「芸能」カテゴリーの記事

【衝撃】リア・ディゾン(33歳)の現在がヤヴァイ

あなたは2000年代に「グラビア界の黒船」と呼ばれた、リア・ディゾンさんを覚えているだろうか? 数多の週刊誌の表紙を飾り、写真集を出せば大ヒット。2007年には歌手としてNHK紅白歌合戦にも出場を果たした、あのリア・ディゾンさんのことである。

タレントとしても安定期に入りつつあった2008年、彼女は電撃婚を発表し、以来芸能界からは遠ざかっている。果たしてリア・ディゾンさんは今なにをしているのだろうか? 調べてみたところ、大変ヤヴァイことになっていたのでご報告したい。

続きを全部読む

【炎上】中国語を操るキズナアイ “4号” が「台湾は中国領」の表記で炎上 / なぜか中国ネットでも失望の声 → その理由

「世界初のバーチャルYouTuber」こと「キズナアイ」。可愛らしい風貌に加え、ちょっとポンコツなところがキュートでたまらない! 毎日のように更新される動画で人気を博し、世界有数のVtuberに成長していった。

2019年夏、そのキズナアイが4人に“分人”し、さらにうち1人が中国語を操るという展開に賛否の声が上がったことは記憶に新しい。ファンの心のざわつきがスッキリしないうちにまたカノジョが物議を醸している。とある動画が炎上してしまったのだ。

続きを全部読む

『ONE PIECE』を野性爆弾くっきー!が表現した結果 → チョッパーがとんでもないことに

世界的な人気マンガ『ONE PIECE』。敵も味方も魅力的なキャラたちのオンパレードである本作において、マスコットとして不動の地位を築いているのがチョッパーだ。ひねくれたオッサンである私(中澤)もチョッパーを見る度に思わずにはいられない。「クソ可愛い」と

だがしかし、野性爆弾のくっきー!が『ONE PIECE』を表現した結果……チョッパーが……チョッパーとんでもないことに!!

続きを全部読む

【えっ!?】竹内力さんが伊勢丹でスーツを販売する謎イベント『力祭』がヤバイことに! 新潟伊勢丹「対応を検討してます」

祭りじゃ祭りじゃ「力祭」じゃー! なんとこの度、「力祭」が再び伊勢丹に帰ってくる。ゼニの匂いがしよるでえッ!!

え? 「力祭」って何って? ヤだなあ、危ない役をやらせると右に出るものはいないVシネマの帝王・竹内力さんが伊勢丹でスーツを販売するイベントじゃないか。あの謎イベントが再び伊勢丹で開催されるのである! マ・ツ・リじゃァァァアアア!!

続きを全部読む

【断言】今後、以下の場所に中国・台湾人の観光客が増加します「谷中銀座」「赤羽橋」「タワービュー通り」「毎日新聞社ビル」→ その理由

2020年の東京五輪をひかえ訪日外国人が増加中! インバウンドという言葉をよく聞くようになって久しいが、最近では大都市より地方観光が好まれる傾向にあると言われている。

だがしかし……! 2019年9月になって東京のいくつかのスポットがにわかに注目されているのをご存知だろうか? 今後、中国・台湾からの観光客が増加するはず。いや、すでに第一陣はやってきている。今後、10月に本格化する見通しだ。その理由とは?

続きを全部読む

叶姉妹の『アナ雪』コスプレがアメージングすぎる! 実写版かと思うほどの高クオリティに震えがとまらない

近年、ファビュラスでヘブンリーなコスプレ姿で世間を魅了している叶姉妹。その最新作が公開されましたぞォォォーッ! 

今回はどんなセクシーキャラ? それともジョジョシリーズ? 否ッ(いな)!! 恭子さんと美香さんの2人で『アナと雪の女王』のエルサ&アナ姉妹に扮している。そのお姿はアメージングすぎて震える……もはや実写版と言っていいほどのクオリティなのだ。

続きを全部読む

【衝撃】ピンクの電話(61歳と57歳)の現在がヤヴァイ

ピンクの電話』という言葉に反応し、思わずこの記事をクリックしてしまった人は、おそらく40代以上の方だろう。ピンクの電話とは、新種のスマホでも艶っぽいサービスでもなく、レジェンドお笑いコンビのことである。

ピンクの電話──。1980年代から90年代にかけて、爆発的な面白さを誇った「ものまね王座決定戦」で確かな存在感を放っていた2人はいまどこで何をしているのだろうか? 調べてみたところ、大変ヤヴァイことになっていたのでご報告したい。

続きを全部読む

【絶句】安達祐実さん、38才だった / 彼女が “歳をとる日” は来るのか…アラフォーには見えないキュートさに全人類が絶望するレベル

2010年代の美魔女ブーム以来、年齢を感じさせない人が増えてきたが、この人はもう別格だ。女優の安達祐実さんである。美魔女とかそんな俗っぽい呼び方は似合わない! 

