「国内」カテゴリーの記事

日本国内の下らなくて、変で、面白い人や物、出来事などを紹介しています。

【釈お酌】長風呂のパートナーとして「釈由美子さんロボット」を設置してみた / 会話も水分補給もこれ1台でOK!

自宅でサウナ泡風呂を楽しんでいる私は、いつも「コップ1杯の水」をお風呂に持ち込むようにしている。ついつい長風呂になってしまうから、こまめに水分補給をしているのだ。しかし、これがどうも味気ない。もっと水分補給を楽しむ方法はないだろうか

そう思っていたところ、とんでもない神アイテムと巡り合えた。なんと、女優の釈由美子さんが水分補給のお手伝いをしてくれる……らしい。マジかよ。そんなもん一生お手伝いしてもらいたいに決まってるだろ。というわけで、マッハで取り寄せることにした。

続きを全部読む

【松屋頂上決戦】「ごろチキ派」にモノ申す 『ごろごろ創業ビーフカレー』こそ真のカレーであると

ちょっといいかな。 “ごろチキがいない世界線ならエースを張れた” とか書いた人、そこに座ってもらっていいかな。言っておきたいことあるから。「ごろごろ創業ビーフカレー」はウマいが、「ごろチキ」と比べるとまだまだ水たまりだって? その目と舌は節穴ですか。

いま一度立ち止まり、 “ごろごろカレー” の存在意義について考えてほしい。同商品の核はなんであるかを。そうすれば自ずと気付くはずだ。 “ごろチキ” はカレーの一部でしかなく、重要なのはカレーであると。カレーとしてのクオリティこそが、大事であることに。となれば、言わなくても答えはわかるよな。

続きを全部読む

【体験】オンラインの英会話レッスンを受講してみた! 生徒と講師のマッチングサービス『フラミンゴ』

外出自粛期間中に、私(佐藤)は英会話を習得するつもりだった。気が付けばゲームに夢中になった2カ月間……。つまり、何も身についていないということだ。

がしかし! 遅くはない!! 人生、今だと思った時が始めどきなのであるッ! ここにきて私は学習アプリで発音練習。そしてそのままの勢いで、オンラインレッスンを受講してみたぞ!

続きを全部読む

デブでもビビる「ペヤング豚脂MAXやきそば」を食べてみた結果…

ンゴッ! ンゴゴッ!! みなさん、デブってますかーーー! ここ数カ月のテレワークでデブってませんかーーーー!! 私、P.K.サンジュン、体重計にこそ乗っていないものの、とんでもない勢いで太ってまぁぁぁあああすッ!!  ンゴッ! ンゴゴッ!! ブヒ! ブヒヒ!!

こうなったら通常運転に戻るまで全力でデブってやろうと思っていますが、そんな豚モード全開の私ですら購入をためらう新商品を発見してしまいました。それが『ペヤング豚脂MAXやきそば』です。ブ、ブヒ……! さすがペヤングだブヒ……!!

続きを全部読む

【期間限定】「宇奈とと」で通常の4倍のうなぎが入った『うなめしギガ増し+』を食べてみたらモリモリすぎて嬉しい疑惑が浮上した

近年価格が高騰している鰻。そんな中、うな丼やうなめしが税込550円で食べられるお店がある。鰻屋チェーン店『宇奈とと』だ。

『宇奈とと』では毎年、期間限定でうなめしの鰻の量を通常の3倍にした「うなめしギガ増し」が人気のよう。しかし、今年はなんと鰻の量を通常の4倍した「うなめしギガ増し+」が2020年5月25日~6月7日の期間限定で登場した。どのぐらいのボリュームがあるのか、めちゃくちゃ気になる……! ということで、さっそく食べてみたよ。

続きを全部読む

【実食】松屋の新メニュー『ごろごろ創業ビーフカレー』に “ごろチキ” 信者も一定の理解「ごろチキがいない世界線ならエースを張れた」

諸君らが愛してくれた松屋の『ごろごろ煮込みチキンカレー』は死んだ。なぜか? 本日2020年5月26日より新メニュー『ごろごろ創業ビーフカレー』が発売されたからさ。……あえて言おう、カスであると!

