「生活」カテゴリーの記事

【まるで宇宙船】あの魅惑の建物「中銀カプセルタワービル」に住むことになった!

諸君は中銀カプセルタワービルを知っているだろうか。中央区と港区の境目近く、銀座8丁目の首都高沿いにあり、その外観は実に個性的で見た者を一瞬フリーズさせる。SF世界のような近未来的でありながら年季が入ったこの建物は、実は知る人ぞ知る名建築なのだ。かくいう筆者も10年ほど前から大ファンである。

なんとこの度ひょんなことで1ヶ月の期間限定で住めることになった! きっと読者の中にも気になる人が多いであろう、この中銀カプセルタワービル。諸君の期待と不安を一手に引き受け、いざ筆者が入居してみるぞ!

続きを全部読む

今夜は「みずがめ座η流星群」がピーク! 深夜から未明にかけて、流れ星の観測チャンス!!

2021年5月6日の深夜から7日未明にかけて、みずがめ座η流星群がピークを迎えるぞ! ハレー彗星を母彗星とし、毎年ゴールデンウィーク付近に活発になることでお馴染みの流星群。観測時のポイントや、気になる各地の天気などと合わせて詳しくお伝えするぞ!

続きを全部読む

「子犬に甘噛みされながら会見を続けるアイルランド大統領」の背後のデカいどんぐりの正体

GW最終日の日本で、アイルランド大統領と彼の愛犬が大いに注目を集めました。大統領官邸の庭で神妙な会見中に、めちゃくちゃ甘噛みされたりじゃれつかれながらも、冷静さを一切失わずに会見を続ける大統領の姿。

様々なメディアがこれを報じ、ネット民の間で大いに話題に。ところで、皆さんは気になりませんでしたか? 大統領と愛犬の背後の、デカいどんぐり。僕は気になってしかたがありませんでした。

続きを全部読む

中身がほぼ見えない「のり弁」を買ったら想定外のものが入っていて感動した

最初に言っておくと、「のり弁」の中にメッセージカードのようなものが入っていたわけではない。つまり、製作者の言葉に感動したのではない。私はただただ、「のり弁」の中身に感動したのだ。

言い換えれば、自分の中の「のり弁はこんなもん」というイメージが完全に崩されたってことになるかと思う。 “のり弁観” の崩壊……大げさだと思うかもしれないが、それはまさに崩壊だった。

続きを全部読む

【平成の米騒動を語ろう】28年前に食べた『ブレンド米』って結構イケたよね? 今あえてブレンドの黄金比率を検証してみた結果 …

平成5年(1993年)から翌年にかけて、我が国は記録的なコメ不足に見舞われた。テレビのニュースは連日コメ関連の話でもちきり。政府は緊急措置として諸外国からコメを輸入したのだが、日本人の口に合わず「買い占め」や「抱き合わせ販売」などが社会問題化したのだ。

当時小学生の私ですら “米屋に押しかける群衆” の映像を見て「日本が大変なことになった」と震えたものである。しかし結局、田舎だったためか我が家では国産米が普通に入手でき、騒動の影響を1ミリも受けなかった。

この『平成のコメ騒動』が終わりかけたころ、母が「記念に」と1度だけ『ブレンド米』を購入してきたことがある。あれ、かなりウマかった覚えがあるんだけど、誰か覚えてないかな?

続きを全部読む

【衝撃】洋服の青山、トンでもないものに変身するジャケットを作ってしまう! しかし致命的な弱点が……

このコロナ禍で、ファッション業界は大打撃を受けている。特に紳士服専門店はテレワークの普及によって、スーツ販売に影響が出ていることだろう。そこで各社は新しい路線の商品開発を進めている。例えば「スーツのAOKI」は気軽に着られて日常使いもできる「パジャマスーツ」の販売に成功し、高い評価を得ている。

最近、ライバルの「洋服の青山」もまた新しい機能を持った商品の販売を開始した。それがマジで驚くべきものだった! ジャケットが○○○に変身する業界初の超画期的な一品だ。でも、致命的な弱点が……。

続きを全部読む

【悲報】もしかしたら「痛風」になったかもしれない話

ちょっとシャレにならないことが起きている……かも? 率直に私、P.K.サンジュンの心境を表すならば、そんな感じになる。現段階では疑惑の域を出ていないが「ヤバいかも」という恐怖と「そんなワケがない」という確信が、心の中でせめぎ合っている状況だ。

もしかしたら、私、P.K.サンジュン(43歳)は「痛風」を患った……かもしれない。絶対にそんなハズはないのだが、症状だけを考えると痛風がドラフト1位候補に上がってくる。ちょっと健康の神様よ、俺に限ってそんなことはないですよね? ねぇ!?

