「Facebook」にまつわる記事

あなたのFacebookタイムラインを映画化してくれる「Timeline Movie Maker」が超おススメ!

Facebookアカウントを持っている人は、ぜひこのサービスを試して頂きたい。

そのサービスの名は「Timeline Movie Maker」。これを使えば、あなたのFacebookタイムラインを映画のようなとてもドラマチックな映像に変えることができるのだ!

動画再生ボタンを押すと、自分のタイムラインが壮大な音楽とともに、次から次へと流れていき、まるで自分が映画の主人公になったかのような気持ちになる。

続きを全部読む

「誰の隣に座るかFacebookで選べるサービス」KLMオランダ航空が発表 / 来年にも開始か

長い時間を要する飛行機での移動では、左右や前後に座り合わせた他の乗客の存在が、快適な空の旅となるかどうかに大きな影響を与える。みなさんそれぞれに、素敵な経験も苦い経験もお持ちのことだろう。

しかし、これからは苦い経験を事前に回避することができるようになるかもしれない。水色の機体でお馴染みのKLMオランダ航空が、隣の座席に座る人を選べるサービスを発表した。

続きを全部読む

facebookのチェックイン機能はアリバイ工作に大活躍らしい!

facebookの機能の1つに「チェックイン」という機能があります。これはiPhoneなどのスマートフォンを使い、自分が今いる場所を友達に伝えたり、一方で友達がチェックインすれば、友達の居場所もわかってしまうロケーション機能です。さらに、このチェックイン機能、自分が今いる場所を知らせる時に、友達をタグ付することができます。例えば、「私は今、渋谷駅にC子さんといます」といった形で、「だれだれといますー」を付けくわえるができるんですね。

さて、このチェックイン機能、一部のユーザーは、アリバイ工作でこの機能を使っているといいます。一体、どういうことなのでしょうか。今回は、アリバイ工作でfacebookを使う、A子さんに話を聞いてみました。

続きを全部読む

「FF13-2」のキャンペーンサイトのハードルが高すぎると話題に

2011年12月15日にスクウェア・エニックスから発売が予定されているPS3・Xbox360用ロールプレイングゲーム『FF13-2』。人気アイドルグループ「AKB48」の大島優子さんが公式テストプレイヤーに就任し、10月15日にはテレビCMの放映が開始されるのだが、そのキャンペーンサイトが話題を呼んでいる。

そのサイトとは、「JUDGE13」と呼ばれる13人のテストプレイヤーが事前にゲームをプレイし、それそれの視点でゲームを評価するというもの。このサイトの特典として、Facebookの「いいね!」の数が一定数に到達すれば、大島さんがイベントでコスプレを披露するというのだが……。「いいね!」の目標数のハードルが非常に高く、5万件を獲得しないと彼女のコスプレを見ることができない。このことについてインターネットユーザーは「遠すぎワロタ」、「ムリゲー(クリアが困難すぎるゲーム)」などのコメントを寄せている。

続きを全部読む

結婚を認めたスリムクラブ真栄田「Facebookがあれば3回の浪人も3年の留年もしなかった」

ついに正式に結婚を認めたお笑い芸人スリムクラブの真栄田賢(35)さん。お相手の女性との交際期間は8年目で、今年10月中には結婚する予定。ブレイク前の辛い時代、給料が2万しかなかった時にも「お金じゃないよ、あんたの才能に惚れてんのよ」と言いながら、真栄田さんを支え続けてくれたという。なんともイイ話である。

このシアワセ発言が飛び出したのは、29日に法政大学で行なわれたイベント「大学生のためのFacebook活用講座」。多数集まった大学生と共に、大学生活がますます充実されるFacebookの使い方をを学ぶというものである。そしてここでも会場を沸かせた衝撃発言が飛び出したのである。

続きを全部読む

【安心情報】Facebookに「足跡」機能は、ない!

