「コラム」カテゴリーの記事

【禁煙】半年間タバコをやめている間に「襲ってきた悪魔」と「悪魔を一撃で昇天させた呪文」

タバコをやめるのは地獄の苦しみ……という喫煙者は少なくない。そのあたりは個人差があるものの、人によっては悪魔に襲われる体験をすることも。どんな悪魔かというと、「頭痛を引き起こす悪魔」や「イライラに火をつけまくる悪魔」、「それだけだと寂しいと騒ぎ出す悪魔」など。

詳しくは、今から約1年半前に、私が禁煙したときの記事をご確認いただくとして、今回は新たに発見した悪魔の情報、さらに「悪魔を一撃で昇天させた呪文」について紹介したい。

続きを全部読む

【宝くじコラム】まさかの5連打! 先週金曜のロト7第324回の抽選結果を見て「こんなん買えるかっ…!!」と泣き崩れた

買えるかっ……! こんなのっ……!! 実際……買えなかった。誰も! そう、誰一人として買えなかった。何って、先週金曜(2019年7月5日)に抽選されたロト7第324回の抽選結果、7つの数字である。だってだって……

9、13、16、17、18、19、20……!!!!

続きを全部読む

【注意喚起】壁の薄いトイレに “用足し音” を消す「流水音発生器」を設置したが、屁の音は丸聞こえだった

先日、とてもショックな事実を同僚から打ち明けられた。隠せていると思いこんでいた私の屁の音は丸聞こえだったらしい。詳しく説明しよう。

当編集部のトイレは壁が薄い。どのくらい薄いのかというと、消臭スプレーの「シュー音」が3〜4メートル離れている私の席でさえ聞こえるほどに壁が薄い。当然、屁の音なんかは、何の対策もしなければ丸聞こえだ。

よって、いつも「もったいないな……」と思いつつも、ジャーッと水を流しながら屁をしていたのだが、さすがに地球に優しくないな……と反省し、“用足し音” を消す「流水音発生器」を密かに導入したのである。

続きを全部読む

【コラム】性病検査を受けて感じたこと

性病になったことがある。今から10年ほど前のことだ。検査を受けたらクラミジアが陽性だった。その数年後、おしっこをする時に痛むので病院に行ったら、「淋菌感染症(淋病)です」と言われた。

──なんでこんなことをカミングアウトしているのかというと、せめて自分の性病歴くらい明かしておかないと、以下の主張になんの説得力も無い気がするからだ。では、その主張とは何か? 簡潔に言うならば……

続きを全部読む

「マサイの戦士は動物と会話したり意思疎通ができるのか?」とマサイ族の戦士に聞いてみたら冷静な返答が返ってきた / マサイ通信:第272回

スパ! ルカだ。あの百獣の王ライオンに1勝したこともあるマサイ族の戦士、ルカだ。ゆえにオレの職業は戦士であり、ドラクエ風に書くなら「しょくぎょう:せんし」となる。「ふくぎょう:ライター」でもある。

さて、そんなオレたち戦士に対し、いろいろな妄想を膨らませる者も多いようだな。オレとは長い付き合いである日本人のゴー(羽鳥)ですら、「マサイの戦士は動物と会話したり意思疎通ができるのか?」と質問してくる始末である。よし、答えよう。オレたちは動物たちと会話……

続きを全部読む

本場で「シカゴピザ」を食べたら3回泣いた

世界のどこに出かけるにせよ、楽しみなのが「グルメ」である。観光も買い物もアクティビティも旅の目的の1つであることは間違いないが、個人的に「グルメ」だけは絶対に外せない。とにかく「その土地でしか食べられないグルメ」を絶対に味わいたいのだ。

つい先日のこと。私、P.K.サンジュンはポケモンGOの世界イベントのため、アメリカはシカゴを訪れた。この旅のメインはポケモンGOであるものの、それともう1つ絶対に達成したいことがあったのである。そう、本場の『シカゴピザ』を食べることだ。

続きを全部読む

オレたちが再建した学校が、マサイのエリアで最もハイテクな場所になりつつあるぞ / マサイ通信:第271回

スパ! みんなもう忘れてるかもしれんけど、かつてのオレ、母校の再建に尽力した。自著『マサイのルカがスマホで井戸を掘る話(学研プラス)』の印税をぶっこんで、オンボロの母校を復活させたんだ。

金を出したのはオレだけじゃないけども、とにかく母校は復活した……のだが、このたび、校長パワーが大爆発して、電気を貯めるデッカい電池みたいなのが設置されたのだ。すごいってコレ! もう完全に無敵だって!

