「芸能」カテゴリーの記事

【今夜放送】映画「キングダム」をお父さんが家族と一緒に観ない方がいい理由

2019年に公開された映画「キングダム」の続編となる「キングダム2(仮)」の制作が決定した。原作者の原泰久先生のTwitterによると「ようやく公式発表!!」とあるから、かなり前の段階からキングダム2の制作プロジェクトは進行していたのだろう。キングダムファンとして実に楽しみである。

さて、それを記念してかどうかは定かではないが、本日2020年5月29日21時から金曜ロードショーにて映画「キングダム」が放送される。おそらく家族で同作をご覧になる方も多いとは思うが、1つだけ忠告しておく。世のお父さんたち、キングダムをご家族と一緒に観てはいけない。観るならば1人にしておいた方がイイ。なぜならば……。

続きを全部読む

山口百恵サブスク解禁! 知らない世代の人に聞いて欲しい曲5選 / 大活躍していた頃の “年齢” を調べて驚がくした

いつの時代でも、その時の象徴的存在、カリスマとして「歌姫」は存在する。老若男女を問わず愛され、誰もが口々に代表曲を歌う。平成の時代であれば、安室奈美恵さんや宇多田ヒカルさん、浜崎あゆみさんや椎名林檎さんなど。時代は変わっても彼女たちの名曲は歌い継がれていくことだろう。

そして昭和の時代であれば山口百恵さんは外せない。1973年に14歳でデビューすると、21歳の若さで引退──。そんな伝説的存在とも言える彼女が芸能界から去って40年を経た今、600以上の楽曲がサブスクリプション解禁となった。

続きを全部読む

【無料】5月25日から舞台『刀剣乱舞』シリーズが7夜連続で配信 → 初めての2.5次元作品にオススメしたい3つの理由

アニメや漫画・ゲームなどの2次元作品を原作とし、舞台・ミュージカル化した「2.5次元」作品。すでに夢中になっている方も多いだろうが、興味はあってもチケットがなかなか当たらない、Blu-rayなどが高くて気軽に見られない、という方もいれば、中には「イケメンや美女がコスプレして騒いでいるだけ」といった先入観で触れずにきた方もいるかもしれない。

そんな方たちも含め、「2.5次元」作品に初めて触れる方にオススメしたい作品がある。2020年5月25日(月)から7夜連続で無料配信される、舞台『刀剣乱舞』シリーズだ。「単にお前が好きなだけだろ」とツッコまれそうだが、「2.5次元」にも原案であるゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」にも一切触れたことがない人へおすすめしたい、3つの理由があるのだ。

続きを全部読む

【暴挙】タカラトミーアーツが『絶対に笑ってはいけない』シリーズの浜田コレクションを発売! 浜田子ゴリラが欲しすぎる!!

先日まで夏日を思わせる好天が続いていたのに、ここのところ梅雨の始まりを感じさせるような、雨の日が続いている。ただでさえ、コロナ禍で世の中は沈んでいるというのに。せめて天気だけでも明るくあって欲しいものだ。こんな時は、ささやかな笑いが欲しくなるものである。

ちょうど良いモノがあるぞ。カプセルトイにすごい商品が登場していた。それは、『ガキの使いやあらへんで!』に登場したお笑いトラップのガチャである。しかも、浜田雅功さんがモデルになったトラップばかり! 浜田子ゴリラが欲しすぎる!!

続きを全部読む

提供:千寿製薬

広瀬すずがアニメ化した新CMがヤバイ → 再生3秒で動画を停止「見てられない」/ NewマイティアCLスタンダードシリーズ

黒髪の似合う若手女優と言えば広瀬すずさんだ。私(中澤)は以前、iPhone11のセレモニーで広瀬すずさんを見ているが、人の密集するソフトバンク店内において彼女の周りだけ空気が澄んでいるかのようにクッキリ見えたことを覚えている。観葉植物みたいな人だ

そんな広瀬すずさんがCMでアニメ化されているという。何を隠そう私はアニメが大好きだ。これは広瀬すずが私に照準を合わせてきたと考えて間違いないだろう。そこでCMを確認してみたところ……再生3秒で動画を停止したでござる。

