「コラム」カテゴリーの記事

英語のできない私が訪日外国人に積極的に声をかける理由

書くのと話すので全然違うのが言語だ。中学英語で書かれた文章を解読することくらいはギリできる私(中澤)だが、会話はお手上げ。ネイティブの発音で話されると、ごく簡単な単語でも聞き取れないし、焦って頭が真っ白になるのだ

そんな英会話能力ほぼゼロの私だが、訪日外国人に積極的に声をかけるようにしている。そう心に決めたのは、イギリスの田舎での経験がキッカケだった

続きを全部読む

質問「マサイ族はスイーツが好き?」に対するマサイ族の戦士の答えは「好きに決まってんだろ!!」だった / マサイ通信:第299回

スパ! どうやら日本のゴー(羽鳥)はダイエット時期に入ったもようで、甘いものを我慢しているとのこと。そんな彼は、いまスイーツの夢を見るほどに甘味に飢えているそうなのだが、リクエストボックスにこんな質問も届いていた。質問主はツヨシで、内容を要約すると……

「私は甘いものが好きで自作したりもするのですが、マサイ族の皆さんはどんなお菓子を食べているのでしょうか? マサイ族スイーツなどあれば、作り方なども教えてもらえたら嬉しいです」

とのこと。よし、答えよう。まずな、マサイ族に対して「どんなお菓子を食べている?」と、お菓子を食べている前提で聞いているが……

続きを全部読む

【コラム】43歳の薄毛の中年サラリーマンが生まれて初めてアイドルのライブに参戦した結果…

「アイドルなんかにハマる理由が全く理解できない……」。5年前まで私(耕平)も、オタク文化に染まりまくった日本の文化を横目に、冷めた目で腕組みしながら、斜に構えていたイタいオッさんだった。

そんな私がふとしたきっかけで、いつの間にかアイドルにハマっていき、生まれて初めてファンクラブに入会し、ついには一人でライブに足を運んだグループがいる。

今回は、そんな薄毛の中年サラリーマンが、初めて一人でアイドルのライブに参戦して気づいたことをレポートしていこうと思う。

続きを全部読む

戦士希望者必見! 5年に一度の大変貴重なマサイの伝統「戦士の儀式」がコレだ!! マサイ通信:第298回

スパ! つい先日のことなんだけどな、5年に1度しか開催されない大変貴重なマサイの伝統行事「戦士の儀式」が行われたんだよ! マサイに生きる男の通過儀礼といっても過言ではない。

この儀式、かなり大掛かりでな。ケニアのみならずタンザニアの “全マサイ” が、それぞれの場所で行うほどの超重要な儀式なんだ。オレたちは「eunoto」と呼んでいる。興味のある人はググると良いだろう。

続きを全部読む

たった45秒のはごろもフーズ『シーチキンチキン』のCMに私が感動してしまった理由

缶詰の王者・シーチキン。パンに合わせてもご飯に合わせてもイケて、おまけに酒のつまみにも最適。そんなはごろもフーズ『シーチキン』とプリマハム『サラダチキン』のコラボ商品が発売されていることをご存知だろうか。その名も『シーチキンチキン』である

2019年8月19日に発売された本商品。本日9月26日に、YouTubeチャンネルにてWEBCMが公開されている。たった45秒のこのCMにはニワトリとマグロしか出てこない。だがしかし、軽い気持ちで流し見していた私は思わず感動してしまった。凄い……。

続きを全部読む

千葉ロッテ「福浦和也」の引退試合を観に行ったら自分でもビックリするくらい泣いた話

2019年9月23日、千葉ロッテマリーンズの福浦和也(ふくうら かずや)選手が現役を引退した。2000本安打、首位打者、6年連続の3割到達……などなど、数々の偉業を達成したバットマンの最後の雄姿を見届けようと、ZOZOマリンスタジアムには多くのファンが駆けつけた。

千葉ロッテファン歴約25年の私、P.K.サンジュンも運良く試合を観戦できることになったのだが……。自分でも予想していなかった感情があふれ出し、結果的には自分でもビックリするくらいの涙が頬を伝ったのだった──。

続きを全部読む

【怒りのコラム】やたら流水音が小さいトイレは何を考えているのか。何でも音を小さくすれば良いってもんじゃないだろう。

いつか言わなきゃならんと思っていたが、もう我慢ならんので喝を入れる。何に対してか。トイレにだ! それも単なるトイレではなく、「やたら流水音が小さいトイレ」に対しての喝である。いい加減にしろと言いたい!