最近なにげにFacebookユーザーが増えている。あまりネットに詳しくないような旧友などが、バシバシと登録し始めたと感じる人も多いだろう。そして「知り合いかも?」に、どんどん知っている友達が増えていく。

「あ、あんまり仲良くなかったアイツがいる」、「む、むかし好きだったアイツっ!」。そんな場面に遭遇することが多くなり、とにかくアイツのことが猛烈に気になるが、そうやすやすと「友達になる」ボタンは押さない。そんな人も多いのではないだろうか?

続きを全部読む

10代のFacebookユーザーは喫煙率が高いことが判明

アメリカの研究者が、「facebook」をはじめとするソーシャルネットワーキングサービス(以下:SNS)の「10代ユーザーの使用実態」について調査を行った。そうしたところ、驚くべき事実が明らかとなった。SNSの10代ユーザーは、利用していない10代ユーザーと比べて5倍も喫煙しているという。

続きを全部読む

通りすがりの他人が「あなたの個人情報を知っている」時代がくる / Facebookに顔写真は危険?

電車の同じ車両に乗っている知らない人が、あなたの名前や職業だけでなく「きのう何していたか」まで知っていたら……? 急速に開発が進む顔認識技術により、街を歩いているだけで、第三者や政府機関に自分の身元を割り出されてしまうかもしれない。

Facebook写真とウェブカメラの画像を比較するソフトウェアを使えば、顔の一致・不一致をわずか3秒ほどで見分けられる。カーネギーメロン大学の研究者アレッサンドロ・アキスティ氏が、ITセキュリティイベント『ブラックハットUSA 2011』で発表した。

続きを全部読む

Facebook初心者がやってしまいがちな9のこと

世界最大のSNS、それがFacebook(フェイスブック)だ。登録ユーザー数は世界中で5億人を突破したと言われており、そんなことを聞くと「俺もFacebookやったほうがいいのかな……」なんて気持ちになってくる。

ということで今回は、Facebook初心者がやってしまいがちなことを9つご紹介したい。

続きを全部読む

19歳の女子大生になりすまし、十代の青少年を次々と脱がした42歳の男性が逮捕

ネットの世界でもリアルな世界でも、世界中で問題になっているのが「なりすまし」。SNSやチャットで知り合った女性が、実は男だったということも珍しくはない。

そんななか、19歳の女子大生になりすましていた42歳の男性がアメリカで逮捕された。

続きを全部読む

友だち同士で確かめよう、お互いにとっての「音楽」とは?

私たちが普段何気なく聞いている音楽。時には感情を揺さぶり、時には勇気を与えてくれる。言葉では言い表せないような気持ちを代弁してくれるもの、それが音楽ではないだろうか。しかし人によって、その捉え方は違うかもしれない。

人それぞれの音楽の捉え方について、とても良い方法で確かめる方法がある。それは、2011年7月7日に公開された、ソニーのWALKMANのキャンペーンで開設されたFacebookページだ。このページでは、音楽に関するさまざまな質問を用意して、ユーザーにとっての音楽、または友だちにとっての音楽を共有することができるという。

続きを全部読む

仕事中の言い訳に使えそうなFacebook偽装ツール「HardlyWork.in」

仕事中でも、人目を気にせずFacebookにアクセスしたいという人に、とっておきのウェブサービスをご紹介しよう。このサービスは、Facebookのインターフェイスを、マイクロソフトの表計算ソフト「エクセル」のように変身させることができるのだ。

続きを全部読む

映画『ソーシャルネットワーク』の脚本を書いたアーロン・ソーキンと、主人公マーク・ザッカーバーグを演じたジェシー・アイゼンバーグがfacebookを退会し、注目を浴びている。米国メディア、Forbesが報じた。

同メディアによれば、22日に行われた、CANNES LIONS INTERNATIONAL FESTIVAL OF CREATIVITY(カンヌ国際クリエイティビティフェスティバル)において、アーロン・ソーキンは「玄関に座って子供たちに大声をあげる老人のように、ソーシャルメディアに対して言いたいことが山ほどある」と述べ、続けて、「Twitterも嫌いだ。もちろん、リアルタイムなのは認めるが、そこに深みがない。人生はそう単純ではない」と付け加えた。

