筆者は以前、新潟県にある「有間川駅」という爆エモな駅を訪れた。ノスタルジックな雰囲気を放つ駅舎の向こうに広がっていたのは、一面の日本海。

こんなに海に近い駅なんてなかなかないんじゃないかと思っていたのだが……なんと同じ新潟県内に、有間川駅以上に海との距離を縮めている駅を見つけてしまった。

マジかよ新潟、こんな素敵スポットたちがあるんなら早く言っといてくれよ。かれこれ20数年新潟で暮らしてきたけれど、全然知らなかったぞ。

そんなわけで、さっそくこちらの駅にも足を運んでみた!


・180度海

その駅の名は、「青海川(おうみがわ)駅」。


有間川駅に青海川駅……どっちも似たような名前だけど、それぞれの駅があるのは全く別の場所。有間川駅は上越市、青海川駅は柏崎市に存在している。


駅のホームに立った瞬間、ザー……ザー……と波の音が聞こえてくる。あれ、今私イヤホンで波音聞いてたっけ? と思ってしまうくらいクリアな音だ。音のする方に視線を向けてみると……


ちか──────い!!!!!


柵のすぐ向こう側に、日本海がいっぱいに広がっている! あまりにはっきりとした波音も相まって、ホームが海の上に浮かんでいるんじゃないかと錯覚しそうになってしまう。


雰囲気たっぷりな跨線橋を渡り、反対側のホームに行って柵の下を覗いてみると……


真下には海岸が広がっていた。ち、近い。

そりゃ波音もはっきり聞こえるわけですわ……ちょっと潮が満ちたり天気が荒れたりしたら、いつ波がホームにかかってもおかしくなさそうな距離感だ。

波打ち際からホームまでの距離は、ぱっと見た感じ10mから15mほどだろうか。あまりに距離が近すぎるからなのか、右を見ても左を見ても……


海。


海。


目の前に広がる180度、どこを見渡しても目に入るのは綺麗な青色。こんなに日本海の景色を堪能できる駅って、他になかなかないんじゃないだろうか。

観光列車「越乃Shu*kura(こしのしゅくら)」の停車駅にもなっており、ホームの柵には「日本一海に近い駅」の文字と共に歓迎の横断幕が。


筆者が訪問した際にもちょうど列車が停車して、多くの方がホームからの景色を写真に収めていた。地元の景色がたくさんの人の目を楽しませている場面を目撃できて、ついマスクの下でニコニコしてしまったのはここだけの話だ。


・周辺にも見どころいっぱい

ちなみに青海川駅の周りには、様々な観光スポットが密集している。

真っ赤な色が青空に映える「米山大橋」、日本海を一望できる「恋人岬」、ご当地グルメや海の幸、お土産選びを存分に楽しめる「日本海フィッシャーマンズケープ」など。

どれも濃いスポットばかりで楽しめること間違いなしだ。青海川駅を訪れる際には、是非これらの場所にも足を運んでみてはいかがだろうか。

海に近すぎる駅、青海川駅。その名の通り青い海が一面に広がっており、暑さも忘れてしまうほどの大変爽やかなスポットだった。

・今回ご紹介したスポットの詳細データ
名称:青海川駅
住所:〒949-3661 新潟県柏崎市青海川

執筆:うどん粉
Photo:RocketNews24.

▼この日は天気が良かったので、佐渡島がはっきりと見えた

▼2007年の中越沖地震の際に建て替えられたという待合室は、爽やかな雰囲気で素敵

▼きれいすぎて無限に写真撮りたくなっちゃうな……