冨樫さや (Saya Togashi)

ライター

趣味は旅行、PCゲーム、クラフト。小さい頃の夢はゴーストハンターで、心霊現象を科学で解明したいと思っていた。『りぼん』まんがスクール投稿歴あり。コーヒー好き、甘いもの好き、酒は苦手。いつか世界一周クルーズに行きたい。

「冨樫さや」担当の記事

【注意喚起】皮膚がピリッと痛むなら「迷わず」「いますぐ」病院へ行け! 皮疹の出ない帯状疱疹のこと

痛風、尿路結石、帯状疱疹(たいじょうほうしん)など、話にはよく聞くけれども、経験者とそうでない人には天と地ほど認識の違いが生まれる病気がある。

数年前に佐藤記者が帯状疱疹についてレポートした。佐藤記者の場合は身近に経験者がいたため、すぐに病名に思い至って受診するという的確な判断があったが(そしてその後の不運&幸運もあったが)受診を迷う人もいるだろう。

というのも、特徴的な症状であるベルト状の発疹が出ないケースがあるようなのだ。

続きを全部読む

Meta社員がクルーズ船に移住してリモートワークだとぉ…!? 予想される客船の一日

昨年末、一部界隈にあるニュースが走った。若干28歳のMeta社(旧Facebook社)社員がクルーズ船「MV Narrative」の一室を12年間リース契約し、船上でリモートワークをするという。

その支払いはエントリークラスの部屋&食事抜きで約4000万円、最高クラスの部屋で10億円超え!

「どんだけ勝ち組だよ」という叫びはさておき、いったいどういった毎日になるのか興味津々だ。筆者の知る、MV Narrative号より遥かにリーズナブルな船で妄想してみた。

なおMV Narrative号は建造中で、2025年の出航を予定。そのため船内設備やサービスの詳細は「たぶんこうだろう」という予想。文中写真も他船のものだ。

続きを全部読む

別の意味で人をダメにするチェア「ニトリのゲーミング座椅子」でゲーム廃人誕生…!

“ゲーミングチェア” という家具のジャンルがある。e-Sportsなど正しい姿勢で長時間ゲームをすることが求められるプレイヤーに向け、人間工学なんかを応用した機能性家具だ。

そこまでガチじゃないし置く場所もないし、そもそもゴロゴロしながらゲームできれば十分なんよ……という、ゆるゲーマーに朗報だ!

「お、ねだん以上。」のニトリから “ゲーミング座椅子” なるものが登場。使ってみたら、これがまた……

続きを全部読む

【2023年福袋】声を大にして言いたい、行列も抽選も不要の「カフェ・ド・クリエ」福袋は堅実な優等生

例年、当選率が話題になるような大注目ブランドではないものの「ここは狙い目!」と思っているカフェ系福袋がある。ポッカクリエイトが全国に展開する「カフェ・ド・クリエ」だ。

ドリンクチケットやドリップコーヒーといった定番アイテムのほか、あれこれ入った焼き菓子が地味に嬉しい。

自宅でのコーヒータイムが豊かになる内容で、いかにも福袋だなぁというほっこりした気分にさせてくれる。そこには競争も抽選も無縁。ぜひとも広く周知したい。

続きを全部読む

【2023年福袋】すべては肉のために…!「ステーキ宮」の福袋は1度買うだけで1年間お得が続く

栄枯盛衰がなにかと話題になるステーキレストラン業界だが、日本発祥の老舗を忘れちゃいませんか。おそらく多くの読者が生まれる前、1970年代創業の「ステーキ宮」ですよ!

創業地である栃木県宇都宮市に由来する「宮」の名前。なんなら当サイトでも初めて取り上げるかもしれない、ステーキ宮の福袋をご紹介!

続きを全部読む

【2023年福袋】もはや希少種! 「サブウェイ」福袋の入手難度がエグいのだが、その中身は…

世界最大級の飲食チェーン「サブウェイ」。日本上陸から紆余曲折あったが、いまでは野菜たっぷりの健康志向サブマリンサンドイッチとして、我々の生活圏で一定の地位を築いていると言っていいだろう。

ところが福袋に関しては決してブームにのらず、独自路線を貫いている。販売は一部店舗限定。それも旗艦店や大型店だから必ずしも販売するというわけでもないようだ。

さらに予約はなく、購入は当日の “出たとこ勝負”。筆者の訪れた店舗では、開店してほどなく棚から消えた。「そうそうお目にかかれない」レアな存在と呼んでいい。

続きを全部読む

【2023年福袋】ヘビーリピーターが初めて存在に気づいた「COCO’S(ココス)」の福袋! 単体だと優秀だが去年買った人は…?