流水音というのは、いわゆるトイレを流したときに鳴る「ジャー!」である。上手に「すかしっ屁」ができない筆者としては、「ジャー!」が豪快であれば豪快であるほど都合が良い。屁の音がかき消されるからだ。それなのに何だ! つい先日のことだ。

続きを全部読む

イケアのスタッフに聞いた1万円で買えるモテ家具10選 / 1299円のインテリアには衝撃の事実が…

部屋をオシャレにしてモテたい。ゆえにオシャレな家具が欲しい。でもお金はかけたくない。我ながら、なんてワガママなのだ……でもさぁ~、安くたってオシャレになれる家具もあると思うのですよ。

ということで今回は、私(hirazi)のワガママな願望を叶えるべく、IKEA新三郷に足をはこんで1万円以下で買えるオシャレなモテ家具を10個オススメしてもらってきたぞ!

続きを全部読む

問「マサイ族はどうやって爪を切ってる?」に対するマサイ族の戦士の回答 / マサイ通信:第297回

スパ! 今回もリクエストボックスに届いた質問コーナーだ。質問主は「タシロ」さん。ノーカットで全文掲載しよう。

「生きると爪が伸びてしまいます。爪研ぎはネコ、ライオン、人間にとって大切な身支度でしょう。

日本では爪切り(専用のニッパー)でパチンパチンと切り取るのですが、ネット情報ではアフリカ大陸の方々は鉄のヤスリで削り取るとあります。マサイの皆さんは爪の手入れをどのようにしていますか?

とのこと。よし、教えよう。答えは鉄のヤスリではなく……

続きを全部読む

みんなで一緒に外で食べる「マサイの学校給食」は超うまい / マサイ通信:第296回

スパ! 今回は学校に通っている人、そして先生に向けて書いちゃおうかな。さーて、みんなは給食、どこで食べてる? そりゃ教室だよな。ウチら、マサイ族の学校だって、給食は教室で食べたりする……けど!

半々くらいで外なんだな。

続きを全部読む

【コラム】2019年秋アニメのラインナップにアニメオタクが震えあがった理由

できることなら働きたくない。だが、生活のためには働かないといけない。20代前半の頃、私(中澤)はジレンマの中で携帯販売をしていた。そんな時に、隣にあったJ:comのモニターに映し出されたのが『とある科学の超電磁砲』の御坂美琴である

なんて可愛いんだ……! 御坂美琴に一目ぼれした私は、それ以降、暇さえあればアニメを見るようになった。アニメを見ている時間だけは現実から解放されるような気がしていたのである。そんな私を周りはこう呼んだ。「オタク」と。

新しいクールが始まる直前、私には必ずやることがある。それは新クールに始まるアニメの事前チェック。だが、2019年秋アニメのラインナップをチェックしている時、私は思わず震えあがってしまう事実に気づいた

続きを全部読む

さて問題です。このオーダーメイドのマサイ式アクセサリーの値段はいくらでしょうか? マサイ通信:第295回

スパ! 遠い昔、テレビで高田純次さんが「モノの値段を知ることはとても重要なことだ」と言っていたと日本のゴー(羽鳥)が言っていたが、今回はまさしく「世界まるごとHOWマッチ」なネタをお届けしよう。

お題は、マサイ式のアクセサリーだ。それもお土産的なアクセサリーではなく、完全オーダーメイドのアクセサリーだ。その人に合ったサイズ、色などを考えて作られる豪華絢爛なアクセサリーの値段は……ハウマッチ?

続きを全部読む

【気を付けて】3歳の娘が「〇〇」を食べて緊急搬送された話

どうも、みなさんこんにちは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。いきなりではありますが、今回はややシリアスなお話をさせていただきます。つい先日のことなのですが、3歳になったばかり娘が緊急搬送されてしまいました。

原因は「イクラ」──。そう、鮭のタマゴのあのイクラのこと。どうやら娘はイクラにアレルギーがあったようで、アナフィラキシーショックを起こしてしまったのです。今回得た経験と今後の対策を、小さなお子さんを持つ全ての親御さんに捧げます。

続きを全部読む

【コラム】イギリスのスーパーで1ポンド(約130円)で売ってたチョコ『ミルカ』が激ウマすぎた! ゴディバの代わりに置いてほしいレベル

お菓子の本場ヨーロッパ。私(中澤)がイギリスを旅した時、そんな本場のオーラを感じたのは、高級菓子店などではなくスーパーだった。カラフルなホールケーキみたいなのが普通に並んでいるし、何種類もマフィンがあったりする。庶民レベルでもスイーツの充実度が日本の比ではないのだ。

