「VR」にまつわる記事

【家で体感VR】VRを全身で体感するための「VRモーションシミュレーター」が爆誕!

リアルなゲームを楽しむアイテムといえば、VRヘッドセットが人気だ。今、そんなVRヘッドセットと一緒に使うことで、とんでもない体験ができそうな「VRモーションシミュレーター」なるものが登場して話題となっている。

VRを全身で体感するために開発された製品の名前は『Feel Three』だ。クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて出資者募集中で、2018年9月7日現在、目標額の約714万を大きく上回り、約1662万円もの資金を獲得している。それでは、動画とともに特徴をみていこう。

続きを全部読む

ついにアニメの中に入れる時代キタァァァアアア!『狼と香辛料』新作は “動ける” VRアニメ → 制作者に話を聞いてみた!!

辛いことも多い現実社会。人間関係や仕事に疲れた時、私(中澤)はアニメを見る。時には登場人物たちに自分を重ね、時にはその考えに目からウロコが落ち、気づけば浄化されているのだ。そんな私を含むアニメ好きなら1度は夢見たことがあるだろう。「アニメの中に入れたらなあ」と。

『狼と香辛料』の新作アニメがその夢を叶えてくれるかもしれない。制作開始が発表された本作は、なんとVRアニメ! しかも、アニメの中で動けるという。ついにアニメの中に入れる時代キタァァァアアア!!

続きを全部読む

VRの可能性ハンパねぇ! ジャミロクワイの『Virtual Insanity』をヴァーチャル・リアリティ上の楽器で演奏してみたっていう動画

1990年代に一世を風靡した英ロンドン出身のバンド「ジャミロクワイ」。同バンドの楽曲のなかでも、圧倒的な人気と知名度を誇るナンバーが『Virtual Insanity(ヴァーチャル・インサニティ)』だ。

そんな有名曲を、なんとヴァーチャル・リアリティ上の楽器で演奏するアーティストが現れた。ちなみにダジャレを言いたいだけではないのであしからず……。それでは、動画「“Virtual Insanity” Performed in Virtual Reality (Jamiroquai Cover)」でどんなサウンドなのかをチェックしてみよう。

続きを全部読む

これやりたい! サイバー空間ライトセーバー斬りまくりVRリズムゲーム『Beat Saber』がメチャ楽しそう!!

2018年3月29日よりPlayStation VRが値下げされ、盛り上がりをみせているVRゲーム市場。続々と新作がリリースされているところをみると、ユーザーの数はより一層増えることが予想される。

そんななか、今回は数あるタイトルの中でもひときわ話題となっているVR専用ゲームを紹介したい。その名は『Beat Saber(ビートセイバー)』。サイバーな世界観と爽快なアクションが印象的なリズムゲームだ

続きを全部読む

ついにPSVRに対応した反重力レースゲーム『Wipeout Omega Collection』をプレイしての率直な感想は感動

VRゲームの感想を表現するのは難しい。VR感が「すごい」か「ダメ」かだけの感想であれば簡単なのだが、あまりにもすごすぎる作品になると、何かにキマってる人のたわごとにしか見えなくなるからだ。たとえるならば、昨晩に見た「夢」を語られるようなものである。しかし、実際に「見えてしまっている」のだから仕方ないのだ。

それをふまえたうえで、あえてのVRレビューを書いておきたい。作品名は『Wipeout Omega Collection(ワイプアウト オメガコレクション)』で、対応ハードはPS4。前々から持っていたゲームだが、つい先日の2018年3月28日、ついにPSVR対応になったのである。

続きを全部読む

まるで実写! CGで描かれたデジタル人間「Siren(サイレン)」がリアルすぎてヤバい

簡単にヴァーチャルリアリティーが体験できるVR専用ゴーグルが発売されたり、バーチャルYouTuberなるものがネットで人気を博している現代。今やデジタル映像技術の進化は待ったなしの状態だ。

そんななか、米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催されているゲーム開発者向けイベント「GDC 2018」で、また驚くべき映像が公開された。その映像に登場するキャラクターの名は『Siren(サイレン)』。超リアルな最新デジタルヒューマンだ。

続きを全部読む

東大の研究室が開発した「ダイナミックプロジェクションマッピング」が進化しまくっててヤバい / 動くものにも自在に立体映像を投影可能!

