「Facebook」にまつわる記事

どっちがいいの? 彼氏・彼女とFacebookやTwitterでお互いをフォローするべきか

Twitterで彼女をフォローしてる? 彼氏とFacebookで友達? カップルがソーシャルメディアで繋がってないのは変わってる?

先週、著名なセラピストが「彼氏や彼女と良い関係を保ちたいなら、ソーシャルメディアで繋がっていない方が良い」と持論を展開して議論を呼んだ。彼の主張は以下の通りだ。

続きを全部読む

「おばあちゃんに電話するため」に高校に押し入った男が逮捕!! トホホな理由でお縄を頂戴してしまった男がなんだか切ない件

世の中には、「こんなことで人生を棒に振るなんて……」と思ってしまうような罪で捕まり、前科者になってしまったばかりに、今まで築いた地位を無くしてしまう人もいる。

まさに、そんなトホホ……な理由で逮捕され、拘置所にブチ込まれてしまった男が登場。なんと彼は、おばあちゃんに電話するために高校に押し入り、お縄を頂戴してしまったというのだ!

続きを全部読む

【疑問】トウモロコシの食べ方が「上品すぎw」とバカにされたんだけど、そんなに変ですか?

育ちの良さとは、隠し切れないものである。ある時、ふとした瞬間に、その人の持ち合わせた素養と言おうか、資質と言おうか。そう言ったものがポロリと出てしまうものである。

最近のことだ。編集長GO羽鳥がトウモロコシをお裾分けしてくれた。そのトウモロコシについては、サンジュン記者が紹介しているので、そちらをご覧頂きたい。話はそのトウモロコシの食べ方にある。私(佐藤)の食べ方が上品すぎて、GO羽鳥はinstagramとFacebookにこう投稿したのだ。

続きを全部読む

【感動】病室で手をつなぐ老夫婦の写真に隠されたエピソードとは? ネットの声「スイートカップル」「これこそ本当のラブストーリー」

現在、Facebook で公開された1枚の写真が、海外で話題を呼んでいる。そこに写っているのは、一組の夫婦。おじいちゃんとおばあちゃんが、手をつないでいるシーンをとらえたものだ。

見るからにほのぼのとした1枚だが、写真に隠れたエピソードを知ると……さらにホッコリした気分になるに違いない。なお、ネットユーザーからは、「スイートカップル!」「これこそ本物の愛だ」といった感激の声が、多く寄せられているぞ。

続きを全部読む

これは我慢の限界でしょ!? 機内で激写された最悪なマナー20連発

接客業は、どんな人にもプロとして対応しないといけないので、本当にストレスのたまる仕事だと思う。日本で、キャビンアテンダント(CA)は人気の高い仕事だが、上空の密室状態で、何時間も様々なタイプの人達に接客しなければならない職務は、相当な苦労があるだろう。

そんな彼らがストレス発散するかのように、Facebook とインスタグラムで乗客の迷惑行為の写真が公開され大人気に! そこで、そのページに投稿されたド肝を抜かれちゃうような画像を、20連発紹介しちゃうぞ!!

続きを全部読む

【悲報】梱包材の ‟プチプチ” が進化して「潰せなくなってしまう仕様」に! 多くのプチプチ愛好家が悲しみに暮れている件

通販などで何か注文して荷物が届いたら、商品自体も楽しみだが、それを包んでいる梱包材のプチプチで遊ぶのもお楽しみのひとつである。

日本では、無限にプチプチ感覚が楽しめる、枝豆の形をした ‟ムゲンエダマメ” なるオモチャが大ヒットしたこともある。そんな、正式名を気泡緩衝材というプチプチには、日本だけにとどまらず海外にも数多くのファンが存在する。

ところが! 改良のためバージョンアップした気泡緩衝材には、なんとあの ‟プチプチ感” がないというのだ!! 海外のプチプチ愛好家も悲しみに暮れているという。

続きを全部読む

【衝撃事実】Facebookに「Mr. Sato Fan Club, North American」ができてた! 参加人数に超びっくり!!

