小千谷サチ (Sachi Ojiya)

ライター

好きな国はラオスとコスタリカ。とりあえず本と漫画とチョコレートがあれば、世界中どこにだって行けます、行きます。猫カフェ(会員制)を海外でひっそり開くことが夢。サッカーに興味はないが、エジル選手は好き。

「小千谷サチ」担当の記事

よーく読むとゾッとしちゃう「結婚式の招待状」が激写される

見てくれは普通なのに、よーく見るとゾッとしてしまうものが世の中には存在する。これからご紹介する “結婚式の招待状” なんかもそう。

美しい書体で、「お返事ください」と式への出欠を問うているのだが……あれ? 結婚式という晴れがましい場面には、全くそぐわない質問が紛れ込んでるよ! 冗談? それとも本気なのか……?

続きを全部読む

子ネコを救った消防士のセクシーさにネット民昇天「こんなんアリ?」「ただワオ!」

子供や動物が助かったというニュースを聞くと、「よかった!」とホッと胸を撫で下ろす人は多いだろう。しかしホッとするだけでなく、別の感情がわき起こることだってある。例えば、今回カナダで消防士が子ネコを助けたケース。

一連の救出劇と共に、救出現場の写真も一緒にネット上で発表されたのだが、その写真を見た人々の息が止まった。消防士がセクシーすぎたのだ……。

続きを全部読む

自殺した人は「生き残ったとき」になにを思うの? 体験談10選

新学期が始まると、学校にいくのが嫌で自ら命を絶ってしまう子供が増える恐れがあるという。

大人の目線から見れば「狭い世界のことに悩んで、死ななくてもいいのに」なんて、つい思ってしまうが……いやいや、自分の子供時代を振り返れば、私もあなたも結構深刻に悩んだことがあるはずだ。その気持ちを忘れずに、子供たちに寄り添う必要があるだろう。

しかし世界中で、多くの人が年齢に関係なく命を絶っている。では実際に自殺をはかり生き残った人々は、「生きていたこと」が分かったときにどのような思いを抱くのだろう? 海外サイト『Reddit』に寄せられた、自殺サバイバーたちの体験談をお伝えしたい。

続きを全部読む

詐欺ニャ! “思ってたんと違うオモチャ” が届いたニャンコ → なんとか楽しもうと奮闘する姿がジワジワくる

ネット通販にはご用心。なぜなら広告と実物が、全く違う場合があるからだ。思っていたよりも色が濃かった、作りが雑だった、サイズが違った……。

今回もある人物が、飼いネコのために通販でオモチャを購入。ネコがのぼって楽しむことができる、 “キャットツリー” を買ったのだ。しかし実際に届いたツリーは……写真よりもずっと小さいではニャいか! でもニャンコは諦めなかった。あの手この手で楽しもうと頑張ったのだ!!

続きを全部読む

誘拐された子供が9年ぶりに発見される! 決め手は母親が “偶然目にしたアルバム”

子供の誘拐ほど、親にとって辛いことはないだろう。子供はどこに行ったのか、無事でいるのか、誰に連れ去られたのか……そう思っては、身の内で怒りや悲しみが燃えたぎるはずだ。

あるインド人夫婦も、9年前に1歳だった息子を誘拐された。だがこの度、その少年が発見されたというではないか! 母親が偶然目にしたアルバムが決め手になったのだとか。

続きを全部読む

フライトアテンダントが喧嘩して飛行機の離陸が遅れる

飛行機の遅延や欠航が起こってしまえば、乗客にはどうすることもできない。主な理由として機材トラブルや悪天候が挙げられるようだが、もうこれは大人しく待ったり、次の手を考えるしかないだろう。

この度も、1機の飛行機の離陸が遅れた。しかし理由は、機材トラブルでも悪天候でもなく……フライトアテンダント同士のケンカ。それは勘弁してくれよ! ということで、詳細をお伝えしたい。

続きを全部読む

アメリカの刑務所でラーメンが人気? 受刑者が「ラーメンは金だ」と語る背景にある悲しい理由

映画やドラマ、ドキュメンタリーなどで見る限り、なんだか恐ろしげなアメリカの刑務所。ヒエラルキーやグループが存在し、暴力や窃盗、強かんは日常茶飯事。金があれば、たいていの物が手に入る……なんてイメージだ。