2016年、東大の研究室がプロジェクションマッピングの技術を発展させ、動くものに映像を投影する『ダイナミックプロジェクションマッピング』を発表した。実際に映像を投影する様子を公開し、海外からも大きな注目を浴びた。

そしてつい先日、同技術はさらなる進化を遂げていることが明らかになった。一体どんなことができるようになったのか? 動画「DynaFlash v2 and Post Reality」で驚くべき内容をご確認いただこう。

続きを全部読む

中国のVRアシスタントが「セクシーすぎて」バッシング → サービス停止に / ご尊顔がこちらです

いまAI(人工知能)がアツい! 囲碁の世界王者を破った「AlphaGO Zero」、最近ではAIスピーカーの登場など、私たちの生活のなかでどんどん身近な存在になっていると言えるだろう。

そんななか、あるAI搭載のサービスがバッシングを受けてサービス停止になったという。その理由が「セクシーすぎた」ため! 女性蔑視であると批判を受けたのだ。

続きを全部読む

【動画】ワンコにVRを体験させたらこうなった / 反応が人間みたいでカワイイ! …でもアリかナシか物議に

映像の世界をリアルに体験できるVR。そのリアルさはときに現実以上で、イケメンとの挙式体験に、おもらし体験、さらにはキスもヤバイらしい。日常では叶えられない欲望を、実現させてくれるのがVRなのだろう。

さて、そんなVRを動物が体験したらどうなるの? いまそんな動画が話題になっている。犬は仮想現実の世界を楽しめるのだろうか?

続きを全部読む

【悲報】東京の『パックマンカレー』が海外サイトでボロクソに叩かれる「クソまずいから絶対食うな」→ どれだけまずいのか実際に食べてみた

日本の食べ物は世界一ィィィィイイイ! 日本が誇る日本食。海外で日本食は大人気。そう思っていた時期が私(あひるねこ)にもありました……。そう、すべての日本食が絶賛されるわけではないのだ。叩かれる時は叩かれる。それが現実なのである。

先日、とある海外サイトに東京・新宿にあるVR施設「VR ZONE SHINJUKU」で提供されている『パックマンカレー』を酷評する記事が掲載された。「絶対に食うな」と読者に注意まで促している始末。マジかよ、一体どんだけまずかったんだ? 気になったので実際に食べに行ってきたぞ。

続きを全部読む

【TGS2017】VRシューティングゲームに夢中になるオッサンの姿がヤバい! どう見ても不審者

今週末(2017年9月23・24日)、東京ゲームショウ2017(TGS2017)に行ってみようという人もいるだろう。今年は昨年にも増して、VRを駆使した体験型のゲームが多い印象だ。変わり種としては、イケメンキャラと挙式体験できる「挙式VR」などが挙げられるが、もうひとつ面白かったのがウォーゲーミングジャパンのブースで体験できる「revolVR」だ。

これはVRのシューティングゲームで、仮想世界で対戦相手と銃撃戦をすることができる。ゲームの世界にどっぷりと浸れるのはいいのだが……ゲームしている姿が怪しすぎる! 完全に不審者じゃないか!!

続きを全部読む

【挑戦】オッサンがイケメンとの挙式体験に挑んだ結果! 耳元で繰り返される甘いささやきに吐き気を催したでござる

多くの女性にとって、結婚式は一生に一度の晴れ舞台だろう。自分が主役になる大切な一日だ。そしてもし、その相手がイケメンだったら、女性は嬉しいはず。……そんな体験、できるぞ。しかもその気になれば何度でも。東京ゲームショウ2017(TGS2017)の会場で。

挙式に夢を描く乙女の気持ちを感じてみたいと思い、生粋のオッサンであるこの私(佐藤)が、イケメンとの挙式体験に挑んでみた! その結果……! 夢心地になるのかと思いきや、イケメンのささやきが気持ち悪くて仕方がなかった。乙女はこれを望んでいるのか!?

