「LGBT」にまつわる記事

【世界初?】トランスジェンダーを告白した息子に勇気づけらて「母親も性転換して父親」に / 親子が伝えるメッセージが力強い!

近年、LGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの略)という言葉を耳にする機会が増えた。この中でも、一般的に認識が低いと思われるトランスジェンダーとは、出生時の性別と自分で認識している性別が異なる人のことをいう。

そんな、トランジェンダーを告白した息子に勇気づけられて、母親も性転換して父親になった親子が登場。「世界初のケースでは!?」と言われている親子が伝えるメッセージが、とても力強いので紹介したいと思う。

続きを全部読む

フジテレビ “保毛尾田保毛男についてのお詫び” に物議 /「認識が甘い」「謝る必要ない」など意見対立

2017年9月28日、フジテレビはバラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした30周年記念SP』を放送した。この日は番組30周年を記念する特番で、スペシャルゲストが多数出演、特番ならでは企画が行われたのだが、そのなかで、とんねるずの石橋貴明さんが「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」に扮する場面があった。

このキャラは、昔の番組を知る人には懐かしいキャラだったのだが、セクシャル・マイノリティ(LGBT)を軽視する表現であると物議を醸していた。そして放送から約2週間を経て、フジテレビは番組公式サイトで「お詫び」の文言を公開。しかし、その内容に再び議論が巻き起こっている。

続きを全部読む

【必見】同性愛をポップに描いた短編アニメが人気沸騰中! 約4日間で1450万再生を突破!!

性的少数者を指す言葉として知られるLGBT。同性愛者のレズビアン(L)やゲイ(G)、両性愛者のバイセクシュアル(B)、心と体の性が一致しないトランスジェンダー(T)の頭文字をとったものであることはご存知の通りだ。

あらゆる国でLGBTの理解を深める活動が増えているなか、2017年7月31日にネットで公開された同性愛を主題にした短編アニメが、瞬く間に驚異の再生回数を記録。現在、世界中で大きな注目を浴びている。

続きを全部読む

『ゲイやバイセクシャルの人に聞いてはいけない 10の質問』がこれだ!「いつ自分がゲイだと気付いたの?」「浮気しやすい?」など

聞きたいことも聞けないこんな世の中じゃポイズン……そんな気持ちで、誰に対しても遠慮なく質問をぶつける人もいる。うん、知らないことは知ったかぶりをせずに素直に聞く態度って素敵!

とは言え、相手の気持ちを考えずに、なんでもかんでも質問を投げつけるのはダメダメだ! たとえ悪意がなくても、“聞いたら失礼にあたる” 質問ってあるもの。

この度もあるゲイ(同性愛者)&バイセクシャル(両性愛者)の人気ユーチューバーが、「ゲイやバイセクシャルの人に聞いてはいけない 10の質問」を解説する動画を公開した。一体、どんな質問がNGなのだろうか?

続きを全部読む

【なぜ!?】ゲイパレードで恋人にプロポーズした英警察官が「後悔している」と告白

世界中で「同性婚を合法」とする国が続々と誕生してはいるが、それでも、同性愛者が日常的に受ける差別が完全に無くなる日は近くないようである。

というのも、ゲイパレードで恋人にプロポーズして話題になった英警察官が「後悔している」と告白しており、そこには “一部の人から受けた差別” が関係しているからだ。

続きを全部読む

【会社に反撃】短パン姿で出勤したら「着替えてこい」と怒られた青年 → 法律を逆手に取って “お洒落なワンピ” で職場に戻って仕返しに成功!

最近は日本でもクールビズが一般的になり、ビジネスの場でも、ネクタイを外した軽装が当たり前になってきている。

そんななか、海外で真夏日に短パンで出勤した青年が、上司に「着替えてこい」と叱咤されてしまったのだとか。そこで彼がお洒落なワンピで職場に戻ったところ、法律を逆手に取る結果となり、見事に仕返しに成功したというのである!

