「生活」カテゴリーの記事

スーパーで買える「ごまドレッシング」14品徹底比較! 本当に美味い商品トップ5はコレだ!!

スーパーマーケットには数えきれないほどの調味料が並んでいる。どれが本当に美味しいモノなのか? 自分の好みに合うものなのか? 見ただけではまったくわからない!

そこで! ジャンルごとに商品を購入して味を比べてみることにした。初回は「ごまドレッシング」を14品買って味を比較してみた。本当に美味しいごまドレッシングトップ5を紹介したいと思う!

続きを全部読む

カインズ『ボトルインボトル』はニトリの爆売れ「ペットボトルホルダー」とほぼ同じ! 狙っていた方はカインズへ行けえええ!

ニトリの「ペットボトルホルダー」がかなり人気で品薄状態が続いている。シンプルなデザインで、売れ筋ボトルの約90パーセントの商品にフィットするのが人気の理由だろう。それで999円……いわゆる “お値段以上” の商品だ。買えずに悔しい思いをした方もいるはず。

そんな方にぜひおすすめしたいのが、カインズの『ボトルインボトル』である! ニトリとほぼ同じ形状で、お値段なんと980円。これは意外と狙い目かも……ってことで、購入して比べてみることに。さあ果たして、カインズペットボトルホルダーの実力とは!

続きを全部読む

【予想外】丸亀製麺の店舗限定メニュー「バター醤油釜玉」がもはや釜玉うどんではなかった! うどんって言うよりは…… / 展開店舗はこちら

茹でたてのうどんと卵と醤油。釜玉うどんとはこの3者のぶつかり合いである。薄められることなく1つのリングにぶち込まれた素材たちが、己のポテンシャルをフルに引き出しあうガチンコな食べ方だ。

そのシンプルさゆえに、どんなトッピングでも、なんとなく味が想像できてしまうのも釜玉うどんの宿命と言える。釜玉の道は一本道。しかし、丸亀製麺がそんな釜玉道に一石を投じるメニューを販売していた

続きを全部読む

か、画期的!? パソコン中やゲーム中の “ながら食べ” がはかどる「ゲーミング割りばしホルダー」は天才なのか、それとも

“ながら食べ” 愛好家のみなさん、こんにちは。パソコン中やゲーム中、読書中などにスナックを食べるとき、割りばしを愛用している人も多いと思う。デバイスに油をつけないため、あるいはお気に入りの本に染みをつけないためにも、箸は重要アイテムである。

しかし、割りばしを持ち替えることさえ面倒だと感じたことはないだろうか。

ここに、割りばしを持ったままマウスやコントローラーを扱える画期的な発明品が登場した。その名も「ゲーミング割りばしホルダー」である!

続きを全部読む

Amazon Primeがゴリ押ししてる「ザ・マスク・ド・シンガー」を1話だけ見てみた感想 → こっちも○○が必要

「話題沸騰!」かどうかは知らないが、最近やたらと “Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)” が『ザ・マスク・ド・シンガー』をゴリ押ししてることだけは確かだろう。特にここ1週間ほどはAmazon Prime Videoを起動すると、高確率で同番組がトップに表示される。

ぶっちゃけた話、当サイトのニュースリリースにも山ほどその関連情報が届いているが、果たして『ザ・マスク・ド・シンガー』はそれほどの番組なのだろうか? 試しに1話だけ視聴してみたので報告しよう。

続きを全部読む

追記あり【100均検証】今日から始まったダイソー2021秋冬シールキャンペーンの商品は…? 前回のナイフキャンペーンのおさらい付き

「えっ? これ? いらないなぁ〜(笑)」

ダイソーのレジ列に並んでいると、前の方からそんな会話が聞こえてきた。声の主は、おじさん風。いったい何が「いらない」のだろう。

やがて私の番がやってきて、会計。そして「シールもおつけしますね。よかったらこの用紙も」と促された。そうか、新しいシールキャンペーンが始まったんだな。えっと、今回の商品は……

──と、その前に──

続きを全部読む

セブンイレブン限定「ステーキ×コーヒー味」のポテチは後引く苦味がクセになる味わい! 絶妙な味すぎて食べた人の味覚が試されるぞ

少し前からセブンイレブン限定で謎すぎる味のポテトチップスが販売されている。パッと見た感じは黒板や学校をイメージしたかのような可愛いらしいパッケージだ。

だが、そのフレーバーはまさかのステーキ×コーヒー味(153円)。上役の最終チェックをすり抜けてそのままやって来ましたみたいな面構えをしている。

ここまで味の想像がつかないポテトチップスに出会ったのは初めてだ。パッケージのチャート的にはお互いの欠けてるところを補い合っているような感じだが、一体どんな味がするのだろうか。

