10歳の盲目の少女、欧州議会の最年少通訳に

幼いときに脳腫瘍を患い、視力を失った少女が、欧州議会の通訳として働くこととなった。彼女はブリュッセルの議会ビルに招待を受け、4カ国語を扱い職務を果たす予定だ。

続きを全部読む

プーチン首相がアイスホッケー少年チーム練習に参加、強烈なシュートを叩き込む

柔道とサンボの達人でもある史上最強の政治家、ロシアのプーチン首相。ケンカに明け暮れる不良少年時代を送ったとされるプーチン首相だが、先日、『氷上の格闘技』ことアイスホッケーのジュニア選抜チームの練習に参加、持ち前のテクニックを披露した。

続きを全部読む

もうすぐ実現、充電いらずの着るバッテリー

米国の研究機関が、画期的な充電技術を発表した。発表によれば、人間の運動と自然エネルギーを利用して、充電することなく使えるバッテリーを開発したという。研究者は、「このバッテリーには筋肉運動から電力を供給する高い能力がある」としている。

続きを全部読む

つぶやきを元に自分の大好き成分を分析する「Fan+Connect」

「ヒト・モノ・コト・ココロ」にこだわってさまざまなジャンルのファンに向け、コンテンツとコミュニティを提供するサービス「Fan+(ファンプラス)」が4月14日にオープンした。

「Fan+」はスポーツやエンターテイメントなど、さまざまなジャンルのファンのために、動画・写真・テキスト・音声・音楽などのコンテンツを提供するサービス。利用登録をすると、入手したコンテンツをパソコン・携帯電話・スマートフォンで共有することが可能。一例として、パソコンで購入した動画を移動時にスマートフォンで見ることができる。

同サービスは4月14日のオープンに先立ってすでに事前登録を開始したのだが、同時にとてもユニークなプロモーションサイトが公開されている。そのサイトとは、TwitterIDを入力するだけで、自分のつぶやきを元に大好きな『成分』を分析するというものだ。

続きを全部読む

動画サイトYouTubeにアップされた、日本発のタマゴ映像が世界で話題になっている。問題のタマゴは長野県中部にある安曇野の有明山農場(小松種鶏場)で採れた、超ド級の大きなタマゴ。

普通のタマゴが62グラムであるのに対し、このビッグエッグの重さはナント192グラム! 一体何が入っているのだろうか? ドキドキしながら割ってみると、なんとそこには……

続きを全部読む

「前よりいい町にしてやる。」見ると力が湧いてくる復興ポスター

震災の影響で甚大な被害を受けた、三陸沿岸。特に津波の影響で、いまだ復興のめどの立たない地域は数多い。そんななか、岩手県盛岡市に住むカメラマンが、仲間と共に制作したポスターが注目を集めている。「復興の狼煙(のろし)」と名付けられたポスターは、その名の通り、震災からの復興を誓った人たちの、力強い姿が写されているのだ。

続きを全部読む

子育ては太る!調査結果が裏付け

子どものいる女性はそうでない女性に比べて運動量が少なく、カロリー摂取量が多いというデータが示された。産後太りから抜け出せないというのはよく聞く話だが、それを裏付けることになる。

米ミネソタ大学の研究者らが調査したところ、子どもを持つ人は男女ともに平均運動量が少なくなる傾向があったが、男性のBMI値(身長から見た体重の割合を示す体格指数)は子どもの有無で差がないのに対し、女性のBMI値は子どもを持つ人が上回った。

続きを全部読む

日本のM9.0地震の音、アラスカでも聞こえていた

3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震が、900マイル(=1450キロメートル)も離れたアラスカのアリューシャン列島で音波となって観測されていた。

太平洋海洋環境研究所アメリカ海洋大気圏局が、アメリカ海軍が設置したSOSUS(Sound Surveillance System)と呼ばれる音響監視システムを用いて、海中で地震の音を拾っていたことが明らかになった。

続きを全部読む

1950年までアメリカでは放射性物質を風呂に入れたり、健康ドリンクや性機能を支援する薬として使用していた

信じられない事実ですが、1910年から1950年ごろまでアメリカでは、放射性物質を「万能薬」としていたことをご存知でしょうか。

Radiation Devicesと呼ばれる、放射性物質である「ラジウム」を水に含ませる機器を使い、健康飲料として飲んだり、ラジウム風呂を作ったり、果てには性機能を増強させる薬として、陰嚢に塗るなどもされていました。

それは「放射性物質」がアピールポイントとして販売されていたようですが、もちろんそれが健康に良いわけがなく、様々な健康被害をもたらしていたようです。

続きを全部読む

クリア不可能? 史上最大のパックマン

これをクリアすることはほぼ不可能! 史上最大のパックマンがインターネット上に登場した。その名も「The World ’s Biggest PAC-MAN」。数えきらないほどのステージが用意されており、いくらゲーム好きといえども、そのすべてを制覇することは困難だろう。

続きを全部読む

原子力委員会が国民の意見募集

内閣府の原子力委員会が原子力政策に関しての意見を募集している。「国民の皆様からのご意見募集について」という題目で募集しており、ホームページ、郵送、FAXで受け付けている。