続きを全部読む

ドラッグ事情通「はじめてPSVRを体験した時の行動は幻覚剤にキマった時とよく似てる」

いま、空前のVR(バーチャル・リアリティ)ブームが、ロケットニュース24編集部内で巻き起こっている。私(羽鳥)がPSVRを購入したのを皮切りに、中澤、そしてYoshioまでもが立て続けにPSVRを購入。それ以降、我々PSVR仲間たちは、ナニがスゴかったのかを語り合いつつ、最先端技術の情報交換に余念がない。

そんななか、ひとりの男が「オレにもVRについて、一言モノ申させろ」と興奮気味に名乗り出た。正義のドラッグ事情通・ボブ麻亜礼(まあれい)氏である。なんでも、「VRとドラッグは非常に近いものがある」というのだ。詳しく話を聞いてみよう。

続きを全部読む

米ケンタッキーが恐怖の「従業員トレーニングVR」を発表! 調理工程を覚えるまで部屋から出られないってマジかよ……

PSVRが発売されたのをきっかけに急激に人気が高まったVRゴーグル。スマホをはめ込むだけの簡易的なものなら、100円ショップでも購入できるようになったのは、以前の記事でもお伝えした。

そんな中、米国のケンタッキーフライドチキン(KFC)が、VR技術を使った従業員専用のトレーニングゲームを発表。そのゲームの世界観があまりにも不気味でインパクト抜群なのでご紹介したい。

続きを全部読む

【VR】はじめてPSVRを体験して思ったことは「キスがヤバイ」

つい昨晩、生まれて初めて本格的なVRを体験した。ソニーの『PSVR』を、家でじっくりとプレイしたのである。それはそれは……スゴかった。まるで夢を見ているような……。この興奮を忘れないうちに、そのときナニを思ったのか書き残しておきたい。

もちろんゲームもスゴかった。だが今回は割愛。というのも、ゲームと同等、いや、それ以上に、最新アニメやドラマなど様々なジャンルの動画をダウンロード販売している総合エンタメサイト『DMM.com』で購入した映像作品がスゴかったのだ。

続きを全部読む

【検証】100円ショップのVRゴーグルを使ってみた

PlayStation VRの大ヒットをきっかけに、その存在が一気に世に広まったVRゴーグル。液晶モニター内蔵のゴーグルを頭部に装着することで、驚くほどリアルなVR(仮想現実)体験ができる優れものだ。

最近では、スマホをはめ込んで使用する安価な製品も登場。なんと100円ショップでもVRゴーグルが購入できるようになった。しかし、本当にこの価格でVRが楽しめるのだろうか? 実際に使ってみることにした。

続きを全部読む

超ハイスペックな「背負えるパソコン」が爆誕! デスクトップからバックパックに早変わりするぞ!!

様々な機種が取り揃うVRゴーグル。しかし一部の製品は、高性能であるもののハイスペックなPCへの接続が必要であり、用途に限りがあった。そんななか、VRゴーグルの市場を拡大するべく「背負えるVR用PC」が発表されたという。

しかもそのPCを開発したのは、世界的精密機器メーカーのヒューレット・パッカードだというから注目せずにはいられない。さて、いったいどんな製品に仕上がっているのだろうか?

続きを全部読む

【意味不明】ケージの中でニコラス・ケイジの映画を強制的に見せられるサイトが登場! あなたはニコラスのオンパレードに耐えられるか!?

名匠フランシス・フォード・コッポラ監督の甥で、『リービング・ラスベガス』の演技でアカデミー主演男優賞を受賞したハリウッド俳優ニコラス・ケイジ。

しかし、最近はB級アクション映画への出演が続き、なんとなく知名度と評価が落ちている感があるニコラス……。そんな、彼の作品を強制的に見させられるサイトが登場して、ネットで密に話題を呼んでいるというので紹介したい。果たして、読者の皆様はニコラスのオンパレードに耐えられるだろうか!?

続きを全部読む

世界の歌姫ビョークが全編バーチャルリアリティーの最新PVを発表! 6分以上にわたる超大作のデキが超斬新!!

アーティストたるもの常に新しいアイディアを取り入れて、革新的な作品を作り上げていくことが要求されるものだ。

そんな、代表的な存在として知られるアイスランド出身の歌姫ビョークが、全編バーチャルリアリティーの最新PVを発表! 6分以上にわたる超大作のデキが超~斬新なのである!!

続きを全部読む

【未来キタ】現実とバーチャルが繋がった! ディズニーの新VR技術がまるでマトリックス

映画やテレビに音楽、テーマパークなどなど、ありとあらゆるエンターテインメントに携わる米国の世界的企業が、ご存知「ウォルト・ディズニー」である。

そのウォルト・ディズニーの研究開発部門「ディズニー・リサーチ(Disney Research)」が驚くべきニュースを発表した。なんと、VR空間にいながら、現実空間のボールをキャッチできる技術を開発したというのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2