続きを全部読む

同性愛者の性的嗜好を ‟ソース” に例えた動画が胸にググっと来る! ユーモアたっぷりなオチも最高!!

ひと昔前に比べると、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)の人々がカミングアウトしやすい環境が整ってきたとはいえ、それでも、親に自分の性的嗜好を告白出来ないという人は多いようだ。

そんななか、同性愛者の性的嗜好を ‟ソース” に例えた動画が、「胸にググっと来る!」と話題になっているので紹介したい。そして、ユーモアたっぷりなオチも最高なのである!!

続きを全部読む

同性愛が重罪のサウジアラビアで『ゲイ大好き(I Love Gays)』のハッシュタグがトレンドに! ネットの声「愛する自由を信じているから」

同性婚が合法化される国が増え、世界中でLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)の権利が認められつつあるなか、中東やアフリカにはLGBTに否定的で、場合によっては死刑を言い渡される国もある。

そんな国のひとつサウジアラビアで、最近「I Love Gays:ゲイが大好き」のハッシュタグがトレンドとなり、「そろそろLGBTの権利を認めるべきではないか」との声が高まっているというのだ!

続きを全部読む

「SheやHeではなく “Ze” を使おう」英オックスフォード大・学生組合の新たなアイディアに賛同する声が!

最近では、同性愛者であることを公にして女装・男装をしたり、心と身体の性が異なるトランスジェンダーの人が増えている。そんな人達のことを呼ぶ時に、‟彼” と呼ぶべきなのか、それとも ”彼女” と呼ぶべきなのか困ってしまうこともある。

そこで、ある学生組合が ‟She::彼女” や ‟He:彼” ではなく「Ze」を使うよう提唱し、賛同の声が挙がっているのである!

続きを全部読む

【統計結果】体の浮気と心の浮気、どっちが嫌!? 現代を反映した答えが興味深い件

恋愛において、浮気ほどカップルの関係にダメージを与えてしまう行為は、ないのではないだろうか。では、「体の浮気と心の浮気だったら、どっちが嫌か!?」と聞かれたら、あなたはどう答えるだろうか。

そんな、質問に対する答えを分析した研究結果が、いかにも現代を反映していてナカナカ興味深いので、紹介したいと思う。

続きを全部読む

オーランド銃乱射事件で犠牲になったゲイの親友のために!『スター・ウォーズ』に同性愛者キャラを登場させる署名が始まる / 熱い思いが大きな運動に

2016年6月12日、米フロリダ州オーランドのゲイクラブで男が銃を乱射し、49人の死亡者と53人の負傷者を出す史上最悪の銃乱射事件が発生。同性愛者をターゲットにしていたと言われる事件は、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)のコミュニティに衝撃を与え、数々の運動が起こっている。

そんななか、同事件でゲイの親友を亡くした男性が、『スター・ウォーズ』の大ファンだった彼のために、「シリーズ最新作にLGBTのキャラクターを登場させよう!」と署名運動を開始。仲間の熱い想いが、大きな運動に発展しているというのだ!!

続きを全部読む

【社会実験】公共の場でゲイ嫌いな男性が同性カップルに暴言を吐いたらこうなった! 周囲の反応に心を動かされてしまうぞ!!

世界では、同性婚や同性愛者のパートナーシップを認めている国もあるが、異性愛者に比べたら、とてもではないが彼らが ‟市民権” を得ているとは言い難いだろう。

なかには、あからさまに同性愛者を毛嫌いする人も少なからずいるが、公共の場で “ゲイ嫌いな男” が、同性カップルに暴言を吐いたらどうなるか社会実験が行われた。周囲の人々の反応を見たら、きっと心を動かされてしまうに違いない!

続きを全部読む

ニモの続編! 映画『ファインディング・ドリー』がディズニー初の「同性愛カップルが登場する作品」になるかも!! と話題に

現在ハリウッドでは、映画やドラマシリーズに非白人を積極的に起用し、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)のキャラクターも増やしていこう、との動きが強まっている。

そんななか、2016年夏に公開されるアニメ映画『ファインディング・ドリー』が、「ディズニー初の同性愛カップルが登場する作品になるかも!」と大きな話題を呼んでいるのである!!