続きを全部読む

【図解】60秒間にインターネット上で起こっていること

60秒というわずかな時間に、インターネット上では何が起きているのだろうか? とても短い時間ではあるが、その間に数え切れないほどのメールが送信され、TwitterやFacebookではさまざまな話題が取り交わされる。またFlickerでは画像が、Youtubeではビデオが絶え間なく公開されているのだ。1分の間にネット上で起きていることについて、分かりやすく解説した図解が話題を呼んでいる。

続きを全部読む

Facebookの「いいね!」を増やす面白い事例

Facebookの「いいね!」を増やしたい人に教えたい事例があったので紹介しよう。通常はサイトに「いいね!」ボタンを設置し、オンライン上でファンを増やす。しかしスペインのディーゼル(DIESEL)マドリード店は、なんとオフライン上でもファンを獲得しているのだ。 続きを全部読む

【動画】ソーシャルネットワークを現実に置き換えるとこうなる

オーストラリアのテレビ番組が、ユニークな試みを行った。それは「もしも、ソーシャルネットワーキング(SNS)が現実だったら、どうなるか?」というものだ。街に出かけて通りすがる人に声をかけ、「サインイン(署名)してください」と声をかける。

署名に応じた人物にいろいろと質問し、プライベートな質問を遠慮なく行っているのである。場合によっては、その答えを大声で叫んでしまうのだ。

続きを全部読む

Facebookのアーカイブを自伝にするアプリ「SOCIAL MEMORIES」

Facebookにとても素敵なアプリが登場した。そのアプリとは、Facebookの公開日から現在までの利用動向をデータ化できるうえに、アップロードした写真をまとめて本にすることができる。しかも、期間を指定することができ、期間ごとに製本することも可能だ。

続きを全部読む

重婚していたアメリカ人男性 / Facebookでバレて逮捕される

世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)であるFacebook(フェイスブック)には、プロフィール欄に「交際ステータス」というのがあり、「独身」「交際中」「既婚」など、自分の交際状況を選択できるようになっている。

なかには、「複雑な関係」という選択肢もあるのだが、まさにその「複雑な関係」だったといえるであろうひとりのアメリカ人男性が、Facebook上に掲載した写真をきっかけに逮捕されたそうだ。

ミシガン州出身の34歳、リチャード・バートンさんは、インターネット上で知り合ったアディーナさんと2004年に結婚した。しかし過去に住居侵入の罪で逮捕され、仮釈放の身であったリチャードさんはある日、仮釈放中の規則を破ったために再び収監されてしまった。これをきっかけに2人は連絡を取らなくなり、釈放後も別居状態は続いたそうだが、一方でFacebook上ではつながっていた。

続きを全部読む

日本には昔から千羽の折鶴を作って、他人の回復を願うという習わしがある。そして今回、東北地方太平洋沖地震が発生し、海外では日本の人に元気になってもらうため10万枚の折鶴写真を集めようというプロジェクトが進行されている。

このプロジェクトを企画したのはアメリカの「DoSomething.org」という団体で、現在世界中の人たちに既製の折鶴の写真、もしくは自分で作った折鶴の写真をFacebookの特設ページ「Paper Cranes for Japan」にアップするよう呼びかけている。彼らの目標は千羽の100倍、つまり10万枚の折鶴写真を集めることで、それにより100の願いを日本に届けたいとのこと。 続きを全部読む

地震発生から時間を追うごとに、甚大な被害状況が明確になっている。日本のみならず、海外でも報道され、支援に関する働きかけが、TwitterやFacebookでも展開されているようだ。

レディー・ガガがブレスレットをデザインし、販売とともに寄付を呼びかけているのをはじめ、マドンナも公式ページのトップに赤十字のバナーを貼り、寄付への参加を働きかけている。そのほか、発生直後から寄せられている海外アーティストたちの励ましの言葉をご紹介したい。

・パリス・ヒルトン(モデル・デザイナー・歌手・女優)
「ニュースの映像を見て、悲しい気持ちになりました。日本の皆さんが心配です。日本の皆さんの心痛をお察しするとともに、神のご加護があることを願います」

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11