「コラム」カテゴリーの記事

【話題】サービス業で「マスク」を付けるのはアリなのか? ナシなのか?

めっきり寒くなってきた今日この頃。街中ではマスクを付けて歩いている人が増えてきた。たしかに、自分が風邪を引いている時はマスクをするのがマナーであるし、風邪の予防策として付けている人も多いはずだ。

そんな中、サービス業の人がマスクを付けることが禁止されていることについて、これはおかしいのではないか? という議論が現在話題になっている。サービス業の経験がある人は分かると思うが、上からマスク着用を禁止されているケースは非常に多いのだ。この問題、あなたはどう思うだろうか?

続きを全部読む

「深夜に晩ゴハン食べる生活」を5年間続けた結果がエグい! 標準体型の人でもこうしてデブになる

なぜ、深夜にご飯を食べると太るのだろうか? 不思議だ。「質量保存の法則」的な考え方をするならば、深夜に食べようが早朝に食べようが、トータルの摂取カロリーがオーバーしていなければ太らない……気がしなくもない。というか、実際にはそれほど問題ないのかも?

──と思いながら、ここ5年間ほど深夜に食べまくってきた私(和才)。そんな生活をしてきた立場から、読者のみなさんに1つだけ伝えたいことがある。それは……「夜中にメシを食うな」ということだ。

続きを全部読む

【推測】スマホゲーム「マーベルツムツム」が終了するたった1つの理由

2017年12月11日、株式会社ミクシィは自社が展開するスマホゲーム『マーベルツムツム』通称 “マベツム” のサービスを、2018年2月22日をもって終了すると発表した。世界累計ダウンロード数は少なくとも500万以上とそれなりに名の知れたタイトルだっただけに話題を呼んでいる。

さて、実は私(P.K.サンジュン)は一時期マベツムにハマり、それなりの頻度でプレイしていた経験を持つ。ここ半年以上はログインすらしていなかったが、今回は私なりに思う「マベツムが終了する理由」を述べてみたい。

続きを全部読む

【コラム】もうすぐ閉園する「スペースワールド」のことを忘れない

2017年12月31日、福岡県北九州市のスペースワールドが27年の歴史に終止符を打つ。この1年、変なCMばかり流していただけにポジティブな姿勢で閉園……と思いきや、最後の最後で泣かせにきたのは記憶に新しい。ネットでも「どうか、私たちを覚えていてください」の広告は話題になった。

最後の真面目な挨拶に不意を突かれて号泣してしまう人もいるらしいが、福岡県出身の筆者(私)もグッときた1人。なぜなら、スペワは “絶叫マシンが大の苦手な私” がジェットコースターに乗った唯一の遊園地だからだ。あれは高校に入る前、中学3年生の時だった。

続きを全部読む

キリスト教徒は日本の “クリスマス騒ぎ” をどう思っているの? 信者以外がクリスマスミサに来てたらどう思う? 実際に聞いてみた

12月に入り、いよいよ目前に迫ったクリスマス! 世界がウキウキするなか、日本のクリスマスは「チキンを食べる」「異性と過ごさねばならない」など独自の路線をひた走っている。クリぼっちとか、何の陰謀やねん。

以前の記事でも触れたが、そんな日本でもクリスマスの起源はやはり教会だ。1552年のことである。そして2017年……この現状をキリスト教徒はどう思っているのだろう。実際に聞いてみた。

続きを全部読む

【コラム】免許証の写真で21歳からの23年間を振り返ったら、「運動」の大切さが痛いほどよくわかった!

誰だって歳を重ねれば、顔つきも変わるものだ。1年や2年ならあまり変わらないように見えるのだが、5年10年と経つと違いがハッキリとしてくる。それは何も老けて行くだけではない。見ようによっては、若返っているように思える場合もある。

私(佐藤)は免許更新をするたび、古い方の免許を保管して、時々見返すようにしている。最近も免許更新をして、最新のものと過去のものを見比べてみた。この1年でまた若返っているように見える。それはきっと、1年間継続しているポールダンスの影響だろう。やっぱり運動は身体にイイ!

