「生活」カテゴリーの記事

【秋ですね】『ハッピーターン 焼きいも味』は “焼き芋界” のダークホース!! 予想外のウマさに笑いが止まらないこと必至!

年中食っちゃ寝している記者だが、秋はより一層気合が入る。秋刀魚に鮭に松茸に栗など、挙げればキリがないが、世界が美味しいもので溢れるからだ。食欲の秋バンザイ!! 

ここ最近は特に “焼き芋関連商品” に注目し、熱心に食いだめている。様ざまな商品に手を伸ばす中で意外にも……と言っては失礼だが、何の気なしに食べたとある商品が爆ウマだったのでこの場を借りて伝えたい。『ハッピーターン 焼きいも味』だ。

続きを全部読む

【ガチャガチャ】渋いっ…! 昭和レトロな「銭湯 ミニチュアコレクション」が懐かしくて涙が出る

吹く風も冷たくなり、お風呂が恋しい季節がやってきた。たまの贅沢の温泉旅館もいいけれど、庶民の生活に根づいた銭湯もまた違った魅力がある。

本物そっくりの精密なフィギュアで知られる株式会社ケンエレファントから、全国浴場組合公認の「銭湯 ミニチュアコレクション」が登場。昭和レトロな世界が広がる、めちゃくちゃ渋いラインナップなのでご紹介したい!

続きを全部読む

【100均検証】スマホ本体を冷やすためだけのファン「スマホ冷却扇風機」がキャンドゥに100円で売ってたけど…

たまにスマホがメチャクチャ熱くなる時がある。直射日光に当たっている時はもちろん、動画アプリや、ゲームなどを長時間プレイしていたりすると熱くなることが多い気がする。時には、熱くなりすぎたのか、「高温注意 本体温度が下がるまでお待ちください」と表示が出る時も……。

でも! 今回紹介する100円グッズを使えば、もうそんなスマホの熱問題ともオサラバできるかも!? キャンドゥに、スマホ本体を冷やすためだけのファン『スマホ冷却扇風機』が100円で売っていたのだ。

続きを全部読む

『極主夫道』に登場する「ベーコンチーズ蒸しパン」を作ってみた! 甘いとしょっぱいのコンボが最強すぎる!!

おおのこうすけさんによる、漫画『極主夫道』がテレビドラマ化されるぞー!!!! めでたい~~! 玉木宏さんが主演で、2020年10月11日よりスタートだ。一体全体あの作品が、どのように実写で表現されるのか楽しみでならない。

楽しみ過ぎて落ち着かないのでドラマ化を勝手に記念し、漫画に登場する「ベーコンチーズ蒸しパン」を作ってみることにした。作り方は簡単、蒸しパンにベーコンとチーズを挟んで焼くだけだ!! 

続きを全部読む

【地方民が有利?】羽田空港に「やる気と運」のある者だけが利用できるヒミツの超快適エリアがあった

地方民が飛行機を利用するハードルは高い。航空会社、便数、行き先、どれをとっても都会より圧倒的に選択肢が少ないのである。もちろん運賃も割高……でも、文句なんてあるものか。地方民は皆「運航してくれるだけでありがたい」と理解しているのだから。

ただ、彼らにも密かに傷ついていることがある。それは空港を利用する際、地方便の搭乗口は手荷物検査場からかなり遠い場合が多いこと。そりゃあ利用者が少ないのだから当然と理解しつつも、毎回「どうせ……」とイジケた気持ちになるんだよね。

しかし! そんな地方便利用者にも、ごく稀に「逆に地方民でよかった」と感じる “ラッキーフライト” が存在していることをご存知だろうか?

続きを全部読む

くら寿司の『絆真鯛塩〆炙り』を食べてみた / 京都の料亭などに出荷予定だった真鯛が1貫100円の寿司に

回転寿司チェーンの「くら寿司」が、2020年10月9日から11月5日までの期間限定で、愛媛県宇和島産の養殖真鯛を使った『絆真鯛塩〆炙り』(1貫税抜き100円)を販売する。この真鯛には、「くら寿司」にて恒常で提供されている真鯛とは違った背景がある。

産経新聞や食品産業新聞社によると、この真鯛は「くら寿司」がコロナ禍で苦境に立たされた養殖業者を助けるために買い上げたもの。しかも200トンも。なんというイケメンムーヴ。しかも、京都の料亭などに出荷される予定だった真鯛だという。ん? 待てよ? つまり、料亭行きなクオリティの真鯛を1貫100円で食えるってことか? 行くしかねぇぇぇえええ!!

続きを全部読む

提供:森永乳業

『トマトヨーグルト』というヤバそうな商品が誕生してしまったので仕方なく食べてみた結果 …

森永乳業といえば発売26年の大ヒット商品『森永アロエヨーグルト』が有名だ。「美人OLとかモデルが食べていそう」というイメージが心地よく、私はランチのお供にしょっちゅう購入している。このたび、アロエヨーグルトを生み出した森永乳業から新商品が誕生するとの噂を聞いて喜んでいたのだが……

それが『トマトヨーグルト』とくれば話は別だ。「トマトが入ったヨーグルト」なんて、思いついたとしても普通は言わない。森永乳業はマジメな企業という印象だったが、このようなエキセントリック商品を生み出すとは……何かあったのか? ひょっとしてお疲れなのだろうか?