とは言え、パーティーをする気はないため、私が購入したのは1ポンド(約130円)で売っていた板チョコ。日本で言う「明治」みたいなポジションかと思われるが……これがマジでウマかったのである。ほぼ毎日食べてた

続きを全部読む

話題の「60代向けファッション誌」を30代が読んでみた結果 → 下の世代も共感! 年を重ねることへの希望を見出した / 宝島社『素敵なあの人』

2019年9月15日に発売となったある雑誌が話題となっている。宝島社の『素敵なあの人』だ。これまで前身となるムック本が単発で刊行されていたところ、月刊化したという。

出版不況といわれるなか、それだけでも「へー」と思うが、興味深いのは60代向けのファッション誌ということ。60代と言えば、高齢者と言うには若いが「シニアに片足つっこんだ」と表現する人もいる世代。そんな “60代女子” のファッションとは何なのか気になったので読んでみたところ、30代の私が泣いた……!

続きを全部読む

【ミステリーコラム】薄毛とは…髪の毛の一部が「神隠し」にあってるだけ説 / ストレスとの戦い方の一例について

まず最初に、タイトルにダジャレ的な意図は一切ないことを言っておきたい。「髪」と「神」がかぶったのはただの偶然である。また、言うまでもないかもしれないが、この主張に科学的根拠は一切ない

あくまでも、「私はこのように考えてますよ」というだけの話なのだが、「薄毛に直面したときの気持ちのもっていき方」と考えれば誰かの役に立つかも……との動機で執筆した次第である。なにせ、薄毛との戦いは自分自身との戦い。言い換えれば、ストレスとの戦いなのだから。

続きを全部読む

マサイの主婦たちは井戸端会議で何を話しているのか? 「旦那の愚痴」もマサイ族ならではの悩み / マサイ通信:第294回

スパ! 快調快調、リクエストボックスの質問、快調に届いているぞ〜っ! ということで今回も読者からの質問に答えよう。質問主は「マイカ」さん。アッシェオレン! んで、質問の内容を要約すると……

「水道がどこにでもある時代になっても、スーパー、ゴミ捨て場、保育園など主婦が鉢合わせおしゃべりが始まれば、井戸がなくてもそれは「井戸端会議」と呼ばれます。マサイでも井戸端会議やってますか?」

良い質問だ! マサイの井戸と、井戸端会議を掛け合わせるとは……牛の皮(座布団)一枚って感じだな。よし、そんじゃ、答えよう。

続きを全部読む

【競馬】センス爆発! ネーミングが秀逸すぎる競走馬5選

親が子に様々な思いを込めて名前を付けるように、競走馬の名前にも馬主さんや関係者の「こんな馬に育ってほしい」「こんな活躍をしてほしい」という熱い思いが込められている。

名前だけでも強そうな馬名や、ロマンチックで美しい語感の馬名など、数々のセンスあふれる馬名が日本競馬の歴史を彩ってきた。そして本日9月16日は、JRAが設立された日であることにちなんで「競馬の日」。記念すべき日に、筆者が選ぶ「ネーミングが秀逸すぎる競走馬5選」を紹介しよう。

続きを全部読む

ラグビーW杯は初心者でも楽しめる。なぜなら「経験者でもルールを分かっていない」から

2019年9月20日から開幕するラグビーW杯。ファンからすると「待ってましたぁ!!」と狂喜乱舞しながら過ごす約1カ月が始まるワケだが、一方で世間はどこか盛り上がりに欠けている……ように感じる。しかし、思い出そう。今から4年前、日本列島が五郎丸フィーバーで湧いたことを! ラグビーのルールがよく分からないにもかかわらず、盛り上がったことを!!

その歴史が証明しているように、実のところラグビーはルールを詳しく知らなくても問題ない。なぜなら……ド直球で理由を伝えるならば、そもそも経験者でもルールを完璧に把握していないからだ。筆者(私)みたいな経験者、意外といるはず!

続きを全部読む

ダイエッター必見! マサイ族の戦士に「ハラが減ってしょうがないとき、どう我慢している?」と聞いたらストイックすぎる答えが返ってきた / マサイ通信:第293回

スパ! どうやら日本のゴー(羽鳥)、禁煙を始めたらしく「はらへった、はらへった」とオレに泣きついてきた。ハラが減ってしょうがないらしく、オレに「ハラヘリを我慢する方法を教えろ」と聞いてきた。なんでも、食いすぎて太り始めているので我慢したいのだとか。

ハッハァ〜〜〜(Hahaaaaaaa)笑

よし、教えてやろう。ハラ減りを我慢する方法と、痩せる方法をな!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 154