続きを全部読む

ケニアのサバンナにはこんな動物もいるんだよ! マサイ族の戦士が集めてきた野生動物写真集 / マサイ通信:第121回

スパ! 知ってるぞ。いま日本……のみならず世界的に『どうぶつの森 ポケットキャンプ』が流行ってるってことを。ゴー(羽鳥)もハマってるみたいだな。もちろんオレは、やってない。なぜならば、そこらじゅうに野生動物がいるからだ。

ということで今回は、日々オレが激写してきた野生動物(ならびに昆虫)の写真をお届けしたいと思っている。ここケニアのアンボセリに生息している野生動物は、ウシさんやヤギさんだけじゃないんだぜ? ななな、なんと……

続きを全部読む

ケニアのスーパームーン撮ったど〜! いま曇っていてもあきらめるな!! マサイ通信:第120回

スパ! 日本のみんなは、昨晩の月を見たか? すごかったみたいじゃないか。まんまるい満月で、でっかい満月、俗に言う「スーパームーン」だった……との投稿を、オレは遠く離れたケニアの僻地から、Facebookを通じて見ているぞ。

そんなオレの国ケニアからも、スーパームーンは見えていた。あまりにもすごい月だったから、予告なしでゴー(羽鳥)に写真を送った。ややピンボケの写真だけど、ちゃーんとケニアからもスーパームーンは見えたど〜〜〜〜! ってな。

続きを全部読む

優良ドライバーが「免許の更新に失敗」した理由 / 運転に自信があってもハマる可能性がある “落とし穴”

運転免許の更新に失敗した。……何を言っているか分からないかもしれないが、私も何が起こったのかわからない。何の障害物もない平坦な道だと思って歩いていたら、急に視界が真っ暗になってしまった感じだ。

わかっているのは、全く予測していなかった場所に「落とし穴」があり、そこにハマってしまったということ。……とにかく、あの日起こったことをありのままに話そう。

続きを全部読む

【やっぱり】ダイエットと禁煙を同時にやったらこうなった / 無修正のビフォーアフターが見るに耐えない

イケメンになりたい。スタイル良くなりたい。お腹周りの贅肉を何とかしたい。適度に筋肉をつけたい。薄毛を気にせずに生きたい。髪の毛をファッッッサァ〜〜〜とさせたい。──あなたはどうだろうか?

少なくとも私は、自分の全身を鏡で見たときに「もっとこうであれば」と思うことが腐るほどある。中には自分の努力ではどうにもならないこともあるが、逆に努力で何とかなることも。例えば、体型&体重。こいつを何とかしたい……いや、しなければ! というわけで、ダイエットに挑戦してみた。

続きを全部読む

【100均検証】セリアで売ってた「カミソリ型の鼻毛カッター」が意外と良い / 鼻に入れてクルクルまわすだけ!

なかなかうまいこと行かないのが人生だ。たとえば毛。もう少しオデコの生え際に髪の毛が生えて欲しいのだが、スクスクと元気に生えてくるのは鼻毛なのだ。抜いても抜いても伸びてくる。それも、栄養の行き渡った剛毛が伸びてくるのだ。

そんな私の鼻毛が、まるでゲゲゲの鬼太郎の妖気アンテナのごとく「ピーン!」と反応したのは100円ショップ『セリア』の店内だった。いままで見たこともない鼻毛カッターが、たったの100円で売られていたのだ。もちろん即ゲット&即検証である。

続きを全部読む

努力はしたけどネタとして転がせなかったマサイ族の写真集パート2 / マサイ通信:第119回

スパ! 突然だけど、プロフェッショナルの条件って何だと思う? オレは、「どんな状況であってもベストを尽くして仕事をすること」だと思っている。その条件を、この連載『マサイ通信』に置き換えてみれば、「オレがどんな写真を送っても、それを面白おかしく記事としてまとめる技術」といっても過言ではないよな。

今回の記事は、それができなかった写真集、すなわち「努力はしたけどネタとして転がせなかったマサイ族の写真集シリーズ」のパート2だ。

続きを全部読む

死ぬまでに見たい&行きたい! マサイの絶景(ケニア・アンボセリ編) マサイ通信:第118回

スパ! なんでも日本では「死ぬまでに」って本がたくさん出てるんだろ? 「死ぬまでに行きたい!」だとか「死ぬまでに見たい!」だとか、「死ぬまでに飲みたい!」だとか。みんなどんだけ死を意識してんだよ。さすがはサムライの国だな。

でもよ、どうせ死ぬなら一度くらいはケニアのアンボセリに来てくれよ。ここは絶景の宝庫だぞ。ということで今回は、マサイ族のオレが撮影した「死ぬまでに見たい! マサイの絶景(ケニア・アンボセリ編)写真集」をお届けするぞ。

