすぐでマサイ通信も連載100回目を迎えそうだから、ここらで「マサイ通信のできるまで」を解説しようと思う。なにせ日本とケニア、それもケニア僻地のアンボセリ、さらにはマサイ族とのコラボという、とんでもなくグローバルな連載だからな。国際的なメディア、ならびに編集者のみなさまは特に注目してほしい。

それでは以下が、マサイ通信が出来上がるまでの手順ならびに詳細だ。

続きを全部読む

恋多き男性が語る「恋愛あるある30連発」が意味不明! リア充の世界ヤバイ!!

草食男子や絶食男子の増加が叫ばれて久しい昨今だが、もちろん全ての男性が草食化・絶食化している訳ではない。なかには、女性との出会いを積極的に求め、恋愛と呼ばれる非生産的な行為に精を出す男性だっている。

そこで今回は、そんな恋愛経験豊富な男性に「恋のあるある」を聞いてみたので紹介しよう。非リア充ども! 耳をかっぽじって聞け! これがリア充の世界だ!!

続きを全部読む

【コラム】上原多香子のツイッターに死ねと書き込む前に、思い返して欲しいたった1つのこと

上原多香子の炎上が止まらない。自殺した元夫の遺書が公開され、浮気相手とされる阿部力とのLINEまで流出しているから、ある意味で炎上は当然なのかもしれないが、それでも私(P.K.サンジュン)は、ツイッターに突撃し「死ね」などと書き込むのは控えるべきだと考える。

その根拠については以前の記事をご参照いただきたいが、今回は上原多香子の件に限らず、「SNSに死ねなどと書き込む前に思い返して欲しいたった1つのこと」について述べてみたい。

続きを全部読む

【自由研究】人は1日に何回『屁』をこくのか数えてみた / あるいは「緊張と緩和」がおケツに与える影響について

人は誰でも等しく屁をこく。屁とは不思議なものだ。時に笑いを誘い、時に怒りや不快感を誘う。屁を完全にコントロールできれば、人の感情をコントロールできるはずである。「そんな訳ない」だと? たかが屁と侮るなかれ。

もしも屁を過小評価しているとしたら、私(佐藤)はこう聞きたい。「おまえは今まで、1日に何回屁をこいているか、数えたことがあるか?」と。おそらく答えられないはずだ。そこで私はこの問いにひとつの答えを出すために、1日の屁の数をかぞえてみた。その結果、緊張と緩和がおケツに与える影響を垣間見ることができた。本稿は屁を通して見えてくる「人体の不思議」の一考察である。

続きを全部読む

【あるある】小学生の頃、絶体絶命の大ピンチに陥った瞬間6連発!「先生をお母さんと呼んでしまった瞬間」など

2017年も盆休みを終え、多くの大人たちは仕事に励んでおられることだろう。社会人のみなさん、本当にご苦労様です! 一方で、学生たちはまだまだ夏休みの真っ最中。残りの休みは約2週間だが、ちゃんと宿題は終わっているかな? 今からやればまだ間に合う! ……ハズだ。

それはさておき、今回は『小学生の頃に絶対絶命の大ピンチに陥った瞬間6連発』をお届けしたい。大人とは違う独自の価値観があった小学生時代。今思えばピンチでも何でもないことでも、当時は「ヤバい……」と絶望の淵に追いやられたものだ。

続きを全部読む

【コラム】『ONE PIECE』で一番面白い話は幻の第0話「ロマンスドーン」

日本で「海賊」と言えば『ONE PIECE』を想像する人が多いのではないだろうか。もはや説明の必要もないほどに爆売れしている本作。『ドラゴンボール』以来の少年マンガの金字塔と言っても過言ではない。

そんな『ONE PIECE』に幻の0話があることをご存じだろうか。しかも、その話には大人になり、髭を生やして大海賊団を率いる未来のルフィが登場するのである。

続きを全部読む

いろんな動物と一緒に暮らすマサイ族の写真集 / マサイ通信:第92回

スパ! みんなは動物と一緒に暮らしていたりするのかな? 人間も動物だけど、人じゃない。ネコちゃんだったりワンちゃんだったり。ウサギやカメって人もいるだろうし、鳥類や魚類や爬虫類、はたまた昆虫と一緒に住んでるゾって人もいるだろう。

もうみんな知ってるとは思うけど、オレたちマサイ族もまた、動物と一緒に暮らしている。いろんな動物がいるんだぜ。牛にヤギにヒツジにロバ。ニワトリもいるし、犬もいる。今回のマサイ通信は、そんなオレらマサイ族と動物たちの写真集だ。

続きを全部読む

「夏休み」に見るなら『映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城』が最強説 /  ロケット記者がオススメする暇つぶしに最適な作品(あひるねこ編)

待ちに待ったお盆休み。しかし、外出したところでどこも人だらけ。意外とやることなくて家にいる……。という最高なあなたに、映画やドラマを勝手にオススメしようというのがこの企画だ。

私(あひるねこ)がオススメしたいのは、『映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城』である! よりによってドラえもんかよ、と思うなかれ。ハッキリ言って、この映画以上に夏休みにピッタリな作品は存在しない。なぜかをこれからご説明しよう。

続きを全部読む

ロケット記者がオススメする暇つぶしに最適な作品『24-TWENTY FOUR-』(選者:砂子間正貫)

お盆でヒマしている人に時間を有効活用してもらうために、映画やドラマをオススメするのがこの企画。私(砂子間)がオススメしたいのは、海外ドラマのド定番『24-TWENTY FOUR-』(トゥエンティフォー)である。

『24-TWENTY FOUR-』といえば、世界中で大ブームを巻き起こしたレジェンド作品なので興味がない人でもジャック・バウアーの名前くらいは知っているだろう。とにかく「ヒマつぶし」に最適な作品なので、詳しく理由を説明したい。

続きを全部読む

退屈な休日には映画『ヘアスプレー』を見て欲しいたった1つの理由 / ロケット記者がオススメする暇つぶしに最適な作品(沢井メグ編)

せっかくのお休みなのに何もすることがない……! そんなあなたに “ヒマつぶしできる” 映画やドラマをオススメするのがこの企画

“ヒマつぶし” なんて聞くとネガティブなイメージが湧いてしまうが、そうは思わないでほしい。退屈さそのものを消してしまう、そんな意味でのヒマつぶし! そこで今回紹介したい映画のタイトルは『ヘアスプレー』だ!

続きを全部読む

【解明】北朝鮮はなぜミサイルを発射できるのか? 薄毛者が語る「金正恩にあってトランプにないもの」

抗議も制裁もなんのその、バンバンミサイルを発射する北朝鮮。素人目には、国際社会からどんどん孤立して自滅の道を歩んでいるようにも見える

それについては様々な見解があると思うが、ともかく、アメリカ、北朝鮮、日本の緊張感は高まる一方だ。金正恩は一体何を考え、何を見ているのか。どう考えても意味不明だったため、薄毛者に相談したところ、驚くべき事実が明らかになった。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. ...
  10. 131