「バナナ」にまつわる記事

【100均検証】ミキサーいらずの『手もみジューサー』なる謎商品でバナナジュースを作ってみた結果…

キャンドゥをパトロールしていたところ、謎の商品を発見した。名前は『手もみジューサー』で、なんでも「フルーツと牛乳を入れて もみもみ」すると「食感を楽しめて おいしく飲める」ようになるらしい。ほほう、どんな仕組みなのだろう?

しかし、さらにパッケージをよく見ると「適度な食感が残って 食べるジュースみたい!」と、やけに “食感” を推している。なんだかあやしい雰囲気が漂ってきた……が、この怪しさ、嫌いじゃない。むしろ好き。ということで、使ってみた!

続きを全部読む

【画像あり】主張が強すぎる「GUのスリムパンツ」が話題 / これはチラ見される率95%

ユニクロよりリーズナブルなことでお馴染みのアパレルショップ、GU(ジーユー)。一部では価格だけではなく「GUの方がユニクロより絶対にオシャレ!」なんて声もあるくらいだから、GUを利用しているユーザーは多いことだろう。そして確かにGUには、お洒落な服が多く陳列されている。だがしかし……。

お洒落の先を行き過ぎてしまったのか、とにかく主張がスゴい「スリムパンツ」がいま話題になっている。画像を確認してみると……確かにこれはメチャメチャ主張すごい。うむ、完全にチラ見されたい人専用のスキニーパンツだ。

続きを全部読む

バナナで芸術は作れる! 奇想天外なアイデアから生み出された作品集が超ユニーク / あの「マリリン・モンロー」まで再現!

子供の頃に「食べ物で遊んではいけません!」と、親に注意されたことある人は少なくないと思う。それは大人になっても変わらないことだが、世の中には食べ物で素晴らしいアートを作り上げてしまう人もいるようだ。

米ニュースサイト『boredpanda』によると、食べ物でアートを生み出してしまうのは、オランダのロッテルダムに住むステファン・ブルスケさん。バナナを使う彼は、皮の動きや実を上手く利用し、奇想天外なアイデアから超ユニークな作品を生み出すからスゴい。

続きを全部読む

【一生のお願い】セブン限定「バナナを冷凍したようなもっちり食感アイスバー」は俺が買い占めるから絶対に買わないで下さい

みなさん、こんにちは。突然ではございますが、読者のみなさんに一生のお願いがあります。単刀直入に申し上げますと、セブンイレブンで発売されている『バナナを冷凍したようなもっちり食感アイスバー』を絶対に買わないで欲しいのです

できれば理由については語りたくありませんが、一言でいえば……「ヤバいから」としか申し上げられません。どうかお願いです、『バナナを冷凍したようなもっちり食感アイスバー』は絶対に買わないで下さい、絶対に買わないで下さい!

続きを全部読む

まぁ落ち着いて…プロテニス選手がバナナの皮をむけずにメンタル崩壊

身体能力と同じくメンタルの強さも必要とされるプロスポーツの世界。身につけたパワーや技術を最大限に発揮するためには、集中力や忍耐力の維持など、自身の心をコントロールすることが重要だ。

しかし、いくらプロ選手だとしても同じ人の子。思わぬ形でイライラすることだってある。今回は「まぁ落ち着いて……」と思わず声をかけたくなるプロテニス選手を収めた動画をご紹介したい。

続きを全部読む

【激レア】皮まで食べられるバナナ「もんげーバナナ」を食べてみた → 1本648円、週に10本程度しか流通しない幻のバナナ

日本人がもっとも消費しているフルーツをご存じだろうか? そう、バナナである。「手軽で・安くて・美味しい」の三拍子がそろったバナナは、“フルーツ界の三冠王” と言ってもいいだろう。そのバナナは99.9%が海外からの輸入物だが、実はわずかに国産バナナも存在する。今回紹介する岡山県産の『もんげーバナナ』もそのうちの1つだ。

なんとこの『もんげーバナナ』は皮まで食べられるバナナで、1本の価格は税込648円、1週間に10本程度しか流通しない幻のバナナである。今回は希少な『もんげーバナナ』を岡山県からいただいたので、さっそく食べてみることにした。

続きを全部読む

【簡単レシピ】チョコを挟むだけの「焼きチョコバナナ」がトロットロであなどれないウマさ

10月も半ばを過ぎて秋本番。秋の醍醐味といえば、やはりグルメである。サンマ、キノコ、サツマイモなどなど、旬の食材を見ると、実はバーベキューに最適なものが多いことに気づく。