なんだか森永乳業のことが心配になってきてしまった。とりあず問題の『トマトヨーグルト』を食べてみてから判断することにしよう。あまり気は進まないが……。

続きを全部読む

【缶詰の日】ロケットニュース24記者がオススメする「絶対に食べてほしい缶詰5選」

本日10月10日は『缶詰の日』。1877年10月10日に、日本初の缶詰工場でサケ缶が作られ始めたことを記念して、10月10日が缶詰の日になったとのこと。

ロケットニュース24もこれまでたくさんの缶詰を紹介してきた。そのなかでも絶対に一度は食べてほしいと思う缶詰を記者5人が選んだので、ぜひこの機会に新しい缶詰にトライしてみてほしい。

続きを全部読む

【酒飲みダイエッター必見レシピ】私はこれで7kg減った! 安い・簡単・低カロリーの3拍子揃った『海苔しゃぶ』の作り方

私(耕平)は現在、在宅勤務を続けている。少し前、「在宅勤務あるある」という記事にも記載しているが、とにかく外に出ないので、まぁ、いい感じで太ってしまった。その主な原因としては毎日の晩酌。そして、つまみも多く食べ過ぎてしまうことだった。しかし、お酒は止められないし、当然つまみも欠かせない……。

そんな中、お金も掛からず簡単で低カロリーの酒のアテを考案した。お酒を飲む際に毎回お供として食べ続けたところ、ほぼ毎日、ストロング缶を500ml飲み続けてるにも関わらず、なんと4カ月でマイナス7kgのダイエットに成功!

というわけで、今回はその立役者となった、コスパ最高で5秒で作れて、超低カロリーのつまみ『海苔しゃぶ』の作り方を紹介したいと思う。

続きを全部読む

かつや『豚すき煮肉うどんチキンカツ』はもっと王道として評価されて良い / うどんと豚と鶏のトリニティ

昨今ではどうも、妙に荒ぶった新メニューの印象が強い「かつや」。当サイトでもそれなりの頻度で「かつや」の新作を紹介しているが、基本的にはトガったコンセプトに対するツッコミ的な内容が多いと思う。

2020年10月2日から登場した『豚すき煮肉うどんチキンカツ』もまた、その情報量や欲張り感にツッコミ待ちな雰囲気を感じさせる。しかし、実際に食べてみたところ、あらゆる方面で丁度良く、そして王道的に美味いことが発覚。これだよ、こういうので良いんだよ。

続きを全部読む

無印良品『発酵ぬかどこ』の使い心地を確かめてみた!「ぬかチューブ」との比較で見えてきた “メリットとデメリット”

もしかすると “ぬか漬け” は面倒な存在ではない、かもしれない……。「ぬかチューブ」を通じて、にわかに期待を高めている方もいらっしゃることだろう。何を隠そう、記者もそのひとりだ。

そんな時に、またもや出逢ってしまったのが無印良品が出している『発酵ぬかどこ』である。 “毎日のかき混ぜがいらないぬかどこ” と銘打っており、これまた便利そうである。実際に使ってみた感想ほか、ぬかチューブとの違いをお届けしたい。

続きを全部読む

【現地レポ】GOTOトラベルの『地域共通クーポン』を手に入れたが…危うくただの紙切れになりかけたので「マジで大事な注意点」を1つだけ伝える

GOTOトラベルを利用したら、めちゃくちゃ安く旅行できる。──のっけから当たり前のことを書いてしまったが、実際に同キャンペーンを利用して旅行すると、その価格に驚く。触れずにはいられないほど安いのだ。

例えばつい先日、私はGOTOトラベルキャンペーンを利用して高知県まで行ってきたのだが、「1年前なら交通費にもならない」金額でホテル代と飛行機の往復チケット代をカバーできた。おまけに地域共通クーポンまでもらえたのだから、申し訳なさを感じるほどにお得。

ただし、実を言うと私はその地域共通クーポンを危うくただの紙切れにするところだった。危ない危ない……という経験もしたので、注意喚起のためにシェアしておきたい。おそらく、同じような思いをした旅行者は一定数いるのでは? 何なら、すでに紙切れ化させちゃった人も結構いるのでは?

続きを全部読む

【動画あり】プリングルズ専用の自販機が底なしのハッピー野郎すぎて元気をもらえるレベル / 今の世の中にはコイツが必要だ

一枚食べたら止まらないプリングルズ。シンプルな味で世界的に人気のグローバル・ポテトチップスである。ここ日本ではスーパーやコンビニの常連でもあるが……

なんとプリングルズ専用の自動販売機を発見した! 思いっきりパッケージの澄んだ目のオッサンがプリントされてるゥゥゥウウウ!!

