「コラム」カテゴリーの記事

【コラム】ネット配信全盛の時代でも、ビデオ屋にはビデオ屋ならではの良さがあるという話 ~まだ見ぬ出会いを求めて~

Hulu、Netflix、Amazon prime video……。定額制の動画配信サイトが近年次々と登場し、多くの加入者を獲得している。家で映画やアニメを視聴する手段としては、すでにネット配信がスタンダードになっているかもしれない。この流れは今後も加速するものと思われる。

その一方で、昔ながらのレンタルビデオ店(以下、ビデオ屋)は苦しい時代を迎えていると言っていいだろう。

しかし、そんなビデオ屋には「ビデオ屋にしかない味」があるということを、皆さまはご存知だろうか。今回はそんな話をお届けしたい。映画が好きな人には共感してもらえる部分もあると思うので、ゆるりとお付き合いくださいな……。

続きを全部読む

【コラム】土鍋でお米を炊く生活で1年半がたった。そして炊飯器が要らなくなった。

どの家庭にも当たり前にあるだろう炊飯器。必須家電として、家電量販店では大きなコーナーで取り扱っているところも多い。ボタン1つでお米が炊けるというのは、忙しい現代人にはありがたい限り。

ゆえに炊飯器がない生活を考えられない人も多いと思うが、それは炊飯器のある生活に慣れ続けているためではないだろうか。なぜそう思うのかというと、私自身が炊飯器ではなく土鍋で生活をしているからだ。周りからはよく驚かれるが、お米を炊くだけならば炊飯器は要らないと、土鍋の生活で悟った。

続きを全部読む

【コラム】映画『X-MEN』がアベンジャーズになれなかった理由 / あるいはアメコミ映画に影響を与えすぎた伝説の作品について

2019年6月21日、映画『X-MEN ダーク・フェニックス』が公開される。ご存じの方も多いと思うが、アベンジャーズなどの権利を持つ “ディズニー” がX-MENなどの権利を持つ “21世紀FOX” を買収、そのことから本作は「最後のX-MEN」などと呼ばれている。

ところがどっこい、こんな言い方はアレかと思うが、とてつもなく大きな話題になった「アベンジャーズ / エンドゲーム」と比べて『X-MEN ダーク・フェニックス』はさほど話題になっていない。果たして両者の差は何なのだろうか?

続きを全部読む

【サッカー】マサイ族の戦士「オレの好きなチームはアーセナルとリバプールで、好きな選手はロビン・ファン・ペルシとメスト・エジルだ」 マサイ通信:第264回

スパ! ルカだ。ライオンに1勝したこともあるマサイ族の戦士・ルカだ。ところでみんなは、サッカー好きか? オレは好きだ。大好きだ! ちなみにオレらは「サッカー」じゃなくて「フットボール」と呼んでいる。

そして、オレの好きなチームは、アーセナルとリバプールだ。どっちかというとアーセナルのほうが好きだ。なぜなら、プレイがファンタスティックだからだ。しかしながら、あんまりオレ、プレイを見たことはない。

続きを全部読む

新婚旅行中に『バイアグラ』を渡され「不要だ」と啖呵を切った話 / あるいは極上の異国体験

最初に言っておくが、それは1種のジョークグッズ的なもの。私が新婚旅行でポルトガルを訪れたときに見つけた……というか、レストランの店員さんが、私のテーブルの上に突然置いたのだ。トップの写真にある通り、「Viagra(バイアグラ)」と書かれたビンを。

??????

「もしかして、ポルトガルにはViagraって名前の調味料があるのか?」 そんな間抜けな考えが一瞬頭をよぎったが、店員さんの少年のような笑顔両腕を使ったジェスチャーを見て、私は意味を悟った。そして同時に、異国に来た緊張感と疲れが一瞬で吹っ飛んだのだ。

続きを全部読む

【実話】1人暮らしをしている時に「隣人からストーカー」されていた話

4月から初めて1人暮らしをしている人たちは、そろそろ生活に慣れてくる頃だろう。生活に余裕が生まれて油断してくるこの時期だからこそ、今一度防犯には注意してほしい。空き巣や火災などもそうだが、隣人トラブルや不審者やストーカーといった、人的なものにも気を付けてほしいのだ。

なぜそう思うのかというと、私は1人暮らしをしている時にストーカー行為をされていたことがある。今となっては普通に話せる出来事だが、当時はとても怖かった。そして恐怖は身近にあるとも、考えさせられる一件だった。

続きを全部読む

【10回目の命日】伝説の一戦 10.31「三沢光晴 vs 小橋建太」を改めて振り返る

今からちょうど10年前の2009年6月13日、プロレス界は三沢光晴(みさわ みつはる)を失った。受け身の達人として知られた三沢が、まさかリング上で起きたアクシデントでこの世を去ってしまうとは……。あのときの衝撃は今でも忘れることができない。

