「Facebook」にまつわる記事

【衝撃サッカーニュース】ルーマニアの選手が代表に招集されず → 腹いせに監督とミスター・ビーンをコラージュ → 代表から永久追放

サッカー選手にとって国を背負って戦う代表は誰しもが憧れるものだ。選ばれたら全力で戦い、W杯での優勝を夢見るのだが、ルーマニアの代表選考でとんでもない一悶着があったと話題になっている。

今回は、それが発端でなんと代表を永久追放となってしまうくらいの飛び火を見せた事件をご紹介したい。とても日本では考えられない大胆な行動の一連の流れは次の通りだ!

続きを全部読む

00

【分析コラム】なぜ炎上するような不適切写真を Twitter にアップする愚か者が後を絶たないのか

このところ、バイト先などの職場にて、冷蔵庫に入ったり、ハンバーガーのパンの上に寝転んでみたり、万引きをほのめかすような写真を Twitter上にアップして「大炎上 → 大問題」となるような人が後を絶たない。

はっきり言って愚か者である。常識的に考えれば、そんなことをしたら問題になると容易に想像できるはずだ。だが、彼らは想像できていない。だからやってしまう。それはなぜか? 以下に説明する3つの可能性が考えられる。

続きを全部読む

【ネット選挙】なりすましに注意! 各政党党首の Twitter・Facebook 公式アカウントまとめ

2013年の夏の参議院議員選挙から、インターネットの活用が解禁となる。これにともない、Twitter や Facebook を活用した選挙活動が活発に行われると見られているのだが、ひとつ注意しなければならないことがある。

・なりすましに注意

それはなりすましアカウントだ。議員や候補者になりすまして発言を行うニセモノに注意しなければならない。以下は各政党党首の Twitter と Facebook の公式アカウントである。ぜひとも参考にして頂きたい。

続きを全部読む

【実録】Facebookの「なりすまし」にメールしたらこうなった

ここ最近、Facebook上で猛威をふるっているのが「なりすまし」である。自分とよく似た名前で登録をし、自分の友だちリストに入っている友達に対して片っ端から友達申請するという怪しいヤツだ。つまりはニセモノ。詳しくは過去記事「Facebookで自分のニセモノが急増中 」を参照のこと。

そんなニセモノたちは、一体どうしてこんなことをするのだろうか? 何が目的なのか。何がやりたいんだコラ! その謎を解き明かすべく、私(筆者)の女友人になりすましたニセモノに、私はメールでコンタクトをとってみた。

続きを全部読む

00

【注意喚起】Facebookで自分のニセモノが急増中 / 名前を似せて「なりすまし」友達申請しまくる

Facebookを使っている人は要注意! 現在、何者かが “自分になりすましたFacebookアカウント” を作り、自分の友だちリストに入っている友人たちに友達申請をしまくるという「ニセモノ」の手口が、ここ3日ほどで急増中だ。

ニセモノの特徴としては、「アイコンがディズニー系(もしくは写真なし)」だったり、「同姓同名」だったり「名前の漢字の1文字が微妙に違う」だったり、本物は女性でニセモノも女性名なのに「性別が男」だったり、いろいろある。実際に被害にあった私(筆者)の友人のニセモノは、以下のような特徴であった。

続きを全部読む

【Facebook騒動】児童が教師に誕生日カードを贈る → 教師が「雑で笑った」とネット公開 → 保護者が発見 → 謝罪

今、滋賀県で起きたある事件がネット上で注目を集めている。ある小学校の教師が、児童からの心のこもったプレゼントを嘲笑とも取れるコメントをつけてネットで公開したのである。このことが明るみになり、物議をかもしているのだ。

続きを全部読む

【知らなきゃ損】Facebookの超便利な「キーボードショートカット」はどんどん活用するべし!!