続きを全部読む

【実験】炭酸飲料「台湾カステラソーダ」に牛乳を混ぜたらヤバいことになった

カステラに合うものは? そう聞かれたら答えは人それぞれだが、多くの票が集まるのが「牛乳」だろう。何しろこれらは鉄板コンビ。コーヒーとチョコレートみたいに相性の良さは折り紙付きだからである。きっと「カステラ+牛乳」を好む人は多いはず。

そして当編集部には「カステラには牛乳」の組み合わせを愛しすぎる男がいる。ズバリ編集長のGO羽鳥がそうなのだが、聞けば今も昔も「カステラには牛乳」の流儀は変わらないという。ほぅ……それならば……!

続きを全部読む

【斬新すぎ】蚊を倒した跡のスタンプは、誰でも簡単に夏の戦いの勝者になれる画期的すぎるアイテムでした

夏の夜に現れる人類の敵───

寝ている間好き放題に血を吸われ、翌日殺意を抱いたことのある人は私だけではないはずだ。運よく日中に見つけて殺(や)ろうとしてもなぜか綺麗に避けられ、ストレスは溜まっていく一方。

このままでは余計なストレスで胃に穴が開きかねない。どうにかして、奴らを倒した時の爽快感を味わうことはできないのだろうか……!?

そんな時、おあつらえ向きのアイテムを発見してしまった。救世主だ!!

続きを全部読む

業務スーパーの商品で “せんべろ” に挑んだらスゴイ量の食材を購入できてビビった!

安くて量の多い商品を多数販売している「業務スーパー」でせんべろに挑んだらどうなるのか? きっとスゴイ量のツマミを調達できるに違いない! そう考えた私(佐藤)は1000円と消費税分の小銭を用意して近所のお店を訪ねた。

そして買い物してみたところ「ツマミ」と呼べる量をはるかに超える食材を購入できてしまった! まさかこんなに買えるとは……。

続きを全部読む

ドンキがノリ作った「にんにく6倍ドン引きペペロンチーノ」を実食 → これは飛ぶ…と思いきや想定外の結果に

置いていないものはないと言っても過言じゃないドン・キホーテではあるが、どうやら兵器も置いているらしい。どういうことかというと、冷凍食品コーナーにある「にんにく6倍ドン引きペペロンチーノ」が名前からしてヤバいのだ。

なんでもニップンとノリで作ったらしく、鼻から抜ける異常なまでのガーリックの存在感が特徴とのこと……だが、ニンニク6倍はいくら情熱で知られるドンキでもやりすぎなんじゃなかろうか。

続きを全部読む

【別世界】ライフでオススメされてた2.5倍くらい高い「のむヨーグルト」を買ったら、それでしか満足できなくなった

のむヨーグルトなんて一番安いので十分だ。たまにデザート替わりに買う程度だし甘ければそれでいい。どうせ、達人の言う “違い” なんて分かるわけがない。そんなふうに考えていた時期が俺にもありました

しかし、私(中澤)は現在、2.5倍くらい高い「のむヨーグルト」を購入している。無くなったらまた同じものを購入して冷蔵庫に常備する。完全にのむヨーグルトの虜だ。そうなったキッカケは1週間ほど前にさかのぼる……。

続きを全部読む

【気になる物件】目黒区の新築デザイナーズマンション『QUI E ORA』が非日常空間過ぎてビビった / 生活感ゼロの鬼オシャレ部屋へようこそ

目黒駅から東急目黒線で各停2駅、急行1駅の「武蔵小山駅」。乗り入れ路線は1路線だが、目黒駅で山手線、都営三田線、東京メトロ南北線に乗り換え可能な利便性が良いエリアだ。都心はもちろん、横浜や川崎方面にもアクセスがしやすいと人気の駅である。

そんな武蔵小山駅から徒歩4〜5分の場所にあるのが、今回訪れた新築のデザイナーズマンション。昔ながらの静かな住宅街に突如として現れたスーパーオシャレ物件を内見してきたので、ハイセンス過ぎる東京暮らしに憧れている方はぜひ参考にしていただきたい。

続きを全部読む

【今さらレビュー】森永アイス「パルム」を初実食した三十路が感じた幸福について / そして「パルム」という名の由来について

「PARM(パルム)」というアイスを筆者が最初に知ったのは、高校生の頃だったと思う。アダルトな高級感を売りにしたそのアイスの好評ぶりに、「へえ、大人向けなのか」と憧れにも似た感情を抱きつつ、まだ手を出してはならぬものと考え、当時の自分は距離を置いた。