誰よりも相手を激しく攻め立て、そして誰よりも相手の技を受けきる三沢は、まさにプロレスの体現者であった。数え切れないほどの名勝負を残した三沢であったが、今回は1998年10月31日、日本武道館で行われた「小橋建太(当時は健太)戦」を振り返ってみたい。

続きを全部読む

「もしも宝くじに当たって億万長者になったらどうする?」とマサイ族の戦士に聞いてみたら、こう答えた / マサイ通信:第263回

スパ! ズバリ言うと、金がほしい。もっともっと金がほしい。マー語(マサイ語)で言うなら「カイェゥ イロピアニ クモッ クモッ」なんだが、何もしないで金がもらえる「宝くじ」ってのは最高に夢がある。

日本のゴー(羽鳥)も、一攫千金の夢を常に見続け、毎週ロトなりを買い続けているとの話であるが、そんな彼が、突如としてこう聞いてきた。

なあルカ、もしも宝くじに当たって億万長者になったらどうする?」と。

続きを全部読む

【怖い】使用期限を約3年オーバーした浄水器のカートリッジを外したらこうだった

ヌルッ……。ひと言でいうと、そんな状態になっていたらしい。特に、浄水器のカートリッジをねじ込むところ。外さないと見えない部分が、ヌルッ……ヌルッ……だったそうだ。

なぜか? 理由はシンプルに、浄水器のカートリッジを交換せずに使い続けたから。本来3カ月で交換しなければいけないにもかかわらず、私の知人は使用期限を2年9カ月オーバーして使い続けたという。

「いや〜カートリッジの交換が3カ月とは予想外だったわ。数年に1度とか、ワールドカップみたいな間隔かと思いこんどった」そうだ。

続きを全部読む

【実録】客がいるのを見たことがない飲食店に入ってみたら衝撃の連続だった……

いつ見ても客がいない店というのがたまにある。しかし、「客がいないイコールまずい」ではないというのが私(中澤)の持論だ。

たまたま、毎回客がいない時間に通りかかっているだけかもしれないし、知られていないだけで実はもの凄い優良店かもしれない。そこで、客がいるのを見たことがない店に入ってみたところ……衝撃の連続だった

続きを全部読む

【究極の米】海外旅行直前は「gihey」で銀シャリ御膳をおかわりすべし! 出国前に必ず食う『俺の最後メシ』第2回:成田空港(砂子間篇)

飛行機に乗る前に何を食べるべきか? 日本から海外へ旅立つ場合、おそらく空港内での食事が「日本国内で食べる最後の食事」となるから、お店選びは慎重にならざるを得ないだろう。帰国するまで使う予定のない「日本円」を大胆に使ってでも100パー美味いものを食べたい。

──ということで、本サイトのライターが「海外旅行に行く前はいつもココに寄る」というレストランを紹介するのが、当企画『俺の最後メシ』である。初回の「羽田空港編」につづいて、第2弾は私(砂子間)が成田空港から出国する際の “最後めし” を紹介しよう。

続きを全部読む

週1日ハローワークで職業検索して感じること / 老後資産2000万円なんて貯まるわけがない

筆者は週1日、ハローワークで職業検索をしている。理由は1つ。母親が非正規雇用なので、代わりに目ぼしい就職先を探しているからだ。母親は京都府に住んでいて、現在は事務のアルバイトをしている。父親とは離婚したので、自身で生計を立てなければならない。

非正規のため職を転々とせざるを得ず、定期的にハローワークを訪れている。しかし思うような仕事は見つからず、やむを得ず今も時給900円で事務職をしている。よくネットやニュースで話題に上がるが、時給900円で稼げる月収は微々たるものだ。1日8時間勤務(休憩1時間)を22日間こなしたとして……

続きを全部読む

【実践コラム】ポールダンスをやり続けたら超人的なことが出来るようになった! あるいは「意味あんのか?」の先にあるもの

子どもの頃に、鉄棒で逆上がりを練習した経験があると思う。得意な子はすぐにスッと出来るのだが、出来ない子は放課後に半べそをかきながら練習していたはずだ。何度やっても出来なかったのに、ある日を境に突然出来るようになった。そんな経験を持っている人もいるだろう。

2016年12月にポールダンスを習い始めた私(佐藤)は、2年半を経て、そんな “突然出来るようになる” 体験を数カ月おきに経験しているのだ。気が付けば、自分にそんな力があったのか!? と驚くようなすごい技を習得するに至っていた