続きを全部読む

福島第一原発で懸命の復旧作業が続いています。依然予断を許さない状態が続いているですが、震災発生直後に現場で作業に当たっていた作業員50名の存在は、海外でも注目されました。当時「最後の砦の50人」と言われながらも、その名が明かされず、米紙ニューヨーク・タイムズなどの外信では、勇敢と称えられていました。

その彼らと家族宛てに、台湾のとある企業が、1億5000万円を寄付をしていたのです。

続きを全部読む

中国で「一休さんガチャガチャ」にチャレンジ

日本でも幅広い年代から親しまれているアニメ『一休さん』。中国でも来年劇場版の公開が予定されているなど、人民的超人気アニメだ。上海のとあるガチャガチャコーナーで一休さんガチャガチャ数種を発見。コンプリート目指してやってみた。

続きを全部読む

知っておきたい、放射線と身体の関係

放射線とは、大気や媒体を通して移動するエネルギーのこと。物質として不安定である放射性物質が壊れる(崩壊)時に生まれます。実は人間は、ごく普通に生きている中でも放射線を浴びています。

放射線は、宇宙に、空気中に、地球に、そして岩に存在し、人間を含めたあらゆる物質と反応できるだけのエネルギーを持っています。つまり放射線は、細胞にダメージを与えることができるのです。ここでは、様々なタイプの放射線について、そしてそれらが人間に及ぼす影響を説明します。

続きを全部読む

アジアの中でも著作権意識がひときわ高い台湾。明るく、さわやかなDVDショップを覗けば、ここは日本か?と錯覚する勢いで、ジャパニーズな人気DVDタイトルが新旧問わず、ところ狭しと陳列されている。

ま、近頃じゃプノンペンくんだりの場末感漂うDVD屋でも、日本の連続ドラマがDVD-BOXでたんと積んであるわけだが……あちらはぜんぶ中国製の海賊版。ヒビの入ったケースに傷だらけのディスクが収まった、粗悪でイリーガルなブラック商品だ。

台湾の何が素晴らしいって、商品のほとんどがキチンと版権を取得した正規版のDVDであり、正規版のくせに何だかとっても安いことである!

続きを全部読む

坂道激走801ちゃんのCMが完成していた! / 奈良のゆるキャラ「まんとくん」は絵が激ウマ

先日、奇抜なゆるキャラ「801ちゃん(やおいちゃん)」が、もの凄い勢いで急な坂を駆け上がっていたという記事をお伝えした。話を聞けば大手PCメーカーの「エイサー(Acer)」のCM撮影だったのだが、そのCMがどうも完成したらしい!

さっそくエイサーのサイトをチェックしてみると、「中の人、変わった?」という専用ページが作られており、801ちゃんの激走っぷりや、奈良県のゆるきゃら「まんとくん」が見せた意外な能力……などが映像で確認できるようになっていた。

続きを全部読む

仮面ライダーのチャリティーイラストが凄すぎて泣ける件

ある「仮面ライダーのイラスト」がネット上で話題になっています。このイラストは、海外の方が書かれたものと推測されており、中央には仮面ライダー1号が被災した子供を抱き抱えています。

背景は日の丸でデザインされており、赤い丸には、「頑張ろう・JAPAN」との文字が。また、その子供は野球のユニフォームを着ており、背中には「1」という背番号が描かれています。

続きを全部読む

モデルがことごとく「あだち充」化している洋服屋

中国でも「東京ガールズコレクション」や「神戸コレクション」が開催されるなど、日本のファッションはアニメ・漫画に並び若者から強く支持されている。「日本=オシャレ」というのは彼らにとって常識中の常識だ。

中国最大のオークション&ショッピングサイト「淘宝網(タオバオワン)」でも、日本の洋服を販売しているショップは多数存在する。その中の一つ、とあるショップの商品ページのモデルがことごとく人気漫画家・あだち充さんの作品のヒロインとなっており、一種独特な雰囲気を醸している。

続きを全部読む

木人拳のようなトレーニングマシン

ジャッキー・チェンの代表作といえば、皆さんは真っ先に何を思い浮かべるだろうか? 酔えば酔うほど強くなる『ドランクモンキー酔拳』だろうか。もしくはサモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウと共演し、ゲームにもなった『スパルタンX』だろうか。

いやいや、ジャッキーファンが忘れてはいけない作品がある。それは『少林寺木人拳』だ。少林寺の修行の集大成、木製からくり人形との闘いのシーンは、ジャッキーの歴史を語るうえで、欠くことができない。その木製人形を彷彿させる、トレーニングマシンが存在するのだ。

続きを全部読む

20年後のチェルノブイリ、立入禁止区域に住み続ける老夫婦

いまだ予断を許さない状況の続く、福島第一原子力発電所。4月14日には、敷地内の1号機から500メートル離れた地点から微量のプルトニウムが検出されている。プルトニウム239の半減期は2万4000年との言われており、その影響が消えるまでには、途方もない時間がかかる。1986年に起きた、チェルノブイリ原子力発電事故の影響も現在まで続いている。しかし、そこには少数ではあるものの、強く生き抜く人々の暮らしがあった。

続きを全部読む

  1. 1
  2. ...
  3. 2018
  4. 2019
  5. 2020
  6. 2021
  7. 2022
  8. 2023
  9. 2024
  10. ...
  11. 2088