Twitterに並んで、日本で大人気のソーシャルネットワーキングサービス「Facebook」。そのFacebookに超便利な “キーボードショートカット” があることをみなさんご存知だろうか? きっと多くの人が知らないことだろう。

しかしこのキーボードショートカットを覚えておけば、これから超快適にFacebookを使えちゃうぞ! ということでみなさんに、知らなきゃ損のFacebookキーボードショートカット一式をご紹介したいと思う。数字のショートカットはブラウザによって違うので、自分が使っているブラウザをチェックして、以下の一覧表を参考にしていただきたい。

続きを全部読む

Facebookアプリ『恋愛必勝キーワード』の診断結果に描かれている16枚の男性イラストが全部ハゲている理由

たまに無性にやりたくなるのが、知られざる自分が見えてくる「診断系」のアプリである。なかでも恋愛モノの診断結果には、当たりすぎていて思わずドキリとすることがある。

ということで今回ご紹介したいのが、Facebookアプリ『恋愛必勝キーワード』である。いくつかの質問に答えていくと、2013年に意識すべき「恋愛必勝キーワード」と恋愛運・総合運が表示されるというものだ。

診断結果は全16パターン。とりあえずFacebookユーザーは試して欲しい。そして、診断結果のイラストを見て、あることに気づいてほしい。すべてのイラストに描かれている男性が、全員ハゲているのである。

続きを全部読む

Facebookにmixiが登場! ネットユーザーは「わけわからん」や「やけくそ」など困惑している様子

大手ソーシャル・ネットワーキング・サービスの「mixi(ミクシィ)」は、毎年開催している「mixi Xmas」のFacebookページを公開しました。一瞬「え?」と思われた方も多いかもしれません。Facebookもソーシャル・ネットワーキング・サービスです。つまりmixiは、ライバルのサイトに専用ページを設けたことになります。どうやらFacebookとサービスを連動する狙いがあるようなのですが、インターネットユーザーからは困惑しているようです。

続きを全部読む

自民党安倍晋三総裁がFacebookで「顔文字」を使いこなし始めている件

2012年中に衆議院が解散し、総選挙が行われるのでは? との見込みが強まっています。選挙の予兆を前に、野党は連携の道を模索し始めているようです。そんななか自民党安倍晋三総裁のFacebookがにわかに話題になっています。

新総裁就任以降、積極的に同サービスを活用している安倍総裁。近頃では、時々顔文字をまじえて文章を投稿しています。どうやら親しみのこもった内容を伝えようとしているのではないでしょうか。

続きを全部読む

フジテレビの情報番組「とくダネ!」で、メインキャスターの小倉智昭氏は、2012年9月27日の放送において、自民党安倍晋三総裁の腹痛を揶揄(やゆ)する発言を行った。安倍総裁が首相を辞任した当時を振り返り、「ちょっと子どもみたいだったもんね」と発言し、物議をかもして謝罪する事態となった。

このことについて、安倍総裁はFacebookで小倉氏を次のように批判していることが判明した。

続きを全部読む

これがFacebookやGoogleの本音!? 世界の大企業が私たち消費者をどう見ているかがよ~く分かるイラスト

FacebookやGoogleなど、世界には一国の経済に多大な影響力を持つ大企業がいくつか存在する。そして人々がその企業に対して持つイメージは、「この会社はお客思い」や「ここはお金にうるさい!」など千差万別だ。それでは逆に、世界の大企業は我々消費者のことをどう見ているのだろうか?

その疑問に上手く答えたあるイラストが、現在海外で話題になっている。NitrozacさんとSnaggyさんという2人の人物が描いたそのイラストには、Facebook、Google、Twitter、Apple、Microsoft、RIMの世界企業6社が、我々をどんなふうに見ているかがとても分かりやすく描かれている。

続きを全部読む

へえーっ!! Facebookメッセージで自分や友達のプロフ画像を絵文字にすることができるらしい!! どんなシーンで使うかは疑問だが確かに面白い

巷で話題のFacebookの裏ワザ。ご存知の方も多いと思うが、ユーザー同士で使用する「メッセージ機能」では、半角の二重カッコ[[ ]]の中に単語を入れると、絵文字が現れる機能などもある。

たとえば……

[[midfing]] 中指を立てた手
[[iidislyk]]  ブーイング
[[roxsign]] 人差し指と小指を立てたI LOVE YOU マーク 
[facebook] フェイスブックのFのマーク

というように。

で、本日ご紹介するのは、なんと自分や友達のプロフィール画像を絵文字にしちゃう方法である。知っている人は、今更? と思うかもしれないが、知らなかった者としてはスゴイ発見だ。

これをトライバルメディアハウスのスタッフが大変にわかりやすく手順を紹介したところ、「面白い!」「こんなことができるんだ!」と、多くの反響が寄せられているぞーっ!

