「BBQ」にまつわる記事

【簡単キャンプ飯】居酒屋メニュー「たらこと長芋のふわとろ焼き」が塩気が効いてクセになる美味しさ! 10分あれば作れる激ウマおつまみがこちらです

キャンプやバーベキューで “簡単な居酒屋メニュー” を披露すると100発100中で喜ばれる。豪快な肉料理に飽きた頃に、気の利いたおつまみをサッと作れるような人間になりたい。「こんなものしか作れないけど……」と言いながら、準備に準備を重ねた料理を出したいのだ。

そんなわけで今回は、居酒屋で見つけたらつい注文してしまうメニュー「たらこと長芋のふわとろ焼き」を作ってみることにした。スキレットやフライパンで作って、そのまま食べるのが最高。私のように料理が苦手な方も大丈夫、10分あれば激ウマおつまみができあがるぞ!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】揚げずに焼くだけ「ビヨ〜〜ンと伸びるチーズ春巻き」が罪深きうまさ! 調理時間10分未満のおつまみとしてどうぞ!

キャンプやバーベキューで人気の料理といえば、簡単かつ皆で楽しく作れるメニューだろう。さらに誰が作っても美味しくなるやつ……たとえば「ビヨ〜〜ンと伸びるチーズ春巻き」なんて最高だ。パパッと簡単に作れて、おやつにもおつまみにもなるのだから。

こちらチーズを春巻きの皮でクルクル巻いて焼くだけの簡単メニュー。大人も子供もみんなで作るのがおすすめ。また巻く作業はけっこう無心になれるから、リモートワークで気分転換したい時にいいかも。もちろん小腹が空いた時にもね。てことで、パパッと作ってみたい!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】いびつな形がプロっぽい「食感が最高の餅ピッツァ」が簡単なくせにウマすぎる! 余った餅の使い道としても覚えておくべし!

一発で覚えられる簡単な料理が好きだ。以前作った「サバ缶のガーリックオイル煮」も最高。レシピを確認しなくても美味しく作れる料理は、とくにキャンプ向きだと言える。そこで今回は、子供も作れるレベルの簡単キャンプ飯「食感が最高の餅ピッツァ」を作りたい。

めっちゃ簡単に言ったら、お餅をピザ生地の代わりにした料理。いくらでもアレンジできるので、基本パターンをマスターして自分好みに作ってみてほしい。キャンプなら、朝食やおやつにピッタリのメニューだぞ。さっそくご覧いただこう。

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】スーパーで80円のちくわが激ウマおつまみに変身! 揚げない「ちくわの磯辺揚げ」は誰でも作れる激安激ウマ料理!

近所のスーパーで約80円で買った「ちくわ」をビールのおつまみに! ということで今回は、揚げずに作る「磯辺揚げ」にチャレンジした。キャンプ場で揚げ物をすると油の処分に困ってしまいがちだが、フライパンで焼いて作れば油の量は少なくてOKとのこと。いいね!

出来立ての磯辺揚げはサクッとした食感が楽しめるうえに、あおさの風味豊かで最高に美味しい。もちろん冷めても美味しいので覚えておいて損はナシだ。超簡単な激安激ウマおつまみは、1人暮らしの味方にもなるだろう。それではさっそくご覧あれっ!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】「ごろごろ野菜のほったらかしポトフ」は寒い季節に最高! 身も心も温まる冬のごちそうは放置して作る!

ほったらかし料理は、キャンプでも大人気だ。万能クッカー「メスティン」に具材を入れて火にかけたら放置するだけ。もちろん鍋でもOK。ズボラなくせに本格的な味わいを楽しめるのが人気の理由である。たしかに手軽に絶品料理が作れるならマスターしておきたいぞ。

というわけで今回は、「ごろごろ野菜のほったらかしポトフ」に挑戦。寒い季節に食べたら体が芯から温まって最高である。こいつがどうやら簡単に作れるうえに野菜の甘味たっぷりで美味しいらしいのだ。それではさっそく作っていこう!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】ハワイ名物「ガーリックシュリンプ」はヤミツキ必至の美味しさ! 余ったソースで「ガーリックライス大盛り」も作っちゃいました!

キャンプ飯の定番といえば、まず思い浮かぶのがワイルドな肉料理。その次の次の……次くらいのポジションにいるのが「エビを使った料理」だ。背ワタをとるのがチョイ面倒なくらいで、赤くなるまで焼いて味付けをすれば誰でも簡単に見栄えの良いオシャレ料理が完成する。

この前作った「カレーエビマヨ」もビールのおつまみにオススメだが、今回チャレンジした「ガーリックシュリンプ」も最高だ。でもって、残ったニンニクとオイルで作る「ガーリックライス」も格別。すぐに作れるので、ぜひ真似をしてみてほしい。それではいくぞっ!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】缶詰でスグに完成「サバのトマト煮」に「サッポロ一番みそラーメン」をぶっ込んだらウマすぎて震えた

缶詰を使ったキャンプ飯レシピは手間がかからない上にウマいから人気だ。スーパーで買った缶詰を少しアレンジするだけ。この前作った「サバ缶のガーリックオイル焼き」も大成功……ってか、誰が作ってもだいたい美味しくなるからレパートリーは増やしておきたい。

というわけで今回は、サバ缶とトマト缶を使った「サバ缶のトマト煮」を作ってみた。で、こいつが予想どおり最高にウマかったのだが……途中で「サッポロ一番みそラーメン」を投入したら震えた。あまりにもウマ過ぎたのだ。感動レシピをぜひご覧いただきたい!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】華やかな「丸ごとカマンベールチーズのアヒージョ」はキャンプおつまみの主役になる! 熱々とろっとろでバカうまい!