──以上が『ごろチキ』信者を自称する私(あひるねこ)の、今の率直な気持ちだ。『ごろチキ』終了を受け入れることなど到底できるワケがない。とは言え、同じ『ごろごろ』の名を持つ新カレー。義理を通す意味でも、一度は食べておく必要があるだろう。

続きを全部読む

『あつまれ どうぶつの森』 憧れのファッションブランドから美術館まで! 企業・団体コラボのマイデザインまとめ

海の向こうのどこかに、月明かりと数張りのテントしかなかった無人島から、世界中が注目するリゾートアイランドに発展した奇跡の島があるという。アパレル界からは有名なファッションブランドが続々と進出。美術館も作品の貸し出しを申し出ており、ついには東方の伝統的武道もコラボした。

……というわけで、Nintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』内で使える、企業・団体の公式マイデザインを一挙紹介! なお、利用には「Nintendo Switch Online」への加入(有料)が必要。「エイブルシスターズ」に設置の「マイデザイン・ショーケース」で作者・作品IDを入力するか、スマホ連動機能「タヌポータル」でQRコードを読み込むと使えるぞ!

続きを全部読む

【宣言解除】出かけられるようになったから喫茶店にコーヒーを飲みに行った / 何ひとつ当たり前じゃない

2020年4月7日に発出された緊急事態宣言は、5月25日に全国で解除された。まだまだ予断を許さない状態ではあるが、これから少しずつ失われた日常を取り戻していくことになると思う。私(佐藤)は26日の午前中、買い物の用事のついでと食事をとるため「喫茶室ルノアール」へと足を運んだ。

思えば、飲食店を店内利用するのはいつぶりだろうか? 最後に利用した日を思い出せない。久しぶりに喫茶店で飲む淹れたてのコーヒーは、ため息が出るほど美味しく、テーブルに供されるものすべてが有難いと感じた

続きを全部読む

【待ちすぎた】丸亀製麺の「うどんテイクアウト」がついに解禁! 明日5月27日より全国で順次展開へ!!

お待たせしました。お待たせしすぎたのかもしれませんマジで。本日2020年5月26日、丸亀製麺が「うどんのテイクアウト」をついに全国で解禁することを発表したのだ。お待たせしすぎだろ、干からびるわ! しかし丸亀ファンにとっては、まさに待望のニュースと言えよう。

丸亀製麺は以前より持ち帰り用の天ぷらを販売しており、さらに一部店舗において うどんのテイクアウトも実施している。ただその数は限られており、事実、当編集部の最寄り店舗はこれまでどこも未対応だった。ようやく……ようやくあの味を家でも楽しめる時が来たのだ!

続きを全部読む

【超重要】緊急事態宣言の解除で不安なことを『テング酒場』に聞いてみた / 290円の「鶏の唐揚げ弁当」も終わりなの? その結果…希望があった!!

昨日2020年5月25日、緊急事態宣言が北海道と首都圏の5都道県で解除された。東京都の場合は4月7日に発令されているから、ひとまず49日間の戦いに区切りがついたことになる。まだ油断できない状況とはいえ、多くの方がトンネルの奥に光が見えたような心境にあることだろう。

しかしながら、私は今の状況を素直に喜べない。なぜなら、その光が作る影の存在を感じてしまうからだ。具体的に言うならば、テング酒場が期間・店舗限定で販売している「鶏の唐揚げ弁当(290円)」も終わってしまうのか? という不安が、私の心に暗い影を落としているからである。

続きを全部読む

【閲覧注意】30代男性がヘアピンにハマったらヤバいことになった / ヘアピン男子じゃなくて新種のモンスターが爆誕

新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続いたため、私は美容室に行かなかった。前に散髪したのが2019年12月だからボッサボサのボサボサ。こんなに伸ばしたのはハタチの頃以来だろうか。