そのまま「へえ、大人向けなのか」と思いながらズルズルと十数年が経過し、とうとう手を出さずに齢三十を越えた。もはや完全に大人としか言いようがない。機が熟しすぎて腐り落ちそうですらある。というわけで、今さら初実食してみることにした。

続きを全部読む

完全にナメた状態で「トップバリュの本格五目炒飯」を食べたら意外な事実に返り討ち

どこも同じように見えて、実はそうじゃないのがスーパーの冷凍食品コーナーである。なぜなら、売れ行きに応じて陳列されるものは日々変化しているから。その様子を見ていると、おそらく店長に認められたものだけが生き残れるサバイバルの世界でもあるのだろう。

で、ちょくちょくパトロールしていたら何がどう変わったのか気づくことがあるのだが、とあるスーパーでトップバリュの本格五目炒飯がなかなか売れていた。あれっ、でもこれって近所にあるイオン系列の店舗には置いてなかったような……?

続きを全部読む

【スシロー】回転寿司マニアに聞いた “2貫100円皿” の高コスパネタ3選(2021年9月)/ マニア「ズバ抜けた満足感の高さ」

夏を冷ますように降った雨。涼しさを感じる日も増えてきた。気づけば9月、もう気持ちは完全に秋である。秋と言えば魚がウマくなる季節。

すなわち、寿司がウマイ。そこで回転寿司マニアに、スシローの “2貫100円皿” の高コスパネタを聞いてみたぞ。2021年9月時点、定番メニューで回転寿司マニアのオススメは……?

続きを全部読む

【逆転の発想】お店のような薄焼きクレープがおうちでも作れる! ハンディクレープメーカーがめちゃくちゃ実用的だった!

その発想は無かった。何の話かと言うとクレープメーカーだ。時々フライパンでクレープを焼くのだが、その仕上がりはお店のものとは程遠い。料理スキルが乏しいため極厚で見た目が不格好なクレープしか焼くことができなかった。

だが逆転の発想とも言える新しい形のクレープメーカーを使えば、誰でも薄焼きのクレープを焼くことが可能に! しかも超簡単でめちゃくちゃ素早く作れる。ネットでこのメーカーを見つけた時には「その手があったか!」と驚かされた。売り出された当初はクレープ屋さんも度肝を抜かれたのではないだろうか。

続きを全部読む

【大ボリューム】120色のアイシャドウパレットを使ってお絵描きしてみた→ いい感じだけど〇〇が言うこと聞かない

「絵の具じゃん……」

アイシャドウパレットを見る度に、こう思わずにはいられない。アイシャドウも絵の具も色をつけるために使うものだし、あとはもっと色が豊富なら画材として使えてしまうのでは、と。

そんなある日、120色という大ボリュームのアイシャドウパレットが販売されているとの情報を手に入れた。そこまで色が揃っているのなら、絵を描けてしまうのでは……? 善は急げだ! レッツお絵描き!!

続きを全部読む

【最高かよ】ファンなら「スター・ウォーズ:バッド・バッチ」を絶対に観るべき! 解約してもイイからとりあえずディズニープラスに入れ!!

おそらく、世の中の大半の方は「スター・ウォーズはもう完結した」をお考えに違いない。確かに実写映画は2019年公開のエピソード9「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」で一区切りついている。

だがしかし、大のスター・ウォーズファンである私、P.K.サンジュンは確信を持ってこう申し上げたい。「え、まだ終わってませんけど?」「実写だけで終わりって(笑)」と──。スター・ウォーズは現在進行形で続いており、なんなら今が最高に面白いと考えている次第だ。

続きを全部読む

【27枚】「写ルンです」で振り返る2021年8月のロケットニュース24編集部 / 写真だけ見たら「昭和の夏」だった

使い捨てカメラで「ハイ、チーズ」と写真撮影をしたのは、もう20年以上前になるだろうか。学生時代は修学旅行や卒業式など、大イベントの前に必ず『写ルンです』を購入したもの。しかし今では、スマホさえあればいつでも撮影可能。すっかりその存在を忘れてしまった。

ただ数年前から、若者たちの間でちょっとした「写ルンですブーム」が巻き起こっているらしい。そこで今回は、青春時代のように2021年8月のロケットニュース編集部の様子を『写ルンです(27枚撮り)』でパシャパシャ撮影したのだが……現像したら懐かし過ぎた。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. ...
  10. 847