何を隠そう、ここのところココスのヘビーリピーターの筆者。ドリンクバーで仕事をし、ポイントをため、誕生月には無料のバースデーデザートで祝ってもらうほど入りびたっている。

これまで気づかずスルーしていたが、そんなココスにも福袋があるじゃないか! 今年はデンマーク発の北欧雑貨&インテリアブランド「ILLUMS(イルムス)」とのコラボアイテムがセットに。

予約販売のため、これから入手するのは難しいと思われるが、今年の状況をシェアしたい。来年の参考になれば幸いだ。

続きを全部読む

【2023年福袋】福袋商戦に疲れた心を癒やす「ゆず庵」の福袋! よくあるフリースかと思いきや、入っていたのは…

年々激しさを増し、熾烈(しれつ)を極める福袋商戦。とくに数量限定&先着順の福袋では、早朝から長い行列に耐えたり、先を争って買わないといけなかったりして、ちょっと疲れてきたりもする。

我々ロケットニュースの面々も「取材用に優遇される」なんてことはまったくなく、普通に並んで買っているので例外ではない。

そんなとき、事前に予約済み、かつ好きな時間に受け取れるタイプの福袋は一服の清涼剤だ。責任ある立場らしき人がわざわざ出てきて「今年もよろしくお願いします」と手渡してくれた「ゆず庵」の福袋は輝いていた……!

続きを全部読む

【2023年福袋】修羅の地と化した「焼肉きんぐ」の福袋! 赤身肉に囲まれて当日を振り返る

かつては「知っている人は知っている」というくらいの存在だったのに、いつのまにか競争が激化し、レアものになってしまう福袋がある。「焼肉きんぐ」もそうだ。

今回は12月中にネットで事前予約を受付。ところが、アクセス集中により一時中断に至る。その後、改めて再開したものの多くの店舗でほどなく完売してしまった。

2023年1月2日からは先着順の店頭販売分もあったのだが、家族や親族が集まる正月。焼肉屋や寿司屋が大繁盛であることはご想像のとおり。その結果、店舗がどうなったかと言うと……

続きを全部読む

【2023年福袋】カートまるごと福袋! イオンの「福カート」はクルマで買い出し推奨の酒の山

全国のイオンが初売りイベントで用意する異色の福袋「福カート」。カートにセットされた商品がまるごと福袋になっており、レジまでガラガラと押していくユニークなものだ。

こんなスタイルをイオンのほかに知らない。もはや、ひとつの正月文化である。

今回は筆者がゲットした、リカー担当入魂の「新春リカー福カート」をご紹介! ただし福カートの有無、価格、内容などは店舗によって異なるので、その点だけ留意していただきたい。

続きを全部読む

【2023年福袋】金額分の食事券&オリジナルグッズで元とれ確定「鎌倉パスタ」の福袋! 店舗デビューに最適

サンマルクグループのパスタ専門店「鎌倉パスタ」。ショッピングモールに出店しているのをよく見かけるから、誰しも1店くらいは「そういえば、あそこにあるな」と思い浮かぶのでは。

しかし筆者、実は「存在は知っているものの、行ったことがない」レストラン筆頭だったりする。なんとなくパスタって「家でも作れちゃうな」と思ってしまうし、いろいろな種類のイタリアンを食べたければ総合ファミレスに行ってしまうからだ。

そんな鎌倉パスタで福袋を発見! 残念ながら全店ではないものの、全国の一部店舗で福袋を販売。これはデビューによさそうだ!

続きを全部読む

【2023年福袋】受け取ったとき「え?」と固まった「ペッパーランチ」福袋だが、中身を確認したら別の意味で再び固まった

電車だったり車だったりさまざまだが、我々が福袋企画で買い物をすると、両手いっぱいにショップバッグを提げることになる。

「この棚、全部ちょうだい」的なハリウッドセレブも顔負けの光景なのだが、セレブの場合は付き人が荷物を持ってくれるだろうからちょっと違うか。

ともかく「あの人、どんだけ買うの?」という大荷物になるのが常だ。そんな正月のある日、ペッパーランチで福袋を買った筆者は目が点になった。

続きを全部読む

【2023年福袋】昨年と真逆「幸楽苑」の福袋が実用性に全振り! このご時世にまさかの食事券パワーアップ

過去の話で恐縮だが、幸楽苑の福袋といえば昨年のインパクトがすごかった。人気イラストレーターとコラボした浮世絵風のトートバッグは、飲食店のノベルティの常識を越えて粋でモダンなアート作品。愛用者の個性を1年にわたって表現できたことは間違いない。

しかし今年は実用性、実利性にステータス全振り! アートどこいった!! 値上げラッシュの昨今では信じられないことに、お食事券も3000円に戻って登場だ。その振れ幅にびっくりさせられっぱなしの内容を見ていこう。