キャンプおつまみの大定番といえば「アヒージョ」だ。オリーブオイルとニンニクで具材を煮込むシンプルな料理だから、準備が楽なうえに調理の過程も楽しめる。さらに見栄えが良くてウマいから最高なのだ。てことで、今回チャレンジしてみたのは……

カマンベールチーズのアヒージョ」である! カマンベールチーズを “丸ごと” 使ったキャンプならではの豪快料理。途中、思いっきりミスったものの最高に美味しかったぞ。料理苦手男子が悪戦苦闘しながら作るキャンプ飯……ぜひ続きをご覧いただきたい!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】黒光りした濃厚なタレが激ウマ「帯広豚丼」はキャンプでも手軽に作れる! おこげも美味しいワイルド飯!

北海道の帯広名物といえば「豚丼」だ。炭火で焼いた香ばしい豚肉と、黒光りした甘辛いタレが特徴のどんぶり飯。あの超濃厚な豚丼をキャンプでも味わいたい……という方のために、今回は「帯広豚丼」を作ってみることにした。

こちら一般的なレシピ記事と違うのは、料理が苦手なオッサンが見よう見まねで作っていること。だから間抜けな失敗もするし、盛り付けのセンスもゼロだ。それでも今回の「帯広豚丼」は……かなりイケてる気がする! しかも美味しかったのでぜひ参考にしてみてほしい。

続きを全部読む

【気になる物件】築57年の団地がリノベーションをして…キャンプやアウトドア、DIYや家庭菜園も楽しめる超人気団地に生まれ変わっていた / 東京都足立区

東京都足立区に築57年の団地がある。つまり1964年、前回の東京オリンピックが開催された年に誕生したのだが……こちらいわゆる “古くてダサい” 団地のイメージとはかけ離れた超注目団地なのだとか。めっちゃ簡単に言うと……

内装のカスタマイズができて、キャンプやアウトドアを楽しめる庭があって、シェア菜園もある。さらに住民が使用できるログハウスには、自由に使えるアウトドア用品やDIY工具などが揃っているらしい。なんかすごい面白そう……ってことで、内見してきたぞ!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】熱々の「ビーフペッパーライス」は失敗しない激ウマワイルド飯! 見た目も味も食べ応えもMAXで昇天確実!

ペッパーランチ風の「熱々ビーフペッパーライス」が超簡単に作れるうえに最高にうまい! ご存知のとおり、下味をつけた牛肉、そしてコーンとバターがステーキのタレ(焼肉のタレでもOK)と抜群に合う。マジで合いまくるのだ。

たまにはフードコートで食べるペッパーライスをリスペクトしながら、自宅で、キャンプで、ペッパーライスを作ってみてはいかがだろうか。くり返すが、マジでパパッと簡単に作れるぞ。ガツガツ食べたい方は、以下のレシピを参考に今すぐ作ってみてくれ!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】手を汚さずに作る「鶏つくね」は安くてうまい! 居酒屋気分で黄身に絡めて食べまくろうぜ!

シソの豚巻き串」や「はしまき」のように、1人ずつ取り分けやすいメニューをもうちょい覚えたい……ということで、今回は安くてうまい「鶏つくね」を作ってみることにした。なんでも手を汚さずに作れるらしい。キャンプでも大いに活躍が期待されるだろう。

居酒屋に行く機会がないから「鶏つくね」を食べるのもかなり久しぶりだ。ビールでも買って再会を祝福したい……皆さんも、それぞれ好きな飲み物を用意して居酒屋気分で楽しんでくれたまえ。簡単なようでチョイ苦戦した「鶏つくね」を作った様子はこちらです。

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】スパイシーな本格「タンドリーチキンライス」をメスティンでほったらかし調理してみた → おいおい有名シェフの味かよ!

キャンプ料理の定番アイテム「メスティン」を使ったら、かなり楽に本格料理を作ることができる。『タンドリーチキンライス』に挑戦してあらためて感じたことだが、前もって準備さえしておけば、現地で手軽に美味しい料理が食べられるぞ。

そこで今回は「家でここまでやったら楽!」というアドバイスをしつつ、タンドリーチキンライス作りにチャレンジした様子を報告したい。自分で言うのも何だが……出来栄えは過去最強クラスだった。見た目・味ともに大満足。やはり簡単なのが1番ということですな!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】激ウマ「チーズリゾット」は料理初心者のオッサンでも簡単に作れる! ファミレスでも通用するレベルのガチなウマさ!