そこでご紹介したいのが、簡単なのにウマい「焼きチョコバナナ」。国内外のバーベキューファンの間で広く知られ、一品あると嬉しいスイーツメニューである。材料と作り方は次の通りだ。

続きを全部読む

提供:株式会社ドール

【限定100個】 自販機で「冷凍バナナスライサー」が販売中! スライスされた冷凍バナナが超簡単にできる

季節を問わず自宅に常備しておきたいフルーツのひとつがバナナである。朝食にバナナ、おやつにバナナ、いつだってバナナはおいしい! しかし、夏場はすぐに熟してしまうのが難点で、特に今年のような猛暑だとそのスピードは格段に速くなる。

バナナが大好きな私は解決策を探した。そして見つけた。

バナナといえばのドールが「冷凍用 バナナスライサー」なるものを販売するというのだ。なんだよその名前からして魅力しか感じないアイテムは……しかも、自販機で販売するんだぜ。居ても立っても居られなくなったので、イチ早く入手して試してみたゾ!

続きを全部読む

【閲覧注意】冷蔵庫にバナナを約10カ月間入れておくとこうなる / 会社の冷蔵庫を掃除したら、ほとんどすべて賞味期限が切れていたでござる

あなたの冷蔵庫は大丈夫? 腐ったモノとか入ってない? 少しでも「もしや」と思ったら、今すぐ確認したほうが良いかもだ。というのも、つい昨日、当編集部の冷蔵庫を掃除したところ、ほとんどすべて賞味期限が切れていたのでござったのじゃ。

賞味期限が切れているだけならまだマシで、原型すら留めていない食べ物がテンコモリに入っておった。それらすべてを処分していったところ、見事なまでにスッカラカンになったのじゃ。事実上、生ゴミを冷やすためだけに電気代を払っていたのじゃ。

続きを全部読む

【第24回】グルメライター格付けチェック『バナナ』編 !「1本700円の超高級バナナ」vs「コンビニのバナナ」

カレーやシチューなどの “加工食品” と、自然のままを味わう肉や野菜などの “素材” ではどちらの方が味の差があるのだろうか? 加工食品の方がごまかしが効く気もするが、本当に美味しい野菜はそのまま食べても驚くほど美味しい。

第24回を迎えた『グルメライター格付けチェック』は、素材で勝負! シリーズ初となる果物でライター達の味覚をチェックすることにした。しかもお題は1本700円の超高級バナナ……いったいどんな味なのか想像もつかない。

続きを全部読む

【センス抜群】「デザイナーは昇進したはず」と称賛された雑誌の表紙がコレだ / トランプ大統領を食べ物で表現! そこには皮肉たっぷりな意味が!?

ドナルド・トランプ氏が米国大統領に就任して以来、氏は数多くの雑誌の表紙を飾ってきた。ロケットニュースでも、TIMEの表紙のトランプが猫耳をつけてるっぽくてカワイイとの記事を紹介したことがあった。

そして今度は、「食べ物でトランプ大統領を表現した雑誌の表紙」がセンス抜群だと話題になっているのである。使用している食べ物も意味アリなようで、ネット民からは、「表紙のデザイナーは昇進したはず」といった称賛の声が挙がっているのだ!

続きを全部読む

全日空(ANA)の特別機内食で “バナナ1本だけ” 出された男性が激おこ「何かの冗談かと思った」

狭い座席、迷惑な乗客、混んでいるトイレ……「空の旅」と言えば聞こえが良いが、素敵なことばかり起こる訳ではないのが飛行機だ。だからこそ、美味しい機内食を “心の拠り所” にしている人も多いはず。

しかし、その機内食が「バナナ1本」だけだったら、どうだろう? “そんなバナナ” だなんてダジャレを言っている場合ではない。実際に、全日空(ANA)に搭乗した男性が「バナナ1本だけの機内食」を出されて激おこだというのだ。

続きを全部読む

【知ってた】スタバの新作プリン「バナナチョコレート」が卑怯なほどウマい! 生後2日のノストラダムスでも的中するレベル!!

人類史上、屈指の預言者として知られるノストラダムス。的中したかどうかはさておき、「1999年、空から恐怖の大王がやって来る」という予言はあまりにも有名だ。元々は医師だったというが、おそらく彼以上の預言者は今後もなかなか現れないことだろう。

だがしかし、2017年4月28日、ノストラダムス並の予知能力を持っていなくても「絶対にウマい」「100%ウマい」「食べなくてもウマい」と予言できる新スイーツが誕生した。それがスターバックスの新作プリン『バナナチョコレート』である。バナナ……チョコレート……プリンだと? はい、絶対にウマいに決まってます。

続きを全部読む

ウギャー! バナナを食べようとしたら「カビの生えたカエル」がくっ付いていた……という画像が閲覧注意!!