ロケットニュース24には英語版もある。そのおかげかどうかわからないのだが、私(佐藤)は時々外国人の方にTwitterをフォローされたり、Facebookで友達申請が来たりする。大変有難いことだ。英語版で私の写真が公開されたりすると、「Mr.Sato! Go ahead!!」みたいな書き込みもあったりして、恐縮している次第である。

そんな私について、最近驚くべき事実を発見してしまった。それはなんと、「Mr. Sato Fan Club, North American」なるコミュニティを発見してしまったのである! マジかよ、誰がやってるのか知らないけど、北米にまでファンがいるとは信じられない! ちなみに私が発見したときのコミュニティの参加者は……。

続きを全部読む

【女子に忠告】LINEやFacebookなどのメッセージアプリで微妙な関係にある男にやってはいけないたった1つのこと

私(佐藤)はかねてから思っていることがある。それは、「男ってバカだな~」ということだ。これは何も私が賢いと言っている訳ではなく、自らを省みて痛感することだ。バカだ、どうしようもないバカだ。そのバカを止められないバカさ加減に、自分でも笑いが止まらなくなることしばしばである。

・メッセージアプリでやってはいけないこと

その最たるものについて、お伝えしたいと思う。男は単純である、深いところにまで考えが至るということはほぼない。考えたとしても、実に子どもっぽい発想の産物でしかないのだ。そこで女性の皆さんにはよくよく覚えておいて欲しい。LINEやFacebookのMessengerで、これだけはやってはいけないこと。それは……。

続きを全部読む

【疑問】ツイッターやインスタグラムで「フォロー返し」しようとした場合「相手が非公開」だったらみんなどうしてる?

もはや普段の生活に欠かすことができないSNS。全員が全員とは言わないが、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)などのアカウントを、1つくらい持っている人は多いことだろう。

筆者も上記3つのアカウントを持っているのだが、最近ちょっと困った……というほど大袈裟なことではないものの、「どうしたらいいんだろ?」 と思っていることがある。それは『フォロー返ししようとしたら、相手が非公開の場合』の対応についてだ。

続きを全部読む

ちまたで流行中の「目のテスト」って知ってる? あっという間に自分の色覚レベルがわかっちゃうぞ!

Facebookを中心に、現在流行中の『目のテスト』をご存じだろうか? 読んで字の如く、そのまま目のテストで、視力ではなく色覚チェックである。Facebookにログインしなくても試せる上、テスト自体はあっという間に終わるから、いっちょみんなもやってみよう!

続きを全部読む

米KFCで「フライドチキンを買ったらネズミの丸揚げだった!」と消費者が Facebook に怒りの投稿!! 同社の反応は……!?

ファストフードにはやたらと都市伝説が多い。マクドナルドのハンバーガー肉はミミズを使用しているとか、半年間放置したままでも腐らなかったなど、読者の皆さんも何かしら耳にしたことがあるだろう。

そんななか、‟都市伝説がリアルだったのでは!?” と思ってしまうような出来事が起こった! なんと米KFCで、「フライドチキンを買ったらネズミの丸揚げだった!」と訴える消費者が現れ、大きな騒動になっているのだ! 果たしてKFCは、どんな反応を示しているのだろうか!?

続きを全部読む

「ファッ!? オモチャのネコかな? → いや本物のネコだった! 」っていう動画が大・人・気!! 再生回数250万越えの大ウケに

動物たちが予想外の行動をとることは、日常茶飯事。「ペットショップでイヌが人間に一目惚れ」したり、「少女に恩返するカラスが話題」になったりと、面白い動物の話題には事欠かない。

今回もまた1本のニャンコ動画が世をにぎわせているのだが……変なのだ。ニャンコの歩き方が、オモしろ可愛く、変なのだ。「え、なにこれ!? おもちゃ?」と三度見レベルのおかしな歩き方をするニャンコがうつっているのである!

続きを全部読む

Facebookの新機能「過去のこの日(On This Day)」が空気を読まずに突然ヤバい写真をぶっこんできた

さる2015年の3月25日、Facebookは「過去のこの日(On This Day)」なる機能を発表した。公式サイトによると、“Facebookでシェアした過去の「今日」の出来事を簡単に振り返る” という、いわば「懐かしい気持ちになれる機能」である。

そんな機能があったなんて知らぬまま、つい本日、というかついさっき、知人とFacebookのメッセンジャー機能で、かなり真剣モードで会話をしていたところ、突如として「過去のこの日」機能が発動したそこには、以下のように書いてあった。

続きを全部読む

Facebookの投稿内容からユーザーの人物像を分析!! 「ナルシストは自己の達成を誇示」「誠実な人は投稿が少ない」など

我々の生活に欠かせない存在となったSNS。特に、世界におけるアクティブユーザーが約14億人近くになるFacebookを使用してる人は、読者のなかにも大勢いるだろう。

Facebookの使い方は人それぞれ。筆者は ほとんど投稿しないが、相手の投稿状況や内容を見てプロファイリングする手段として使っている。もちろんFacebookだけで全ては分からないが、よく観察していると相手の人となりが、だいたい見えてくるのだ。

そんななか……とある研究チームが「Facebookの投稿内容からユーザーの人物像を分類した結果」を発表し、海外で話題になっているので紹介したいと思う。これを読めば、気になるアノ人がどういう人なのか、分かるかもしれないぞ!