30才を越えてもランドセルが似合ってしまうなど、まるでファンタジーの住人。……って、いまいくつだっけ? 安達祐実さん、2019年9月14日に38才になっていた。マジかよ!

続きを全部読む

叶姉妹が愛するタピオカ!? 冷やしても硬くなりにくいと豪語する『冷やしみたらし』をしっかり冷やして食べてみた!

涼しくなってきたとともに、タピオカブームも落ち着いてきた──と思っていた矢先の2019年9月9日、叶姉妹オフィシャルブログに「タピオカみたらし」という記事が上がった。叶姉妹のお二人が長年お気に入りだという銘店・赤坂青野の期間限定商品「冷やしみたらし」を紹介する記事だ。どうやら『冷やしみたらし』は普通のみたらし団子ではなく、タピオカ粉が使われているよう。

お団子もタピオカも、普通は冷やすとすぐに硬くなってしまう食べ物だ。しかしこの『冷やしみたらし』は、美香さんいわく「もっちりモチモチで独特な食感」だという。叶姉妹に愛されるようなファビュラスなタピオカ、もとい「冷やしみたらし」は、冷やしても硬くならないというのか? 気になるので、しっかり冷やして食べてみた!

続きを全部読む

【ネタバレなし】三谷監督の新境地!? 『記憶にございません!』はただのコメディではない! あまりにもリアルで「現実」なのか「非現実」なのか区別できないYO

不平不満がゼロで、みんながニコニコ笑っている世の中……ってちょっと怖くない? きっとそんな世界はあり得ないし、仮にあろうものなら『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造(もぐろふくぞう)がやって来て、最後に「ドーン!」となってジ・エンドだろう。

何が言いたいかというと、満足しない点があるからこそ、この世はより良くなっていこうとするのではないかということだ。2019年9月13日に公開された映画『記憶にございません!』を見て、そんなことを感じた次第である。

続きを全部読む

【iPhone11行列】セレモニーをスマホで取材してみた! 魂でもぎ取った広瀬すず画像20連発がこれだ!!

ついに本日、2019年9月20日に発売となった iPhone11・11 Pro・11 Pro Max。我々ロケットニュース24は3日前から行列を敢行してこの日に備えていたが、昨日、佐藤英典記者が警察に撤収を命じられたのは以前の記事でお伝えした通りだ。

というわけで、そんな佐藤記者は放っておいて、本記事では発売に際して行われた先着5名のセレモニーに登壇した広瀬すずさんの画像をお届けしたい

続きを全部読む

【納得】木村拓哉さんが絶賛する「山田うどん」に初めて行ってみた正直な感想 → やはりキムタクは神

現在33才の私(あひるねこ)にとって、スーパースターと言えばやはり木村拓哉さんである。吉沢亮さんや菅田将暉さんの人気も凄まじいが、全盛期のキムタクには及ばないのではないか。まさにカリスマ的存在だったと言っていい。

そんなキムタクが絶賛して話題になっているのが、埼玉を中心に展開する外食チェーン「山田うどん」だ。埼玉県民のソウルフードとして有名な同チェーン。しかし、実は私はこれまで一度も利用したことがない。そこで今回、生まれて初めて山田うどんに行ってみることに!

続きを全部読む

劇場版「おっさんずラブ」を6回見た女性(33歳)に「おっさんずラブ」の魅力を語ってもらったら熱量がハンパなかった

ドラマや映画を観たことがない人でも「おっさんずラブ」という言葉自体は聞いたことだあるだろう。「おっさんずラブ」とは2018年4月から6月までテレビ朝日系列で放送されていた全7話のテレビドラマである。

その「おっさんずラブ」は2019年8月から『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』として映画が公開されているが、果たして「おっさんずラブ」の何がそこまで人を惹き付けているのだろうか? 今回は劇場版をすでに6回観たという女性に「おっさんずラブ」の魅力を語ってもらうことにした。

続きを全部読む

キョンシーの「テンテン」は今 / 2019年 映画『コンフィデンスマンJP』に意外な役割で参加! 絶世の美少女の面影を残した台湾美人シャドウ・リュウさん(41)

先日の記事でいま台湾映画が隆盛期を迎えているとお伝えした。多くの作品が日本に入り高い評価を得ているが、80年代のキョンシー・フィーバーはその比ではなかった!「現在でいうなら◯◯」だなんてたとえられるようなモノではない。一世を風靡するとはこういうことだと思わせるほど皆がキョンシーに熱狂していたように思う。

今日の話は霊幻じゃなくて幽幻道士のほうな!