続きを全部読む

【2023年福袋】今年もあった、本日の夕飯セットならぬ「とんかつ新宿さぼてん」福袋

何年か続けてご紹介している「とんかつ新宿さぼてん」の福袋。当日すぐ食べられる状態のカツと、レトルトカレーがセットになっているため、「福袋の買い回りでクタクタになった日の夕飯はカツカレー」がここ数年の筆者の恒例となっている。

2023年1月1日現在、公式からのアナウンスは特にないのだが、筆者の知る限り今年もやってます、福袋! おそらく全店共通ではなく、店舗によって内容、価格、発売日などが異なる可能性があるので、その点だけご容赦いただければ幸いだ。

続きを全部読む

【2023年福袋】とにかく米を食べさせようとしてくる「大戸屋ごはん処」の福袋! 割引券+オリジナル商品で倍お得!!

いくら「自炊が経済的」「外食は身体に悪い」などといわれても、ライフスタイルはそうそう変えられるものではない。忙しすぎたり台所が狭かったり料理が苦手だったり、さまざまな理由で人は外食を選ぶ。

どうせ食べるなら少しでも家庭的なものを……と思ったときの救世主が「大戸屋ごはん処」だ。野菜たっぷりの味噌汁とか五穀ご飯とか焼き魚とか、外食なのに「ちょっと身体にいいものを食べた」という気にさせてくれる貴重な存在。そんな大戸屋の福袋をご紹介!

続きを全部読む

【2023年福袋】物価が上がっても価格変わらず、築地銀だこ「ぜったいお得な!! 福袋」の圧倒的お得率

「記録的値上げラッシュ」とも報じられるが、物価上昇が止まらない。2022年は食料品から電気代までとにかく値上げの1年だった。

ひとつひとつは数十円のことでも、レジで合計金額を見て「ウソつくな、そんなに買ったわけない!!」と驚愕することたびたびである。

普通に考えれば福袋だって改変……ぶっちゃけ改悪があってしかるべきなのだが、「築地銀だこ」は変えない、変わらない! 購入金額の倍ほどの特典が付いてくる銀だこの福袋は圧巻だ。

続きを全部読む

【2023年福袋】イオンの和食処「四六時中」の福袋を知ってる? 1年間お得が続く特典付き

地方在住者の心のふるさとイオン。イオンは流行の先端地であり、休日を過ごすレジャーランドであり、必ず誰か知り合いに会うスッピン注意スポットでもある。

そんな同モールには「イオンを中心に出店しているテナント」や「イオン系列のブランド」がある。

違う都市のイオンに行っても風景が似ているため「あれ、私いつか誰かとここに……?」と急に転生の記憶が生まれてしまうのだが、「四六時中(しろくじちゅう)」もそんなイオングループの飲食ブランド。店頭で福袋「福福寿セット」を販売しているのを発見!

続きを全部読む

【2023年福袋】SOU・SOUコラボのドトール福袋は見た瞬間悟る「あ、もひとつ買うべきだったわ…」

毎年、正月らしい特製ショップバッグで福袋を渡してくれるドトール。筆者の知る限り、多くの福袋の中でも一二を争う「オシャレでしっかりした紙袋」で、その後も大活躍するのだが今年は違った。

店頭で手渡された瞬間、心の中で声が出た。「風呂敷」で「和のこころ」で「おもたせ」だったのだ! どういうことかご説明したい。

続きを全部読む

【2023年福袋】予測不能! 毎年内容が異なるサンマルクカフェの福袋、今年はジーンズメーカーとコラボ

有名メーカーとのコラボだったりオリジナルだったりドリンク券だったりデザート券だったり、価格も種類もコンセプトも年によってまったく異なり、フリーダムすぎるサンマルクカフェの福袋!

「前例踏襲」という社会人の万能ワードが辞書にない同社の福袋には、冒険心と挑戦心があふれている。「ん、今年何種類?」「予約あり? え、あ、なし?」「いつから買えるの?」と筆者を手のひらで転がしてくれる。

2023年の福袋は全5種類! JOHNBULLコラボレーション福袋2種、自社オリジナル福袋3種だ。

続きを全部読む

【2023年福袋】今年の「すき家」は弁当箱に回帰! 安定の2000円分クーポンつきでリピーターなら買い

今年もきた、「すき家」の福袋! 昨年は入荷遅延に翻弄されたものの、今年は筆者の知る限り、予告通り12月27日(火)からの販売となった。ありがたい。

ここ2年は食器が続いてシリーズ化を予感させ、KFCパーティバーレルのイヤープレートを集めていた子ども時代を思い出したりしていたのだが、今年は少し違った。

「SMILE BOX 2023」と名づけられた福袋……ならぬ福箱。価格(種類)は税込2000円の1種類だ。さっそく中身を見てみよう!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 31