続きを全部読む

【困惑】おでんを具材にしてしまったクリームシチューがエグい! 「おそ松さん チビ太のおでんシチュー」実食

料理は自由な表現の場だ。決まったルールはなにもない。鍋料理なんて最たるもので、世界各国で好きなものを入れて煮込んでいる。

それなら、クリームシチューに「こんにゃく」や「ちくわ」を入れたっていいじゃないか、とチビ太が考えても不思議はない。

かつおダシとクリーム、和と洋の刺激的なマリアージュによって、とんでもないものが生まれてしまっているので、ちょっと見ていただきたい。

続きを全部読む

ピザハット「魅惑のメイプルバニラアイスピザ」を食べてみた / バニラアイスとメイプルシロップをブチ込んだピザの味はいかに

2021年5月1日から、ピザハットがほのかに狂気を感じさせるピザの販売を開始した。その名も「魅惑のメイプルバニラアイスピザ」。名前の通り、バニラアイスとメイプルシロップをトッピングしたピザだ。

久しぶりにクセの強いのが来た感。ちょうど1年ほど前にレビューした、ドミノピザの「いまさらタピオカピザ」を思い出す。しかしピザハットの「魅惑のメイプルバニラアイスピザ」は、従業員のアイディアを競い合わせる「レシピコンテスト2021」にてグランプリに輝いた一品だという。

つまり、ピザハットは割とガチにウマいという確信があるのだろう。ようし、食べてみるか……!

続きを全部読む

【お取り寄せ】こんなに小さい餃子があるなんて!! 京都の「歩兵」は土地を感じられる上品餃子

突然ではあるが、皆さんは「京都」と聞いて何を思い浮かべるだろうか。個人的には清水寺や金閣寺に舞妓さん、食べ物であれば「八ツ橋」が真っ先に出てくる。おそらく似たような人は多いはずだが、最近私の中の京都に新たな1ページが加わりつつある。ずばり餃子だ。

なぜなら当編集部に届くお取り寄せ餃子のリクエストが京都率高し。これまで餃子といったら宇都宮や宮崎、もしくは浜松あたりが有名との認識だったが、もはや京都が聖地と思えてくる勢いなのだ。もしかして京都の餃子がアツい!?

続きを全部読む

【おもちゃの日】ロケットニュース24記者がオススメする「乳幼児のおもちゃ5選」

本日5月5日は、おもちゃの日! 子どもの頃おもちゃに夢中になり、おもちゃからたくさんの思い出をもらった人は少なくないだろう。そして子が生まれ親になると、おもちゃの偉大さを改めて感じることもしばしば。

今回は乳幼児がいるロケットニュース24記者4人が、オススメのおもちゃを5つ選んでみた。自分の好きだったおもちゃを思い出しながら見てみてほしい。

続きを全部読む

【Amazon】商品についてきた「怪しい日本語」長文レターを警戒したら、感動の内容に自分を恥じた話

一見すると日本語の文章に見えても、文法がおかしかったり、日本では使われない字体の漢字だったり……「怪しい日本語」に出くわすことがある。そして多くの場合は警戒する。

いわゆる詐欺メールや偽サイト、粗悪な商品の説明書など、あまり嬉しくない場面で出会うことが圧倒的に多いからだ。

先日のAmazonタイムセール祭りで中国製の家具を購入した際にも、長文レターがついてきた。「また高評価レビューのお願いかな?」と思って流し読みしたのだが、内容にびっくり。自分の心の貧しさに、穴があったら入りたくなった……!

続きを全部読む

久世福商店の『バナナミルクの素』、牛乳で割ろうとしたらこうなる…って知ってた? 大人気『いちごミルクの素』の姉妹品だよ

突然だが、サンクゼール・久世福商店の『牛乳と混ぜる バナナミルクの素』をご存じだろうか? 知らなくても、売り切れ続出の大ヒット商品『牛乳と混ぜる いちごミルクの素』の姉妹品と言えば、ピンと来る人だっているかもしれない。

そして姉妹品だけに、「バナナミルクの方も人気なのでは!?」と思った人がいたら……その通り。こちらは2021年1月から発売され、オンラインショップでは在庫切れの状態が続いている(2021年4月20日時点)……が!

続きを全部読む

「丸ぼうろ」って知っとーお?

