福岡県の代名詞とも言える存在の「とんこつラーメン」。ここのところ、うどんやつけ麺、さらには非とんこつ系のラーメンなどの勢力も増してきているが、まだまだ絶対的な王座は揺るがない。

さて、そんな福岡県で今回訪れたのは、「太宰府天満宮」でも有名な太宰府市にある『水城らあ麺』だ。とんこつラーメンの上にチャーシューがモリモリになって出てくるとの噂を聞きつけたが、はたしてどんな一杯が出てくるのか。実際に行ってみた!

・チャーシューめんを注文

『水城らあ麺』があるのは、店名からも分かるように太宰府市の水城。電車やバスでも行けなくはないが、車でないと少し行きづらい場所かもしれない。近くまで行くと、ウィンウィンと上下に動くラーメンマシーンが出迎えてくれた。

店内に入り、カウンターに着席。メニューに目を通すと、なぜかラーメンだけが「らあ麺」、他は「らぁめん」と表記されていた。しかも、謎はそれだけにとどまらず、カレーらぁめんという珍しいメニューまである。むぅ……これはどれを頼むのが正解なのやら……

とも思ったが、今回は初志貫徹。噂のチャーシューめん(700円)を注文することにした。店内に漂うとんこつスープの匂いを嗅ぎながら待つことしばし。いよいよ、チャーシューめんと向き合うと……おほぉぉぉ!

・芸術的な一杯

これは……チャーシューによる芸術! そう、噂のチャーシューめんには、これでもかというくらいチャーシューが敷き詰められており、もはや麺が見えない一杯だったのである。ただ、中央に向けて10枚以上のチャーシューが組み立てられているだけでもヤバいが、もっと驚いたのはそれから!

というのも、これらのチャーシューはありったけ乗せました的な感じではないのだ。口の中に入れたら溶けているかのような感触……決して脂っこくないチャーシューで、見た目を重視したのではないことが伝わってくるようだった。

・すべてがハイレベル

また、ラーメン自体も食べてよし飲んでよしの秀逸さ。こってりしつつも、どこか後味がアッサリ。自家製だというストレート麺もスープと一体化していて、すべてがハイレベルな一杯という印象を受けた。

訪れたのがお昼前の少し早い時間帯だったが、家族連れをはじめ老若男女が続々と来店していたのも納得のウマさ。普通の「らあ麺」ならワンコインの500円で食べられるのだから、きっと地元の人に愛されているのだろう。

・ちゃんぽんもヤバい!?

余談だが、同店はチャーシューめん以外もスゴいらしく、ちゃんぽんが超ド級の量で出てくるとの噂だ。前述のカレーらぁめんといい、気になるメニューもあるだけに数回は通ってみたいと思うお店だったことも追記しておきたい。

・今回ご紹介した店の詳細データ

店名 水城らあ麺
住所 福岡県太宰府市水城3−4−24
時間 11:00~23:00
定休日 不定休

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

▼お店の外観

▼唐辛子や紅ショウガを加えても美味!