現状を考えると仕方ない……と思っていたとはいえ、髪を伸ばしたら伸ばしたでいろんな弊害が出た。乾かす時間が長いのはもちろん、前髪が視界に入ってうっとうしいのだ。まさか30代半ばのおっさんになって、髪の長さが自己最長記録を更新すると思っていなかったなぁ。ちなみに今の髪型を漫画のキャラで例えるならば……

続きを全部読む

あんまり天気が良かったんで、スマホを充電してしまいました…… / あるいは自らの愚かさについて

まだ5月だというのに、先日は全国の広い範囲で真夏日を記録したそうです。都心では気温が28度、山梨では33度にもなったのだとか。

家にいて、ボーっとしながら、やってるんだかやってないんだか わからない仕事をしていても、なんだか冴えません。「このままではいかん!」と思った私(佐藤)は、とある妙案を実行することにしたのです。

せっかく天気がいいから、太陽光でスマホを充電しよう! と。そう思い、さっそくスマホを充電し始めたところ、そもそも太陽光充電をよくわかっていなかったことに気が付いてしまいました。何をやってるんだ、私は……。

続きを全部読む

【無料】5月25日から舞台『刀剣乱舞』シリーズが7夜連続で配信 → 初めての2.5次元作品にオススメしたい3つの理由

アニメや漫画・ゲームなどの2次元作品を原作とし、舞台・ミュージカル化した「2.5次元」作品。すでに夢中になっている方も多いだろうが、興味はあってもチケットがなかなか当たらない、Blu-rayなどが高くて気軽に見られない、という方もいれば、中には「イケメンや美女がコスプレして騒いでいるだけ」といった先入観で触れずにきた方もいるかもしれない。

そんな方たちも含め、「2.5次元」作品に初めて触れる方にオススメしたい作品がある。2020年5月25日(月)から7夜連続で無料配信される、舞台『刀剣乱舞』シリーズだ。「単にお前が好きなだけだろ」とツッコまれそうだが、「2.5次元」にも原案であるゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」にも一切触れたことがない人へおすすめしたい、3つの理由があるのだ。

続きを全部読む

【ジビエお取り寄せ】おうちで「ヒグマハンバーグ」と「ヤギの睾丸麻婆豆腐」を食べてみた!

昨今、注目を集めているジビエ。ジビエが手軽に食べられる居酒屋やレストランが増えてきて、目にする機会も多くなってきた。しかしそんなジビエ料理屋もいま厳しい状況に置かれている。

横浜に本店をかまえ、渋谷にも支店があるという「珍獣屋」さん。コロナの影響で存続が厳しく、お取り寄せをTwitterからの注文限定で始めたという。なんと、どれも店舗では食べられない通販限定料理ばかり。

こんな機会だからこそ、おうちでジビエを食べてみたい‼︎  ということで、いくつかのメニューからヤギの睾丸麻婆豆腐(1480円)と自慢の熟成ヒグマのハンバーグ(200g 1980円)を頼んでみた!

続きを全部読む

【ライフハック】在宅勤務のまま「外で仕事」してみたらこうなった!

外で仕事したい。東京都はまだギリギリ緊急事態宣言が解除されていないので、気安く外に出かけられない。それはわかっている。家にいて、仕事ができる。それだけでも十分贅沢なことはよくわかっている。だが……

少しでいい。少しでいいから、外の空気を味わって仕事をしたい。在宅勤務の状態で、何とか外の空気を味わいつつ仕事できないか? 窓を開けるだけでなく、とにかく外で作業をしたいのだ。

そこで私(佐藤)は熟考の末、在宅のまま外で仕事をする方法を編み出すことに成功! これなら誰にも迷惑をかけることなく、清々しい気持ちで仕事できるのでは!?