我々が日々購入する食品や商品は国産の物もあるが、そのほとんどは海外から輸入された物である。以前に、「英Amazonから届いた荷物に ‟猛毒を持ったサソリ” が混入していたらしい」とのニュースをお伝えしたことがあったが、またもや類似した件が発生!

なんでも、ある女性がスーパーで購入したバナナを食べようとしたら、ドミニカ共和国出身の「気味悪い両生類」がくっ付いていたというのだ!!

続きを全部読む

【スタバ新作】新食感な「チョコラティバナナココ」を飲んでみた! 香ばしいバナナと濃厚チョコの相性がバツグン!!

新年もすぐそこまで迫って来た。年越しの準備は、順調に進んでいるだろうか。記者は何ひとつ用意が整っていない。掃除や年賀状やおせち作りなど……やるべきことはたくさんあるが、一切手を付けていない。こんな状況で新年を迎えられないと、記者のように焦っているソコのあなた!! 

まずはドリンクでも飲んで、一息つこうではないか。2016年12月26日、スターバックスから発売された期間限定商品「チョコラティバナナココ」はいかがだろう。香ばしいローストバナナと濃厚なチョコレートのコンビネーションがバツグンで、心を落ち着けハッピーにしてくれるぞ。

続きを全部読む

あなたはできる!? 80キロ離れた場所に住む親友に「バナナ1本を届けた」男性が話題に 『走れメロス』レベルの友情が美しい!!

美しい友情といえば、太宰治の短編小説『走れメロス』を、思い浮かべる人が多いのではないだろうか。処刑されるのを承知で、友の元に戻ったメロスの行動は、友達と友情を育むうえで目標にしたいところである。

そんななか、ある男性が80キロ離れた場所に住む親友に、「バナナ1本を届けた」と話題になっているというので紹介したい。読者の皆さんは、お腹を空かせた遠くに住む友達のために、バナナ1本を届けてあげられるだろうか!?

続きを全部読む

「黄色い物」を食べると人は幸せを感じるらしい

バナナ、オムレツ、トウモロコシ、チーズ……これらの食べ物の共通点は、そう、黄色いこと。なんとこの度、黄色い物を食べると人は幸せになるとの調査結果が発表されたようだ。

えーと、チョコレートや焼き肉(=茶)、白米(=白)、トマト(=赤)なんかを食べても幸せになる気がするのだけど……なぜ「黄色」なのだろう?

続きを全部読む

提供:日本マクドナルド株式会社

【バナナの日】新作『マックフルーリー バナナタルト』を食べてみた / 想像以上のバナナタルト感でうっめえええ!!!

昨日、8月7日は「バナナの日」だった。

だからといってバナナを食べる予定ないし(笑)、とか思っていたら、めちゃめちゃレアなバナナ系スイーツの先行販売をしているという情報をゲット!

うおおおおおお、「バナナの日」ありがとう!!!

続きを全部読む

提供:株式会社ユニフルーティージャパン

【バナナの日】社内の雰囲気が悪いので “超完成度の高い「ミニオン」のコスプレ” をして大量のバナナを届けたら空気が一変した!?

皆さんは夕方、小腹が空いたらどうしてる? 当編集部では、夕方くらいになるとみんなイライラし出す。それは腹が減るからだ。誰もが無口になるだけではなく、ちょっとした言葉のやり取りさえもトゲトゲしくなる。これはなんとかしなければ! 組織崩壊にもなりかねないと私(佐藤)はかねてから思っていた。

そんなある日のこと、ブランドバナナの「チキータ」がとてもステキなキャンペーンを実施していることを知った。そうだ! バナナは小腹を満たすのに最適。それだけでなく、良く考えたら本日8月7日は、「バナナの日」じゃないか! これは編集部メンバーにバナナを食わせるべき!! ということで、早速バナナを買いに行くことにした。

続きを全部読む

【豊かな想像力】中国で “女子がバナナを食べる動画” が禁止に / 当局「卑猥なのはダメ」

人の想像力は果てしない。脳内のみとは言え、人間が持つ不可能を可能にする唯一の方法だそう。自宅にいながら世界を旅することもできる、この世に存在しないものを創り出したり、あるモノが別の何かに見えたり……。

ときに、2016年5月、衝撃的な一報が入ってきた。お隣・中国では「バナナを食べる女性の動画」が禁止されてしまったそうだ。その理由は「卑猥だから」である。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3