続きを全部読む

【コラム】なぜ男は少年時代に “武器” を作ってしまうのか?

恥ずかしがらないで欲しい。どうか自分に正直であって欲しい。世の男性にお伺いしたい、あなたは子供の頃「武器」を作ったことがありますか? 幼稚園児がダンボールで作る鉄砲レベルではなく、いざという時に使おうと思っていた “割とガチな武器” である。

心の拠り所とまでは言わないが、それを手にすると強くなれる気がした武器。誰に見せるワケでもなく、ただ1人でコソコソ作っていた武器。なぜ男は少年時代に武器を作ってしまうのだろうか?

続きを全部読む

年上の人を尊敬しない無礼な若者にはこう言いな「メムルゥトゥ エムゥァト エルクンヤ」 マサイ通信:第270回

スパ! 日本には「老害」って言葉があるようだが、マサイの世界に、そんな言葉は存在しない。村で一番エラいボスは、最年長の男であり、そんなボスに比べたら、アラサーのオレなんて赤子同然。当然、ボスに対しては常日頃からリスペクトの念を抱いている。そして、それを忘れない。

だが、中には、そんな年長者のことをバカにしたり、リスペクトしないヤンチャな若者もいたりする。そんな無礼極まりない若者に対して、オレたちはマサイのことわざで、こう言ったりする。

続きを全部読む

大人も泣ける? アンパンマンの映画をガチで見た結果…悔しいくらいにウルッときた /『きらめけ!アイスの国のバニラ姫』ネタバレなしレビュー

元気100倍! 今日も多くの子供たちを笑顔にしてくれる『アンパンマン』。その劇場版31作目となる『それいけ! アンパンマン きらめけ! アイスの国のバニラ姫』が2019年6月28日(金)に公開となった。

同作は幼児向けアニメでありながら、ときに大人の心をゆさぶるガチ作品でもある。そんなアンパンマン劇場版の最新作をいい年した大人が真剣に見にいった結果……なかなか胸にささる内容! 子供そっちのけでウルッときた。

続きを全部読む

【難問クイズ】この絵に描かれている人は誰でしょう? ヒントその1:あの人ではない。ヒントその2:由緒ある宮殿で発見した「ガチな絵」

さぁさぁ始まりました。不意打ちクイズの時間です。みなさん準備はいいですか? え、何? 唐突すぎるって? まぁ、そんな人もいるでしょうが、無視して進めて行きますよ〜。

問題はズバリ「絵に描かれている人は誰か?」です。どうでしょう? みなさん、絵の人物に見覚えはありますか? 「うん、知ってるよ」という人、最初に言っておきますが “あの人” ではありません。おそらく、絵を見たほとんどの人が “あの人” を頭に浮かべるかと思うのですが、そうではないのです。

続きを全部読む

自信がないときは、自信がみなぎるマサイのことわざ「タナンガ シリグ アム メナング シリグ ケオン」を唱えてみろ / マサイ通信:第269回

スパ! 日本には、いろいろな諺(ことわざ)があると聞く。日本だけじゃなく、世界にも様々なことわざがあるよな。たとえば「Time is money」、時は金なり。もちろんマサイの世界にも、ことわざはある。

たとえば、どーも自分に自信が持てない……なんて時にピッタリなことわざがある。「タナンガ シリグ アム メナング シリグ ケオン(Tananga silig amu menang silig keon)」だ。日本語にすると、そうだな……

続きを全部読む

【実話】マッチングアプリで知り合った女性から深夜のお誘い → 気がついたら病院のベッドの上にいた話

恋人ができた! そんな素晴らしい出会いもあれば、記憶から消し去りたいような、苦い思い出まで提供してくれるマッチングアプリ。

今回の記事では、私(hirazi)がマッチングアプリを利用してきた中で体験した、恐怖の失敗談を書き記したいと思う。本当は忘れ去りたい……でも、強烈すぎて忘れることもできない体験だ。

続きを全部読む

【コラム】「カタログギフト」の口コミの参考にならなさは異常 / 相手も喜んでくれました…って当たり前だろ!

