「日本一」にまつわる記事

【10万本】品揃え日本一のハンコ屋さんに行ってみた / 福岡市「はんのひでしま」

日本は、名字の種類がもっとも多い国の1つと言われている。なので、文具店で見かけるハンコタワーに「自分の名字が無い」という人も意外と多い。かくいう筆者も「砂子間(すなこま)」の印鑑が必要になったら、面倒だが毎回ハンコ屋さんに行って作ってもらっている。珍しい名字の宿命だ。

そこで今回は、品揃え日本一のハンコ屋さんに行ってみることにした。なんでも日本の人口99%のハンコを取り揃えているらしく、その数なんと10万本以上だという……って、ウソだろ! と思っていたのだが、マジで想像以上のハンコ屋敷だった。

続きを全部読む

【立ちそば放浪記】1人で満員! 隠しステージのような立ちそば屋『桔梗』のカウンターに広大な大地を見た / 長野県塩尻

2017年、夏。増えすぎたセミの声で何も聞こえず、すべてが陽炎にゆらいで何も見えず、誰もいない駅でふと振り向き見たものは……立ちそば屋

長野県塩尻の空は高い。気が遠くなるほどに。そんな雄大な景色とは反対に、この駅には「日本一狭い」と言われる立ちそば屋がある。1人入るだけで満員のこのそば屋。しかし、そばからは雄大な大地の味がした

続きを全部読む

【ウホ♪】女子大生アイドル日本一を決めるダンスコンテストが開催中! 上位3チームを選ぶWEB投票がスタート!

年齢を重ねると不思議なことに、若者が頑張っている姿を見るとなぜか泣けてくる。あぁ、若いのにえらいな……と無条件に応援したくなり、気付けば涙を流している。

記者(私)のようなオッサン特有の現象なのかもしれないが、まあとにかく頑張っている若者はまぶしくて美しい。だからきっと、このコンテストも感動を運んでくれるだろう

現在、女子大生アイドル日本一を決めるダンスコンテスト『UNIDOL2017 Summer supported by MARUCHAN QTTA』の特別賞である「QTTA賞」のWEBでの一般投票を受付中だ。女子大生ウホッ♪ とかいう気分になる前にきっと僕泣いちゃうよ。

続きを全部読む

【公式レシピ】マルちゃん塩焼きそばを使った「焼きそばカルボナーラ」が激ウマすぎ

日本一高い山は富士山、日本一長い川は信濃川、そして日本一売れているチルド麺は「マルちゃん焼きそば」である。きっとご家庭で焼きそばを作る際、多くの人がマルちゃん焼きそばを愛用していることだろう。ウマくて安い同商品は、まさに大正義焼きそばと言っても過言ではあるまい。

そんなマルちゃん焼きそばには、ソース味以外に「たらこ味」や「中華風ソース味」など、複数の味が存在することをご存じだろうか? 今回はその中の「塩味」を使った、絶品『焼きそばカルボナーラ』のレシピをご紹介したい。

続きを全部読む

【カニの山】ストップまで盛り続ける「カニぶっかけダシ巻玉子」が880円! 居酒屋『にほんいち』が高コスパすぎる!!

フードやドリンクのメニューが豊富で、価格も安い庶民の味方といえば居酒屋だ。4月の新年度、歓迎会などで利用するという方も多いのではないだろうか。

そこで今回は、都内にもチェーン展開している札幌発の人気居酒屋をご紹介したい。カニを限界まで皿に盛るダシ巻玉子から、コスパ最強の刺身盛り合わせまで、安くてうまいと評判の注目店だ。

続きを全部読む

【絶景】全長105メートル! 日本一長い足湯「ほっとふっと105」に行ってみた

富士山が日本で一番高い山であるように、日本にはさまざまな「日本一」が存在する。一番と聞くと実際に足を運びたくなるのが人の性(さが)だが、皆さんは「日本一長い足湯」はどこにあるのかご存知だろうか。

温泉地ということを思い浮かべるため、熱海や草津、別府などの名前を挙げる人も多いハズ。だが、違う違うそうじゃない。正解は長崎県。平成22年2月2日、雲仙市にある小浜温泉にオープンした「ほっとふっと105」がそうだ。

続きを全部読む

【至高の菓子】モンドセレクション最多受賞日本一! 北海道民オススメの極上みやげは壺屋総本店の『き花』だ!!