続きを全部読む

【廃墟】世界遺産「軍艦島」ペーパークラフトがかっこよすぎる! 幻の超過密都市を自分の手で作り上げよう

長崎市の南西に浮かぶ「軍艦島」こと端島(はしま)。当サイトでも過去に何度か取り上げているが、世界遺産にも登録され、日本でもっとも知名度が高い無人島かもしれない。

その名から「戦争遺跡?」と思うが、そうではなく炭鉱街の跡地だ。日本初の鉄筋コンクリート高層住宅が立ち並び、福利厚生施設が整えられるなど、当時の最先端都市であったという。

城跡よりも神殿よりも「ここがトイレの跡です」のような市民生活の遺跡に萌える筆者としては、ロマンしかない場所である。そんな軍艦島を自分の手で作れるペーパークラフトに挑戦!

続きを全部読む

【100均検証】330円の「硬化用UV LEDレジン用ライト」で指輪を作ったり接着剤として使ったりして遊んでみた!

ダイソー、セリア、キャンドゥではなく、第4の100円ショップことWatts(ワッツ)にて珍しい商品を発見! その名も『硬化用UV LEDレジン用ライト』。価格は330円だけど……なんかこれ、買っておいた方が良い気がする〜!

だってだって、「UVレジン」って聞いたことあるもん。固まるやつでしょ? やや粘度のある液体で、紫外線を当てたら固まるみたいなやつでしょ? え〜っと……

続きを全部読む

【あり余る感謝】丸亀製麺、うどんを届けるだけでは飽き足らず「麺職人」を届けてしまう / 20周年を記念しレジェンド職人の出張キャンペーン始動!

「すべての店で、粉からうどんをつくる」姿勢を貫いて20周年を迎えた丸亀製麺。毎日、100%国産小麦、水、塩から打たれるうどんは、「うどんのおいしさで、お客さまに感動をお届けしたい」という丸亀の想いが詰まっている。

そんな丸亀で20周年の感謝を込めて『あなたへ届ける!出張 丸亀製麺』キャンペーンが始動した。おっと「届ける」と言っても、ただうどんを届けるわけではないぞ。このキャンペーンで届けられるのはなんと麺職人! あなたの元に麺職人がキッチンカーに乗ってやってくる!! あり余る感謝……!

続きを全部読む

これから主流になりそうな「ヒートマスク」の着け心地を一足先に確かめてみた! あるいはメガネの叫び

この夏は、誰にとっても未経験のものだった。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、マスクを手放すことができず。少しでも快適に過ごすために、「クールマスク」がそこら中で販売されていた。実際に着用していた人も多いはずだ。いまだに使っている人もいるかもしれない。

ところでいつまでクールマスクを使っていればいいの? そろそろ寒くなりそうなんだけど、まだクール? そう思っていたところ、「ヒートマスク」を発見した。これ、本当に温かくなるの? 着け心地は?

続きを全部読む

得しかない「リンガーハット」の創業祭!  “薄皮ぎょうざ3個お食事引換券” がもらえるぞっ!!『とくちゃんぽん 背脂とんこつ醤油』も販売

祭だ祭だ!! みんな大好き、もちろん記者も大大大好き。長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」にて、2020年10月8日から31日まで創業祭が開催されているぞっ!!!! 

なんでも祭中は『とくちゃんぽん 背脂とんこつ醤油』が販売されるほか “薄皮ぎょうざ3個お食事引換券” をいただけるのだとか。なんともまあ太っ腹ですこと。よし、さっそくGOGO~♪

続きを全部読む

【裏レシピ】丸美屋ふりかけ「すきやき味」のジャケ裏のレシピ『チーズバーガー風トースト』が激ウマ! 猛烈な肉の風味は確かにハンバーガーレベル

丸美屋と言えばのりたま。もはや国民食と言っても過言ではないのりたまは、どこのスーパーでも見かける人気者だ。一方、同じ丸美屋のふりかけでも、「すきやき味」を知らない人は多いのではないだろうか。私(中澤)は、以前の記事で丸美屋ふりかけ16種の食べ比べをするまで存在すら知らなかった。

しかし、この「すきやき味」、なかなかどうして侮れない。食感はサクサクのふりかけなのに肉の風味が凄いのだ! ひと口でぐいぐいくる豊潤な肉の味は、ふりかけと考えると高級感すらある。最近の私のお気に入りになりつつあるのだが、そんな「すきやき味」のジャケ裏にレシピが書いてあったので作ってみた!!

続きを全部読む

【ナニコレ】歴史上の偉人がおもしろいことになるポチ袋! くれぐれも冗談が通じる相手に使ってネ

意匠をこらした小さな封筒の世界「ポチ袋」。子どもにお年玉をあげるくらいしか用途がないと思われがちだが、さにあらず。

久しぶりに会う親戚の子に小遣いをあげたいときにも大げさにならずによいし、ちょっとお高めの旅館で「心づけ」に使うのもよい。部屋付の仲居さんというのは最近あまり見ないが、過去には心づけがあるのとないのではその後の対応が大違い、なんて経験もした。

ポチ袋の起源は花街で使われた祝儀袋で、関西弁で「これっぽち」という意味だそう。いずれにしても、現金をそのまま人に渡すのはヤボ、という慎みの文化であろう。そんなポチ袋に、珍妙な……もといユニークな商品を発見。ちょっと見ていただきたい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 772