あの美少女道士テンテンちゃん可愛かったなァァァァァァ! 気の強そうな瞳がマジでたまらない。そんなテンテンのいまはというと……びっくり!まさかの役割で日本の人気映画にも参加していたのだ。

続きを全部読む

舌がん発覚から5カ月、声優の小笠原早紀さんが復帰を発表! ファンから「お帰りなさい」の大合唱

2019年4月初旬に発覚した舌がんの治療のため休業することを発表していた声優・小笠原早紀さん。病気と休業を公表した5月20日のツイートによると、がんの進行度はステージ1。「幸い早期発見でしたので治療に専念し、1日でも早く皆様に声を届けられるよう努めます」と投稿していた。

とは言え、声が命の声優業。不安は大きいに違いない。そんな小笠原早紀さんが、早くも回復と復帰を発表したためお伝えしたい。

続きを全部読む

【台湾映画】台湾ブームの今こそ見たい映画No.1! 幻の名作『ラブ ゴーゴー』はなぜにこうも台湾を感じるのか / 全国でリバイバル上映中

台湾映画と聞いたら何を思い浮かべるだろうか? 日本でも話題になったものだと『海角七号 君想う、国境の南(2008年)』、『セデック・バレ(2011年)』、『星空(2011年)』、『KANO~1931海の向こうの甲子園(2014年)』……『あの頃、君を追いかけた(2011年)』は日本でもリメイクされたので特に有名かもしれない。

これらの作品をもって台湾映画界は隆盛期を迎えたと言われている。くしくも日本の台湾ブームと時期を同じくしており、日本にもドンドン台湾映画が入ってきているが……でもその前は? 90年代の台湾映画もスゴかった! いま、そんな台湾映画が日本で上映されている。タイトルは『ラブ ゴーゴー』、原題『愛情來了』である。

続きを全部読む

提供:UHA味覚糖

豪華声優陣を起用した『コロッケのまんま』のWEBアニメがスゴすぎる! 商品の美味しい秘密が暴露されて「ウソやん!!」ってなったでござる

ここ数年でもっともインパクトのあったお菓子と言えば、何を思い浮かべるだろうか? 私(佐藤)はスナック菓子に革命をもたらしたとして、UHA味覚糖の『コロッケのまんま』を推したい。なぜなら、菓子という概念を飛び越えて、惣菜を “菓子化” したものだからだ。そして惣菜としても食べることができてしまう。これが革命でなくて何というのか!

そんなコロッケのまんまのWEBアニメ「下町コロッケのまんま」をご存じか? 2019年2月に第1章が公開された後、その内容が商品に負けず劣らずぶっ飛んでいると話題で、第2章では1章を上回る飛躍(?)を見せた。そしてついに9月2日、第3章が公開された!

それにはコロッケのまんまに関するトンデモない秘密が明かされていた。マジかよ! コロッケのまんま、すげえなッ!!

続きを全部読む

氷川きよしのビジュアルの進化がヤヴァイ

ズンズンズンズンドコ……と言えば、き・よ・し! 演歌のプリンス「氷川きよし」さんだ。2000年、デビューの年。その抜群の歌唱力と王子様のような端正なビジュアルは演歌界のみならず、広く世間に衝撃を与えたものだ。

あれから20年……最近の氷川さんは、より衝撃的に進化していた。

続きを全部読む

【強すぎ】釈放された坂口杏里さん、インスタ1発目の投稿が「最高にコメントと合っていない」と話題

元交際相手のマンションに押し入ったとして逮捕され、2019年8月30日に釈放されたタレントの坂口杏里さん(28)。平成と令和を股に掛けたお騒がせ娘っぷりは健在だが、何があっても前向きな “鋼のメンタル” も健在のようだ。

というのも、坂口さんは釈放後早々に自身のインスタグラムを更新しているのだが……。その画像があまりにも想定外すぎて、ド肝を抜かれる人が続出している。

続きを全部読む

【ガチ】深キョンにもう1度会ってきた → 今度は「深キョンの好きなタイプ」になって落とす作戦

どうした、恭子──。照れているのかい? おっと申し訳ない、恭子とは現代のリアル女神にして女優の深田恭子さん(36歳)のことだ。深キョン……いや、恭子。私、P.K.サンジュンが恭子のことを「恭子♡」と呼ぶには理由がある。実は半年ほど前、私は恭子と2ショット写真に収まっているのだ。

つまり、そろそろ2人の恋が走り始めてもいい時期なのに、恭子からは一切のリアクションがない。どうした、恭子──。照れているのかい? このSNS時代、恭子がその気になればいくらだって私に連絡できるハズなのに……。まさかとは思うが、恭子は私がタイプではないのか……? だ、だとしたら……!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 232