大人になると、お礼やお返しとして贈り物をする機会が増えてくる。何をチョイスすべきか? 非常にセンスが必要になってくる局面であるが、そんな時に便利なのがカタログギフトだ。これなら商品を相手に選んでもらえるし、相手も自分の欲しいものが手に入る。万事解決である。

中でもやはり、グルメ系のカタログはもらっても困らないので使い勝手がいい。花なんかは人によって温度差があるしな。そうと決まったら、さっそくネットで検索だ! と、人気の商品をチェックしていたところ……あることに気付いた。カタログギフトの口コミの参考にならなさは異常である。

続きを全部読む

戦士になるための『荒野の3カ月サバイバル』で生き延びるコツをマサイの戦士に聞いたら「勘違いしてないか?」と返ってきた / マサイ通信:第268回

スパ! どうも先日公開した『日本人がマサイの戦士になるにはどうしたらいい?』の記事が、刺さる人には刺さりまくったみたいで、本気で「しょくぎょう:せんし」になることを考え始めた日本人もいるようだ。

よって今回、より具体的に、「荒野の3カ月サバイバル」のコツなどを伝授したい。というか、みんな勘違いしているフシもある。いや、オレが言葉足らずだったのかも。というのも、荒野の3カ月サバイバルは……

続きを全部読む

「日本人がマサイの戦士になるにはどうしたらいい?」とマサイの戦士に質問したら超ハードコアな答えが返ってきた / マサイ通信:第267回

スパ! 日本における新生活の始まりといえば4月だが、どうだ? 特に新生活になっていない継続系の人たちも、どうだ? 人生、このままでいいのか……なんて思ったりしていないか? そう、転職とか。わかる。

もしかしたら、日本のゴー(羽鳥)も転職を考えているのかもな。というのも、「日本人がマサイの戦士になるにはどうしたらいい?」と聞いてきたんだ。「しょくぎょう:せんし」になりたいんだな。よし、答えよう。

続きを全部読む

【ブチギレ】使用済みの『傘を入れておくビニール袋』を使ったら「貧乏くさい(笑)」って言われたんだけど何か問題あんの?

昔よりはかなり少なくなった気がするが、やはりこのシーズンは梅雨の影響で雨の日が多い。当然ながら傘が手放せない日が続くワケで「梅雨の時期だけは折り畳み傘をかばんに忍ばせている」という方も多いことだろう。

つい先日のこと。私、P.K.サンジュンは区役所を訪れた。その日は朝からあいにくの空模様で、私の手にはビニール傘が握られていたのだが……。市役所の入口に設置されていた『傘を入れておく用のビニール袋』の件で大変イヤな気持ちになったことをご報告したい。

続きを全部読む

【DIY】オシャレなマサイ族は普通のサンダルを買ってきて自分でデコってマサイ式にする / マサイ通信:第266回

スパ! ルカだ。オシャレな部族として有名なマサイ族の戦士・ルカだ。ところで、買ってきた洋服なり靴なりが、どーも自分の好みとは違う……なんて時、よくあるよな。そんな時こそDIY(Do It Yourself)だ。

たとえばオレ、愛する妻のために、キマナの町でサンダルを買ってきた。1500ks(約1585円)もする高価な漆黒のサンダルだ。ところが……

続きを全部読む

【前から思ってた】スキャンダルがあったときの宮迫さん「嫁にはこう言われまして…」← コレちょっとあざといよな

吉本興業所属のお笑い芸人たちが事務所を通さず仕事を受けた、いわゆる “闇営業” が世間を賑わせている。仲介人となったとされる入江慎也さんはすでに契約を解除。また、当初はノーギャラとされていた芸人11名も金銭の受領が発覚し、謹慎処分が発表された。

中でも雨上がり決死隊「宮迫博之」さんと、ロンドンブーツ1号2号の「田村亮」さんは冠番組を持つ人気者だけにその影響は大きい。特に宮迫さんは「オフホワイト発言」で話題になった2017年の不倫疑惑に続くスキャンダルである。

続きを全部読む

電気のない村に住むマサイ族のスマホ充電事情2019年最新版 / マサイ通信:第265回

スパ! 突然だが、ほとんどの読者は、この記事をスマホで見ているはずだ。充電ちゃんとあるか? 電池マークが赤くなっていたりしないか? オレは大丈夫。電気のない村に住んでいるけど、充電OK。バッチリよ。

よく日本人のゴー(羽鳥)は、「マサイのルカはスマホをどこで充電してるんですかね?」と聞かれるらしい。そして、「ソーラーマンの家で充電しているらしい」と答えているようだが、それはもう古いんだ。今は……

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 150