しかし今、そんなアメリカの刑務所ではラーメンが大人気。ラーメンが “通貨” としてやり取りされているそうだ。

続きを全部読む

『ゴーストバスターズ』有名俳優が “他人のポテトを盗み食いする姿” が激撮される! ……何やってるんすか、ビル・マーレイさん

日本でも公開開始となった映画『ゴーストバスターズ』。1984年の初代作品のイメージが強すぎるからか批判する人がいつも、「面白い!」「主人公たちがカッコよすぎ」などの声もたくさん聞かれているようだ。

さて “初代ゴーストバスターズ” といえば、主人公を演じたビル・マーレイさんやダン・エイクロイドさんなどが挙げられるが、この度そのビル・マーレイさんが、他人のポテトを盗んだと話題になっているというではないか。なにやってるんすか、マーレイさん……。

続きを全部読む

Twitter民が「自分ってマヌケだな〜」と痛感したミス&思い込み10連発

洗顔フォームで歯を磨いてしまったり、眼鏡をかけながら眼鏡を探したり……地球は今も、人々のおバカな失敗を乗せてまわり続けている。そして今 Twitter 上には、そんなトホホな体験談が集まりまくっているのだとか。

コメディアンのジミー・ファロンさんが「ハッシュタグ #ImDumb と共に、失敗談を投稿して!」と呼びかけたところ人々が競い合ってツイートしたのだ。ということで、みんなが披露した「自分ってマヌケだな〜」と痛感したエピソードをご紹介したい。

続きを全部読む

【マジか】ロシアの空港「AK-47」レプリカの販売開始で物議

AK-47。日本では “エーケーよんじゅうなな” や “エーケーよんなな” などと呼ばれているこの名前を、きっと多くの人が耳にしたことがあるはずだ。旧ソ連の技師ミハイル・カラシニコフ氏が開発した自動小銃ということで、“カラシニコフ” としても知られている。

そして今、AK-47 のレプリカがモスクワの空港で販売開始されたというではないか。マジかよ、ロシア。

続きを全部読む

母が娘に伝えた「歯磨き粉の教え」が深すぎると話題

世の中には、多くの “教え” が存在する。内容は、一緒に手を上げたくなるようなものから、首を傾げたくなるようなものまで様々だが、どの教えに従うかは各人の自由だ。しかし今、ネット上で1つの “教え” に多くの賛同が集まっている。

それは、ある母が中学生の娘におくった「歯磨き粉の教え」。歯磨き粉? 一体どんな内容で、なぜ話題になっているのだろう?

続きを全部読む

“4つのお耳” を持つ黒ネコさんがキャワワ! 「バットマン」って名前で新しい家族も出来たんニャよ!!

ネコのお耳は、2つで1セットのことが多い。けれども世の中には、4つの耳を持つネコだって存在する。例えばこれからご紹介するニャンコ、「バットマン」みたいにね!

黒い毛皮がクールな「バッドマン」は、遺伝子の変異で左右の耳の後ろに小さなお耳を持っているのだ。そして今、ネット上では、このキャワワなお耳に注目が集まっているんだって!

続きを全部読む

【ガチ閲覧注意】17歳美女の特殊メイクがハンパなくて震える! 血みどろ・凍傷・腕切断などマジ恐怖!!

ただのメイクなんて物足りない! 特殊メイクのほうが大好きだ!! そんな人は世の中に大勢存在する。たしかにハロウィンの恐〜い特殊メイクや、見る者を震撼させる “サイコメイク” など、1度見たら忘れられない迫力だ。

これからご紹介するのも、ある美女の特殊メイクなのだが……そのガチ度がヤバすぎ。もう子供が泣き出し、犬も吠え、大人も悪夢にうなされるレベルの恐ろしさなのである。

続きを全部読む

プールでオシッコをしてはいけない理由

プールでオシッコしちゃダメ! そう口で言いつつも、きっといるはず……。「バレっこない」「トイレ行くのめんどくさい」「ちょっとだけ」とかなんとか心の中で思って、内緒でプールでオシッコしちゃっている人はいるはず……。

でも待って! プールでオシッコしちゃいけないのには、ちゃーんとした理由があるんだってよ。一体、どんな理由なの?