北海道土産と言えば、ロイズの生チョコ、白い恋人、ジャガポックル、六花亭のレーズンバターサンドなどが有名だが、北海道生まれの筆者が絶対的な自信をもってオススメしたいものがひとつある。

それは「き花(きばな)」だ。北海道では知名度抜群の菓子なのだが、なぜか本州ではまだ知らない方も多い。とにかく1度は絶対に食べてみて欲しい北海道銘菓なのでご紹介しよう。

続きを全部読む

【珍スポット】想像を遥かに超えるド迫力! 福岡県には「世界一大きい横たわる大仏」がある

「福岡よかとこ一度はきんしゃい」。このようなうたい文句がある福岡県には、季節を問わず全国各地から観光客が訪れる。そのお目当てのほとんどは「食」。なにせ明太子にとんこつラーメン、もつ鍋に屋台と種類も豊富である。

ただ、巡るとなると意外に名所が少ないのが福岡県。とりあえず太宰府天満宮が全国区の知名度であるものの、絶対に行かなければマズいという場所もこれといってない。そこで今回は、珍スポットのひとつ・世界一大きな涅槃像(ねはんぞう)がある寺院をご紹介しよう。

続きを全部読む

【動画あり】何度見ても名人芸! 柳沢慎吾さんが「日本一長い始球式」でスタジアムを爆笑の渦に包み込む

野球の試合前に行われる楽しみのひとつに始球式がある。今日は誰が投げるのか、もし有名人だったらラッキー。もしそれがアイドルで、記事に “ノーバン” と書かれていたら、思わずドキリとしてしまうのも始球式だ。

それはさておき……先日のプロ野球で行われた始球式において、「ひとり甲子園」でスタジアムを爆笑の渦に巻き込んだ柳沢慎吾さんが昨年に続いて登場! またしても圧巻の名人芸を披露してくれていたので、動画「【柳沢慎吾】日本一長い(!?)始球式」と合わせてお伝えするぞ!

続きを全部読む

【国内最強納豆】全国大会日本一に輝いた納豆「国産ふっくら大粒ミニ2」を秋田から取り寄せて食べてみた!

2014年2月21日、三重県桑名市で納豆日本一を決めるコンクール、全国納豆鑑評会が開催された。主催する全国納豆協同組合連合会のホームページによると「審査員が、納豆の『外観(見た目)』『香り』『味・食感』の3つの項目を評価。5点満点の整数で出展納豆それぞれに点数をつけて審査」される。

カテゴリーは大粒・中粒部門、小粒・極小粒部門、アメリカ大豆部門、ひきわり部門の4つに分けられ、19回目となる今回は全国から208点が出展された。そして、研究者、文化人、食品関係者、省庁関係者など総勢30名の審査員による採点の結果、日本一の栄誉に輝いたのが、秋田美郷町のヤマダフーズが作っている「国産ふっくら大粒ミニ2」だ! 

続きを全部読む

みんな大好きカレーパン! カリカリの表面、しっとりとした内側、そしてマッタリとしたカレー。カレーパンは、すべての要素が食欲をそそらせる究極のパンといえるだろう。

そんなカレーパンを日本で最初に作ったパン屋さんが東京・江東区あるのをご存知だろうか? 飲食店にはよく「元祖」という言葉を使っている店があり、「本当に元祖なの?」と疑問に思うことがあるが、このパン屋は正真正銘、日本で最初にカレーパンを作った店なのである。ということで、さっそく元祖カレーパンのパン屋に行ってみたぞ!

続きを全部読む

新潟県の、女子高生の“短すぎる”スカート丈を改善するように呼びかけるポスターが話題だ。新潟県は、雑誌で「全国一スカート丈が短い」と報じられ たこともあり、改善に向けて本格的に取り組む中で今回のポスター製作に至ったようだ。「上から命令するのではなく、生徒自身にも考えてもらいたい」という 意図もあるとのこと。 続きを全部読む