キャンプがきっかけで料理に目覚める方も多いだろう。これまでカレーが限界だった私も、キャンプを通じて少しだけ料理が好きになり台所にも立つようになった。そして今回は「簡単チーズリゾット」に挑戦である。まさかリゾットを作る日がやって来るとは……。

言うまでもなく、リゾットとはイタリアを代表する米料理のひとつ。ぶっちゃけファミレスでしか食べたことがなかったが……なんと今回、マジで白目をむくレベルの完成度に震えてしまった。ってか、チーズリゾットってこんなに簡単に作れたのかよ。衝撃なんですけど。

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】メスティンで作る「丸ごと玉ねぎスープ」がとろ〜りうんまいっ! 固形燃料に火をつけて放置するだけ!

万能クッカー「メスティン」を制する者はキャンプ飯を制す! と、言われているかどうかは知らないが、メスティンをうまく使いこなすことで料理の幅が格段に広がるのはたしか。持ち運びが楽だし調理も楽、そのまま食べれば後片付けも楽チンである。最高〜。

これまでメスティンを使った「ロコモコ丼」と「ガーリックバターステーキ丼」の簡単レシピを紹介した。今回は「丸ごと玉ねぎのスープ」を作るぞ。こちら過去最強レベルで簡単に作れるから、ガチで料理が苦手な方も試してみてほしい。それでは、さっそく調理開始ィィ!

続きを全部読む

【実店舗のみ】ワークマンの「難燃アウトドアエプロン」がコスパ最強だと人気! 圧倒的タフさで焚き火や料理はもちろん普段使いやガーデニングにも!

先日、ワークマンのアウトドア用品コーナーにて「アウトドアエプロン」を見つけた。どうやらオンラインストアでは販売していない人気商品で、実店舗でも入手困難なのだとか。たまたま発見してラッキー……ということで買ってみた。価格は2300円である。

2300円。これまで購入したアルミテーブル(980円)やコンパクトローチェア(1500円)、アクティブハイクシューズ(1900円)などと比べると、やや価格のインパクトに欠ける気が。いや、むしろ本気のこだわりが詰まったエプロンなのかも。さっそく持ち帰って……

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】中国・九州エリアの定番屋台メニュー「はしまき」は食べやすくて取り分けも楽! 夏祭り気分を自宅で味わおうぜ!

夏祭りの定番メニューを自宅で味わいたい──というわけで今回は、おもに中国・九州エリアで大人気の屋台フード「はしまき」を作ることにした。イメージ的には、お好み焼きをクルクル箸に巻きつけた料理。言うまでもなく、ビールとの相性はMAXである。

今年はとくに、1皿の料理を皆でシェアするよりも、1人ずつ取り分けやすいメニューを作る方が安心だろう。最近は関東の屋台でもちょこちょこ見かけるようになったが、まだまだ知らない方も多いはず。それでは、夏祭りを楽しむ感覚で……クッキングスタートッ!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯まとめ】この夏に作ってほしい「とくに評判の良かったメニュー5選」はこれだ!

ググれば簡単に “答え” がわかる世の中ではあるが、知りたいことがあれば詳しい人に教えてもらうのが1番である。キャンプ料理のレパートリーを増やしたい私は、SNSで “簡単キャンプ飯の作り方” を発信している『兼業主夫のケン』さんにコンタクトを取り……

そのまま先生になってもらった。それから料理初心者のオッサンが、さまざまな料理にチャレンジしてきたわけだが……ここで夏が終わる前に! とくに美味しかった・評判の良かったメニューを5つ紹介したい。まだ間に合う! ぜひ夏の間にチャレンジしてみてくれ!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】カリカリ香ばしい「ジャガイモのガレット」が感動的なおいしさ! 余ったジャガイモを大量消費して激ウマおつまみに!

ジャガイモ料理といえば「肉じゃが」もしくは「じゃがバター」くらいの知識だった私が、キャンプ料理を通じて「ハッセルバックポテト」「ジャーマンポテト」の作り方を知った。そして今回もジャガイモが主役……「ジャガイモのガレット」にチャレンジしたい。

「ナゲット」なら知っているが「ガレット」は初耳。どうやらフランス料理で「まるく焼いた菓子や料理」のことをガレットと呼ぶらしい。ほほー、お好み焼き的な感じになるのかな……などと思っていたら、だいぶオシャレな感じに仕上がったぞ。ガレット、いいかも!

続きを全部読む

【簡単キャンプ飯】大本命「サバ缶のガーリックオイル焼き」が激ウマ! ガチで超簡単だから今すぐ缶詰買ってこい!

どうやら缶詰を使ったキャンプ料理が人気らしい。そのまま食べても美味しい缶詰をちょいアレンジするのが流行り……というか、定番なのだとか。この “ちょいアレンジ” がポイント。缶詰は長期保存が可能で持ち運びも楽チン、いざという時にも抜群に使えるぞ。

しかも今回の主役は、大本命のサバ缶である。骨まで火が通っているから食べやすく、アレンジ幅が広いのも特徴とのこと。そんな定番缶詰を使って……激ウマおつまみ『サバ缶のガーリックオイル焼き』を作ってみました。これ、マジでめっちゃ簡単っス。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3