続きを全部読む

美人料理研究家の園山真希絵さんが『園山』の閉店を発表 「唐突ですが閉めることにしました」

美人料理研究家として、独創的な料理を探求する園山真希絵さんが、突然Facebookで自身のお店「園山」の閉店を発表した。あまりにも急な報告にファンは動揺しており、「マジすかぁ~、残念」や「びっくりしました」と衝撃を受けているようす。彼女にいったい何があったのか!?

続きを全部読む

【Facebook】友人の誕生日にコメントしても反応がなかったので、過激に祝えるアプリ『Face Party』を使ってみた

Facebookユーザーならばきっと一度は目にしたことがある誕生日のお知らせ。Facebook上の “友達” の誕生日になると自動的に知らせてくれるため、互いにメッセージなどを送って気軽にお祝いし合えるのが便利だ。特に、友人・知人の誕生日をついつい忘れがちな人にとってはありがたい機能といえる。

そんななか、このFacebook上での誕生日祝いに関して行われたあるアンケートで驚きの結果が明らかになったのでご紹介したい。さらに、「おめでとう!」というお祝いの言葉だけでは物足りないという方のために、役立つ最新アプリもこっそりお教えしよう。Facebook初心者はもちろん、上級者だって必見だゾ!

続きを全部読む

GPSランナーが『いいね!』でどこまでも走るチャレンジ開始! 応援しすぎると大変なことに……

2011年東京マラソンで走りながらUstream生中継をするランナー、ジョセフ・テイムさんが話題となった。当サイトでもインタビューを行い、彼の創意工夫についてお伝えしたのだが、そのジョセフさんがまたも無謀な挑戦を開始している。

それはFacebookの「いいね!」数に応じて、走行距離をのばして走るというもの。「いいね!」ひとつにつき100メートル、つまり100「いいね!」で10キロ、1000「いいね!」で100キロ。上限が設けられていないので、もしも1万「いいね!」ついてしまったら1000キロになってしまう。おいおい、大丈夫か? 応援されればされるほど、苦しくなるんだぞ。

続きを全部読む

東京 VS 大阪! それぞれの全国1位を集めてみたら意外な結果にッ!!

日本の東西で比較対象になることが多い都市、東京と大阪。培った歴史や文化が違うために、それぞれの都市に住む人々の生活習慣も微妙に異なる。たとえば、マクドナルドのことを東京で「マック」と呼ぶのに対して、大阪は「マクド」と呼び、エスカレーターの立ち居地も「左に立つ」東京と「右に立つ」大阪。どちらがより優れた都市であるか、2つの都市の全国1位を集めて比較してみたいと思う。

続きを全部読む

ユーザーのアクティビティが一目でわかる! 基本無料のクラウドサービス『SkyDesk』がさらに便利になった

会社や組織の情報共有に役立つクラウドサービス『SkyDesk』(基本無料)が、さらに進化しました。これまでiPhoneやiPadでしか使用できなかった、メンバーの動向確認や一言投稿する機能が、ウェブアプリでも使用可能になったのです。つまり、Android 端末でも利用できるようになりました。

これでメンバー間のコミュニケーションがより円滑になること間違いなしです。本当に無料でいいのかな? と心配になってしまうほど充実した機能にビックリ!!

続きを全部読む

【挑戦状】セブン-イレブンのFacebookアプリ「クイズまるごとセブン」で100問正解したら先着で絶対500円分のnanacoカードがもらえるぞーッ!

いろいろコンビニはあるけれど、パッと思いつくのは「セブン-イレブン」ではないだろうか。発祥は米テキサス。なんと最初は氷屋さんであったという。そしてみるみる発展し、日本での店舗数は1万4005、全世界では4万4698店舗……と世界最大の店舗数をほこっている。

そんなセブン-イレブンが「挑戦状」ともいえるオトクなキャンペーンを実施中なのでご報告したい。内容はいたってシンプル。セブン-イレブンにまつわるクイズに正解しまくると500円分のnanacoカードがプレゼントされるのである!

続きを全部読む

使えないのに? Facebookアプリ開発者は中国が一番多いことが判明

世界最大のソーシャルネットワークサービスであるFacebook。世界中の友達とつながることができる便利なツールだ。

だがロケットニュース24でもお伝えしたように、キューバや北朝鮮など一部の国では使用することができない。お隣・中国もそのひとつなのだが、なんとFacebookアプリ開発者は中国がアジアで一番多いというのである。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11