続きを全部読む

スチームパンクな木製キット「マーブルコースター」を作ってみた! ピタゴラスイッチな動きから貴方はもう目を離せない

全国の歯車萌えのみなさん、こんにちは。離れたところに動力を伝える原始的かつロマンに満ちた仕組み……歯車。これまで「おうち時間」充実のためにいろいろな工作をしてきたけれど、もっとも歯車と親密になれるキットに出逢ってしまった。

とにかく物理とか数学の力が働いているのは確かだが、生まれついての文系の筆者には理屈はわからない。しかし、誰でも説明書に従って組み立てるだけで、スチームパンクでピタゴラスイッチな世界を作れる。中世ヨーロッパのオートマタ(からくり人形)とか、きっとこういう仕組みで動いているよ!

何を言っているかさっぱりわからないと思うので、まずは完成品がどうなっているのかについて紹介していこう。

続きを全部読む

【平成から令和へ】スマホにガラケー時代の着メロを設定してみた / 約20年ぶりの手打ち入力に大興奮

突然だが、スマホの着信音に「お気に入りの曲」を設定している方はどのくらいいるだろうか。おそらくほとんどの人が、着信音を鳴らさないマナーモードにしているだろう。かくいう私も、今のスマホを購入してから「着信音変更メニュー」を開いたことがない。しかし……

約20年前の「ガラケー」と「ケータイ着メロドレミBOOK」を入手した私は、今のスマホに “当時の着メロ” を設定してみることにした。自宅で作業している間くらい、気持ちが和らぐ懐かしい着信メロディにしてもいいだろう。ひさしぶりの手打ち入力、テンション上がります!

続きを全部読む

無料で始められる英語学習アプリ『Sparrow』で発音練習したら、「This is my pen」さえ正しく言えてないことが判明……

在宅勤務の期間中に、私(佐藤)はひとつやってみたいことがある。英会話の学習だ。恐れ多くも、Twitterで「世界の佐藤」を名乗りながら、語学は不得手。日本語以外、いや日本語さえも怪しいところがある。家で仕事をしている間に英会話を身につけ、外出自粛が明けたら、編集部のみんなを驚かせてやろう! そのくらいのことを思っていた。

だがしかし、まったく学習しておらず、せめてオンライン英会話に挑もうかと思っていたが、いきなり顔を突き合わせる対人レッスンは怖すぎる。そこでいまさらながら、まずはアプリで発音からやってみることにした。無料で始められる『Sparrow』で、初歩の初歩からやってみたぞ

続きを全部読む

【簡単すぎる】母がよく作っていた「イカくん」を再現してみた → めっちゃ酒のアテなんだよね… / ほかにも誰か知ってるかもしれない伝統レシピ

時たま「あなたにとっての母の味って何?」と聞かれるが、特に思い当たらない。母の名誉のために言っておくと、彼女は料理上手だった。レパートリーの幅も広かったように記憶している。記者は子どもの頃、そんな母の横で手伝いをしていたためか、いざ独り暮らしを始めてみても料理を作ることで困ったことはない。

まあ何を食べても美味しかったので、特にコレがというものが思い浮かばないのかもしれない。さて……これくらい持ち上げとけば良いかな。良いよね。そんな母が、時どき箸休め的に作るモノがあった。我が家では “イカくん” と呼ばれていたが、久しぶりに食べたくなったので作ってみるとしよう。

続きを全部読む

ミルキーがブルドックソースとまさかのコラボ!「ミルキーホワイトソース」って一体どんな味なんだ!?

「ミルキーはママのあじ~♪」、そう、ミルキーはママの味である。不二家の看板商品であり、キャンディとして広く世に知られている。だがしかし! 私(佐藤)は見つけてしまった!! 意外な、いや意外すぎるコラボ商品をッ!

それはブルドックソースとのコラボ商品だ。あの厳めしい顔つきの犬のイラストでお馴染みの調味料メーカー、ブルドックソースからミルキーのソースが出ていたんだ! 知らなかったよ、私は全然知らなかった! 君は知ってたか? 私は知らなかったんだよ。ミルキーのソースってなんだよソレ! 気になって仕方ないので、秒速でゲットしてアジフライにかけて食っちまったヨ~!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 947