続きを全部読む

【コラム】映画を見に行って、エンドロール後にまだ続きあった時の様々な感情について

映画館には特有のワクワク感がある。建物に入った瞬間のあの独特の匂いや、カーペットの歩き心地。ひんやりとした不思議な静けさ。スクリーンを横目に席に着く瞬間も、なかなかにたまらないものがある。映画館の非日常感が好きという人は、きっと多いのではないか。

ところで、あなたは映画が終わったらどのタイミングで席を立つだろうか。エンドロールの途中? それとも後? まあそれ自体は、周囲への配慮があるなら個人の自由だと思うが、たまにエンドロールの後にまだ続きが存在することがあるのだ。今回は、その時に沸き上がる様々な感情について考えてみたい。

続きを全部読む

【激動】中国ではいま「トイレ革命」が起こっている / 習近平が強力プッシュ! さようなら、ニーハオトイレ

我が国日本の隣国・中国。古くから交流があるものの、近年は何かと利害の不一致が目立ち、よく思っていない人も多いだろう。だがしかし……! この政策は応援したい。「中国トイレ革命」だ。

文字通り「中国のトイレを本気でレボリューション! 清潔ピッカピカ」を目指したものである。2017年11月、習近平国家主席が改めて強調し、その動きが注目されている。

続きを全部読む

たまにしか出現しない「どうぶつの森」ならぬ「どうぶつの池」がコレな / マサイ通信:第117回

スパ! やあ兄弟、調子はどうだい? なーんか日本では今、『どうぶつの森 ポケットキャンプ』ってゲームが流行しているらしいな。オレらの住んでいるエリアに「どうぶつの森」は……ないな。なにせ地平線が見えるくらいのサバンナだからな。

でも、「どうぶつの池」ならあるぞ。しかも、たま〜にしか出現しない、レアな池だ。ちょっと前にも紹介したかもだけど、またしてもイイ写真が撮れたから、あらためて紹介しとこうかな。どうぶつたちが、たくさん集まってくる池なんだ。

続きを全部読む

【タトゥー温泉】第10回:有馬温泉でタトゥーOKな日帰り温泉はここだ! 外国人観光客も御用達の歴史古き超名湯『金の湯』 兵庫県・神戸市

兵庫県・神戸市の『有馬温泉』といえば、道後温泉(愛媛)や白浜温泉(和歌山)と並ぶ日本三古泉として有名だ。さらに、草津温泉(群馬)と下呂温泉(岐阜)のトリオで「日本三名泉」にも名を連ねてている、ある意味では2階級制覇の大名湯!

そんな有馬温泉で “タトゥーOKな日帰り温泉” といえば、『金の湯』がタトゥー者たちの間では密かに有名である。

続きを全部読む

日本人なら当たり前のアレ! 中国人に超ビックリ仰天された話 / 中国人「日本の中学生すごすぎ!」「要求高すぎでしょ!?」

自分にとっては当たり前! でも他人から見たらメチャクチャ新鮮! 個人でも、都道府県どうしでも1つや2つあるだろう。それが国レベルになると、驚きも壮大になるものである。

これは私(沢井)が中国に住んでいた頃の話。日本人の自分としては当たり前すぎたことに、中国人がビックリ仰天! 逆に私も「そっか、中国人から見たら信じられないことなんだ」と目からウロコだったことがある。

続きを全部読む

【コラム】20年来の『るろうに剣心』ファンが今回の事件に思うこと

2017年11月21日、『るろうに剣心』で知られる漫画家・和月(わつき)伸宏さんが、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検された。現在「ジャンプスクエア」で連載されている新シリーズは、当面休載になるという。

18年ぶりの復活となった『北海道編』は、構想はあるものの作品化はされていなかった幻の続編だ。連載当時からほぼリアルタイムで追いかけてきた私(あひるねこ)にとって、この復活劇は非常に感慨深いものだっただけに、今回の休載は残念極まりない。

続きを全部読む

【マサイふれあい街歩き】住民がほぼ全員マサイ族の町「キマナ(Kimana)」編 / マサイ通信:第116回

スパ! みんなはNHKの『世界ふれあい街歩き』って番組、知ってるかナ? もちろんオレは知らないんだけど、ゴー(羽鳥)が大好きな番組なんだとさ。世界のいろんな街を、ぶらぶらと散歩する……だけの番組で、BSプレミアムでやってるらしいゾ。

そんな話をゴーから聞いたもんだから、オレはいつも待っているんだ。オレの村に……なんて無茶なことは言わないさ。オレのよく行く「キマナ(Kimana)」って街……いや、町にロケ隊が来ないかなぁ〜って。……って、来ねえか。ならオレが案内しよう。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 132