続きを全部読む

ジブリの鈴木敏夫氏によるトトロの描き方動画を参考にトトロを描いてみた → 1回で5億倍くらい上手く描けるようになった

名古屋市教育委員会が、新型コロナウィルスの影響による休校の結果、家で過ごすことを余儀なくされている子供たちのために、「ナゴヤの子ども元気・笑顔プロジェクトちゃんねる」というWEBサイトを作成。そこには俳優、女優、アイドルにスポーツ選手など、名古屋出身の著名人によるビデオメッセージへのリンクがまとめられたページがある。

多くは自宅で過ごすことを啓蒙するようなメッセージを伝えるもの。しかし、中にはハウツー動画的なものを寄せている方も。そんなハウツー系動画の中で気になったのが、ジブリの鈴木敏夫氏がトトロの描き方を見せてくれる動画だ。

鈴木氏はジブリの代表取締役プロデューサー。1984年の「風の谷のナウシカ」から、2016年の「レッドタートル ある島の物語」まで、ジブリの作品には常に何らかの形で関わってきた人物である。そんな方がトトロの描き方を教えてくれるって凄いことじゃないのか? これは動画を見てトトロを描いてみるしかあるまい。

続きを全部読む

【衝撃】ドラマ『M〜愛すべき人がいて〜』を見ていて気づいた浜崎あゆみとエヴァンゲリオンの共通点

私が高校生だった1998年、彗星のごとく音楽シーンに現れた浜崎あゆみ。「ギャルの教祖」や「歌姫」と呼ばれ知らない人はいない人気を誇っていたが、当時あまり好きではなかったことを覚えている。

なぜなら、私はアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の影響下にあったから。1997年に一旦完結を迎えていた本作。第26話「まごころを、君に」の鬱エンドに人格を変えられた人は多かったと思う。あれ見た後に、浜崎あゆみにはハマれない。まぶしすぎて。だが、そんな2つには意外な共通点があった

続きを全部読む

提供:アサヒビール

【突撃】1000人規模の「オンライン飲み会」に参加したら乾杯シーンが衝撃すぎて笑った! 三四郎、乃木坂46秋元真夏も登場!!

もはや完全に市民権を得た感のあるオンライン飲み会。毎日のように誰かと飲んでいる人も少なくないと思うが、実は先日、参加者1000人というとんでもない飲み会がオンライン上で開催されてしまった。いや1000人て! 全校集会かよ!!

飲み会なんて数十名程度でも収拾がつかなくなるのに、そんな大人数で集まっちゃって大丈夫かいな? 気になって酒が喉を通らないので、今回、私(あひるねこ)も特別に参加させてもらうことに。空前絶後のスケールでお送りするハイパーオンライン飲み会のスタートである!

続きを全部読む

『世界で最も美しい顔ベスト100人』がアマチュアの応募を開始! その条件はコレだ!!

「自信」とは、自らを信じると書く。たとえ誰1人、信じてくれなかったとしても、自分だけは自らの可能性を信じたい。そう、世の中の偉い人たちは口を酸っぱくして言っている。だから、私(佐藤)も自分を信じる。信じている。いつもいつでも信じている。

我が親愛なる同僚たちは、私を「吐き気するほどキモイおっさん」と称し、勝手にラッピングカーを作ったことがある。何とでも言うがいい。私は私のなかで、そこそこイケていると信じているのだから。その真価を問うために、私は『世界で最も美しい顔ベスト100人』のアマチュア応募に挑むことにした。今、世界に問う! 自らの “美” を!! 応募条件を紹介しよう

続きを全部読む

【正直レビュー】浜崎あゆみがモデルのドラマ『M〜愛すべき人がいて〜』がヤバすぎた / コレは笑っていいのか…? ヤバすぎて逆に来週も絶対見る

あのころ女の子はみんなアユになりたかった。「私はアムロちゃん派だったもんね」と否定する人がいようと、そんな時代があったことは紛れもない事実なのである。

浜崎あゆみの波乱万丈っぷりは海外セレブさながらだ。彼女がゴシップネタを提供してくれるたびに「老けた」「太った」などと的外れな批判をする輩もいて、ファンとしては悲しい。「40歳を超えても歌っててスゴイ」と素直に思えないものだろうか。