続きを全部読む

【敗北】まんまとツイッターを乗っ取られたでござる / わずか9分間で177レイバン

「自分だけは大丈夫」人間誰しもそう思うもの。はい、私も思っていました……つい昨日までは! 迷惑メール評論家の顔を持つロケットニュース24のGO羽鳥編集長が、これまで再三「乗っ取りに気を付けよう!」「マメにパスワードを変えよう!」と警笛を鳴らしていたにもかかわらず、まんまとやられてしまいまいた……あのレイバンに。

その威力は凄まじく、乗っ取られた9分の間に「177回のレイバンツイート」を吐き出すという無双っぷり。今思えば、実は前日から予兆はあったのだ……注意喚起と懺悔の意味を込めて、みなさんにご報告したい。

続きを全部読む

【神対応】バナナケースに問い合わせ殺到! そのコメントを従業員が真剣な表情で読み上げる試みに感動

「お客様の声」は、企業にとって貴重な情報である。会社側にとっては、時として耳の痛い意見もあるだろうが、どれだけ真摯にその意見と向き合えるかが、会社の将来を決定すると言っても過言ではない。そのため、多くの企業が顧客の声に耳を傾け、サービス改善のために日夜たゆまぬ努力を重ねている。

そんな中、ある企業が「お客様の声」に関連した心温まる試みを行っているのでご紹介したい。その試みとは……企業のFacebook に書き込まれた問い合わせコメントの中から、従業員が気に入ったものを読み上げるというもの。おまけにその様子を撮影し、YouTubeで動画を公開している。

続きを全部読む

養子に出された女性が産みの親を Facebook で探したら「母親と妹が同僚」だった!! 4年も同じ職場で働いていたことが明らかに

Facebook は、友人や知人と日々の出来事や写真をシェアするだけでなく、人探しにも大いに役立ってくれるソーシャルメディアだ。今までにも、生き別れになった家族や生みの親をFacebookで探し、再会を果たした人々が登場している。

そんななか、生みの親を探していた女性が、「母親と妹が同じ職場の同僚だった」ことを発見したというニュースが話題となっている。4年間も同じ会社で働いていながら、血が繋がっていることを知らなかった母娘についてお伝えしたい。

続きを全部読む

【実録注意喚起】いまFacebookで乗っ取りレイバンスパムが流行中! パスワードはこまめに変更しよう

Facebookユーザーは乗っ取り被害に要注意! いまFacebook上で、SNS界の風物詩ともいえる「レイバンスパム」が流行の兆しをみせている。レイバンスパムといえば、つい先月の2015年3月にも Twitter上で猛威を振るったことは記憶に新しい。

とりあえずは自分の投稿を確認して、アカウントが乗っ取られていないか要チェック。ついでにパスワードを変更しておこう。もしもアカウントが乗っ取られていたとしたら……こんな感じになっちゃうぞ!

続きを全部読む

【マジかよ】スシローがついに伝説級にウマいフライドポテトの秘密を公開予定 / 確実に寿司食ってる場合じゃない

日本一フライドポテトが美味しい回転寿司や、コーヒーやケーキもウマすぎるため「回転ファミレス」としても利用されているスシローが、2015年は確実に攻めの姿勢に入ったようだ。

なんと、スシローマニアのあいだではレシピを公開したら数億円はくだらないともいわれるフライドポテトの秘密を1週間後に公開すると、2015年4月6日に、スシローがFacebookで告知したのである。

続きを全部読む

「バナナケース」に問い合わせが殺到した4つの理由 / グルーポン “神対応” 事件の真相に迫る

先日ロケットニュース24では、「“バナナケース” の写真に問い合わせが殺到し、グルーポンが神対応をした事案」をお伝えした。バナナケースに寄せられたとてつもない数の問い合わせに、「グルーポン」が一つ一つ丁寧に返信をした、アレである。

その件を受けて今回は、問い合わせ殺到の理由を独自分析の末に導き出したので、ご紹介したい。大騒ぎになった原因は……以下の4つである! 実際に投稿された写真と合わせて、確認して欲しい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. ...
  12. 16