ビジネスホテルの魅力の一つが朝食だ。生卵に納豆にウィンナーみたいな簡素なバイキングも、あれはあれで趣があって良いものだが、ビジホとは思えないバリエーション豊富な料理が並ぶ光景には、こちらも否応なしにテンションが上がってしまう。

先日、仕事で名古屋に行った時の話だ。ネットでビジネスホテルを探していると、なにやら気になるフレーズが目に留まった。日本一おかわりがしたくなる朝食バイキング──。自らハードルを上げすぎである。そんなバイキング……行くしかない。というわけで、実際に行ってみたぞ!

・名古屋のビジホ

以前、生まれて初めて新幹線のグリーン車に乗ったという内容の記事を書いたが、新幹線を降りた私が向かったのが本稿の主役「名古屋クラウンホテル」だった。場所は名古屋市中区。名古屋駅から歩いて10分少々のところにあるビジネスホテルだ。

日曜の夜遅くということもあってか、ホテルの公式サイトで予約すると1泊朝食付き5000円という鬼安さ。しかも……マジかよ、温泉まであるらしいぞ! めっちゃええやん!!

無事チェックインを済ませた私は、明日の仕事に備えて就寝……! 格安ビジネスホテル……!! カイジのハンチョウのような熟睡をキメたのだった。そして翌朝……。朝食券を握りしめ、いよいよ1階にある会場へと向かう。

・日本一の朝食バイキング

朝食会場はビジホの割には広々しており、すでに多くの宿泊客が食事を楽しんでいた。普段、私は朝食を摂ることがほとんどないのだが、今は胃袋が完全に臨戦態勢に入っているのを感じる。なんせこれから、日本一おかわりがしたくなるバイキングと一戦交えるのだ。腕と腹が鳴るというもの。

会場に足を踏み入れると、さっそくたくさんの料理が私を出迎えてくれた。さあ、まずは全体の戦況を把握する必要があるだろう。一体何があるのか? 皿はまだ構えず、私は料理が並ぶテーブルを眺めて回った。その結果……。


牛すじの八丁味噌煮!


あご出汁つみれ鍋!


えびふりゃーに味噌串かつ!


なんと きしめんまで!

・オールスター戦

名古屋めし……! 圧倒的名古屋めし……!! 名古屋と聞いて何となく連想する食べ物のほとんどが、このバイキングには勢揃いしていたのだ。それはさながら総力戦。朝食とか夕食とか関係ねぇ。強くなりたくば名古屋を喰らえ! そんなホテル側の強い意志を感じる。

・思ったよりも……

さて、ここで正直に告白しておくと、実は私はこの朝食バイキングに対し、そこまでウマくはないだろうなという予想をしていた。種類が豊富だからといって、所詮ビジホの朝ごはんだ。県外から来た宿泊客が、気軽に名古屋気分を味わう観光地のようなものを想像していたのである。しかし……。

「名古屋クラウンホテル」は、そんな斜に構えた考えのちょっとだけ上を行く。そう、どれもが思ったよりもしっかりウマいのだ。有名店の味! とまではいかないまでも、ビジホの朝食バイキングとしては桁外れに優秀なクオリティと言えるだろう。ウマウマ~ッ!

・気付いちゃった

さすが日本一おかわりしたくなる朝食バイキング。ご飯のお友達が大集結だ。素晴らしい。実に素晴らしい。ただ……さっきからどうも引っかかるんだよな~。充実した名古屋めしの数々を前に私が思ったこと。それは……。


これ、ご飯より酒やろ。

・酒が欲しい

串かつウマ~。いや酒やん! 牛すじの味噌煮ウマ~。いや酒やん! この つみれウマ~。いや酒やん! シメにきしめんウマ~。いや酒やーーーーん!! こんなのどうやったって酒が欲しくなるぞ。どうしてくれんだよ、これから仕事だってのに……! 俺の気持ち もてあそぶやん……!!

ご飯に合うものは酒にも合う。よく言われることだが、酒飲みからするとこの朝食バイキングは、いささか以上に酒に寄り添っている気がしてならない。酒を飲まない人にとっては極上のご飯のお供だろうが、私からしたら酒の肴(さかな)の集合体である。ツラい……。

・試される飲兵衛

私もビジホのバイキングは人並みに経験してきているが、こうも酒が恋しくなったことは今までなかったように思う。日本一おかわりしたくなる朝食バイキング。そこで私は、ご飯よりも大切なものを教わったのだった。酒好きの方は覚悟して臨んでいただきたい。

・今回ご紹介した施設の詳細データ

店名 名古屋クラウンホテル
住所 愛知県名古屋市中区栄1-8-33

参照元::名古屋クラウンホテル
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼名古屋は冷奴にも味噌をかけるらしい。

▼「家康が愛した味噌かけご飯」とやらは、こっちからしたら完全につまみ。

▼デザート(?)に五平餅。

▼これは反則だが、ある意味つまみでもある。