続きを全部読む

ブルース・リーの生き別れの妹か!? ヌンチャクの使いっぷりがヤバい女性が激撮される

人々の心に生き続ける伝説のアクションスター、ブルース・リー。常人離れした身体能力に、「水のようになれ」と語った深い哲学、そして素晴らしきヌンチャク使い……。

今、そんなブルース・リーを人々の心に蘇らせている女性が話題になっている。なんと海外メディアに「ブルースの生き別れの妹か」と報じられるほど、ヌンチャク使いがヤバすぎる女性が登場したのだ! 動画と共にお伝えしたい。

続きを全部読む

猫ひろしが正直な気持ちを告白!「批判もあった」「猫の恩返しがしたい」などカンボジア『プノンペンポスト』のインタビューに答える

2016年8月21日に行われるリオ五輪の男子マラソン。42.195キロを、世界中から集まった選手が一斉に走る。もちろんその中には、カンボジア代表の猫ひろし選手も入っている。

2011年にカンボジア国籍を取得したものの、参加資格を満たしていなかったことからロンドン五輪には出場できなかった猫選手。

しかし今回リオ五輪への切符をつかんだ彼は、カンボジアの『プノンペンポスト』のインタビューに応じ、今の正直な気持ちを語ったのだった。

続きを全部読む

吉田沙保里とマルーリスの笑顔ツーショット写真を発掘! 2人の関係の深さに思わず涙 / 伊調馨や登坂絵莉も登場!!

「オリンピックには魔物が住んでいる」というが、この度、私たちはその魔物の姿を目にした。そう、リオオリンピックで大会4連覇が期待されていたレスリングの吉田沙保里選手が決勝で敗れたからだ。勝負が決した瞬間から泣き崩れる吉田選手の姿は、多くの人の心を打った。

そんな吉田選手を降したのが、アメリカのヘレン・マルーリス選手だ。「本当に勝ったのか信じられなかった」と話す彼女だったが、吉田選手とは浅からぬ歴史があったようだ。そのことがよく分かる写真をご紹介したい。

続きを全部読む

【リオ五輪】選手村の余った食材で一流シェフが料理! 多くの貧しい人々に料理を振る舞って話題に

連日、熱戦が繰り広げられているリオデジャネイロ・オリンピック。卓球にレスリングに陸上……夜通し試合を観戦してしまう人も多いはずだ。しかし華やかなオリンピックの舞台裏には、様々な問題が山積している。例えば、ブラジルの貧困問題。

「オリンピックよりも福祉にお金をかけてほしい」と発言した国民が多かったことも、世界中で報じられた。しかしいったん大会が始まってしまえば、そんな人々は忘れ去られてしまうのか? 答えはノー。現在、オリンピック選手村の余った食材を使って、一流シェフが貧しい人々に食事を提供して話題になっている。

続きを全部読む

【やってみて!】ボルト選手と「反射神経」が競えるミニゲームがこれだ!!

世界屈指のアスリートが集結するオリンピック。なかでも群を抜いて注目が集まる選手がいるが、ウサイン・ボルト選手もその1人だろう。リオオリンピックでは、3大会連続100m3連覇を達成し、またまた話題をかっさらっている。

今回はそんなスゴいボルト選手と、「反射神経」が競えるミニゲームをご紹介したい。あなたはボルトに勝てるか!?

続きを全部読む

米ルイジアナ州の大洪水から動物たちを懸命に助ける人々が話題に

2016年8月、米ルイジアナ州が記録的な洪水に見舞われた。17日に『NHK』が報じたところによると、この洪水で4万棟が浸水し、少なくとも10人が死亡したという。

特に被害が大きかった地域では、多くの家が浸水し、住民はボートに乗って避難。その被害状況は、世界中で伝えられている。そんな中ネット上では、洪水から動物たちを懸命に助ける人々の姿に注目が集まっているようだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 53