するとアユの体験を基に書かれた小説『M 愛すべき人がいて』が、昨年の発売から累計発行部数16万部の大ヒットとなった。みんなやっぱり好きなんじゃ〜ん! さらに同小説はドラマ化も決定。昨夜の初回放送を、私はもちろん正座で鑑賞したのだが……。

続きを全部読む

【ソイヤ】ギャル服ブランド『Rady』のサイトになぜか宮迫博之(轟さん)がギューンと降臨中! エイプリルフール限定らしいから急いでチェックだ!

吉本興業のいわゆる『闇営業問題』から約9カ月。盛り上がるだけ盛り上がったあの騒動はよく分からないうちに収束し、現在の日本は「正直それどころじゃない」といった雰囲気だ。

そんな闇営業問題の主人公である宮迫博之氏が、今回なぜかギャルブランドとタッグを組んだ模様である。しかも往年のバラエティ番組『ワンナイR&R』における大人気キャラ「轟さん」に扮しての登場とあり、ギャルのみならず当時を知るファンにとっても胸アツな内容。

「新型コロナウイルス騒動に落ち込む日本を元気にしよう」という意図かどうかは不明だが……ブランドのサイトを轟さんがジャックしているこの企画、なんとエイプリルフール(本日)限定らしいぞ! もったいない!

続きを全部読む

【追悼】25年前、イラン人ハーフの先輩から聞いた「志村けんの偉大さ」に納得した話

2020年3月29日、新型コロナウィルス感染を公表していたタレントの志村けんさんが亡くなった。70歳だった。「変なおじさん」「バカ殿」「アイーン」など、日本の喜劇王ともいうべき志村さんの訃報に衝撃が走っている。

志村さんがどれほど凄い人物だったのか? それぞれに思い出や想い入れがあることかと思うが、私、P.K.サンジュンは高校生の頃に1つ年上のイラン人ハーフの先輩に聞いた「志村けんの偉大さ」が忘れられない。

続きを全部読む

【Netflix&Amazon】信頼できる知人たちが絶賛してるから週末イッキ見しようと思ってる海外ドラマ5選

ネットなどに「あの海外ドラマが面白いらしい」と書かれていても「ふ〜ん」と素無視(すむし)してしまう私であるが、信頼できる知人が「あの海外ドラマが面白いらしい」と絶賛していると、とたんに見たくなるから不思議なものだ。

ちかごろ、そんな信頼おける筋からの絶賛情報がチラホラと耳に入ってきて「どれから見よう……」と困っている。しかし、今週末は家でゆっくりモードなので、イッキ見する大チャンス!! ということで、5本のオススメ作品を情報共有しておこう。

続きを全部読む

ネットに携帯番号を晒しているブッチさんの「いたずら電話撃退法」

どこで番号を知ったのか、どこからともなくかかってくる迷惑電話。不動産とかいらんっちゅうねん。まあ、私(中澤)にかかってくるのは不動産の押し売りくらいなものだが、ネットで携帯番号を公開しているビッグウェーブさんことBUTCH (ブッチ)さんには、それはもう色んなイタズラ電話がかかってくるそうだ

しかし、ブッチさんはそんなイタズラ電話も全く気にしていないという。普通、何回もかかってきたら少しは疲れそうなものだが、一体、どう対応しているのか。聞いてみたところイタズラ電話には撃退法があるとのこと

続きを全部読む

ネットで携帯番号を公開しているブッチさんに「ヤバイ電話5選」を聞いてみた結果 → 世にも奇妙な世界の扉が開いてた……

個人情報を安易にネットに書き込んではいけません。これは現代社会において常識のネットリテラシーである。不特定多数が閲覧できるネットには何が潜んでいるか分からないからだ

ところが、ビッグウェーブさんことBUTCH (ブッチ)さんはネットに堂々と携帯番号を晒している。HPでも、Twitterをはじめとする各種SNSでも。なんならステッカーにして配っている。そんなブッチさんに、過去にかかってきたヤバイ電話5選を聞いてみた。

続きを全部読む

【英断】無観客開催の大相撲大阪場所に懸賞! 永谷園の人に裏話を聞いたら粋すぎて泣けた / 日本人なら今こそお茶づけを食おうや!