続きを全部読む

『アナと雪の女王』がまたまた話題! ネット上で「エルサに彼女を作ってあげて」との声が高まる / その理由とは?

レリゴー、レリゴー、と世界中を口ずませたディズニー映画『アナと雪の女王』。2013年から2014年を中心に、数えきれないほどの人々を虜(とりこ)にしてきた。続編の公開を待ち望んでいるファンも多いはずだ。

そんな『アナ雪』がまた、ネット上で話題になっている。なんでも「エルサに彼女を作ってあげて」との声が高まっているのだとか。そこには、どのような理由があるのだろう?

続きを全部読む

トランスジェンダーで男になった我が子を支える母親に感動!元は娘の姿だったタトゥーを男の子のデザインへ修正!!

世界中で、次々と同性婚が合法化されつつあるが、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)の人達が特異な目で見られることも多く、一般的に風当たりが強くないとは言い難い状況だ。

そんななか、元は女の子だったトランスジェンダー(性同一性障害者)の息子を持つ母親が、我が子をサポートするために、娘の姿を彫っていたタトゥーを男の子のデザインへ修正し、ネット上で大きな支持を集めているのだ!

続きを全部読む

【涙動画】双子の兄弟が父親に同性愛をカミングアウト / 兄弟「僕たちゲイなんだ……」父「私の愛が変わるわけないじゃないか」「ありのまま生きろ」

人間なら誰だって、秘密の1つや2つを心の内に抱えている。そして、その秘密を打ち明けることには、やはり勇気がいるものだ。相手が大切な相手なら尚更(なおさら)のこと……。

今回ご紹介する動画「Twins Come Out To Dad」でも、双子の兄弟が “自分たちがゲイであること” を父親に打ち明けている。この涙のカミングアウト動画は、公開1週間足らずで1350万回以上も再生され、世界中の涙を誘っているのだ。

続きを全部読む

あるレズビアンカップルの実話を元に制作されたミュージックビデオに多くの人が胸を打たれる

「結婚なんて紙きれ1枚の話でしょ?」とはよく言うが、果たしてそうなのだろうか?

いま、現状の「婚姻制度」のもとに悲しい結末を迎えたレズビアンカップルの実話が多くの人の胸を打っている。動画の名前は「不一樣又怎樣 We’re All Different, Yet The Same」。

続きを全部読む

あるトランスジェンダーの人物が美女に変わりゆく写真を公開して大反響 / 人々からの質問に答える誠実な姿にも心打たれる

理想の自分に近づくためには、それなりの努力が必要だということは皆さんもご存知の通り。しかし、桁違いの努力と勇気がなければ “本当の自分” になれない人だっているのである。例えば、心と体の性別が違うトランスジェンダーの人々がそうだ。

女性の心を持ちながら男性として生まれたディアフォニアさんも、数年前に決心して女性の身体になった1人。そしてこの度、性転換の過程を追った写真をウェブサイト「REDDIT」上で公開したところ、大きな反響が巻き起こったのだ。

続きを全部読む

ベルリンのゲイパレードに行ってみた → 想像以上の盛り上がりと自由っぷりに感動した!!

2013年6月22日、世界でも最大規模のLGBT(同性愛者、両性愛者、性転換者の人たちのこと)パレードのひとつ「クリストファー・ストリート・デイ」がドイツの首都ベルリンで開催された。

LGBTの文化を讃え、未だ存在する問題を人々に喚起するために行われるこのイベント。「クリストファー・ストリート・デイ」はベルリン以外の都市でも開催されるが、特にベルリンは参加者・観客の数が約50万人以上と「世界最大規模」のLGBTパレードだ。記者(私)もワクワクしながら、見に行ってみたところ……その規模の大きさ、盛り上がりのすごさに驚き、めちゃくちゃ感動したのである!

続きを全部読む