そういや最近、丸ぼうろ見とらんね? 九州を出て10年あまり、今ごろようやく気が付いたのだが、丸ぼうろの姿をあまり目にしない。

九州の物産展などでは、並んでいるような気がする。だがしかし、気軽に買える範囲にいないように思う。もしかして、九州圏外の方は丸ぼうろの存在を、あまり知らないのではないだろうか。

続きを全部読む

【熟睡したい】カバーがしっとり柔らかい新型『天使の深睡眠マクラ』ならよく眠れるだと!? 使用した感想「柔らかく包み込まれたけど…」

最近、ちゃんと眠れていない。ぐっすり眠ってスッキリ起きたいが、どうしても夜中に目が覚めてしまう。そんな悩みを解決すべく、先日、セブンイレブンで「天使の深睡眠マクラBOOK」を購入。東洋医学の権威が考えた “感動マクラ” とやらを試してみることにした。

詳しいレポートはこちらの記事でご覧いただくとして、結論としては……熟睡できず。枕の使い心地は良かったが “びっくりするほどよく眠れて、翌朝スッキリ” とはならなかった。うーむ、残念。と落胆していたところ、発行元の宝島社から一通のメールが届いたぞ。

続きを全部読む

黒無地Tシャツ専門店「#000T KABUKICHO」オープン! なぜ今、歌舞伎町に出店したのか? その理由を尋ねた

これから暑くなると、Tシャツ1枚で過ごす日が増えるだろう。そろそろ今シーズンのものを買おうと考えている人も多いはず。そんな人に紹介したいお店がある。それは黒T専門店だ。

東京・千駄ヶ谷の白T専門店「#FFFFFFT(シロティ)」が、ホストグループ「スマッパ!」と共同で、無地の黒Tシャツ専門店『#000T KABUKICHO(クロティ カブキチョウ)』を新宿・歌舞伎町にオープンした。ここには色のあるTシャツは1着もない。全部黒! しかも無地! どうして今、歌舞伎町にお店を構えたのか? その理由を尋ねた。

続きを全部読む

店名のない立ち食いそば屋の店長に真の名前を聞いてみた →「人生いろいろだな」と思った話 / 立ち食いそば放浪記:第266回 馬喰町

何かとファーストインプレッションが大事な世の中。名前の重要度は増していると思う。飲食業界においても、まず、名前でビビらせるみたいな新商品やメニューは多い。

しかし、立ち食いそば屋には名前を掲げていない店がたまにある。馬喰町にもそんな店名のない立ち食いそば屋があるため改めて真の名前を聞いてみた

続きを全部読む

【わかめ2.0】世界は島根・鳥取の最強ローカルフード『板わかめ』をまだ知らない …

鳥取県出身の私が東京へ移り住んで何より驚いたのは『板わかめ』の知名度が絶望的に低いということ。板わかめはほぼ全ての山陰地方民がオヤツ代わりに食べて育つご当地フードだ。てっきり全国どこの家庭でもそうだと思ってた……。

板わかめが全国的に知られていない理由は、おそらく “渋すぎる見た目” と “先入観” のせいではなかろうか。板わかめは確かにワカメではあるのだが、皆さんがイメージする一般的なワカメとは全くの別モノ。言い換えればワカメの進化系『わかめ2.0』なのだ。

この感覚、1度でいいから全国民に体験してほしい……!

続きを全部読む

【子育て】ワンオペも家事も余裕な父親だけど「娘のアレ」だけが全くできない

自分で言うのも何だが、私、P.K.サンジュンはかなり子育てに参加している方だと思う。別にイヤイヤやっているワケではないし、自分の子供なのであたり前なのだが、子育て全般の家事等は「1人でほぼ全てこなせる」と自負している。

だがしかし、何度やっても “アレ” だけは上達しない──。料理・掃除・洗濯・お風呂・歯磨き・寝かしつけ……などなど、モノによっては妻より遥かに上手くやれているつもりだが、どうにもこうにも “アレ” だけはどうしたらイイのか全くわからないのだ。

続きを全部読む

【実録】インスタ「あなたのアカウントは一時的にロックされています」→ いきなり凍結される / 解除の仕方がマジで厄介だった…

Instagram(インスタグラム)を使い始めてから約4年経つが、つい先日アプリを開いたところ、「あなたのアカウントは一時的にロックされています」という画面と共にいきなり凍結されたでござる。マジかよ、こいつアポとか取らないタイプか。

原因はよく分からないのだが、そういえば最近iPhoneを変えて、「〇〇へのアクセスを許可しますか?」的な表示が出まくっている。もしかしたら地雷を踏んでしまったのかもしれないな。でもまあ、すぐ直るだろう……と思っていたら、これが非常~に厄介だった。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 818