続きを全部読む

いつか誰かを殺してしまいそうな人は「マキシマム ザ ホルモン」のライブに行ったらいい

困った。非常に困った──。何に困っているのかというと、2019年6月5日、Zepp DiverCity TOKYOで開催されたマキシマム ザ ホルモンのライブ「これからの麺カタコッテリのTOURをしよう」のライブレポが全く書けずに困り果てているのである。

ロケットニュース24、および私、P.K.サンジュンに求められているのは、音楽サイトのようなライブレポではないハズ。そっち系の記事は書いたことがないし、専門家たちより上手く書ける自信もない。だが、あのすさまじいライブをどう伝えたらいいのか? 本当に困った。

続きを全部読む

なぜマサイ族は鶏肉を食べないのか? マサイ通信:第262回

スパ! 突然だが、マサイ族は鶏肉を食べない。これまでにも何度か「マサイ族は鶏肉を食べない」と書いてきたが、今回は、より詳しく「なぜマサイ族は鶏肉を食べないのか?」を大マジメに語ってみたいと思う。

まず、オレ(ルカ)は、生まれてこのかた、一度も鶏肉を食べたことがない。一度もだ。そして、オレのまわりにも鶏肉を食べる人はいない。日本のゴー(羽鳥)は「宗教上の理由か?」と聞いてきたが、答えはNOだ。

続きを全部読む

2年半ぶりにポケモンGOに復帰したら人生うまく回り始めたかも / ポケモンGO女子の奮闘記

ポケモンGOのサービスが日本で開始されたのは2016年の7月22日。アプリを見たところ、私はその翌日の7月23日にゲームをダウンロードしていたようだ。スマホ片手にポケモンを探す人々……街にあふれかえる異様な光景が、そういえば蘇ってきた。

当時は友達も全員ポケモンGOを始めており、ライバル心もあって取り憑かれたようにポケモンをゲットし続けた私はピッタリ3週間でゲームをやめた。理由は「なんか飽きた」という漠然としたやつで、このパターンは日本人にとって最もオーソドックスなポケモンGO体験ではないだろうか。

続きを全部読む

【実録】相席系ラウンジに来ている女性達に「何が目的で来ているんですか?」と直球で核心をついてみたところ…

出会いを求める男性にとって、お馴染みになりつつある相席系ラウンジ。女性は無料で飲み食いできる店舗が多いため、出会いを求めている男性からしたら、タダ飯が目的の女性しかいなんじゃないか? なんていう不安もあるだろう。

そこで、独身で婚活中ということもあって、相席系ラウンジに何度も通っている私(hirazi)が突撃取材。女性達に「何が目的で来ているんですか?」と核心をつく質問をしてきたので、その様子をお届けしたいと思う。

続きを全部読む

【ベルばら】中年男性(37)が生まれて初めて少女漫画を読んだらドハマりした話 / あるいは『キングダム』マニアの視点で考察する『ベルサイユのばら』

少女漫画の一体どこが面白いのか? 付き合ったとか、別れたとか、イケメン転校生と席が隣とか、教科書見せたら手紙渡されたとか、両親が海外に行っているから実は家で2人きりだと判明とか、友達以上恋人未満とか、F4とか、大っきらいとか、やっぱり大好きとか……どうでもええねん! 

──と思ってる男性、世の中に一定数いるはずだ。かくいう私がまさにそうで、37年もの間少女漫画を敬遠して生きてきた。ところが先日、ふとしたきっかけで『ベルばら』こと『ベルサイユのばら』を読むことになり……って話を紹介したい。

続きを全部読む

【完全攻略】世界一の駅・新宿ダンジョンに挑んでみたら、新宿の深い懐を垣間見た

以前、池袋ダンジョン攻略記事を公開したところ、ありがたいことに新宿ダンジョン攻略のご要望をいただきました。めちゃくちゃ嬉しかったので、気合入れて攻略していきます。

新宿駅を普段使っていない方のために軽くご紹介。新宿駅はJR、京王、小田急、東京メトロ、東京都交通局の5社が乗り入れるターミナル駅です。路線数は10本以上、1日平均乗降者数は約350万人(ギネス認定)と、攻略難度の高さが伺えますね。

続きを全部読む

「自撮りのコツ」をマサイ族の戦士に聞いてみた / マサイ通信:第261回

スパ! みんな自撮りしてるか〜? オレはしてるぞ。してるもなにも、しまくってる。そして日本のゴー(羽鳥)にドカドカッと連発で送りつけている。ハッピーだ! なにげにオレ、自撮りには自信アリなんだけど、ゴーから

ルカは自撮りがウマイから、自撮りのコツを教えてチョ

と聞かれたので教えてあげよう。オレが教えるテクを実行するだけで、みんなの自撮り写真も必ず最高になるから絶対に覚えておいてな。なーに、簡単さ。意識することは、ただひとつ。何かと言うと……

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 150