一連の新型コロナウイルス騒動は未だ収束の気配を見せず、様々なイベントや興業が中止を余儀なくされている。そんななか日本相撲協会は通例の大相撲大阪場所を今月8日(日)から、史上初の “無観客” で開催することを発表した。

大相撲における「懸賞」とは、企業や団体がその取組みの勝者に賞金を提供するもの。その対価として企業側は宣伝の場を得る……つまりは「土俵を懸賞旗が回る」おなじみの光景へと繋がるわけだ。

CMに力士が起用されることでおなじみの『永谷園』が本場所に懸賞をかけていることは、相撲ファンならずとも広く知られるところである。今回永谷園は無観客での開催が決まった大阪場所においても、平常通り懸賞をかけることを発表。賞賛の声が多く上がっているのだ。

続きを全部読む

【令和最大の衝撃】前田日明さん、ガチヲタになってしまう

全プロレスファン、全格闘技ファンにとって、令和最大級の衝撃ニュースが舞い込んできた。なんと “格闘王” こと我らが前田日明(まえだ あきら)さんが、ガチヲタになってしまったというのだ。オタクでもヲタクでもない……完全体の「ガチヲタ」である。

戦後の格闘界史上「最も危険な男」との呼び声も高いアキラ兄さんが……ガチヲタだと? さあ、全てのプロレスファン、そして格闘技ファンよ。アキラ兄さんの萌え萌えな姿をその目に刻み付けるがいい──。刮目せよ!

続きを全部読む

【刮目せよ】台湾野球 No.1 チアは彼女! 中信兄弟「チュンチュン」を抑えて1番人気は楽天モンキーズ「リンダ(LINDA / 琳妲)」ちゃん

台湾野球の名物のひとつチアガールによる応援パフォーマンス。独特な応援曲に、キュートなチアガールが健気なダンスの組み合わせがクセになる! アイドルのミニライブにも負けない魅力にKOされた日本人も多い。可愛すぎるチア「チュンチュン」が注目されたのも記憶に新しいだろう。

台湾野球4チーム全てに専属のチアチームがあるが、その美女軍団のなかからNo. 1チアガールが発表され話題になっている。ランキングを見ると、一世を風靡したチュンチュンちゃんは……なんと2位! チュンチュンを抑えて1位となったのは彼女。「楽天モンキーズ」のリンダさんだ!

続きを全部読む

【速報】「JASRAC対ヤマハ音楽教室」裁判、JASRACが勝訴

2020年2月28日、JASRACとヤマハ音楽教室の訴訟について第一審の判決が下った。東京地裁はヤマハの訴えを棄却。つまり、JASRACの勝訴である。

この訴訟は、「教室で演奏する曲に対する著作権利用料の徴収」を巡りヤマハ音楽教室がJASRACを訴えていたもの。主な争点をまとめると以下の通りである。

続きを全部読む

提供:フジテレビ

【鉄道各社大集合】チャレンジャー1人 VS 99人のクイズ番組「99人の壁」が今回ばかりは逆境すぎてヤバい

例えばエメラルドグリーンの海や、天空に広がるまばゆいオーロラ、あるいは高級ホテルから眺める煌びやかな夜景など──生きているあいだに1度は見ておきたい景色が、世界には数多く存在する。そしてそこには日常では味わいがたい、夢のような非日常が詰まっている。

これからご紹介する「一面を埋め尽くす大手鉄道各社の職員」も、そんな景色の1つに当てはまるだろう。皆さんは見たくないだろうか。JR、小田急、東急、西武、京王などで働く者たちが、とあるTV番組において勢ぞろいするのだ。一大事である。いったい何故なのか。最強の鉄道関係者を決めたりするのか。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 227